« なんだ、PMSだった | Main | エイプリルの七面鳥 »

January 25, 2005

パッチギ!

 「今知らないということは、この先もずっと知らないということだ」
 喧嘩の末事故でなくなった在日朝鮮人の高校生のお葬式で、日本人の主人公が言われる言葉だ。
 映画で多くのものが学べる。先日のクルド人難民問題も、昨年公開していた「遙かなるクルディスタン」でクルド人の情況を知ることが出来る。長年にわたる差別は比較的にまだ少ないと思われるトルコでも映画のような痛みを味わうことになる。日本のニュースは殆ど海外のニュースを報道しない。昨年暮れビルマ(ミャンマーなんて呼びたくないぞ。)で政治囚が5000人近く解放されたのに、TVニュースになっていないような国だから仕方がないのだが、せめて私は「自分が知らないこと」を「知る」自覚をしたいと思う。
 井筒作品だから、喧嘩が多いのだが、ここでも朝鮮学校の生徒と京都の高校生との乱闘シーンが織り込まれていて、怖くて何度も目をつぶってしまった。俳優さんもよくやってるなぁ。こんなに怖がっていたらいけないんだろうけれど、こわいよー。話は、1968年京都。京大があるから学生運動に盛り上がっていたり、グループサウンズで失神したり、大橋巨泉がフリーセックスの時代が到来したと言ったりした時代に、主人公は朝鮮学校に通う女の子に一目惚れする。恋するおとこは、彼女の演奏していた「イムジン河」に興味を抱き、少しでも近づこうとハングルを勉強する。そんな中で、彼女の兄と日本の高校生との乱闘もあり、色んな若者達の青春が描かれている。
 面白い時代の雰囲気が味わえ、素直な主人公が朴訥と彼女の世界に入り行くさまは、この日本に彼のような態度が一番必要なのだと感じさせて貰った。分断された国とイムジン河を意識して何度も鴨川と橋が背景に写る。最近意味ある背景をして、メッセージを読み取らせようとするのが増えましたね。
 ラストのセリフもそこでだろうと思っていたけれど、いいおわり方だったし、関西人は横山ホットブラザーズに大笑いだ。
 アルフィーの坂崎さんがモデルの役をオダギリジョーが好演。長髪オダギリも似合ってるぅ。オダギリは浅野を継ぐのかと思わせる印象。主人公以下若い魅力的な俳優さんが出ているが、特に兄役がうまい。大友さんもかっこよかったよ。
 1970年前後の風俗は本当に惹きつけられますね。主人公達が見ていた「女体の神秘」見てみたいぞ(笑)。それと、残念ながら男に生まれてこなかったので、息子の親友がズボンを下ろして見せたものを大笑いするお母さんが、何で面白いのかが分からないのが残念無念。


 旅行の前日、人材登録会社の人から職安にあなたの希望しているような職種が出ていますよとわざわざ連絡を貰った。明日から旅行なんですと言ったら、余裕あるなぁとおののかれたけれど、余裕無いよー。生活費10万は毎月消えるもの。でもって親の保険に入れて貰ったら、上乗せが2万近くあり、毎月親にも2万払わないといけないのだ。なんで働いていないものから取っていく。ある時にとっといてくれよー。
 でもって、今日は職安に出かけた。上記の作品がお目当てではないよ(笑)。まだ残ってるだろうかってものなのに、ぼーと電車に乗っていたから、またもや下り忘れて2駅も通過してしまった。ドアのそばにいても、閉まってから「あっ」って思ったりするのだが、これって私だけじゃなくいっぱいいるよね。100人中20人はいるよね。

|

« なんだ、PMSだった | Main | エイプリルの七面鳥 »

「映画」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
新潟総合テレビで金曜深夜不定期OA中のDISINFO TVです。
weblog上で第1回DVDプレゼントを実施中!
今回は第1回・第2回の放送にゲスト出演して頂いた井筒監督の「パッチギ!」DVDスタンダードエディションをなんと井筒監督サイン色紙付きで2名の方にプレゼント!
応募はDISINFO TV blogの下記の投稿にコメントを残すだけ!
http://www.b2engine.co.jp/dit/archives/2005/10/1dvd.html
ぜひご参加ください!

Posted by: DISINFO TV | November 02, 2005 at 08:45 PM

5 名無しさん@恐縮です 2006/07/22(土) 18:57:24
初心者はまずこれを読んでくれ

特に、高岡蒼佑は、最近日本の教科書問題や独島問題など韓日両国の微妙な問題についても若者らしく堂々と意見を述べた。
高岡は「個人的には日本という国はあまり好きではない。韓国に対し、日本は卑劣なように思える。日本政府は正しい情報を国民に伝えるよう願う」と語った
朝鮮日報
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/03/12/20060312000040.html


6 名無しさん@6周年 2006/07/24(月) 16:53:49
本名江森勇介。千葉県大網中学校在学中に仲間数十人で、校内暴力(三年時)。
田口という先生と鈴木という先生を病院送りに。その後傷害事件を繰り返し鑑別所送致(三年冬休み後)。
後になんたらっていう暴走族に。確か?一家??。どうしようもない札付きの不良。高校は千葉県一頭の悪い
鴨川第一高校(現在は名前が変更)というバカ学校に進学するも数ヶ月で退学。
それからよく作業服姿の江森を大網駅で屯しているのを見かけた。
それからしばらく見なかったのだが気づいたらチャラい雑誌のモデルをしてるうちに芸能界入り。
今の高岡蒼佑に名前を変更。 よくここまで変われたね江森君。
現在は、高岡蒼甫に改名し反日活動中。

Posted by: ........ | February 01, 2008 at 08:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/2695234

Listed below are links to weblogs that reference パッチギ!:

» 『パッチギ!』 [京の昼寝〜♪]
■監督 井筒和幸 ■キャスト 塩屋瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、オダギリジョー、光石研、笹野高史、余貴美子、前田吟    殴り合ったら、同じ色の血が流れた... [Read More]

Tracked on January 25, 2005 at 11:54 PM

» 映画「パッチギ!」井筒和幸監督「心の鼻血を!」 [愚図愚図と酔いしれて…]
昭和43年!「日本人」と「在日朝鮮人」との青春群像劇! 「京都」を舞台にした「井 [Read More]

Tracked on January 27, 2005 at 12:06 PM

» パッチギ! [パウダースプレー]
『パッチギ!』仲良うしたいだけやねん。生まれた場所より生きてる場所やろ。河があるなら橋を架けよう。今こそ愛だぜっ!歌いたい歌を歌うんじゃ。誰かが引いた線なら俺ら... [Read More]

Tracked on February 17, 2005 at 01:24 AM

» パッチギ! 今年の166本目 その2 [猫姫じゃ]
パッチギ!   年代としては、1968年。 ま、うちとは、ちょっと年代は違うケド、時代考証、完璧ちゃうん?? 最初、「音楽 加藤和彦」て出てきて、???やったんやケド、 すぐにわかったわ。これなんやね。 うち、カラオケで、たまに歌います、フォークル。... [Read More]

Tracked on August 08, 2005 at 02:27 AM

« なんだ、PMSだった | Main | エイプリルの七面鳥 »