« November 2004 | Main | January 2005 »

December 31, 2004

TV番組 2004面白かったものまとめ

「熱中時代~忙中、”趣味”あり」NHKBS
 面白い番組が出来たもんだ。コアなてっちゃんまで出てくるのだから、この番組面白すぎるぜ。趣味人が最近理解されてきているのか。映画や小説でおたくが出てきてこんにちはしてるし、おたくの意味が大きく変動している。買った大塚さんのおたく論を早いこと読んでしまわんと、現在と違ってくるかもしれないやんか。とにかく、飽き性と凝り性の代表選手である私は面白いぞーこの番組は。

「新日曜美術館」NHK教育
 出てくるアナウンサーもアシスタントのタレントもいつもいい人が出ていて、今の山根さんとはなさんのコンビもなかなかいい。私の知らない世界を見せてくれるので、どこどこはまっていってしまいます。呼んでくるコメンテーターも面白い人を呼んでくる。スタジオ内部もいいし、音楽の選曲が一番お奨めだ。この番組知ったころ、選曲の仕事ってしたいなって思わせたほどに。

「東京の散歩道」BSフジ
 散歩者目線のカメラワークで、歩くスピードに合わせて話が進むので、本当に東京の街を巡っているような気分にさせてもらえる。東京は嫌いで好きだから、もっと面白いところ見せて欲しいので、10回をかわりべんたんせずにもっとやってくれ。

「花より男子」BS日テレ
 昨年よりはまりまくって、急激にさめっちゃったよ。今は、彼らの作品を録画してみています。売れて欲しくて売れて欲しくなくて、ファン心理は複雑だにゃん。

「トラベリックス」BS日テレ
 上記と同じように目線でカメラワークが続く。ちょっとこじゃれたみせから素敵な店まで色んな所に誘ってくれるので行った気分にさせてもらえるし、行ってみたくなる。案内役は本上まなみ。柔らかい語り口でいいよ。彼女はこけに興味ある番組を見てから興味がある。本はいまいちだったらしい。友人談。音楽も好きなので、エンディンの曲は何?とHPで聞いたのに未だに返事がこん。

「英国生活」BSフジ
 英国の中流家庭のお家訪問とお庭訪問とお仕事訪問をする番組。素敵な部屋のアレンジは毎回楽しませてもらえる。前は女性が案内役だったが、今の思いっきり日本語英語のおじさんも味があっていいではないか。私って本当に何でもいいんだよな。

「デジタル・スタジアム」NHKBS
 いつかここで、キュレーターに選ばれるようなインタラクティブアーチストになりたいと昨年年賀状に書いたよな。でもって、全然だわさ。色んな才能に感化されます。遅い時間にやってるから、見忘れちゃうよー。

「日本語なるほど塾」NHK教育
 上記の山根さんの人柄も伺えたりする面白い番組。これはいい番組だわ。教授って面白い人が多いよね。

「踊る!さんま御殿」日テレ
 さんま好きだが、これしか見ていない。大勢でやってるときが一番さんまの面白いところが引き出される。ここから、色んな人が出てくること自体引き出したさんまが凄いんだろうなぁ。

「さんま&SMAP X'mas」日テレ
 毎年楽しみにしている。例年、24日前後なのに、今年は早かったのでもしかしてなくなったのではと、TV番組表を捜しまくった。彼らの率直な女性観が伺えて、これが平均的な男性の女性観なのねと感じていますが・・・。今年は吾郎ちゃんのプレゼントが一番嬉しいだろう。

「ぐるナイ ゴチになります」日テレ
 習い事をしているので、殆ど見ることが出来ないのだが、面白いし、こんな高い料理を目にすることも出来ないしで、見られるときは楽しんでみています。

「24」
 WOWOWで24時間ぶっ通し放映していたのを録画して、それを見てたら、家族で2日で見てしまった。「シーズン2」は録画し損ねて見ていない。残念。

「ツインピークス」
 以前、夏休みとか冬休みとかの深夜しかしなくって、めちゃくちゃ楽しみにしていた。リンチ作品。思いっきりはまりまくったけど、2度目は小はまりだった。でもやっぱり凝り性なので、検索しまくったぞー。

2時間ドラマ
 家族が見るのでついつい見ているが、犯人は30分過ぎには分かってしまう。こんな単純な話でいいのかと思うのだが、こんなんでいいのだろう。面白いなって思うのは、つるさんの終着駅シリーズ、渡瀬さんの十津川警部シリーズかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2004

奇書!奇書!脳内大蔵ざらえ

 先日友人Yと「変わった本」の話をした。彼は知らなかったが、私が一番お奨めするのは、「家畜人ヤプー」。沼正三作品だ。ふと手にしたときの帯には、奇書にふさわしい推薦者名が載っており、買わずにはいられなかった。以前からその名前は知っていた。石ノ森章太郎氏に漫画化されていたので、大のファンである私は、題名だけは知っていた。今は、これまた大好きな江川達也氏の手になって漫画化されている。しかし、耐えきれず漫画は継続して買うことが出来ず残念した。
 作者は、第二次世界大戦中に白人女性の囚われの身になった。その時芽生えた性癖を描くために、架空の未来社会で白人女性から奴隷化される日本人男性を描いた。私が男ならとうてい我慢出来ないだろう屈辱だ。女性で良かったさえ思える。そんな作品を興味持たせてしまった。申し訳ない。Yはこのことは忘れてくれた方がいいだろう。また、結果を聞くのも楽しみだったりするのである。ひどいやつ。この作品は、乱ぐいの私でも流石に1回では読めなかった。最大の理由は、その前に読んでいたのが、「武士道とは死ぬことと見つけたり」で有名な「葉隠」。
 なんと言えばいいのか、葉隠のあと家畜人ヤプーを読んでみると、葉隠はマゾヒズムの美学のようにも感じられてしまう作品である。私が手に取ったきっかけは、三島由紀夫氏がイギリスの友人に葉隠を勧めていたと言うことを読んだから、読んでみる気になったのだが、武士と武士道とは違うとはっきりさせた作品だった。やはり、英国紳士のようにスタイルを重んじた武士道は、戦う男の宮本武蔵の五輪の書とは大きく趣が違って当たり前なのだ。戦わなくなった刀差しのステイタスを上げるために作られた今のCQみたいなものかもしれない。衆道のことまで書かれてるので、鍋島藩だけのしきたりではないだろうが、事細かく書かれる内容としては、おしゃれな男の必須アイテムだったのが面白い。
 このマゾヒズムに美学を求めた本を読んだあとにこの奇書を読んだものだから、のど元から奥にいかないのも無理ないであろう。私がうじうじしている間に、変な本だよんとAにからかい半分で話していたのをAは見つけ出し、私より先に読破し、又こんな本を読ましてと非難されてしまった。だから、読むなと言ったろうに。で、仕方ないので、頑張って最後まで読んだが、もう二度と読むまい。読み合わせの悪い作品ベストがあるなら必ずこれを投票したい。
 しかし、この奇書を送り出した「奇譚クラブ」はもう古本屋でしか手に入らないとはいえ、恥ずかしくてまだ手に入れられない。私にとっては最近廃刊したさぶのような存在だ。もう少し乙女ではなくなってから、古書探しにいそしもうではないか。
 作者沼正三は、私だと言って、本まで書かれている方がおられるが、奇譚クラブにおられた方が否定されていたりするので、本物は一体誰なのか、いつかシェイクスピアのように、彼は誰だったのかと騒がれるほどにこの奇書が有名になる日もやってくるだろう。
 余談であるが、三島が名前を変えて作った作品はどうしたら読めるのだろう。今は読む勇気はないが・・・。
 
 奇書に興味を持ったのは、中学生から20歳ぐらいまでの間なので、それ以降は読んでいないから詳しくは知らないし、読んだ作品も忘れてしまっている。そんな状態で覚えているのは、よっぽど変わった作品といえよう。
 
 Yと、「読みにくい小説」で同時に上がったのが、「ドグラ・マグラ」。Yが以前ラジオで読みにくい小説の1位になっていたとも言っていた。これは、頑張って読もうと3度試みたが、長い歌のあたりで挫折。Yも同じだと言っていた。こうなったら、枝雀さんが出演した映画を見るしかないだろう。夢野久作はよく映画化されているが、「ユメノ銀河」しか見たことがない。「火星の女」も見てみたいよう。
 Yが奇書として上げていたのは、「ガリバー旅行記」だった。私もスゥイフトの変さかげんに興味を抱いたが、彼もそうらしい。火星か金星か忘れたが、当時の常識であったその周りの月が1つであったのを2つとして書いていた。馬鹿にされたらしいが、現在2つあることが常識になっている。偶然なのか狂気なのかはたまたサンジェルマン伯爵のごときだったのか・・。まぁ、そんなことはねーだろう。

 奇書っていったら、三大奇書の「旧約聖書」も入るのだろうが、その話は今回やめておこう。一番面白い奇書でもあるが、書けるほどの人間性を持っていない。

 そうそう、日本の奇書「竹内文書」のことを忘れてはいけない。ノストラダムスの如く、そうよみゃーそう読めるっしょってもんでもありますが、楽しい古代のSFを感じさせてもらえます。

 寒くなってきたので、布団に潜ります。今日はこの辺で。

 こんな事を書いていたら、前回の記事の「新生」もスェーデンボルグの新興宗教からかと勘違いされてしまうかもしれませんが・・・(そんなこともないか)、そんな精神の富んだ人間ではありません。単なる変な物好きです。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

December 18, 2004

僕の彼女を紹介します

 そーいうおちかい。ってのが最後の感想。
 猟奇的な彼女の監督と主演のコンビだから、絶対何か面白いことがあるはずと思い出かけてきました。友人Aは良かったとパンフレットを購入。泣かない私が久しぶりに泣いたとのこと、私は泣き虫なので泣きましたが、今回は冷めてたかなぁ。相変わらず、チョン・ジヒョンのかわいさに圧倒されてしまいました。昨年公開された作品で、日本の歌が韓国映画に使われているというのを何かで読みました。監督がX-JAPANのファンとか。で、「火山高」っていう映画のチャン・ヒョクが映画の姿は興味持たなかったのですが、昨年の「猟奇的な彼女」に興味を持ち、チャ・テヒョンを検索していたら、チャン・ヒョクのモデル時代の麗しい姿を発見し、彼の方に興味を持ってしまいました。しかし、誰に語っても知らないので分かってもらえず、その麗しいモデル写真も韓国サイトで見つけ出せなくなったので、人に伝道することもかなわぬままでいたのですが、チャン・ジヒョンとの共演なら必ず日本にやってくると楽しみに待っていました。
 いやぁ、この映画はやっぱり、チョン・ジヒョンのための映画で、チャン・ヒョクの良さは大して思ってもらえないだろうなぁ。映画は、前回より落ちますが、前作のような楽しい映像は健在で、おちまであるので、楽しんで頂けると思います。制服姿がよく似合ってるなぁ~。って、感想ばかりが出てくる作品でした。またこんな事を書くと男性が書いてるように思われてしまうだろうか。うむむ。

| | Comments (2) | TrackBack (9)

December 15, 2004

いま、会いにゆきます

 私の興味がない映画を友人に誘われたら、必ず行くようにしています。だって、そんな映画を見に行く機会はもう得られないから・・・。
 昨日も友人Kに誘われて、行って参りました。火曜日だから人人人。MovieWalkerでの批評点数を見ていたので、ちょっとは期待して見に行きました。やーん、私みたいな悪いヤツでも、大泣きでしたよー。
 どうもあの二人の夫婦姿と、子どものいる姿がいまいち想像できんと思っていましたが、ラストの子どもの大きくなった時の父親姿はいまいちだったけれど、それ以外はなかなかさまになっていました。何で彼らになったかは、いまいちぴんときませんが、逆発想かなと思っています。
 見終わった印象は、こんな小説を書いてみたいなと思ったこと。タイトルがよく効いてるなぁとか。ストーリーはばれると面白くないので、書きませんが、いい話だと思います。また、映画の舞台に選んだ地も緑に囲まれてよかったです。裏の私は、ちょっとやりすぎちゃうんと緑の森や廃墟の建物演出、へんぴな場所にある診療所、と書いてしまうほど思っていますが、また、そんなことも含めて、よかったですよ。
 なんか、思いっきり泣いたにしては、後引きがないさらさら感も今の小説や映画の読後感なのでしょうか。しかし、子どもの両親をしたう姿には胸を打たれて、「いなくならないよね」の言葉が脳裏に染み渡ります。
 なぜか私は、子どもの親を思う気持ちに敏感になってしまいます。子どもの頃に亡くしたわけでもないのに。きっと、両親が健在していたとしても、庇護者がいなくなる幻想が、子どもの頃の一番の恐怖だったのかもしれません。今の虐待でみる、どんなことをされても逃げていかない子ども達の心理は、親に対する愛情や受動的な愛の渇望を物語っています。そんなところも突いた映画でした。
 本当に良いエンディングでした。色んな国の人に見て貰いたい日本の作品です。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Mr.インクレディブル

 好きなサイトのメルマガに管理人のこの映画評が出ていたので、この管理人のファンでもあるし、また好きな映画が割と共通するということで、待ち合わせには「SAW」では間に合わないから、これを見てきました。また、彼が言うとおり吹き替え版で。
 某国際的情報誌では、子ども対象の映画の規制が厳しいお国柄か、今までおもちゃや魚を主人公にしてきたピクサーが、子どもを戦わせているということで、嫌悪感を示していた。
 かの有名な魚のはなしは見ていないので、知らなすぎると思われるかもしれないが・・・。
 第一印象では、色合いと質感が凄いと思った。全体的なトーンが、大人の話にもなるように合わせられていた。あと、異様に体型を誇張化された両親の戦闘服姿の質感が、触ってみたいと思わせるほど、いいあんばいなのだ。
 話は、子どもにも大人でも楽しめるような話で、某誌が語るような嫌悪感を感じなかった。子どもに対する意識が違いすぎるから仕方がないが、この程度で非難されるのだから、某国で日本のアニメが子どもアニメとして輸入規制が多くても否めないだろう。
 ただ、日本人としてみると、面白さは小学生低学年止まりかなと思ってしまう。あまりにも刺激が少なすぎて、もう一踏ん張りと思ってしまうのは、良いor悪い日本文化の影響かな。魚と同じで親子そろって安心してみられる作品だ。
 吹き替え版の声が誰がやっているのか分からないほどうまかった。エンドロールで三浦友和と黒木瞳の名を見るとあーって思ったけれど、あまりのうまさに声優がしていると思ったほどだったので、彼らの演技力に感嘆する。もうひとり、宮迫博之の彼とは分からないほどの演技力に、彼の行く末を感じ取れた。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

« November 2004 | Main | January 2005 »