« ヘンリー王子とカギ十字 | Main | 祝 エジプト記 ② »

January 22, 2005

祝 エジプト記 ①

IMG_0042


 旧約の出をもじろうと旅行中に考えていたが、何もいい案が見つからず、何かいまいちのお題。今回は、ツアーで行っているので、情報はガイドブックを見ると分かること以下しかかけないので、その時に感じたことを書いてみようとblog用に文字の羅列をしていたのだが、そのメモを見ても?????何を書きたかったんだ!1/15の私は。
 で、今日は(いつまで覚えていられるだろう)エジプト人のことについて書いてみよう。
 ガイドブックに、日本人の女の子は現地の人に「かわいい」とよく言われると書いていたので、なんと罪作りな・・・と思いながら、この年齢なんだから言われなくても当然よねなどと、自分をごまかしながら、エジプトに到着すると、やっぱりこんな私でも「かわいい」と言ってくれると事があった。うぅ、女の子まで言ってくれた。日本人の顔は、彼らと違って平べったいのに、どこに可愛さを見いだしているのか分からないが、まぁ取りあえず、よかったよかった。
 いやそんな話ではなく、ガイドブックで気になることが書いていたのだ。イスラム圏は、宗教的にスリや泥棒などが少ないのに比べて、痴漢や強姦が多いというものだった。それも、世界的に痴漢が多いのが、日本とイスラム圏だそうで、殆どの情報を手に入れることが出来る日本人男性と、殆ど見せて貰うことが出来ないイスラム圏の人達が世界で一番凄いとは・・・。なんて好対照なんだろう。で、危険なのは、日本人の女の子がお尻が軽いので狙われやすいというようなことが書かれていたこと。この国でも日本女子の品位はないと思われているのね。日本人おじさんと日本人女の子が最低扱いかぁ~。確かに両方とものりがいいもんなぁ。昔ガンジス川の水を空輸して貰ってチャイを入れてくれた友人の友人は、インド旅行の現地ガイドに体で払いながら各地をまわっていたそうな、まぁそんなこともあるのかもなぁと思っていたらいけないんだなぁ。声をかけてくるぐらいで、そんな感情があるとは思わないし、日本以上にスキンシップの多いところだから、肩や足を触られても仕方ないかって所から、緩んでくるのかなぁ???まぁいいや。
IMG_0048
 エジプトは、以前社会主義の国だったので、女性の解放は他のイスラム圏よりも遅いかもしれない。ベリーダンスも出ている所はストッキングのようなもので取りあえず隠すことになっている。カイロの大通りを歩いてきたのだが、ショウウィンドウの女性の下着がすけすけだったのに驚いた。あれだけ隠して、脱いだら凄いのだ。あなただけにお見せしますわってのがすごいんだろうなぁ。市場で平積みしていた下着は、デカパンばっかりだったので、貧富の差でお色気も違うようだ。考古学博物館で見た黒づくめで、眼鏡をかけていた女性は、月光仮面かハリマオ(私はいくつだ)かって、思わずすげーって引き笑いしてしまって止まらなかったのだが、あの黒づくめの中は、およよなのであった。
 で、帰る当日街をぶらぶらしていたら、えらいものを見てしまった。通りのよこちょで女性がかがんでいるので具合悪いのかと思ったら、大をしている最中だった。げげっいままで街の中にあった糞の数々は馬ではなくて・・・大ショック。こんなところでやっているから、狙われるんではないかい!?
IMG_0079
 なんか、エジプトって思ったら、すぐにラムセス2世と40人の嫁さんのことを考えてしまう。どこでも、金と力があるものは、財宝も女も多く手に入れることは出来る・・てことは百も承知なんだけれど・・。やっぱり、私が女だから、ラムセス2世好きだしで、色々考えてしまった。あぁなんで、1対1じゃないんだ。私は小学生の時に読んだ旧約聖書で、エブラハムに子供が産めない歳になった彼の妻サラが、下女をあてがうんだけれど、子どもが出来たら、その下女と子どもをどっかにやってしまう話があるのだが(間違っていたらすまん)、わたしゃこのサラに惚れたよ。洗礼名なんかいらないところだったけれど、勝手わたしゃサラだってつけていたっけ。カインといい、サラといい、人間的な人が好きだー。まぁそれはおいといて。
 で、私の好きなラムセスさまは、彼の賢妻ネフェルタリに死んでからも神殿を造るぐらいに大切に扱っていたけれど、彼とネフェルタリの子どもとも結婚しているのだ。私がネフェルタリなら、いくら死んでいても、他に38人女がいても自分の子が妻になるのなんて許せない。子どもに嫉妬してしまうぞ。間違いなく一番愛されるやん。などと、いろいろ考えておったのだよ。

 やばいやばい。これで終わりそうだった。エジプト人のことを書こうって、全然書いてないじゃん。
 まずひとことにいってやさしくて、気さくだ。これは今だけ金持ち国家日本人だから何か買ってくれるってことだけではない。帽子を落としたので、拾った人から金くれポーズもされたが、私にかわいいと声をかけるぐらいに、日本人に声をかけたがるのだ。10年前におしんが流行ったということもあるが、日本人気質が親切なので、お互い親切にしあってってところじゃないかと思う。子ども達が日本製のボールペン等を欲しがるので、ツアーで一緒だった人達は、もっとたくさん持ってきていたら、子ども達が喜んだのにと言うぐらいに、そんな人達と観光地付近のエジプト人達は出会っているからだろう。写真をねだって、デジカメで写っているところを見るだけで喜んでくれる。そんな純粋な心にふれたら、私のような悪いヤツでもちょっとは親切になろうってもんだ。相互作用の結果だなぁ。
 

|

« ヘンリー王子とカギ十字 | Main | 祝 エジプト記 ② »

「海外旅行」カテゴリの記事

Comments

おかえり~。
また頑張ってたくさん書いてけろ。

Posted by: katsura | January 23, 2005 at 02:21 AM

 おおぉ、覚えて下さっていたのですかぁ!?
有り難うございますぅ。

Posted by: 海音 | January 23, 2005 at 10:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/2662879

Listed below are links to weblogs that reference 祝 エジプト記 ①:

« ヘンリー王子とカギ十字 | Main | 祝 エジプト記 ② »