« September 2004 | Main | November 2004 »

October 15, 2004

デビルマン

 あっちゃー。

 学生の頃、飛鳥了というペンネームを使っていたことがあった。どれだけの思い入れがあったかを推し量って頂けるだろう。多くの漫画家がアンソロジーを描きたくなるぐらい凄い作品なのだマンガは。
 前売りにDVDがつくというので、いまだ見ていないけれど、前売りを買い、上映を楽しみに待った。作品をよりよいものにするために、公開はのびたのだから、待つ価値はあるものと期待してしまった。
 上映が始まり、アンケートの得点の低さ、キャシャーンをしのぐひどさと書いているところもあった。期待は無となり、悲しい気持ちで見に行った。
 あんまり、悪く書く批評は映画好きには映画を作る苦労がどんなに大変かと思うので好かないが、こんな前置きを書かないといけないほどの作品だったのだ。
 今はJAZZが聞ける喫茶店で前の方の席に30代の髪型と服装をして似合っているおじさんがいる所で書いているで、だいぶん落ち着いてきているが、やっぱり、ひどい。
 まず、キャスティングはどうしてもあの双子を使わないといけないのなら、もっと演技の勉強をしてもらってから使うべきだったのではないだろうか。あまりにひどすぎて悲しすぎた。アップが多いので、台詞だけでも何とかなれば良かったのだがと悲しい。立ち居振る舞いももっと演技指導できなかったのか、バトルロワイアルのような殺戮シーンをしても、どんなに深作監督が表現力があったかと思い起こさせるだけであった。ストーリー展開もマンガのいい場面取りをするなら、それまでの盛り上げをもっとして欲しかった。当然比べられるであろう「キューティーハニー」とは比べものにならないぐらい。何を描きたかったかが徹底していなかった。
 監督スタッフキャストの皆さん、これを読むことはないでしょうが、こんな風に書いてしまうぐらい、デビルマンに対するファンのこだわりは凄いんだよ。なめてちゃだめだよと言いたい。東映では無理なんじゃないかとも思ってしまいました。
 今後は頑張って下さい。

 映画館を出たら、友人Fも同じ回に来ていたようだ。感想を聞くと、「なんともこたえられん。いうことないわ。」だって。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

October 06, 2004

スウィングガールズ

 先日、見てきました。モデルになった学校が同じ県内だったので、映画館近くの演奏場所で、高砂高校のジャズバンド部が演奏していました。なんか、めちゃラッキー。しかし、地元の人が言っていたけれど、あんな田舎やないでー、って言っていたが、なんで高砂で撮影しなかったの?昔の「転校生」だっけ。原作者もプロデューサーも違う場所を希望していて、結局監督案になったの。なんか、舞台のあるところは複雑だろうなぁ。
 映画は主人公の女の子が今まで描かれたことがないほどの脳天気ぶりでそういう意味で面白かった。でも、砕けすぎていて、主人公にそういう意味じゃない魅力がなくて残念。女の子を壊しちゃうのは難しいって事だねぇ。やっぱり、「ウォーターボーイズ」の方が面白かったけれど、ラスト脳天気に話が進むのも面白かった。話も今風にアレンジしているようで面白かったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« September 2004 | Main | November 2004 »