« スーパーサイズ・ミー | Main | しあわせだにゃぁ »

January 05, 2005

約30の嘘

 昨日の神戸新聞で、イチローちゃんが、神戸という街と一生つきあっていくと対談で答えてくれた。
 オリックスの本拠地が神戸だけではなくなって、楽天が上がったときに、神戸は積極的に誘致活動をしなかったと、たたかれもしたが、楽天がLivedoorの単なる対抗馬で参戦している以上、間違いなく東北を攻めるのであって、神戸が市民球団の気持ちから離れず浮つくことがなくて済んで、ホットした。結局は、大阪と本拠地を分かつことになり、オリックスの名が付いていても、全然神戸が残っていないってことも、もう諦めもしたが、毎年オリックスから旅立っていった選手が、日本での自主トレをこの神戸で行ってくれているのが、もう無くなってしまうのではないかと、もうイチローちゃんはやってこないのではないかと、思っていた。その答えがこれ。イチローや木田や田口が海外に行ってしまっても仕方ないと思っているけれど、震災のあと頑張ってくれていた彼らは、同士のような感覚で心に残っている。毎年神戸の街が、「お帰り」と言えるのが嬉しい。
 今日の正平調に、天国に上り詰めて、地獄に堕ちた男、中内さんが、齢82歳にして、まだこんな状態でも、色紙の言葉に「飛翔」と書くと書かれていた。かっこいいー。
 トロツキーの暗殺者から逃げながら、「Life is beautiful」と記者に答えたことを思い出した。
 生きている人達の生きている言葉だなぁ。

 今日は、友人T1と、シネ・リで2本立て。今年に入って映画館で3本目だ。
 椎名桔平と中谷美紀と田辺誠一と妻夫木聡と八嶋智人と伴安里が織りなす、可愛い人達の可愛い嘘のお話。とっても、詐欺師に見えない彼ら、折角稼いだ7千万円をその中の誰かが盗んでしまう。そんな中で一番大切で、気づくとつらいことに気づいてしまう。舞台劇を映画化にしたんだな。作品は軽いタッチで、友人T1は舞台の方がよかったかもと言っていた。何か憎めない人達の話だった。友人曰く中谷美紀がなぜ必要か、うまくないと言っていた。私は淡々と恋愛を交わしていく演技がそう見えるのかなと思った。どっちかっていうと、伴安里の演技の方が淡々としているのに、印象が残った。
 この映画はなんかクレイジーケンバンドの音楽で救われてるかもと思った。折角のゴンゾウが生かされていなかったし、トワイライトエクスプレスもなんか勿体ない使い方かなって思った。
 妻夫木君はよかったよ。よかった。よかった。毎回違う印象を見せてくれて、おいら嬉しすぎだよー。年上女性との恋愛劇、ちょうどあんな具合でいいよー。

 この映画で貰ったサービス券を持って、ケーキを食べに行く。ラフレアのタルト美味しいではないかー。

 帰ってから、友人Mから電話。同じように働くとこも金もないのに、私とは違って、ダーリンと暮らしているこのこのしあわせもんがーってやつが、お正月ダーリン仕事で寂しいから落ち込んで、ひとりぽっちだと泣いて電話してきた。やっぱ、手に入れた幸福がおっきいと、淋しさも百万倍してしまうんだなぁ。ダーリンがいない世界なんて考えられないって、以前は私と一緒で働き虫サンだったのに、愛は人を変えてしまうんだなぁ~。あー、羨ましいぜよー!って、6日に一緒に職安に行こうと慰める。なんて情けねー。金無い私たち。

 明日は、ひさしぶりぶりで、ケーキ持って麻雀に行くのだ。また、かもられにいくようよーなもんだ。

|

« スーパーサイズ・ミー | Main | しあわせだにゃぁ »

「映画」カテゴリの記事

Comments

おおきいーことはいいことだっ♪

ジャン♪ ここにもストーカー登場!
お尻は小さいけど、プクぅっとボインの…ははは(^o^)
それはさておき、タルコフスキーの「ストーカー」が好き。
好きっていってるけど、見るといつも同じとこで寝てしまう、トロッコに乗ってコトコト走ってる場面で。
つまらないわけじゃないの…モオツアルト聴きながら寝るのと同じくらい気持ちいい。

神戸かぁ…また行きたいなあ…って前にも書いたなあ。
震災後は行ってないからなあ…あ、「死国」で四国に行った帰りに…通過した。

海音さん…で、でかいね。

Posted by: katsura | January 05, 2005 at 01:50 AM

 さてはおぬし、サトエリタイプが好きだねー!私はサトエリ好きだー。ユニセックスな所もいい!
 そっか、モーツァルトと同じお誕生日だったんだね。もうすぐ誕生日だ!私は、ロートレックとテッド・バンディと一緒だ。他人とは思えん。モーツァルトは天才だね。14でマリーアントワネットに求婚したってんだから、映画の通りだろうな~。同じ?私は「死せる王女の孔雀舞」で、自分の世界に戻れます。横たわった王女だ。よかった映像チャットルームじゃなくって、何でも書けるぞー。
 katsuraさん神戸に来てはダメだよ!やっと健全になったのに、katsuraさんのエロエロ菌が蔓延してしまう。だから、だめだよ。生息地は、歌舞伎町界隈だけで、呼吸は新宿区内だけか成層圏で、四国は飛行機で行くように!エボラより怖いかも~。きゃー、いじめてしまった。
 今日あたりから、お仕事かな。お正月色々相手して下さってめちゃくちゃ嬉しかったです~。でも、もっと遊んでちょ。

Posted by: 海音 | January 05, 2005 at 09:01 AM

丸見えです…隠しカメラ、インストール済みです。

サトエリも悪くないなあ。
でもちょっとエロモンが足りない。
ユニセックス…おぉ、いい表現だ。
「おめー色気ねーなー」て言うと相手を傷つけちゃうかも知れんが、これなら大丈夫そぉだ、ものは言い様だね。
歌舞伎町は汚いから嫌い…。
仕事っつーても、まだしばらくは電話がかかってくるのを待つだけですから…暮れからずっと暇なの…。
海音さんは、もー感染してます。

Posted by: katsura | January 05, 2005 at 11:39 AM

色気ない方がよくない?自分の時だけ出してくれた方がよくない?やっぱ男の人は見た目の印象が大きいんだね。あんまり発散しているのは、ちょっと引くけど、叶姉妹は気になる。
 競馬以外に他でも映画のblogを書かれているのですか。しゅごい。情緒が豊かなんですね。
 いやぁ、遠いところにいるので、感染は無理っすよー。でも、katsuraさんが会社の先輩なら色んな面白い世界見せて貰いたいっす。

Posted by: 海音 | January 05, 2005 at 11:28 PM

んとねー、見た目ってんじゃなくてねー…匂い…ってのかなあ…雰囲気ってゆぅか…う~ん、表現がムツカシイ。
ワカパイがいいとか、ゆうこりんがいいとか、熟女がいいとか、人妻もいいなあとか色々ゆぅけど、ホントのとこは違うよぉな気がするし。。
普段から叶姉妹の如く振舞うのであれば、それはそれで、えらいっ!とも思うけど。
好きになるときは、松田聖子みたいにビビビと来るもんですよ。
そぉゆぅときは、多少デッサンが狂ってても気にならないし…よくわかんない。

映画のBLOG?
仕事用のBLOGは作ってるけど…ホームページは更新がたいへんだからさ…でも、それは映画のBLOGとはいえないなあ、おおいに関係ありだけど。

で、麻雀はどーだったのさ?

Posted by: katsura | January 06, 2005 at 12:16 AM

 ワカパイにゆうこリンか、可愛いじゃないですか。監督になったら、好きな俳優いっぱい出せていいだろうなぁ~。きゃー、監督業を冒涜してる?
 ビビビと来るのか、しゅごいなぁ~。私はぴぴぴが多すぎるか、冷めてるかどっちかだから、そんな人よくわかんねー。ハンサムには目を吸い寄せられる。ロン毛の男とか、ひげの人、人と違った服装をしている人、ジーンズが似合う人、あーぴぴぴがいっぱいだー。
 もう一つblogがあるってことは、日頃思うことがいっぱいあるんだろーなぁ。私の映画感想文は何にも思いつかずじまいで書いてたりするから、色々考えて言葉が出来る人が羨ましい~。私の言葉はみんな軽いんだよなー。以前、写真の先生のタイトルが可愛らしすぎると言われた。言葉は難しいんだよなぁ。
 麻雀は、昔人数がいないからと誘われてから、殆どルールも分かっておらずやっている。だから、点数も数えられないしで、殆どかも状態、運良く大勝ちするときは奇跡ってもんですよ。
 katsuraさん麻雀するの?麻雀って面白いよね。

Posted by: 海音 | January 06, 2005 at 10:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/2473455

Listed below are links to weblogs that reference 約30の嘘:

» 『約三十の嘘』 [京の昼寝〜♪]
■監督 大谷健太郎 ■脚本 土田英生、大谷健太郎、渡辺あや  ■原作 土田英生 ■キャスト 中谷美紀、椎名拮平、妻夫木聡、田辺誠一、八嶋智人、伴 杏里、ゴンゾウ... [Read More]

Tracked on January 29, 2005 at 12:50 AM

» ミステリーもどきの人間ドラマ?◆『約三十の嘘』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
ある事件から解散していたチームが再び結集した。落ちぶれた元リーダー・志方(椎名桔平)、クールな美貌の持ち主・宝田(中谷美紀)、元アル中の佐々木(妻夫木聡)、皆を集めた新リーダー(田辺誠一)。彼らは3年前に大金をせしめた詐欺師のチームだったのだ。そのメンバー...... [Read More]

Tracked on November 14, 2005 at 10:38 AM

» 約三十の嘘 06年九94本目 [猫姫じゃ]
約三十の嘘 大谷健太郎 監督、 クレイジーケンバンド 音楽、椎名桔平 , 中谷美紀 , 妻夫木聡 , 田辺誠一, 八嶋智人, 伴杏里 おっしゃれ〜!ま、途中ちょっと失速かな?と思ったんだケド、最後はまた、ばんざ〜い!たのし〜! どんな映画か、誰が出ているの...... [Read More]

Tracked on June 06, 2006 at 04:17 AM

« スーパーサイズ・ミー | Main | しあわせだにゃぁ »