« ネーバーランド | Main | 北の零年 »

January 29, 2005

射手座の男

 しまった。射手座の男が好きだからって良く書きすぎた。これでは、お困りの人の何の解決にもならないではないかと反省。突然、何を書いてるか分からない人は「ネバーランド」の下の方を読んで下さい。
 射手座の男の例を出すと、坂本龍馬(これが太陽暦だと射手座と山羊座の説があるんだなぁ)は佐奈子(漢字あってる?)さんよりもお竜さんを選んだんだな。
 有名な歴史上の射手座(太陽暦に変換して)は、日本だと武田信玄、黒田官兵衛、黒田長政、鍋島勝茂、清河八郎とかがいる。武田信玄は「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」って、人を使うのに長けてて、人に対する哲学を持っているような人だったんだよね。黒田長政って、官兵衛の子で、自分の部下よりも先陣を切っていっちゃうような人で、親父さんが秀吉に裏切られたら、時代を見ていい方に着いたんだよね。石田三成とはあわなかったから仕方ないんだけれど。鍋島勝茂は確か変わり者扱いをされていた人だったんだよね。島原の乱の時の人だったはずだ。清河八郎は、のちの新選組となる浪士隊を率いて京に上り、本当は反幕府だぁなんていっちゃたりして、めちゃくちゃ射手座な性格だ。あと、井上馨とか若いときははちゃめちゃな長州の人だったし、西郷隆盛は自分に付いてくれている人にまぁいいよって感じで西南戦争だし、洋画家で巴里で成功した藤田嗣治は変なおじさんだし、松下幸之助って人もいるし、種田山頭火もそうだし、私の好きな寺山修司とか、うーん、うーん。そんな感じで、最近なら、のほほん系なら稲垣吾郎とか藤村俊二、近藤正臣、石田靖とか、男っぽい系ならブラット・ピットに反町隆史、山本太郎、浅野忠信、わぁー今の男の方が出てこないよぉ。
 で、何を書きたいかというと、私の占いはミス・マープル方式なんだ。アガサクリスティのミスマープルシリーズって知ってる?「確か、えーと誰だったっけ。そうそう、あの宿屋の亭主と似ているのね」とか何とか言って、今まで生きた中で知り合った人との共通点から犯人の考え方を割り出していく。統計学的な推理小説なんだよ。で、上の人物達を考えてると何となく共通するところが出てくるのだ。無茶をしたり、変わったことを平気でしたり、言動に裏がなかったりって、これは私の勝手な解釈。もしこれで何かに見えてきたら、少しはお役に立てたでしょうか(笑)。何にも役に立たずに終わったような気がする(笑)。うーん、射手座は何でもOKの人なんですが、何でもOKじゃない人は、めんどくさくなってどっかにいっちゃうかなぁ。あと、恋愛よりも社会性を大事にするので、大事にされてないなぁとか思われるときには、自分から素直な気持ちを言ったら気がつくと思う。しかし、男なので、気がつくだろうといった態度だけでは、分かってもらえないと思う。めちゃくちゃラブコールを受けたのに、今はそんなに言ってくれないのは、別に冷めたからじゃないよ。自分の内側の人になっているだけだよ。思ったことをはっきり言いすぎてきついところもあるし、ルールとかを嫌う割には、よく弁護士に多いとか書いているし、反体制かっていうと、面白いことに思想犯に少ないタイプのようだ。子どもの頃見た赤軍派の人達の手配写真に射手座はいなかった。ノンポリって人が多かったんだ。それかその頃はピッピーみたいに髪長くしてるようなのが射手座だろうなぁ。ちょっと前はアンドロギニュス的なものが流行った頃があって、寺山やいしだ壱成とか武田真治とか受けていたり、おかまさんが大流行だったり、なんでも受け入れられるような射手座の時代だったが、今は射手座の時代じゃないなぁ。そうそう、カルーセル麻紀とかベティのマヨネーズのベティも射手座だ。こだわりがない射手座ならではだよなぁ。(敬称略)
 おぉ、熱く語ってしまった。でも、射手座の男に困って検索した人はもうこないよなぁ。ははは。
 自分の恋もうまくいかないのに、射手座論を書くなんて、そんな私は清河八郎と同じ誕生日。惑わせてやるぞぉ~。


 上記の記述に記憶違いが多々あると思われます。先に謝っておきます。m(_ _)m

|

« ネーバーランド | Main | 北の零年 »

「占い」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/2738447

Listed below are links to weblogs that reference 射手座の男:

« ネーバーランド | Main | 北の零年 »