« 永遠の片思い | Main | 座右の銘は人をあらわす!? »

August 08, 2004

茶の味

 石井監督作品は2度目。カンヌの招待作品で劇場入りした監督の一言「アニメと漫画の国から来ました」っていうのが、全編にちりばめられていた。この映画こそサブカルチャーに詳しい人たちは大いに喜ぶ作品ではないだろうか。私はちと知識不足のために、監督の遊びが理解出来ていないかもしれないけれど、あの不思議なおかしさを楽しませて貰った。映画の中でクリエーターのジュンがいうセリフがこの映画を集約しているかもしれない。
 話は至ってシンプル。ほのぼのとした田舎の背景に春野家一家の日々が綴られる。風景がきれいだったで終わった人は、お気の毒さま。このシンプルな中に我修院や浅野、庵野や草なぎ剛や武田真治まで入れて、石井風にした世界を見るのがこの映画の良さなのだ。
 草なぎ君の使い方がよかった。あんな所に草なぎ君がって感じが生きていた。武田真治は、私の中のうまい役者のベストに入る俳優さんの一人で、今回も短い時間で、ジュンがばっちり効いていて、とどめのセリフが生きていた。今回見た彼はより美しくなったのではないだろうか。フリーマガジンの対談で、我修院が、家でもあんな風だと子どもが言ったというのを読んでいたので、我修院自体の面白さも楽しめた。土屋アンナは「下妻物語」が面白かったので、注目の俳優さんだった。さっさと結婚してスクリーンから消えてしまうにはあまりにも惜しい。(敬称略)
 

|

« 永遠の片思い | Main | 座右の銘は人をあらわす!? »

「映画」カテゴリの記事

Comments

昨日思わず音叉(Aの440kHtz)を購入☆

Posted by: ジュンイチ | August 08, 2004 at 09:59 AM

自分が関わった映画褒めてもらうとやっぱうれしいもんだな。
2003年5~6月、栃木県茂木町でのほぼオールロケ、あたしゃほとんど地元の人化してたけどさ。アンナとそのママは現場に来るのに高速200㎞/hでぶっ飛ばしてくるもんだから、スピード違反で捕まったりしてたな、いや豪快な親子だったよ。
あーた、随分たくさん映画観てるな。
感心した。

Posted by: katsura | December 30, 2004 at 11:00 PM

わーい、褒められちゃった。

Posted by: 海音 | December 31, 2004 at 12:05 AM

あーた、本もたくさん読んでるみたいだな。
感心した。

わーい、また褒めちゃった。

Posted by: katsura | December 31, 2004 at 01:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/1147851

Listed below are links to weblogs that reference 茶の味:

» 茶の味 [Panasonico]
なんか名前からして邦画道ど真ん中な「茶の味」☆ シネリーブルにてじんわりとして感動にひたる土曜日。 こんな映画があるから邦画観ちゃうんだよなぁ。 CMでもお馴染... [Read More]

Tracked on August 08, 2004 at 09:57 AM

» 「茶の味」の感想 [I N T R O + UptoDate]
人妻フミの赤裸々ビデオ日誌に、 『 「茶の味」を見て春が待ち遠しい』を追加。 そろそろ春本番ですね。 のんびりとお茶の準備でもしましょうか。 茶の味 2003年... [Read More]

Tracked on March 25, 2005 at 03:46 PM

« 永遠の片思い | Main | 座右の銘は人をあらわす!? »