« 69 | Main | 茶の味 »

August 07, 2004

永遠の片思い

 今のところ今年上映のマイベスト1圏内の映画だった。最初は、「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョンの主演作だから日本に上映されているのだな程度で、ただの三角関係を描いた作品だと思っていたら、意表をつく展開だった。
 可愛い小さな男の子と女の子の写真が入ったお手製の封筒。差出人の名前はない。それは5年前のあの頃・・・・と、男女3人の結びつきが展開していく。小道具としての写真がいい。複線も色々はっていて、素晴らしい演出。尚かつストーリーに3人の優しさがちりばめられていて、それを知るたびに涙が止まらなかった。いいシーンもいっぱいあって、場面を大事にしているのがよく分かった。邦題も上手につけている。エンディングのチャ・テヒョンの優しい歌声もいい。余韻が残らずエンディングソングが終わるのがちょっと残念だが・・。映画館でもDVDでもBSでもいいから、是非見て貰いたい作品です。

|

« 69 | Main | 茶の味 »

「映画」カテゴリの記事

Comments

ウンジュさん本当にかわいそうです。僕は、8年前にそううつ病にかかりそれから2回再発して入院し、昨年の10月に再発してうつ病が続いています。うつは苦しいです。心が深く重くなり、元気がなくなり、苦しいです。半年前の元気な自分に早く戻りたいです。ウンジュさん、天国で楽に生きてください。ウンジュさんは、皆の心に生き続けています。ありがとうウンジュさん。

Posted by: 佐藤一彦 | March 25, 2005 at 08:47 PM

ウンジュさん本当にかわいそうです。僕は、8年前にそううつ病にかかりそれから2回再発して入院し、昨年の10月に再発してうつ病が続いています。うつは苦しいです。心が深く重くなり、元気がなくなり、苦しいです。半年前の元気な自分に早く戻りたいです。ウンジュさん、天国で楽に生きてください。ウンジュさんは、皆の心に生き続けています。ありがとうウンジュさん。

Posted by: 佐藤一彦 | March 25, 2005 at 08:49 PM

ウンジュさん本当にかわいそうです。僕は、8年前躁うつ病になり、その後2回再発して入院しました。また、昨年の10月からうつ病が再発して
苦しい思いをしています。元気が出ず、気分が重く、本当に苦しいです。病院に通う駅では、線路に降りれば楽になるかなと思います。
ウンジュさんは、私たちの心に永遠に生き続けています。ゆっくり休んでください。

Posted by: 佐藤一彦 | March 25, 2005 at 09:07 PM

ウンジュさん本当にかわいそうです。僕は、8年前躁うつ病になり、その後2回再発して入院しました。また、昨年の10月からうつ病が再発して
苦しい思いをしています。元気が出ず、気分が重く、本当に苦しいです。病院に通う駅では、線路に降りれば楽になるかなと思います。
ウンジュさんは、私たちの心に永遠に生き続けています。ゆっくり休んでください。

Posted by: 佐藤一彦 | March 25, 2005 at 09:08 PM

ウンジュさん本当にかわいそうです。僕は、8年前躁うつ病になり、その後2回再発して入院しました。また、昨年の10月からうつ病が再発して
苦しい思いをしています。元気が出ず、気分が重く、本当に苦しいです。病院に通う駅では、線路に降りれば楽になるかなと思います。
ウンジュさんは、私たちの心に永遠に生き続けています。ゆっくり休んでください。

Posted by: 佐藤一彦 | March 25, 2005 at 09:10 PM

ウンジュさん本当にかわいそうです。僕は、8年前躁うつ病になり、その後2回再発して入院しました。また、昨年の10月からうつ病が再発して
苦しい思いをしています。元気が出ず、気分が重く、本当に苦しいです。病院に通う駅では、線路に降りれば楽になるかなと思います。
ウンジュさんは、私たちの心に永遠に生き続けています。ゆっくり休んでください。

Posted by: 佐藤一彦 | March 25, 2005 at 09:12 PM

 意味があってしてるんだと思うから、このままにしておくよ。でも、死んじゃダメだよ。ウンジュさんを思うなら、彼女の分まで生きて!

Posted by: 海音 | March 25, 2005 at 10:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/1139252

Listed below are links to weblogs that reference 永遠の片思い:

« 69 | Main | 茶の味 »