« January 2005 | Main | March 2005 »

February 28, 2005

blog観察その2

 私っていなかもん。って思った。だって、有名なアキバ系をちょっと探索に出かけただけでおののいてしまった。livedoorでアキバ系お店のblogがあったので、覗いてみたらなんとまぁ。すごいエロの世界が広がっているではないですか。アニメでエロアニメがあるぐらいは知っていましたが、フィギアでそんな物があるとは、趣味の世界としても凄いところまできているのだなぁといなかもんになった気分です(思っていないけれど元々いなかもんです)。これを購入して、おたくの人達は鑑賞するのですか。はぁ~。すごいなぁ~。それも貧乳か巨乳のオプションパーツがある。ひぇ~。んでもって、もえるるぶ東京案内ってのがあった。どんなんだろう。

 無料占いを教えてくれるblogさんで、山手線占いってのも見つける。早速挑戦する。
www.web1week.com/tokyo/uranai/
私はなんと新橋。占いの結果は、
 SLが置かれた西口広場はサラリーマンのメッカ。夜は一杯飲み屋とエロ系の客引きがひしめく。しかしお台場への玄関口、日本初の鉄道起点「汐留貨物駅跡地」の超高層ビル開発など、今後が楽しみな駅だ。
 時おり大胆な行動で人を驚かせる豪快なタイプだが、内面はとても純粋で繊細な人。しかも外見からは想像できないが、大変な人見知り。心を開いた人には本音でぶつかるが、そうでないとどこか心を閉ざしている。しかし生まれつきの社交的カンと親切心があるので、周囲にはそう見えない。細かい心配りと理解力で、よき相談役となる。
 関係のない異性と気兼ねなく話すのは得意だが、根が臆病なので本気の恋になると素直になれず、なかなか本当の気持ちを伝えきれない。(←当たってる。ははは)恋愛には夢や理想をもっていて、気を許すといきなり大胆になったり、わがままになったり豹変する一面もある。(←これも当たりすぎ)いい意味でも悪い意味でも相手がそのギャップに腰を抜かしがち。(←ほんとうに・笑)
 当たってる?誰が答えてくれるんだ(笑)。
んでもって、無料適職診断は
『楽天的な』 気質です。
良い精神状態の時  想像力に富む・素早い・自信たっぷり・魅力的
悪い精神状態の時  自己陶酔的・衝動的・反抗的・独占したがる・破壊的
性格
 陽気で明るい快楽主義タイプ。社交的でのびのびしている。意気消沈している人を自然に勇気づけ、誰からも好かれる。好奇心旺盛で、才能ゆたかなタイプ。
注意
 貪欲な好奇心を抑えきれずに、行動過多になりやすく、不健全な生活に陥る傾向がある。危機に直面すると現実逃避し、自暴自棄になりやすい。
仕事
 同時にいくつかの職業を持ったり、頻繁に旅行するような仕事、ツアーコンダクタ、写真家やフリーの仕事に向いています。

 だそうです。私としてはめちゃくちゃ当たっています(笑)。いいこと書きすぎですが・・・。
 当たってるかどうか試してみて下さい(笑)。
www.haken.co.jp/haken/profiling.html
 HPってリンクフリーなのかよく分かんない。blogもリンク貼っている人が多いのだけれど、blogはいいのかなぁって思っていたら、見ていたblogでリンク貼りも貼っていいですかってコメント書いてから・・・みたいなコメントを読んだりすると、人によって違うんだなぁと思ってしまう。以前見たので、TBをつけられた人が、事前にメールでTBつけていいかどうか聞いて下さいってコメントを書いておられた人がいた。今はそんな風に変わってきているのかもしれないけれど、TBの意味がないじゃんと思ったのだが・・・。TBも難しいんだねぇ。私はあほみたいな文章を貼ってもいいんだろうかとドキドキしてしまうので、心臓に悪いからしていない。私のようなあほな文章にTB貼って貰ったりすると、めちゃくちゃ嬉しい反面、いいのぉこんなのなのにぃって思ってしまう。気にし過ぎかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画関係者色んな人が死んじゃったね

 なんか、色んな映画関係者が亡くなられていて、最近寂しいですね。
 今日知ったのですが、「デビルマン」の那須監督がお亡くなりになられたそうです。私はこの監督の作品は「デビルマン」1本しか知らないので、何とも言えないのですが、遺作がこれならちょっと気の毒なような気がします。私は自分のblogで割と酷い感想を書いたので、ちょっと気にしています。次回作を頑張って欲しかったのに。残念ですね。
 鬱病だったイ・ウンジュさんが自殺をされてTV報道もよくされていました。私は昨年「永遠の片思い」で彼女を知ったのですが、柔らかい味わいのある役者さんだっただけに残念です。あの映画では、写真を撮っていた彼女です。悲しみの場面を思い出します。主人公と同じように若くで死んでしまった。儒教の国の女性たちがどんな生き方をしているのかは分かりませんが、伝え聞くところによると、女性は離婚すると働くところが無くなり、夜の商売をするしかないのです。それほど、女性に対して厳しいです。だから、以前ニュースにもなりましたが、売春街を一掃しようとした時に、そこで働く人達が、私たちの働き口を取るなと抗議をしていました。日本では考えられない話しですが、それほど生活と繋がっているのですね。だから、彼女が不本意にも露出したということを思い悩んだのも、深い儒教の教えで自分を戒めているのも、仕方ないのでしょうが、日本人の女性からしたら、気の毒になってしまいます。女性に対してまだまだ世界は閉鎖的です。日本みたいに解放しすぎるのも何なんでしょうが、アフリカには未だに女性の割礼があるし、イスラム圏でも婚前交渉をした女性が身内に殺されたりしているので、もうちょっと女性を解放して欲しいなぁって思います。
 あと、岡本喜八監督。「監督不行届」に出てくる「沖縄決戦」は岡本監督作品のパロディなんですよね。私は「大誘拐」と「助太刀屋助六」しか見たことがなかった。なんか、「独立少年合唱団」に出ておられたらしい。「大誘拐」は私の好きな北林谷栄さんや風間トオルさんが出ていて、歴史背景まで盛り込んで面白い作品になっていた。「助太刀屋助六」の方は真田広之さんが出ていたのだが、いまいち印象が薄い作品だった。2つしか見たことがないけれど、何となく彼の作品には楽しさや遊び心が感じ取れた。年齢がいくつになろうとやりたいことがある人はまだまだ青少年だと思う。脚本を書いて役者にももう依頼していたという監督。きっと、悔しがっているだろうなぁ。映画を作り続けている中で死ぬってのは映画関係者としては嬉しい死に方かもしれない。おいらは、ぼけてしまっても、介護の人に「ホワイトクリスマス」とか「雨に唄えば」とか見せてもらないながら死にたいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 27, 2005

今日はミンチカツを歩き食べ

2005_02_27_01 今日も買い食い写真。日本で初めて肉を売った(間違っていたらごめんよぉ)森谷のミンチカツと、向こうに見えるのは日本人なら誰でも知っている明石の天文台だ。
2005_02_27_032005_02_27inu 友人宅に行く途中、置物のわんちゃんたちが、盗られないように鎖に繋がれているのを発見。明石駅から北に上がる(これは神戸弁です。北に行くことを上がると京都弁を使います。須磨・長田・兵庫辺りが使います。)と、震災ではそんなに被害がなかったために、昭和の住宅のところが多い。昭和の中でも色々変化していったので、この辺をブラって歩くと面白い。んで、私の好きな廃墟発見。この辺りは廃墟が多い。土地が高いところだし、昔拓いたところだから、一軒の家の敷地面積が広いために売りにくいのかなぁ?ここまで来たら、味が出すぎだけれど・・・。
 今日は友人O2とE2の家に、Kと遊びに行く。お鍋でした。きりたんぽ入れてくれました。美味しかったです。次はカレーがいいとKが言うと、O2は前の日から手間かけるからめんどいと。普通のカレーでいいやんってKが言うと、では次回は本格派カレーかレトルトカレーか口が肥えているかを試して、分かれへんかったら、もう本格カレーは作らないと言われてしまった。が~ん。O2のカレー美味しいのにぃ~。でも、舌が肥えていないからなぁ。
 今日は、TV局対IT関連企業の話しを熱く語ってしまった。やっぱり、他の大手企業は時間外取引をやっていても許されて今回は国会討論で問題にされる。突然、インサイダー取引で株を倍以上増やして、株主を無視する方法をとる。本当に大きな会社は、日本や日本の経済や国民を嘗めとるなぁ。って、これは、論争好きのO2と意見はあったが・・・。おたく論は意見あわねー。私のおたくに対する考えの変化と、一般的なおたくに対する考えはかけ離れてきている。一般的にはまだまだあんまり肯定出来た者ではない種類の人達なのだろう。私の思うおたくは広義の意味で、彼らが思うのは狭義の意味のような気もする。でも、架空のものを愛する人達が引きこもりと同意語思われたり、変態的な犯罪者の片鱗を持つと思われているところからは、早く脱出をして貰いたいものだ。2005_02_27nabe

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の新日曜美術館のおたくを見るべし

 昨年、ベネチア・ビエンナーレにて、変容する建築物をテーマに、日本館では、おたくの文化による都市の変容をあらわした「おたく展」が開催された。5万人以上の入場者数を集めたこの空間は、おたくが集まることによって変わりゆく秋葉原とおたく文化を紹介している。
 今日の新日曜美術館では、ゲストにその日本館を担当した建築学者森川嘉一郎さんを呼び、おたくについての説明や、おたくの生活等の説明また、おたく文化に至るまでの説明を分かりやすい語り口で紹介している。建築学者ではあるけれど、自分もまたおたくであることで、この変容していく秋葉原を見つめていけ、おたくを知らない人が飾り付けをして、おたくの文化のように見せるのではなく、おたくによるおたくの文化や都市の変容を目指したと言っておられた。彼の業績には、最後にイタリアの大学教授が語るインテリジェンスを感じる今までの中で、1,2位がつけられるほどの展示物だったとの賛辞を頂いている。森川さんの言うように、おたくって何っていう最大級の疑問をヨーロッパに残して来れたのだ。
 精神学者斉藤環さんによるおたくの部屋の写真や精巧な部屋のミニチュアや、尚かつおたくの部屋の再現。コミケの代表者がプロデュースした世界最大規模のコミケの会場の凄さの模型に、同人誌の展示。秋葉原の店に入ったかと思われるようなかわいい女の子たちのポスターやフィギアの展示。レンタルスペースに置けるおたくたちの世界。変容し電気街からおたく街に変わったおたくの町アキハバラの模型。入場者には、総武線を跨いだ可愛い女の子のフィギアが付いてくる。この特集には出ていないが、岡田斗司夫さんも参加されている。なんて、凄い世界だ。私は全然知らない世界が秋葉原に存在している。一度行ってみたくなった。東京では3月初旬までこのおたく展の凱旋展をしている。行きたい~。お金落ちてないかなぁ~(笑)。本当に東京が隣町だったらいいのにぃ~。

 今日私見ることも録画も出来なくてめちゃくちゃ悔しいのですが、トップランナーは清水崇監督です。番宣では面白いこと言ってそうに見えるので、見たいよぉ~。

 H2A7号成功しましたね。よかったぁ。昨日はどうだろうか、ちゃんと軌道にのるかしらって、不安でした。よかった、よかった。ひまわりはたった10年も経たないうちにダメになっちゃったんだよね。今度も何千億を使ってたった10年なんだろうか・・・。ちょっと気になる。
 そうそう昨日、BSフォーラムで日韓の文化交流をしていて、監督や漫画家、小説家、舞台演出家の私でも知っているような人達が顔を並べていた。後半ちょっと見ただけで、あぁ勿体ないことをした。私の好きな江川達也さんが出ておられた。語られるているところが見られなかった。残念。でも何喋ったんだろう。気になるよぉ~。新聞コラムをフェミニズムの団体から追い出されるようなことを語る人だから、ドキドキ。
 庵野監督が車の宣伝に出ていて、全然おたく四天王に見えない。やっぱり、ひげと背丈とおしゃれなおんなは、おたくには必要かも。いい男に見えるし、社会的にも認識されやすくなるもん。

 65歳の人が自然妊娠して元気な男の子を産んだというニュースがあった。女性の体が妊娠するのにちょうどいいのは26歳といい、精神的に母親に相応しいのは30代半ばにならないといけないと読んだことがあった。正しいのかどうかは分からないが、若いお母さんが育児ノイローゼに悩むのは、子どもが育つのを環境としてみていないこともあるが、精神的に自分が出来上がっていないのに、もう一人を担当するのは大変だと言うこともあるだろう。若い母親の人でも立派に育てられている人がいっぱいいるので、若い人は・・てのは思わないが、逆に高齢出産と言われるような年齢のひとが、精神的にもゆとりが出てきているのだし、安心して育てられる環境と医療を考えていくことで、少子化の問題の解決の方向も広がるかなぁなんて思ってしまいます。先日江角マキコさんが38歳で初産とニュースになっていましたが、私の周りでは45歳で初産の人もいるので、世間の常識を外していくことで、年齢的に無理だと思ったりするようなことが少しでも減ればと思ってしまいます。
 友人が○歳になったから、子どもが産めないとか、早く結婚しないと子どもが産めないとか、その年齢になったら子どもが産めない女だと思われて、見合いの時に価値が下がるとか、色々自己否定して苦しんでいる。前に、30代後半の女性が育児ノイローゼで子どもを殺していた時も、自分が年が上だからという自己否定が原因だった。65歳でも子どもが産める社会が必要に思う。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 26, 2005

人と防災未来センター

2005_02_26_012005_02_26_02IMG_0011 今日はHAT神戸に行ったついでに人と防災未来センターに行って来ました。ひと未来館と防災未来館とに分かれていて、各1時間ぐらい見るところがある。両方で800円。片側だけで500円。灘駅から南に歩いて約10分。
 私は、防災未来館の方に入った。最初は1995年1月17日午前5時46分の映像を約8分ほど上映する。観光客が多かった。
 8分間つらい思いをした。入るんじゃなかった。各震災被害地の5時46分を描いている。淡路の野島断層から始まり、神戸や西宮や伊丹へ。震災報道で有名になった場所や私が1995年まで見ていた知っていた風景が次々と46分を越えて壊れていく。実際には見ることが出来ない映像はよく作っている。もっと、いろんな箇所の映像が欲しかった。ハンカチを出さないといけないほどぼろぼろ泣いていたのに、もっといっぱいの映像が欲しかった。そのあと、復興するまちの映像を見る場所に行くまでの模型の町は、ちょっとの時間だったけれど、十分に私を1995年に戻してくれた。それ以降は、別に大したことがないものだった。もっと、防災知識が付くように作られていたら良かったのに、いまいち興味がもてない展示の仕方だった。写真もいっぱいあったんだけれど、知らないひとには伝わらないのではないかなぁ。
2005_02_26_jica_01 ランチをJICAで頂く。さすが国際関係の建物。色んな国の食事を置いている。ここは、セルフで金額も安いし、コーヒーも金額の割にはまぁまぁいける。だからか、作業服姿の人が目立つ。
2005_02_26_ilo JICAの隣には国際交流プラザがあるが、なんか勿体ないような建物である。利用する人がいるのか?ILOが今子どもを働かせないとしたキャンペーンをしているらしく、スモーキーマウンテンの子どもたちやインドやエジプトの子どもたちが写真に写っていた。中でも衝撃だった写真の子どもの手がこれだ。本当に痛々しい。

 友人の報告会を聞きに行った。他の人の色んな話しも聞いた。色んな話を聞いた中で印象的なのは、やはり海外に行った時に、その国の人達の愛国心と日本人の愛国心の差が大きいことをみんな感じていることだ。
 仕方ないやん。戦前の教育が愛国一辺倒だったから、戦後愛国心が無くなるように、アメリカに洗脳されたようなものだし、高度成長が終わった時に資本主義を否定することで日本をも否定する人が多くなって、見事に管理されやすい日本人になってしまったんだから。今、愛国心をって語っても誰も付いてくれないし、そんなことをしようものなら、諸外国の非難や風当たりが強くなるだろう。でも、外国に行って、日本人は愛国心がないと知ってくるだけでも、いいことだよね。一丸になってお国のために頑張ることはもう無いだろうけれど、愛国心ってのを知らない世代が新しい愛国心の形を作っていってくれるのではないかと思う。人の国見て我が国直せだよね。
 あと、自分の中の時間が気になった。これほど、時間に厳しくなっているとは。職業病っていうのは性格をも変えてしまう。自分がするわけではなく人にやって貰う仕事をしていたのであるが、とにかく時間・日程のやりくりが大変な仕事だった。人を入れたらお金がかかるので、なんとか予定の時間に収めないといけないし、次の段階には違う人を手配しないといけない。だから、この報告会でも与えられた時間が20分という時間なら、それで収めなければ、最後はどんな時間になってしまうか。自分だけではなく、他の人も予定があるからだ。でも、今日参加したものは思いっきり時間を無視していた。私にはそれがつらいのだ。こんなのは早くなくしたい。彼らが学んできたことは、外国人たちの時間がルーズな所と時間がそれほど重要ではないところだ。確かに、日本的な時間の使い方は仕事には大切だろうけれど、人生を謳歌するには不必要なものかもしれない。せかせかしている特に私は、生き急いで楽しいものまで何も見ないで足早に通り過ぎているかもしれない。勿体ないことだ。別に長生きをしたいわけではないが、ゆったりした人生を歩みたいとも思う。だから、私の部屋の時計は、スワヒリ語のpolepole(ゆっくり)が書いている。そうか、で、いつもこの時計は10分ほど遅れるのだ。私の部屋には早かったり遅かったりとちゃんとした時間を示す時計がない。今日も灘駅で切符を買っている時に電車が入ってきて、走って乗り込めるのだ。そんな生き方ばかりしてちゃだめだよね。
 あと、最近はどこでもパワーポイントだから忘れていたけれど、やっぱり言葉だけでは情報が入らない。たくさんいいことを言ってくれていたのだが、時間が長く感じて、また情報量も少ない。話の内容が簡潔にならないからだ。2005_02_26_03

 今日のサイエンスZEROでやっと、光触媒が飲み込めた。人に説明する時に文章の羅列だったんだよね。京都議定書を守るために、なんとか色んな方策が出てきて欲しいですね。
 私建築物が好きだから、今日のHAT神戸も写真撮りまくったのだが、大阪の関電の施設のCO2タワーが面白い形なので写真撮りたいなぁ。

 今日は、報告会を聞く前に、人と防災のをblogにUPしたら、マシニストを消してしまった。がーん。もう何を書いていたかわかんねー。大ショック!2005_02_26_04
 帰りに家のそばの空を見ていたら、西へ西へと駈けていきたくなった。今日の風は冷たくって頬に気持ちよかった。ずっと、西に行ったら、何かに出会えるかなぁ。あっそっか、太陽に向かっていくから、ランボーが見た永遠が見える・・・。
 なーんつって(笑)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

おはよう

 友人からの手紙で東京に行った時に見た「生命」にセンスを感じると書いていた。そっかぁ、神戸でするのかなぁ。昨日習い事に行きました。もうすぐ終わるので、上のレベルの申し込みをしたのですが、昨日横にいたY2さんと申し込みするの早いねって話しになり、次は火曜日になることを知った。えぇ~、神戸では火曜日が映画館の女性サービスデー。仕事を始めたら、いけないじゃないか・・・。何にも見ずに申し込んでいた。でも、しゃーないよなぁ。行くしかないんだし、で抽選外れるかもしれないし・・・。
 今日もとってもいい天気で、しあわせいっぱいでしゅ。今日はHAT神戸の方に出かけるのですが、兵庫県立芸術館だっけ、そこの催し物がないので、人と防災未来センターに行ってみようと思います。では、そのルポをお楽しみに。えっ待っていない。そうだね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2005

今週の雑誌あれこれ

 貧乏なので、本屋で雑誌を立ち読みする。週刊○曜日で、本宮さんの「○が○える」のことがまた載っていた。こっちは、言論の自由ってので書いているみたい。昨年休載になったこの漫画は、○京大○殺の所にきて、出版界を巻き込んでの大騒ぎとなった。この問題は難しい話しなので、私は何にもかけない。
 歴史って勝利者が作るし、国が都合よく作るし、個人が自分の都合よく作るでしょう。解釈はいつも違うのが当たり前、やったかどうかの過去の記述は難しい。今と10年後100年後はきっと同じ歴史も違うはず。但し、今生きている人がいる場合は、そんな単純な話しでは終えることが出来ないから、難しいんだね。
 同じ雑誌で桶川のストーカー殺人のことがかいていた。本当に一般人として申し訳ないと思う事件だ。犯罪に巻き込まれる人は、巻き込まれるだけのことをしているから、私たちとは違う、あぁよかった。ってのが、一般的なのだ。情けないが、それでこういった事件を片づけてしまって、家族の方はどんなはつらい思いをされているだろう。被害者でありまた世間からの被害者にしているのは、今の事件でも多いだろう。報道されていることが全部ではないから、勝手な解釈は嫌なものだ。
 Newsweeksは、アカデミー候補者の座談会が載っていた。時間がなかったので読めなかったが、ディカプリオにケイト・ウィンスレット、「Ray」の主役の人も出ていた。面白いと思ったのは、欧米の日本化傾向。欧米のサラリーマンは、日本人の同僚がうなるような薄型のPCをアイテムとして揃えたいそうだ。昔より欧米は日本の製品を早く手に入れることが出来るようになっているそうだ。文化的なものといい、日本がブランド化されていくのはちょっと嬉しい。
 上記のことで思い出したのだが、昨年友人が「ブラック・ジャッ○によろしく」が休載されていると言っていた。きっと、精神科編で○田の事件のような内容になっているからかなぁって話しになったのだが、今連載されているのかしら?検索してもわからんかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日はアニソン大会(笑)

 うにゃー。庵野監督病がまだまだ続いて、お茶碗洗っても、お掃除してもアニメソングを口ずさむ。今日は「王者の星がお~れ~を呼ぶ~」とか歌いながら、そうそうあの頃は限りなく「オレ」が似合う女になるんだってうきょきょきょきょって思っていたんだぁって、でも高音でぬけぬけ顔で全然かっこいい女にもなれなかった。んで、他の「侍ジャイアンツ」の「いばったやーつはきらいだぜぇ~」って、歌いながら、最後のボールを握りしめて、エビぞりして、ハイジャンプして、空中でくるくるしている自分を思い浮かびながら、歌の方は「ドカベン」に変わっていた。あれれ何でだ。うぎゃー、ぬ、ぬけないよぉ。でもって、アニメソングのことを書いて、頭の中を収めてしまおう。
 何が一番好きって聞かれると、思い当たらないのだ。でも、がきんちょの頃にアニメソングにはまっていて、山ほどテープに録音した。もちろん、昔なのでTVの前にラジカセ置いたり、マイクの端子でつなげて録音したりと、並々ならぬ努力の人だったのだ。んで、中学生の時には、某国立大学のお祭りにアニメ研究会か何かがアニメソングのみを一挙上映していたので、ラジカセ持って録音しに行った。この時点で、私、おたくじゃないもんって、否定出来ないかも(笑)。だから、それまで、見たくても見ることが出来なかった。「狼少年ケン」とか「レインボー戦隊ロビン」とか「エイトマン」とかを見ることが出来、今でも歌うことが出来るのだ。でも、世代が違いすぎて、「エイトマン」の宴会踊りを見たことがないのだ。くぅ、残念。
 高校に入っても、頭は革命家の道に入り込んでいたにもかかわらず、文化祭では人間ジュークボックスやりますっと、お金貰ってアニソンを歌っていました。歌いたいからって、自分で金も出して、はた迷惑な話である(笑)。その時に一緒にジュークボックスをやったMとは、嗜好が違うために、歌えるアニソンが違っていて、要求される歌をすべてこなせてほくほくしていた記憶がある。別に歌がうまいわけではないのだが、二人で歌うとハモってうまく聞こえるのが面白かった。「みゆき」の「古いアルバムの下の~」ってのを歌ったのを覚えている。だから、こんなに歌うのが好きだったから、今ならやめとけと言ってあげられるんだろうけれど(笑)。アニメソング歌ってテープ吹き込んで送ったよ。確か自由曲を「北の狼、南の虎」を歌ったんだ。ほんと、何考えてるんだろう。自分の好きな歌歌ってどうする。声が高いのに、アニキの歌が歌えるわけないじゃん。でも、飽き性じゃなかったら、アニメの何かになりたいと思っていたかもしれない。
 好きなアニメソングは、夕方再放送していたアニメの歌とちょっと寂しくなるエンディングが好きだった。「デビルマン」とか「バビル2世」とか「エースをねらえ!」とか「アタックNo.1」とか「タイガーマスク」とか「キューティーハニー」とか「魔女っ子メグちゃん」とか「侍ジャイアンツ」とか何度も再放送してくれた。「魔女っ子メグちゃん」の「シャランラシャランラ」のオープニングアニメがおしゃれだった。今でもライバルのチョキして顔を横に移動するポーズ思い出すよ。あれと「キューティーハニー」は抜きんでていたと思う。前にBSでアニメソング特集をしていて、この両方を歌った前川陽子さんが出てこられて、歌って下さった時はしあわせだった。
 中学生の時に水島新司にはまって、「ドカベン」とか「野球狂の詩」とか「一球さん」とか「男どアホウ甲子園」とか歌っていたと思う。あと、ロボットアニメの再放送を見てはまった。友人とかは「エルガイム」とか「ブライガー」とか「マクロス」とか「ゴットマーズ」にはまっていたが、私のおつむは昔嗜好なので、「マジンガーZ」とか「コンバトラーV」とかの方が好きだった。ガルーダさまにめちゃはまった。んでもって、安彦良和さんにも。そうそう、誰も知らないかもしれないが「くじらのホセフィーナ」ってタイトルだったかな。「僕のポッケにひみつ~をもっているよぉ」ってのも、よく口ずさむ。「タイムボカンシリーズ」も「ししのじゅうろく~」って歌ってしまう。でも、カラオケで何度挑戦しても「カードキャプターさくら」がうまく歌えない。しくしく。カラオケでは、アニソン出尽くしたら「ヒカルの碁」とか「コナン」とか歌う。でも、今日はアニソン大会ってしたら、みんなそれは歌いたかったのにぃって取られてしまう。みんなアニソンをよく知っている。
 エンディングの音楽って、なんかいいよね。「ルパン三世」のエンディングはどれも好き。最初の「ルパン三世」の「あし~もとに~からみ~つく」ってのも好き。「どこかで呼んでるハニー」ってのも、庵野さんが「キューティーハニー」の映画で忘れずに入れてくれていて嬉しかったでしゅ。「キャンディキャンディ」の「あしたが好き」も好き。「宇宙戦艦ヤマト」の「まっかな~ス~カーフゥ」ってのも。「はじめ人間ギャートルズ」のオープニングも迫力あって好きだけれど、エンディングの「なんにもない、なんにもない、まったくなんにもない」ってのも好きだった。「ととろ」の「あるこーあるこー私はげんき、歩くの大好き~どんどん行こう」ってのも。
 あと挿入歌で、昔の東映の映画で題名が思い出せないのに、「ボアジュース」の歌が出てくる。「ご~っくりごっくりこんとボアジュース、地球の上に朝がくりゃ、聞こえてくるのはコマーシャルソングぅ」って、いったい何の映画だった???あと昔していた24時間の手塚さんのアニメの中で「ぼーくだってとーちゃんだってかぁちゃんだって、みんな。誰にだって~」っていう挿入歌も頭に残ってる。へん?
 小学生の時にはまった石ノ森章太郎さんの作品の歌が全部好きだった。小学生の時にファンクラブに入っていた。中学生の時にモトコータウンの古本屋で「ジュン」を見つけ、6千円もするのを子どもだったから、大人買い出来ずに悔しい思いをしたことがある。「サイボーグ009」は、1・2・3とも曲が好き。一番好きなのは、2の「ほぉにいっぱい風受けて、夢に見た~ふるさとへ~あたたかなぁ母の元に、帰りたい~いつの日かぁ~」ってのと、3のエンディング。3のは、島村ジョーがめちゃくちゃ麗しいのよ。いつのまにかジョーよりおねーさんになってしまったから、可愛いよぉって言うようになってしまったが、昔はかっこいいおにーさんだった。アルベルト・ハインリヒも好き。漫画では、この二人がある村の凶悪事件を解決する話しが好き。体の中身を変えられていたやつね。「さるとびえっちゃん」の「どーしてえっちゃん」って曲も好きだった。
 おいらんちは、おばばさまが厳しかったので、アニメは見せて貰えなかった。だから、親が帰るまでに見られるアニメしか見せて貰えなかった。でもでもでも、「サイボーグ009」がアニメになるって時は、頑張って頑張って頑張って、塾を止めさせて貰ったよ。だから、おばかになったんだけれど。でも、それ以外見た記憶がない。だって、7時台はNHKニュースの家だったんだもん。だから、小学生の時に、先生が政党を言えますかって、誰も手が上がらなかったのを「新自由クラブ」まで言ったことがあった。NHKのニュースのおかげだね(笑)。そうだ、その頃友達のおにーさんから、漫画本を大量放出して貰ったんだ。今置いていたら高値で売れるような物をどっちゃり。「海のトリトン」でしょ「リュウの道」「バビル2世」「ハリスの疾風」とか。何百冊。で、幼なじみは私の家に漫画が大量にあるって今でもイメージが付いているんだ。違うな(笑)。その頃からおたく化が始動開始されていたんだ(笑)。

 いかんいかん。これではおたくのイメージまっしぐらじゃん。ちょっとはお・と・な・の・お・ん・なよん。って、のを書かなきゃ。

[追加]
 うぅぅ、大好きな美しき狼たちを書くの忘れていたよぉ。寺山さんの1の方もすき。あーん、メインテーマだったのにぃ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 24, 2005

かわいいもの?

 ごんばんば読んでくれた人すいません。また、おおぼけかましていました。

 昨日風呂後すぐに電話があった。話ししていたら、語学出来るし(どこが出来るっていうんだぁ)、技術もあるから(もう忘れてしまったい)・・・、で何を言われたでしょう。海外青年協力隊に行ったらと言われました。向いてるって・・・。なぜか、自分以上のことを勘違いされて思われている節があり。語学・・・どこにいったい。語学かぁー、何もかも懐かしい(って、もう分かってもらえない・おじんギャグ)。全然身に付かず終わってしまった。今はエキサイト翻訳があるから、めちゃくちゃ便利だし、でもアメリカサイトで国籍がシェラレオネになっているのをいつまでも変えることが出来ない。問い合わせメールも小学生のような英語で尚かつ間違いないかエキサイト翻訳して確認してから送るようなレベルで・・・どこに・・・。情けない。英語が出来たらどんなに自信がつくだろう。いっつも無理して学校に通ったりしていたのに、しくしく。語学は私を相手にしてくれない。もう、日本語と関西弁と神戸弁が理解出来たらいい世界で生きていくもん。しくしく。海外に行ってもど根性があれば、旅行出来ることが分かったし、語学なんか無くったってへっちゃらだーい(開き直り)。ど根性で思い出したけれど、ど根性ガエルのピョン吉クン好きだった。そうそう、そういうの大好き。寄生獣のミギーも好き。結婚してもいいと思うぐらい(笑)。んでんで、スナフキンが好き。彼の「ありがとう。でも、いま考えたんだけれど、持ち物を増やすというのは、本当におそろしいことですね。」って小説の言葉が好き。なぜか、高村光太郎の「風のように歩けそうです」に重なる。間違った解釈かしら。あとね、あとね。きゃー「カードキャプターさくら」のケロちゃんが好き!大人にもなってアニメで見ていました(笑)。フリマでおにーさんにこれいいよぉって全巻1200円で売って上げました。きゃー。あとね。ペンギンが好きなの。南米に行きたいのも歩いているペンギンにいやいやされても抱きしめたいよぉ。あの前のヤツがこけたら、同じように同じところでこけこけしていく学習のなさがLOVEだよ。ペンギンってB型なんだよ。動物の血液型って当たってるよね。お猿はA型クマさんはO型。AB型は進化した形だから、動物にはないの。世界でも珍しいんだよ。希少動物なんだ。日本でも10%もいないのに世界では多いほうなんだよ。昔お茶に行こうって店には行ったら、6人中私一人だけがA型で他の人が全員AB型だった。
 B型はなんか好きで、で昔っから血液入れ替えしてくれってぐらいに思っていたんだけれど、すごいB型に出会ってから、いやぁ別にいいです。って思うようになった(笑)。今までなぜかB型社長の会社が人口%を考えると多い。B型のおじさんにだけなぜか自分の息子を本気で紹介される。しかし、A型の男には毛嫌いされちゃうよ。つきあったことがあるから、女性の気持ちを一番理解出来るのはA型男だよなぁって思えるけれど・・。おばかなO型の方が楽かなぁはははバカ同士で楽しいかも(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2005

おばよう

 夜読んで下さっている人が多いんだなぁ。朝見るとアクセス解析のブックマークが30%になっていた。書いてる言葉が時事的ではないのに、今は日平均150アクセスになっている。こんなにみんな検索してblog読んでるんだなぁ。
 朝は医者に行ってきて、型どりするので、口の中につっこまれたので、おえ~ってなって、涙眼で患者してるといい大人なのにいい子いい子されて、・・・うぅぅ情けない。口が小さいわけではなく、口の神経が敏感だからそうなるといわれた。毎回歯医者はつらいよぉ~。

 帰りがけに買い物に行ったら、パプリカが安かったので、いつかラタトゥユでもしようと購入した。最近めちゃくちゃ和食で貧乏系を作っているので(足らなくなったら自腹が必要だから)、鮮やかな色久しぶり。

 先日「コンスタンティン」の情報で、「エクソシスト」レベルの知識では、この映画は楽しめないだろうと書かれていて、楽しむために検索しまくった。折角色々調べたからって、このblogにもまとめてと思い8割方書き終えたが、やめた。やっぱり、悪魔学って興味ないだろうし、HPに行けば色々勉強できる。こんなしょーむないこと書くのにね。変な私。でも、おかげで色々勉強になりました。中近東で伝わる豊穣の女神イシュタルでさえ、キリスト教の時代になると悪魔扱いされているのだ。あと、私の名前の由来である。カインの末裔の話だが、人の子すなわちカインの末裔の綺麗な女たちの虜になった天使が交わり、巨人族の悪魔が出来上がったとあった。そうか、それで私は身長57m、体重550トンで空も飛べるんだ。一番面白かったのは、昨年「エクソシスト」の勉強会に世界中から神父さんがバチカンに訪れたこと。「エクソシスト」こと悪魔払いがあるから、キリストの教理が本当であると思われる面白い宗教だ。イスラム教では、キリストも聖者の一人に過ぎないが含まれている。昔知っている人が、アダムスキーの考えを持った団体に入っていた。アダムスキーって何か知っている人は多いだろうけれど、何度も金星や火星などに宇宙人に連れて行って貰って、無事に帰ってきた人なのだ。
 
 ちょっと、昼の用意してきます。続きはまだあとで

 続きをかく。アダムスキー型円盤って名前でよく知られているが、彼はそれに乗って、宇宙や歴史を宇宙人に教えてもらい、それを書き記した本が、教典となっている。キリストも仏陀もマホメットも宇宙人で、地球平和のためのに送り込まれたと書かれている。そう、その本を読ませて貰ったことがあるのだ。その知り合いの人は実証するためにイスラエルに行ったりしていた。と学会とかにつっこまれるような話しだろうけれど、信じる物は救われるのだ。あんまり宗教を持たない者が、こんなことを書くと嫌なふうにとらえられるかもしれないけれど、古来宗教は目に見えぬ力があると実力者がその土地を治めるために考え出された社会的ルールを犯すことへの戒めでしょう。だから、何かを自分が恐れる物として持ってもいいじゃんと思ってしまう。生きている人に異常な興味を示すよりはいいかなぁって思うのだが・・・。でも、目に見えない物の力って私には見えないのに私の周りは多いんだよね。そういう人達を信じるということで、目に見えない物を信じていっているんだよねぇ。子どもの頃から母親があんなに霊感が当たらなければ、そんなのしんじねーで終わったのになぁ。今まで周りには、コロボックルが見えたり、私の守護霊が見えたり(最近は守護霊がいない人が多いらしい)、オーラが見えたり、幽体離脱する人がいるんだよ。何にも霊感のない私でさえ、仲良しの友人が死んで49日までに名前を彼女から呼ばれたもん。やっぱり、なんかあると思ったりする。する?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2005

神戸ゆかり・・

 今日は職安で、一応秘書検定2級持っているので、この秘書兼運転手はどうでしょうと聞いてみた。なんか、車に乗る仕事に興味があるのだ。誰も応募していないので、何があるのでしょうと聞くと、あんまり飲むことはないらしいが夜釣りに行くとのこと、ふむふむ、私飲み屋の裏でも風俗街の駐車場でも夜釣りの海のはたでも面白そうなので付いていくぞぉって思って乗り気になったのですが、但し乗る車はジャガーですと言われて、応募するのを止めました。確かに運転手も秘書もやったことがないので、面接にもいけないだろうけれど、ジャガーの運転は出来ません。ちょっとでもこすったら、私家族ごと神戸を離れなくてはいけません(それは大げさか)。あんまり面白い仕事は見つかりませんでした。

 昨日、新聞に載っていたことを書こうとした。しかし、最近検索ワードでなんでここまでくるってのが多すぎて、書いている割には、みんな読んでねっていえる程のものを書いていないので、検索で来られたらがっくり来るかなって、伏せ字や該当しそうな言葉で書かないといけないと思ってしんどくなっちゃった。
 昨日は、「キンタの大冒険」とか「奥崎謙三」とか「ルドルフ・ヘス」とか「週刊金曜日」で、ここまで来られたようなのだ。面白いなぁ。みんな何を捜しているのでしょう。奥崎謙三って、人気があるのですね。私が学生の頃に作っていた冊子の印刷をしていたところが、人権運動(なんか雑誌で紹介されていた人だった)とか落語会とかをやっている人の会社だったので、そこで奥崎謙三の獄中からの手紙があるけどコピーいるって言われたことがあるぐらいしか接点がない。で、その頃の高校生が奥崎謙三を知っていることも珍しかったんだろうけれど、コピーいるって言ってくれる人もすごいなぁって思っていた。貰っておけばよかった(笑)。

 今日の神戸のメルマガで、「あずみ2」のロケ地話をしていた。時代劇といったら、京都と広島の何とかってとこと、有馬と西宮の辺りにいい撮影場所があるそうな。って、六甲縦走で通ったところかしら?どこだろう。100人ぐらい武具を付けたエキストラがいて、トイレと着替えとが大変だったと書いている。そうだろうな、俳優以外にスタッフも多いものなぁ。映画楽しみだ。もしかするとなんとか砦の三悪人でも使われたところかなぁ??

 最近、小説で面白いと思うものが見つからない。「しゃばけ」というのが、お奨めになっていたから読んでみたのだが、私には今ひとつだった。グイン・サーガがとうとう99巻なのですね。凄いなぁ。みんな買い続けているのかしら。ローダンシリーズってのが、SF物で今なお書かれている長い小説なんですよね。長い物は昔読んだ「キャプテン・フューチャー」ぐらいしか読んだことがないし、途中で諦めてしまった。航海物の「ホーンブロワー」シリーズも面白いと聞いていたので読みたかったことがあるが、これも長いと聞く。長いのは読めない。三国志も買ったままそのままの状態だ。部屋の中で読んでいない本が山ほど潜んでいる。いつもその時面白いものを手に取るので、新しい物新しい物を購入してしまうのだ。

 漫画はよく買っている。お金がないので、連載が続いているものか好きな漫画家さんのしか購入していない。当たり前か。で、今日思い悩んで「一緒に遭難したい人①」を購入してしまう。何で思い悩んだか、また出版社を変えて新しく新装版で出て、書き下ろしありとなっているのだ。おいおいおい。そんな売り方ないでしょうーが、しかし、作者のファンなのでまた①を買うことに・・・。作者西村しのぶは、出身が宝塚で、大学が神戸で漫画家生活を神戸で過ごした。今は大阪に居を構えているが、舞台はいつも神戸。代表作が「サードガール」で、神戸のお嬢様高校に通う女の子と神戸にある国立大に通う大学生との恋愛を描いてる。それが、ちゃんと背景が、ここはアンテノールの角、ここは須磨の海岸、ここは北野坂とよく分かるのだ。主人公が、今はない阪急東口の伝言板に「いやーん。大沢君。京都に行っちゃ嫌だぁ」ってかくシーンがあるのだがどこで書いたかがよく分かる。その頃おいらは電車で帰る友人に「メーテルぅ」っておかけるようなおもろい少年(?)だったので、ここの伝言板にも同じ言葉を書いたことがある。あぁ、この頃みんなに、男やったら絶対もててるでって言われていたのに、そのまま男に成長せず残念。この作者は単行本が出るのが遅いので、本屋の人とまたかぁって言っているのですが、LOVEしてます。この作者が書く女の子たちみんな元気で大好き。作者がまだ大学生の頃のデビュー前のイラストを持っている。これがいつか高値になってくれ~(笑)。神戸の漫画が出たついでに他の作品を紹介すると、「神戸在住」というのが青年誌で連載されている。主人公は東京から神戸の長田区に家族で移り住んでいる。この作品もどこらあたりに主人公たちが住んでいるのかが分かるぐらいにしっかり背景が書かれている。淡々とした口調で語る漫画で、震災の時のことも出てくる。他は読んだことがないのだが、塩屋を舞台にした「小山荘のきらわれ者」という作品がある。作者が神戸出身だからだろう。神戸出身なのに、神戸を書いていない漫画家さんは「花咲ける青少年」とか「OZ」の樹なつみと、超有名漫画家横山光輝だ。水木しげるは、神戸に住んでいた時に、兵庫区の水木通りに住んでいたので、水木しげるという名前にしたそうだ。
 もののついでに、作家さんも書くと、野坂昭如は「火垂るの墓」で、春日野道辺りから西宮の方に話しがいって、最後は三宮高架下で主人公が亡くなっている。横溝正史は今のハーバーランドの西側ぐらいに生まれている。作品に神戸が出てくるのが多いのはそういうことだ。生誕100年か何かで記念碑がどこかに建っているはず。妹尾河童は長田と須磨の境界の辺に住んでいた。自分の半生を書いた「少年H」で出てくる地図に私の住んでいる位置がかける(笑)。サイン会の際に握手を求めたら、ほっぺにキスをされてしまった。面白い人だ。灰谷健次郎さんは、今病気療養中らしい。神戸新聞の小説を途中降板されることになった。「太陽の子」が有名だが、テレビドラマで描かれたところがそのままの舞台なら、横溝正史の生まれたところに近い西出町の辺りかなと思う。間違ってたらごめんよぉ。(敬称略)

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

トニー滝谷

 ここではちょっときつい感想を書くことになると思う。
 映画の宣伝を見て興味を持った。イッセー尾形と宮沢りえなのでちょっと期待していく。音楽は、坂本龍一。最初、環境音楽なので、友人宅で私が弾くような勝手気ままな音の羅列のような始まりだったので、坂本龍一さんとは思わなかった(笑)。でも、映像とだんだんマッチされてくるので、あっ坂本さんかぁって思った。
 この映画は村上春樹の短編を映画化。語り口調は小説のままを意識していたみたい。画面の構成や色も一貫していて、世界観に入り込みやすかった。私好みの空間・色・横浜の空の背景。
 しかーし、これって・・・、ネット配信で、flashで作ったweb小説みたいに、この映画の画像を切り取り動かしてもこれと同じ印象が得られるじゃないか。えっ、映画じゃなくてもいいやんって思ってしまった。
 なんで映画にしなかったの?本当に小説の通り作りたかったのかもしれない。また、私が期待しすぎていたのかもしれない。でも、映画の宣伝と映画が同レベルで終わるなんておかしいよぉ。映画の宣伝の方がもっと何かがあるような気にさせてくれたよ。主人公の感情が淡泊すぎるかもしれないし、抑えた表現を求めて、画面の家具のような印象を与えたかったのかもしれないけれど、悲しいこころが伝わってこなさすぎる。本当に、残念~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

赤いアモーレ

 捨てないで
 1ヶ月に1度、1年に1回だけしか会えなくてもいいから
 私を捨てないで

------------------------------

 別れた妻に、今度は本気の恋をしなさいと言われた

------------------------------
 ねたばれになるかも・・・。

Continue reading "赤いアモーレ"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

February 21, 2005

おもろい人がでてきた

 ちょっと早すぎた人やねとテレビを見ながら母が言った。
 ライブドアの話題の人のことである。彼を見るたびに早い早いというので、彼のような人がこれから出てくると言いたいのだろう。
 私はあまのじゃくなので色んなことを考える。楽天の時といい、今回といい、裏表がないし、思ったことをそのまま口に出して動いてるよなぁと感じる。日本で当たり前の裏で隠れてうまいこと周りを調整して自分の考えは大ぴらにしないで人の噂に上らないように注意を払って思った通りにするってのが、彼を見ていたら見事に反対だ。ある意味好感を持てたりもする。なんでかなぁ、楽天の時といい、彼の言葉はどうも考え無しの粗忽者のように見えるのだが、ある意味感覚がグローバルだと思わせる。人的魅力は全然ないけれど、彼の考えはストレートに伝わる。マスコミ論や株式売買のことは私はよく知らないのでそんなことをおいといて、面白い人物なのだ。あんまり言ったら株価が下がると言いながら、自分の意見を言うのが好きなのが面白いんだろうなぁ。注目されていると一つの言葉で色々悪い方に解釈されたりする。金があれば何でも出来ると本に書いただろうし、本当に前後の意味を含めてもマスコミが言っているような人物かもしれないが、自分で彼の本を読んだことがないし、まぁそんなことどうでもいいやんかと思ってしまえる新しさがあふれているのだ。こんな人達が出てくる、もっと出てくる。日本がもっと変わるね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2005

今日のトップランナーは今敏監督だった。

 いつもは見せて貰えないんだけれど、今日は強引にTVを見せて貰えた。へへへ。「パーフェクトブルー」と「千年女優」しか見たことがないが、イマジネーションの凄さを感じさせる監督なので、チャンネルを変えたのだ。
 私はこのトップランナーって番組2人の司会者の個性もいいし、話の内容の要点のまとめ方が、バカなおいらにでも分かりやすいので好き。今日の監督もなかなか内容の深い言葉を青少年の耳に届かせていた。おいらも一青少年となって拝聴していた。一番頭に入ったのは、個性は内在していない、外に出たものが個性になる、前を向いて走り続けろって所だろうか(解釈間違いしてたりして^^;)。まだ齢41歳の監督にしては自分の人生を言葉に当てはめられるようなステレオ的な物の考え方をしていて、淡々としているところが、作品の圧倒的な迫力と反比例していて面白かった。個性を内在している物だと思うから、自分探しの旅をする人が多いと語る監督に、自分探しの旅の経験もあって、尚かつしたいことをしてきて、それが繋がったからという実体験が言わせている言葉なんだろうなぁ。


 今日は、T1と源平合戦のイベントに行く予定だったのが、T1がダメになって、おばばさまと出かけたら、雨が降ってきて、もう~って、出かけられなかった。神戸新聞の今日の兵庫史はちょうど今やっている清盛の大輪田の泊の場所だった。2000年前は私が住んでいるところは海だった。大輪田の泊も兵庫駅の南東部に位置している。宇治川の河口と書かれているが、今は宇治川があったと言われる宇治川商店街は、神戸駅の東にある。川の流れはよく変わっているのだ。大輪田の泊がそこなら、やはり今、福原と言われている場所に清盛の福原があるのだろう。今の福原は、男性の園になっている。パルしんから神戸駅に向かうときにたまに通ったりすることがあるが、昼間っから高級外車が路上駐車してたり、黒服のおにーさんが立っていたり、通るのも楽しい。友人Fが仕事で福原の店に入ったことがあるそうだが、裏側を見るのは面白いぞって言っていた。彼は神戸で一番有名なお家にも仕事で上がったことがある。私の前の会社の人も仕事で行ったことがあるらしい。私も是非両方とも入ってみたい(^o^)。
 次回は三草山と書いていたので、弁慶石が出てくる。平家追って義経は京都から兵庫県の真ん中を通って須磨の海岸に向かうのだ。三草山は現在加東郡社町というところにある。ここは現在も酒米を作っていて、山田錦の産地である。その山田錦でも一番美味しいところで取れた米だけで作ったお酒の名にその場所名が使われている。上三草という名前だ。高いので飲んだことはないけれど、お味はどんなものだろう。
 昨日神戸新聞の奥様手帳の話しになった。この間貰ったのは、ちょこの美味しい店の紹介だったからだ。どうやらみんな奥様手帳のファンのようだ。内容が毎回充実している。よく○日新聞の勧誘が半年間取ってくれたら、自転車上げますとか、15千円の商品券とか置いていくらしいのだが、やっぱり神戸新聞がいいよなぁとみんな地元紙びいきなのだ。面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりの韓国料理

2005_02_19_01
 今日は久しぶりに会う友人達と韓国料理店へ。韓国料理好きのN2が今一番のお奨め店として連れてきてくれた。お値段もリーズナブル。お味も美味しかった。人が多くなったので場所をハーバーランドに移す。コムサのバーゲンにみんなで入っちゃって、黒と焦げ茶のセーターを千円で購入する。
 韓国人の夫妻が道に迷っていたので、話を聞くと神戸タワー(ポートタワー)のそばで船に乗って出たところでリムジンバスが来るというのだ。でも、ここからは15分先ですよって言っても、自分たちの待ち合わせ場所が分からない様子なので、電話で聞きましょうと携帯を出したら、同じツアーの人が見つかったみたいで、その人達から離れた。どうやら、噂のガラスの華観光ツアーのご一行ってことみたいだ。今回は韓国の人だから顔が違うけれど、観光客ってすぐに分かる。雰囲気も確かに違うのだが、間違いない!ってのが歩くスピードだ。関西人は足が速い。特に私は足が速い。自転車も速い。昔夜間の勉強しに行っていた時の先生が、私の自転車が車より速いと形容していた(そんなことないけど)。だから、東京に行くと邪魔だぁって思うぐらいスローモーな映像に紛れ込んだ気になる。人混みを自転車で駆け抜けることが出来るので、そんな映像の中でもサクサク歩くことが出来るのだが、時間が勿体ない。せかせか歩いている人を見つけたら、関西人だと思って下さい。

2005_02_19_02
 写真のケーキはセシシオンだっけ?のケーキです。みんなケーキが好きだから、ケーキの話しに花が咲いた。セシシオンは御影にあるのだけれど、高杉も美味しいよねとか、ダニエルも美味しい。今は元町に支店が出来ている。喫茶店のメニューにTVチャンピョンの小山さんとのコラボケーキが載っていた。前にハイジにいた人だったそうだ。友人E3の同級生だと言っていた。
 E3は児童館に勤めているので、最近かかしが流行っていると教えて貰う。△○□でかかしの絵を描き、石が入ったところでケンケンで行って石を拾えたらそこが陣地となるから両足がつける遊び。そんなの昔あったよねって話しになる。今は社会性が出来ないからかわいそうだと言って他に遊んだ話しを思い出す。私の所ではじゅうのうっていう名なのにどこの地域の人にも通じない遊びを小学校の時に休み時間や放課後クラスの男女が運動場に残って遊んだものだった。須磨の友人にけーどろやろって言われた。どろけんとも言ったりするみたい。あと、屋根の上にボールを投げてあらかじめ付けていた番号を言い、番号の人がダイレクトでボールが取れたら、次の番号を言って、取れなかったら、みんな逃げて、STOPで止まり、ボールが当たったら、その人がボールをまた屋根に投げると言った単純な遊びをしていた。E3は長田は他の地域よりも外で遊ぶ子が多いと言っていた。下町なので昔の風情が残っているからだろう。私が子どもの時に風呂屋の前で床机に座り将棋をしている人がいて、周りに観客がいた。それが昭和50年代でも見ることが出来たので、大人になってそのことを他の区の人に言ったら凄いと言われたものだった。今でも、知らないおばちゃんが知らない子どもに話しかけているのを見たりする。商店街で座ってジュースを飲んでいたら、一緒のテーブルのおばちゃんの半生を教えて貰えることが何度もある。
 昔酔っぱらって、家に帰ったら親が心配するぐらいだったから、近くの海で寝ていたら、深夜の散歩夫婦がやってきてこんな所にねとったら風邪ひくでと言いに来た。すぐに帰りまーすって答えて、彼らが去ったあとも30分ぐらい寝てたら、やっぱり帰ってないと起こされて家に帰らされた。そんなところだ(笑)。2005_02_19_03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2005

変身

  ある朝、
 グレゴール・ザムザがなにか気がかりな夢から目を覚ますと、
 自分が寝床の中で一匹の巨大な虫にかわっているの発見した。

 有名な書き出しから始まるこの作品がまさか映画化されるとは思いもつかなかった。一人語りの小説なので映像はどんな物にでも出来そうなものだが、これほど小説に忠実に描かれるとは思っても見なかった。記憶違いかもしれないから、家にある変身を探し出して読み返してみないと。
 最初の蒸気機関からこの世界へ引き込まれた。主人公が端から端へと動いては、また右端へと画面が移り、撮っている画面枠がまるで絵画や写真の世界のように構成されているのだ。夢の世界がこんなに夢の世界と思える物に出来上がるのを見たのは初めてだったし、画面に現れる光・色・影を見ていると、この監督は一体どれぐらいの風景の記録を頭の中に入れて描いているんだろうと思わせるほどの色彩の記憶が多いのだ。雨が体に写る構図もベッドの影も一枚の写真のようではないか。なんて映像のセンスがある監督なんだろうと感動してしまった。写真とか撮影とか照明から映画監督になった人?って思っていたら、舞台演出家出身の人だったのだ。舞台の「変身」がうけてメガホンを取ることになったらしい。チェコの作品をロシア人が撮ったのだ。日本では、「変身」の舞台も映画もあり得ないだろうなぁ。
 主人公が小説の最初の部分をどう演技するかが一番気になっていたところ。舞台時代からの振り付け師が付いていたからとはいえ、こうなるのかぁって、いやぁ参りました。すごい身体表現。さすがバレエの国、あそこまで動かすことが出来るのだ。この監督と主役俳優の他の作品が見てみたいと思った。
 今日で今年入って映画館では17本目だが、金もないけれど、今年初めてパンフレットを買わさせた作品だった。でも、今年一番ではないんだなぁ。
 変身の夢想や状況は今でもありそうだが、まだ日本にはやってこない。まだ変身している人達は、見捨てられることなく、ご飯を与えて貰える時代だ。もうすぐ、妹に「おにいちゃんじゃない」と言われて、死ぬしかない道がやってくるのだろう。

2005_02_17_03

 映画を見た新開地にある神戸アートヴィレッジセンター(KAVC)の写真です。1階で「神戸朝鮮高校美術部展」をしていた。色々複雑だろうけれど2つも世界を持っているなんて羨ましいぞ。見ていたら、このblogタイトルの場所の写真があった。みんな自分の空と海を持ってるんだ。


 最近取ってきたチラシので面白いものをピックアップ。当たらぬも八卦だよん。
 KAVCで今月山田洋次監督の「学校」のモデルになった中学校のドキュメンタリー作品「こんばんは」がくる。3月に上映する「オランダの光」はめちゃくちゃ映像が綺麗。絵画好き、フェルメール好きには必見かも。4月には有名なアニメ「岸辺のふたり」をするよん。
 前に書いていた「またの日の知華」は神戸には来ないみたいです。残念。フリーペーパーによると、「華氏911」のマイケル・ムーアもあの「ゆきゆきて神軍」の影響を受けたらしい。信じられないのだが島本和彦の作品が映画化になる「逆境ナイン」だ。昔「炎の転校生」はまったことがあるのだが、この人の作品が映画化になるなんて思っても見なかった。漫画☆太郎の作品が映画になるんだし、しりあがり寿のもなるのだから、はははははなるよなぁ。で、どんな作品でもあなたのなら見に行くわよぉの射手座男そのまんまのウディ・アレン最新作「さよなら、さよならハリウッド」がこの夏公開。もう一人楽しみの監督アルモドバルの「バッド・エデュケーション」はGW公開。更にもう一人「悪い男」で好きになったキム・ギドク監督作品「サマリア」もGW公開。「小夜鳴鳥」は「メメント」の主人公のように記憶障害を持った患者の話だ。向こうは10分だけだったが、こっちは1日で新しく生まれ変わる。こういうの好きなんだよねーってのが「戦国自衛隊1549」。角川のよき時代を思い出しますねぇ。俳優は江口洋介・鈴木京香・鹿賀丈志。1549ぐらいだと、信長はまだ10代ぐらいかどんな話しになるんだろう。あと、スピルバーグ監督作品の「宇宙戦争」は夏公開。スピルバーグ制作の「SAYURI」は今年の12月公開だ。「殺人の追憶」のソン・ガンホ主演の「大統領の理髪師」は東京ではもう公開している。神戸では3月かなぁ。今年福井晴敏という小説家の作品が3本映画化される。前出の「戦国自衛隊1549」は半村良の作品を彼が味付けしている。1945年の潜水艦の話しが「ローレライ」と現在の話だと思う「亡国のイージス」。「ローレライ」は3月公開で、役所広司・妻夫木聡・柳葉敏郎・堤真一が出ている。「亡国のイージス」は8月公開で、真田広之・寺尾聡・佐藤浩市・中井貴一。後者の方の俳優の闘いの方がちょっと興味あるなぁ。両方とも船だから見に行くもんね。
 あとこんなの見つけたよ。「映画業界就職セミナーin大阪」映画買い付けとか宣伝とかの仕事面白いだろうなぁ~。はぁ~。3月13日に大阪産業創造館でキネマ旬報社に申し込みになっているよ。
 そうそう、「映画ファンド」は検索でまだ上の方になっていますが、しょーもないことしかかいていないので恥ずかしいから下の方にしてくれないだろうか(笑)。いまだに来られているのが申し訳ない。

 昨日色々HPを見ていたら、またもや発見。男性は女性のトイレットペーパー三角折りに幻想を抱いているようだ。昔読んだ「傷だらけの天使たち」という喜国雅彦の作品にも、貧乏アパートに綺麗な女性が訪ねてきて、共同トイレには行ったら、トイレットペーパーが三角折りしていて、はぁ~ってのがあったが、男性諸君、三角折りする手は使用後の手なんだよ!必要分が使い終わってからじゃないと折れないじゃん。そんなので触られてていいの???最近でこそ減ったから嬉しいけれど、私は三角折り見たらげげってひいてたもん。その部分を捨てたくても出ている三角も使用後の手が付いてるんだよ。でも、何となく暗黙の了解みたいに三角折りしているところは三角折りで終わらせておかないといけないような気がしてずっとしていたことがあるけれど、やっぱりおかしいと思う!ちがう???(敬称略)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

いろんな人がいるから面白い

 学生の頃にレジのバイトをしたことがある。そのときにほぼ毎日のように、バラバラになった汚い長い髪におよそ5センチほどのつめをのばした細身の男性が私のレジに並んだ。なんか気持ち悪い人だったので、ほかのレジに行ってくれといつも思っていたものだ。で一番怖かったのは、粘着性の液体がついた手でお金のやりとりをすることだった。これが何か分かってショックを受けるまでは月日を要した。毎回その人から受け取ってからそばの雑巾で手を拭いたものだった。その頃には言葉はなかったが、ストーカーの一種だったんだろう。げて物好きは世の中に多いのだ。
 何でこの話を書くかというと、電車の中でそのような男を見かけたのである。別人ではあるが、まさしく彼のようで、顔伏せた異様さは道行く人の目をひいていた。私は歩くのが早いので先に出てしまったから、うまく彼の後ろに入ってずっと後ろを追いかけていた。おいおいこれじゃこっちがストーカーじゃんと思うまで長い距離を。すっかり忘れていた職安に向かう。
 変な人の顔をじっと見入ってしまうというかわいい顔した友人Rには、もう人のことはいえない。やっぱり変な人って目をひくのだ。私も変な人でレジに並ばれていたのかも・・・。
 職安では聞き間違いではないと思うのだが、受付でおじさんが「ここにはソープの募集もくるのですか?」と聞いていた。答えを聞かず通り過ぎてしまった。今日は面白い一日の始まりである。今は映画の時間待ちでシグマリオンでその詳細を書いているって訳だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2005

射手座の女

 今日「笑っていいとも」見ていたら、話題性のある作家岩井志麻子が出ていた。番組でプロフィールが紹介されたのであるが誕生日を見て「やっぱりぃ」と思ってしまった。さんちゃんの番組であけすけに自分の恋愛を語る彼女を見て、おいおい杉田かおるみたいじゃないかと思っていた。しかも、学年も杉田かおると同じの射手座の女である。蠍座の女って歌が有名だけれど、射手座の女ってのも歌にあるのだが、その歌詞通り、射手座のまんま生きてる二人である。そうそう、前書いた射手座の男で、今は射手座の時代ではないけれどってかいたけれど、今は射手座の女の時代かもしれません。射手座の男達は全然画面を賑わせていないからそう思っていたのですが、女性軍特に物をはっきり言うタイプが今は脚光を浴びているようですね。それも人のことを悪くいっているわけではなく、自分の過去の失敗をネタにしている。杉田かおる自体昨年はそれで受けたし、本人もよくわかって演じているし、またうまく前に出てきたわけだけれど、視聴者には表裏のない素直な性格で思って貰っている。何もかも言ってしまっては秘密が無くなり、魅力が半減すると思う芸能界では希有な存在といえよう。しかし、彼女たちが射手座のステレオタイプとは言えず、他にもいろいろいるのだけれど、今の芸能界には必要な存在なのだろう。流行廃りで早くに消えてしまいそうだけれど、加賀まりこさんような毒舌でもプラスアルファを持ったタレントで芸能界を長く渡って欲しい。岩井さんもだ。面白いから。
 他に、加藤あい、佐藤江梨子、西村知美、椎名林檎、松雪泰子、原田知世、観月ありさ、和久井映見、黒谷友香、瀬戸朝香、樋口可南子、辺見えみり、牧瀬里穂、江角マキコが射手座です。なんか共通する物が見えてくる?なんか、上記に書いた3人を含めてみんなちょっと抜け気味っぽい人が多いような気がする。ほへ~ってかんじの。(敬称略)

Continue reading "射手座の女"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2005

安野モヨる!?

 安野モヨコ女史の「監督不行届」が出た。監督?もちろん夫である庵野監督のことである。安野女史の漫画は、本屋の立ち読み、漫喫を経て、やっとこさ「働きマン」から購入を始めた。素晴らしい才能の持ち主である。ドラマになった「ハッピーマニア」を読めば抱腹絶倒間違いなし。「働きマン」の面白さなんて、明日を夢見る青年達に読んで頂きたいものだ。エネルギッシュな彼女が骨身を惜しまず書き上げたような栄養ドリンクでイッポンって漫画なのだ(なんのこっちゃ)。
 とにかく、庵野監督の観察日記というか、おた嫁(おたくの花嫁)道日記というか、面白さいっぱいなのだ。前に「キューティーハニー」かなんかので。庵野監督は金渡して好きな物作らせときゃ人が来ると書かれていた人物。私は、「エヴァ」でははまれなかった女なので、いまいち庵野監督の良さやカリスマ性が認識出来ないが、この本を読めば監督の面白さは理解出来る。
 おたっきーな庵野監督。この1冊に描かれている内容の各ページ解説がいるほどのおたくぶり。半分以上は理解出来る私も広義のおたくと言えるだろうが・・・。このおたく道のカリスマ監督に嫁に行く彼女もおたくであったか・・・。でも美人画報なんて書いてたじゃんの彼女が、どんどん監督に染まっていき、監督はどんどん風呂に入って着替えもしてこぎれいになっていく反比例の法則。いつかは二人が同じになっていくのですね。しかしこの中で、ちゃんと合いの手が入るなんて、理想の夫婦像かもしれません。掃除しながら「カムイ外伝」を歌う妻に、違う部屋から、「カムイ~」ってコーラス入れて貰えるのも、おたく夫婦の良さですねぇ。
 昔の相手がみな食べ物の嗜好が一緒だったので、食べ物が一緒に美味しく食べられなきゃいやだわさと、思っていたけれど、「カムイ外伝」歌ったら、コーラス入れてくれる方がいいよなぁ。冗談が分かる相手は有り難いもんだ。
 ちょうど連載期間中に「恋の門」の撮影があったようで、その裏話も載ってるよ。おたよめ志願の女性達に必須の1冊。どや。


 録画していた「熱中時間~忙中、趣味あり」を見た。キムチの修行に韓国に行くのを見ていたら、伊丹十三さんのエッセイにもキムチの話しがあったのを思い出した。先日放映していたのは、「味覚人」の話しだった。当て字のサブタイトルが面白かったのだが、味覚人のあとどう続くか忘れた。昔警察官の友人が「三千万円の汚職事件」と言ったのを「なに~三千万円のお食事券!」って聞いたことがあった。まぁ、それだけの話しだが。
 で、色んな食の趣味人が出てきておられたのだが、ふと「ナイトスクープ」のことを思い出した。そうそう、とっても面白かったのに、ナイトスクープでまとめて書いたときに書いていないじゃんと思ったのだ。
 関学か関大の大学生が、レトルトカレーのききカレーが出来るのだが、自分以外に自分の方がききカレーが出来るという「カレーのおおさま」と名乗るヤツがいるので、自分は「カレーの王子様」だと言って張り合っているのだが、どちらが凄いのか決めて貰いたいって依頼で、石田探偵が依頼者と共に「カレーの王様」と名乗る大学生がバイトしているハーバーランドのカレー専門店へ。相手も決着を付けようと言う話しになり、5本勝負とかでどちらかが当てたのが多い方が勝ちとすることになったのだが、二人ともレトルトカレーを一口食べるだけで、これは「なになにカレーの中辛」とかいって全問正解する始末。何度も何度も色んなレトルトカレーで試してみるのだが、二人とも外れることがなく、とうとう石田探偵は二人に黙ってレトルトカレー2種類を混ぜるのだが、これも二人とも正解。よくこれだけレトルトカレーに種類があるのだなぁと思うけれど、彼らの舌はもっと驚くべきことだった。で、最終手段3つのカレーを合わせて当てさすことで決着が付いたのだ。すさまじい闘いだった。これもいつかアンコール探偵ナイトスクープってのがあったら、放映して貰いたい。ところで、殆ど毎日のように「探偵ナイトスクープ マネキン」の検索が来るのだが、やはりマネキンの回はインパクトが強かったんだねぇ。あと、「アスペルガー症候群」の検索が多いですね。このASもLD(学習障害)も最近教育関係者でなくてもきくことがありますから、かなり浸透しているのですね。ASは100人に一人と言われているから少ないと思いがちだけれど、「笑っていいとも」のあんな狭い会場がいつも100人ぐらいいるんだからそのうちの1人と言われると多いと思ってしまう。学校の先生をしている友人が、「自閉症」をドラマで取り上げてくれたから、他の人に理解して貰えるようになってよかったと言っていた。昔、「東京大学物語」の江川達也が自分の意見や考えを多くの人に知って貰おうと思ったら、ドラマ化されないといけないと言っていましたが本当にそうですね。ドラマは話題性がある。このASもLDもいつかドラマで一般人が多く知ることが出来るといいですよね。そうそう、「ワラッテイイトモ」というドキュメンタリー映画がありましたよね。著作権問題でビデオ化されないと思うのですが、話題作だったし、週刊金曜日でも取り上げられていたから見たかったのに、もうすっかり忘れてしまっていました。ははは。

 今は3058アクセスになりました。皆さん有り難うございました。

追加
 今日見たMLのメールに「監督不行届」のことを書いていらっしゃるのを見て初めて知りました。監督は日本で5本の指に入るおたくだったんですね。すごい。知らなかったでしゅ。ガイナックスの人達ってみんな5本の指にはいるってこと?岡田斗司夫さんがオタキングと言われている人ですものね。あと浮かぶのは、唐沢俊一さんぐらいしかしらないよぉ。やっぱり、おたく道に入っていないから、おたく情報が少ないのかなぁ。唐沢さんテレビに色々出るようになって、名前書いても分かる人が多くなったよね。以前は私の読むような変な本ばかりで名前が載っていたのに、すごいなぁ。
 ガイナックス検索してたら、懐かしい名前の発見。一本木蛮さんだ。今も変わらず可愛いではないですか。で、ガイナックスだったんだ。御厨さと美さんのHPも発見。凄いなぁ~今でも活躍されていたんですね。明石で活動していた竜巻竜次さんを覚えている人はいるかしら。

 安野モヨコというペンネームの由来は、「遠くへ行きたい」のタイトルバックで有名な(今もそうなのかなぁ)画家の安野光雅さんの安野と「ドグラマグラ」の看護婦モヨコからとったそうな。

で、検索してるとおたくテストを見つけて早速行う

あなたのおたくタイプは【知識欲求型】に分類されました。おたく度数は【97%】ぐらいです。
気になることにとことん一途なあなたは、正統な「おたく気質」の持ち主といえそうです。
あなたは一度はまると、その全世界を把握して、研究し、その事象の意味や、作者の意図まで追及せずにはいられません。
それぞ、まさしく「おたく道」の正道です。
知識欲が高さと平行して、収集癖があるのも特徴です。
せいぜい破産しない程度に、気になる文献、資料、玩具を買い集めてくださいね。
あなたにぴったりのおたく称号:おたく博士

二次元妄想度  25%
自己顕示創作度  21%
強迫性知識欲望度  100%
客観的冷静度  24%

 おぉぉぉぉぉ~おたくまではいっていないと思っていたけれど、おたく博士の称号を授かってしまった。

 まぁこんなに気になったらネットサーフィンしすぎるんだから、博士ほどでなくてもおたくなのだろうなぁ。でも、一つをながーくってのからはちょっと違うしなぁ。ま、いっか。

2/28 追加するびょん
 監督不行届の漫画が2話だけ読めるところを見つけました。お試しあれ。
www.shodensha.co.jp/fc/free/fc_free_kantoku/fc_free_kantoku-00.html#

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2005

T4さまに土産をいただく

 日常のにっきなのです。

Continue reading "T4さまに土産をいただく"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恍惚

 フランス映画らしい映画だった。女ばっかりの映画だった。監督も女だったから描くことが出来るような映画だった。今日で今年映画館で見た映画は16本になった。無職だと暇暇大王になれるので、毎日が夏休みだ。仕事に行きたくないよぉ~。たった2ヶ月も経っていないけれど、今まで見た中でもちょっとましな方に入る映画だった。今年は不作揃いだから、こましに見えているだけかもしれないけれど・・・。
 大学生ぐらいの息子を持ち、お互いに仕事も持つ夫妻が、倦怠期からか長い期間セックスレスに陥っていたところ、夫が何度か不倫をしていることを妻が知る。問いただすと大したことはないようなシラの切り方をするので、妻はある日男性が楽しむ場所で、夫好みの女性に夫に近づき詳しく教えて欲しいと依頼をする。毎回、彼女からの報告で、まだほのかに愛を求めていた物が大きく嫉妬の炎になっていくのに、妻は夫からの求めを頑なに拒否していく。とうとう、彼女から夫と暮らしたいと言われたと報告を受けたとき、彼女はどう考えたか・・・。まぁつづきは、映画でご覧下さい。
 この妻の感情が複雑で、これが分かる男がいるのかしらと思ってしまった。私が彼女なら同じような決断に持って行くだろうけれど、何度も振り返らせようとする夫を全然見ていないので、本当にこれは女の姿だなぁと思ってしまった。女は自分の空想の中で生きている。愛は悪い方に考えがちなのだが、その通りに進んでしまう。ある意味そこまで愛してしまえるのも女性ならではだろう。こんな複雑な感情はどんな恋愛にも必要ないはずなのに不思議なものだ。きっと、男性票をこの映画では獲得出来ないから、あまり目立たずに終わってしまいそうな映画だ。これは入り込めるのに、「オペラ座の怪人」は入られないのだからなぁ。なんか、悲しい。
 主役をファニー・アルダン。「日曜日は待ち遠しい(だっけ)」からずっとフランス映画の第一線にいる人なんですね。別に美人ではないけれど知的な女性のイメージは今も変わりがない。私は「ウエルカム・ヘブン」の天国のお偉いさん役が好きだ。知的な女性はフランスで愛されるから、今でも主役が張れるのだなぁ。夫の相手をすることになるのは、エマニュエル・ベアール。この人のつんとした顔が好き。スタイルもいいし、今年40才になる女優さんにはとうてい見えない。夫はジェラール・ドパルデュー。
 色んな言葉が言えなくなった倦怠期カップルにお奨めの映画だと思います。でも、今日の客は夢見るおっさんばかり。やはり、ロマンチストは女性ではなく男性なんですよね。 

| | Comments (0) | TrackBack (3)

February 13, 2005

映画音楽だいすき!

 今日、TOKIOの番組を見ていたら、私の一番好きな映画音楽をBGMに使っていた。今日は、私のいい日なのか、「ダイハード」の曲もBGMになっていた。でもって、大好きな映画音楽なんぞを書いてみようと思う。毎日何かしらテーマが得られるのは有り難いこっちゃ。

ボルサリーノのテーマ
 初めて聞いたのは、ポートピアランドの有線放送で。この曲は何って捜しまくったよ。とうとう、映画音楽大全集で見つけて、その映画のサントラ盤を手に入れた。ホンキートンクピアノと書いても知っている人は少ないかもしれないが、よく昔のアメリカの映画で酒場に置いてあるような調子っぱずれのピアノのことだ。これは、このピアノで演奏されたテーマソングなのだ。映画音楽は映画を見てからってのが普通なのかもしれないけれど、映画とは別に映画音楽というジャンルが成立するぐらい映画を見なくても音楽の良さが分かる。
 このボルサリーノは、イタリアで有名な帽子店の名前である。高級老舗帽子店の帽子をかぶる人物はって意味合いで付けられたのだろうか。イタリアに行ったときにかの有名店の前を通ったが、中に入る勇気はなかった。日本でもボルサリーノの帽子や傘は手に入れることが出来る。この映画は、確かジャン・ポール・ベルモンドが当時勢いのあったアラン・ドロンを誘って撮った映画だ。ギャング映画であったが内容はちょっと忘れてしまった。ラストではベルモンドが死亡し、その敵討ちの話しが「ボルサリーノ2」に続く。1の方のメインテーマも2で使われ、2でのメインテーマのシャンソンも退廃的な歌声でよい。やはり有名なのは、メインテーマの方だが、サントラ盤に入っている他のホンキートンクピアノで演奏された曲もお奨めしたい。今では手に入らないかもしれないかな。

犬神家の一族 愛のテーマ
 この曲なら聞かれたことがある方が多いであろう。初めて聞いたのは深夜の映画音楽ベストテン番組。その時1位になっていた。悲しいほどの曲があの市川昆の世界を余計に引き立ててくれる。「すけきよ取っておやり。」とか、湖の足上げポーズとか陰惨なシーンの多いこの映画に、この音楽で愛のエッセンスを入れて、深い愛の交錯した形に仕上げている。音楽だけでも素晴らしいのだが、映画と合わさると更に魅力的になるのだ。放映されていた頃は、空前の横溝正史ブームで、友人達に読んでいる人が多かった。私は「蔵の中」ぐらいしか持っていなかったし、他の作品は読んでもみんな死んでしまうので金田一耕助の役立たずとかの声を拾ってしまっていたから、あんまり興味がなかったのだが、市川昆はこの金田一に息吹を入れてくれた。いつも神戸から始まることが多く、岡山で起こる陰湿な村社会での事件が何とも素晴らしい魅力的な作品になるのだ。その他の市川昆も場面に惹きつけられる「黒い十人の女」もよかった。まだまだ、色んな人を使って彼の横溝作品を見てみたいと思ったものだった。

 眠たくなってきたので、またこの続きはあとで~。脳内に残っていることを書き連ねていますが、間違っていたらごめんちゃい。ではおやすみなさい~。

 何となく、内輪の会誌ののりで書くようになったなぁ。まぁ内容は無難なことしか書いていないから大人になったのだわ。学生の頃は「切り裂きジャックについて」とか書いていたもんなぁ。おいらの頭も平和になったもんだ。

マルサの女
 「お熱いのはお好き」でマリリン・モンローがしていた主人公が、「サックス奏者が好き」と言っていたのだが、私も大好きだ。サックスの響きを聴いただけで、まっひるまでも背景は夜の闇に代わり、ださい私も素敵な女性になって、こころはメロメロの世界に誘われてしまう。今までにどれほどサックスの音にこころ奪われただろうか。もてたかったらサックス奏者にならなきゃって言えるぐらいに影響力がある。昔ヴァイオリンかサックスを習うかで悩んだが、みんなに歯の形が悪くなると言われ、ヴァイオリンの方にいった。サックス奏者は果たしてイヤミのようになっているのだろうか。シェー。伊丹作品は、大好きな映画だ。毎年伊丹作品を映画館で見ることに楽しみを覚えていたのだが、お亡くなりになって、私の楽しみが無くなり、がっかりした。それも本人は辛かっただろうけれど、ファンには悔しい終わり方で。彼のエッセイも面白かったので、ある時電車の中で、こらえきれずに笑っていると、どうも気になったのだろう。そばにいた女の人に「そんなに面白いって、一体どんな本ですか」と聞かれたことがある。この映画は、有名なのでご存じだろうけれど、主人公が税務署内の特別部門マルサに配属されて活躍する話しだ。知り合いがマルサにいたことがあるのでそれほどではないと聞いているが、話しはいくらでも作れそうな楽しい世界だ。対する山崎努の儲けるには、こぼれ落ちる水でのどを潤すんだって話しに感銘してしまったけれど、自分では難しいことがよく分かった。その映画の中に、サックスの音が響き渡る。音楽担当の本田俊之はマルサ御殿といわれるような家を構えることが出来るぐらいに、この映画で成功している。ラストの夕陽のシーンにあの音楽がめちゃくちゃ合うんだよ。ところで、ラストのあの夕陽をいつも東大阪から大阪に行くときに、電車の中から見る夕陽と同じだと思ってしまうんだが、そんなことを思う人はいないかなぁ。

マトリックス
 この音楽も人に説明文がいらないぐらい有名である。映画も素晴らしかった。見に行ったあとは、頭の中で緑の中にカタカナと数字がずっと落ちてくるぐらいに世界観にはまってしまった。1が一番面白かったが、2,3もよかった。でも、きっと3本見ただけでは理解し得ないと思う。アニマトリックスを見て初めて世界観の終焉を思い描くことが出来たのだ。そんな映画にマリリン・マンソンまで音楽を提供している1のサントラがお気に入りです。なんてたって、間違って2枚も持っているぐらいに(笑)。「オペラ座の怪人」のblogでアメリカではキアヌが大根役者で通っていて、「マトリックス」の成功は、キアヌのセリフが少なかったからだと言われていると知りました。全然知りませんでした。彼は、「スピード」とかのアクション物は成功するのですが、現在が時代背景の映画は今ひとつなのはそういうこと?でも、私はあっさり顔で無表情だから、アクション映画だとクールに見えてぴったりなんだと思っていた。よかった。アメリカに生まれずに、英語が分かんないから、彼が悪く思えないもの。今度来る「コンスタンチン」の曲もとてもいいので、彼のクールな姿が熱い音楽にぴったりなんだなぁって思っているのですが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ササニシキもおいしいよ!

 今日NHKで「ごはん in NY 2004」というものが放映されていました。番組だから大げさなのかもしれませんが、日本のコシヒカリが美味しいと評判で近年ごはんの創作料理コンテストが催されるようになったようです。全米から600以上の創作アイデアと、各地での審査から勝ち上がった3名が冷製と温製とデザートを作り、アメリカで活躍中の料理人3名と昨年から居をNYに構えた千住明氏が審査員で、日本人には思いもつかないような料理に舌鼓をしていました。見ていただけでも美味しいそうです。でも、自分ではそんな手が込んだ料理はしんどそうで無理だなぁ。めんどくさがり屋は食べることを頑張ります。
 本当に日本の色んなところがNYで紹介されているのですね。聞き酒会もしていた。
 以前からアメリカで活躍中のPUFFYが、「スクーピードゥ」だったっけのテーマ曲をすることになったらしい。全米に出た頃、アメリカのファン向けのHPを見たら、アメリカの少年少女達の熱い応援がかき込まれていました。向こうで人気が出ているのを日本ではあんまり知られていないのがちょっと残念。

 今日は源平合戦の道の北区鵯越の道を歩く予定でしたが、ちょっと疲れてしまって、諦めてTV三昧の一日です。昨日一緒に歩いたT1からは体が痛いけれど痛くない?のメールが来ましたが、私はまだなので明日ぐらいにやってくるのかしら???
 惑星タイタンと裁判員制度のTVに興味があったのに録画を失敗していて見られない。あーん、残念。裁判員制度って本当に何?で、録画が成功していて、昨日から始まっている周渝民主演の日本の少女マンガ「山田太郎ものがたり」の台湾ドラマを見る。うーん、やっぱり可愛い顔の仔仔(こう呼ばれている)だ。どうやら、この作品もかなりちょん切られている様子。ちょっと残念かなぁ。周渝民の顔は、中村俊介と「わかば」の弟くんに似ている。ファンにはよくちがうーって言われたけれど(笑)。歌はすごくうまいとは言えないが、優しい柔らかい歌い方です。前の「部屋においでよ」の主題歌の方が好きかな。可愛い顔をしている人なので、香港マダムが選ぶパトロンになってもいい男の1位になっていました。あんなに可愛い顔なら男の人でも好きになるのではと思っています。興味ない??

 明日は、バレンタインデーですね。本来なら、好きな人に愛を告白する日なので、女性が男性へってことは無いはずだったのに、日本のちょこメーカーの策略で、購買意欲旺盛な女性をターゲットにこんな風な行事になってしまいました。まぁその時に美味しいちょこがいっぱい紹介して貰えるのは有り難いけれど、会社にお勤めの女性達の義理チョコは大変だよ!今はお中元を止めていくようにちょこも止めていくところが多いですからよかったよね。ずっと、男性の多い職場だったから、金額的に大変だった。貰った方も倍返しとか有るから大変かもしれないけれど、興味なかったら返さないでいたら、来年からは貰うこともなく楽なのに、やはり1個でも多く家に持って帰って娘に自慢しなくちゃ行けないから大変なんだねぇ。

 よくおみやげをくれるFに毎年のように義理チョコを送っていましたが、最近は会わないから送らなくなってしまった。ら、今は沖縄で阪神タイガースキャンプと鯨三昧のはがきが着いた。ホエールウォッチングは一度もしたことがないので見てみたいです。彼は岩合さん並み(言い過ぎかな・笑)の鯨写真をはがきにしてくれますが、なかなか鯨に遭遇出来る日ってないんですよね。また、船に乗って揺れる中を写真に納める。大変な作業だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

でもって、

 またまた日常の単なる日記なのです。

Continue reading "でもって、"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2005

源平合戦の道を歩く①

2005_02_13_012005_02_12_02atsumoriduka 神戸市では、大河ドラマ「義経」の放映で、歴史道を整備し、各区で義経の道を取り上げたイベントを催している。今日は、友人T1と須磨歴史倶楽部主催の源平合戦の足跡を訪ねてに参加した。
 まず最初に、敦盛塚に行く。内部には敦盛の骨はなかったそうだ。毎年11月に行われる六甲縦走の出発地点である須磨海浜公園近くの海を覗む所に建立されている。そこから、須磨海浜公園に戻り少し坂道を上がったところに、蕪村の句碑が建っている。
buson_kuhi
 春の海 終日(ひねもす)のたり のたりかな

 瀬戸内の海を現した。良い句である。案内人も芭蕉の「静けさや 岩にしみいる 蝉の声」も出して、情景の浮かぶ句だと話していた。のたりのたりが悪いらしいが、立っているところからの海はそれにぴったりだと思う。
 その後、ロープウェイで山上に上がり、「須磨明石殺人事件」の内田康夫氏もおののいたカーレーターで更に上に向かう。友人曰く「みかんになった気分」の簡易な乗り物だ。
2005carlater

 旗振山は名の通り、大阪商人達に知らせるため、畳2帖分の旗を振ったところだ。茶屋のメニューにかっぱえびせんがあると友人が喜んでいた。今は佐川満夫さんがオーナーらしい。
 この須磨までが畿内の端だった。ここから西方に向かうと帰ってこられないと言われたらしい。明石まで行った光源氏は帰ってきているが、明石の君は田舎者と意識していたのはこのためかもしれない。一ノ谷の合戦は、一ノ谷を下ったわけではなく、一の谷と二の谷の間の二の尾根を降りていったと言われている。
2005ninoone
 写真の道がそうなのだが、かなり細い尾根を馬で駆け抜けたのだ。眼下にはすぐに須磨の海が見える。平家の船がよく見えたであろう。そのまま、私たちは二の尾根を通って、一ノ谷町の抜けて、海浜公園で解散となった。
 お昼に新開地で長くから営業している所の支店である金プラで食事をする。新開地同様美味しかった。そのまま、綱敷天満宮へ。前に来たときのように、なすびの上に座って写真を撮った。受験前でお百度参りしている家族がいた。よくつなしきとあみしきを間違えるのだ。ここの名の由来は、菅原道真が九州に流されるときに、途中ここで休まれたのだが、地元の漁師が網にする綱を敷いたことが由来である。そのため私は、いつもどっちだったっけと迷うのだ。
IMG_0026

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バレンタインデイ・キッス & 脳の話しなんだなぁ

 勝手なつぶやきなんでお暇ならお読み下さい。

Continue reading "バレンタインデイ・キッス & 脳の話しなんだなぁ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2005

アレキサンダー

 「大作に良い作品はなし」が続いてます。アレキサンダーの一生を扱っているのだから、どだい無理、仕方ないことなんですが・・・。神話に近い存在のアレキサンダーは若くにアジアまで遠征した魅力的な人物。闘いに明け暮れたのに、死んだのは戦場ではなかったのが悔やまれるであろう。この映画の上映期間の情報が長いこと分からなかった。アメリカではこの映画に友人との肉体的な関係も描かれていたようで、そんな史実はないと裁判になっていたのだ。今回の上映ではそのような交わりはなかったが、お互い愛おしく思っている姿は描かれていた。男×男の愛情もいいなぁって思ってしまう映画でしたね。女は魔物のような扱われ方をしていたので仕方ないかもしれないけれど、女は確かに愛の魔法を持っていて、愛する人を支配してしまうことができます。ギリシャの哲学者達が、男性同士が愛し合うことを精神レベルの高いものとしていたけれど、この映画を見たらそう思ってしまう。何でだろう?
 アレキサンダーを有名にした闘いの戦闘配置が面白かった。蛮族との色んな闘いを見せて貰ったが、凄い大変な撮影だったろうなぁって思ってしまった。あれが本物ならどれだけの人間を使ったのか。象のシーンなんて凄い迫力だった。
 コリン・ファレルも好演していたが、アンジェリーナ・ジョリーのアレキサンダーの母役がインパクト強かった。

 ある部族の教えだそうだが、「愛しすぎたら壊れるが、一歩引いてつきあうと長続きをする」ってのを結婚する主人公に話していた。そういうことだねぇ。この映画の中で人生の教訓たるセリフが多く出ていたが、私の記憶力では無理だった。残念。


 なんだろう、今日は珍しく眠いぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

オペラ座の怪人

 「わたしだけが必要だと言って」
 つらい失恋話だと思う。以前、失恋の映画のことを書いたが、これも男性用の失恋映画として入れておこう。よく行くHPで管理人さんが感動して涙が出てきたぁって書いていたので、まぁ話しは知っているけれど、取りあえずハンカチを握っておこうと用意していたのですが、冷たい女なので必要がありませんでした。殿方は辛いかな。まるで、源氏物語の紫の上のように育てて、見目麗しく思っているとおりに成長した娘を大事に思うのは仕方がないことだけれど、もうそうなると父親的なんだから、無理な話でしょう。人を殺めといて、女性がついていくわけ無いじゃないですか。寂しいこころ売り物にしたって、自己満足だよんと見てしまった。愛する気持ちは分かったよぉ。悲しい気持ちも。歌の歌詞が悲しいほどよく分かった。でも、泣けなかった。
 冒頭シーンから引き込まれてしまった。あの有名な曲は聴いただけでその世界に運んでくれますね。色恋にご無沙汰の私は、途中うとうとしてしまいそうだったので、全編歌ってのはちょっとだるいかなぁ。
 クリスティーヌ役のエミー・ロッサムはまだ20才ぐらいの若手だが、7才からメトロポリタン・シアターの舞台に立っているのだがら、うまくて当然。しかし、最初の歌うシーンであまりにも素晴らしい歌声に映画の中に引き込まれてしまった。素晴らしくって映画の観客と一緒に拍手したくなったよ。なんで、みんな拍手しないんだって思っちゃった。あっそか、映画かって。 

 オペラ座の怪人のHPはお得です。4曲も流してくれていて、尚かつパリ・オペラ座旅行プレゼントがありました。早速クイズにチャレンジして10問正解になったので申し込みました。当たればいいのになぁ~。しまった、こんなところで情報を流して、当たる確率を減らしてしまった。

 映画の予告で「Shall we dance?」をしていたのですが、最後の前売り券を買った人のプレゼントが面白かったので、会場中大爆笑でした。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

February 10, 2005

いろいろかんがえるのだ!

 昨日久しぶりにT3氏に会ってご飯をご馳走して貰った。子どもがいない方なので色々世話を焼いて頂けるのだ。昨日も私と同じ名前の奥さんに、もっといいところに連れていって上げなさいと言われたらしいが、この店しか知らないとお魚の美味しいところに連れて行って頂いた。
 先日の「プロジェクトX」を見せて貰えたので、オウムの事件の話しをした。番組では聖路加病院が建つところから始まる。院長日野原氏は戦時中の経験を生かして、大きな玄関フロアや礼拝堂を作り、礼拝堂や各廊下に電源や酸素ケーブルが繋がるようにしていた。費用は普通の病院を作るよりかかったのは言うまでもない。誰もが勿体ないと思うことだった。しかし、院長は大病院の役割をそのような態度で挑んでいったので、彼に答えてくれる人達が残っているのだろう。あの日、近隣の大病院はいっぱいになり、医師が現場に向かったときには、更なる被害者が横たわっているのを見て、200人近くが現場に残されているとの報告で、院長は200人を受け入れ、すべての外来診療をやめて対応するようにスタッドコールをかけたのだ。凄い選択である。大事故や大災害用に病院を作っていたとは言え、医師も看護婦も薬の数も限られるのである。凄い話しだなぁと、これだけで映画になるよぉって思いながら見ていたので、日野原氏のファンのT3氏とすごいよねって言いまくる。救命病棟24時見ていたら感動するのは、実際あることなんだもんね。第一シリーズしか見たことがないけれど、ラストのスタッドコールの回は感動したものなぁ。誰かの役に立つ職業に多くの人がなっていてくれて感謝してしまう。前に「ハウル」を見に行ったとき、窓口のそばの立ち見の列で並んでいた。窓口に倒れた人がいると報告があり、私の前に並んでいた人が、列から抜けた。救急隊員が来てから、彼女は戻ってきて、患者が運ばれたあとに、救急隊員の人が感謝状が出るかもしれませんと、彼女に言いに来ていた。凄いなぁ、医療関係の仕事をしていたら、とっさの判断で動ける体になっているのだ。ましてや、医療関係者なら、対応の仕方も分かっているのだから、その倒れた人は本当に運がよかったのだ。私はよく交通事故の現場を見ることがあり、何度も警察や救急に連絡して、付き添ったことがある。自衛隊の友人に勧められて、赤十字救急法救急員の資格を取ったことがあるのだが、息をしていたら、他に何をしたらいいのか何も判断がつかないから、あんまり役に立たない。一度、階段から落ちた酔っぱらいのおじさんに看護婦の資格を持つ友人とかけより、対処したことがあるのだが、やはり医療の経験は大した物なのだ。

 T3氏が勤めている会社に昨年暮れに派遣で入ってたので、色々昔とは変わったねぇって話しになった。私がいた頃にはコンピュータが一人一台ではなかった。私は入っているときに暇に任せて見まくった内部HPの面白いネタを色々教えることに、んでもって、社内のサービス関係が周囲のコンビニによって閑古鳥になっているから、社員相手のnet通販をしたらいいのにと話しをした。前回入ったところは、ワンフロアで500~600人はいるところ、工場だけで7,8千人は働いているのではないかと思う。パソコンが一人一台なのは、設計職とかの内部職だけだろうけれど、現場でも工作用操作にPCを使っているから、全くないわけでもない。また、工場内から外に出ることがないので、休憩時間は、机で寝ている人が多いのだから、休憩時間中に本や車や野菜が買えたらいいんではないだろうかと話しをした。非常に勿体ない。外とは繋がっていないので、まずサーバーが落ちることがあっても、書き換えされることは少ないだろうし、社員なので、給料天引きにしたらいいのである。また、自分のところでシステムを作るわけではなくて、楽天のような総合ネット通販会社の何社かにシステム構築と販売権を渡すとしたら、ただで構築してくれるのではないだろうか。会社側は、申し込み情報を番号で知らせるだけで、あとは給料天引きやカード払いで支払わすので、通販会社には企業情報も社員情報も渡さず、内部サーバーも入り込ませず、売り上げの5%から15%ぐらいが入ってくるのなら美味しいではないだろうか。でもって、通販側は、安定顧客の獲得と宅配送料が会社内部へ一括で済むので、コストもかからないのではないかとか色々考えるのである。どうだろう。これって甘いかしら、もし美味しい仕事なら、今ならまだ色んな工場を持つ地方の会社で会社通販をしていない所はいっぱいあると思うぞ。って、こんなアイデアはなんぼでもわくのだが、それが成り立つかの情報や知識が足りない。美味しいと思うのだがなぁ。

IMG_0008
 今日はお昼が外だったので、久しぶりにハワイ料理の店にスパム丼を食べに行ったら、店が閉まっていた。がーん。長田の再開発の問題をNHK大阪が前にしてくれていたが、もうどうしょうもないところにきている。多くの業者が店を構えてくれたのであるが、レストラン街は惨憺たる物で、多くの店が閉じている。今では3店舗、そのハワイ料理もたまたま閉まっていただけかもしれないが、悲しい現実である。NHKでやっていたものは、街の活性化をするために、市ではもうどうしようもないから、企業に任せてみようと言うところまできていたが、先に入った店舗は市の後ろ盾が無くなるのも恐ろしいだろう。兎に角10年経っても建物が出来ていないから人が戻ってこないのでは無くって、ここだけではなく他の所も、未来予測ミスであったのだろう。多くの商店街の問題点は人が集まらないことなのだが、その方向性と多くの問題を抱えてきりきり舞いになって頑張っている神戸市の対応だけでは、こんな結果になっても仕方がない。人が住むと言うことは、建物があればいいわけではない。先にこの街に住みたいと思わせる、この街に生きていくブランド的な物が必要なのかもしれない。兵庫区や長田区は高齢者の街と言われて過疎化に向かっていた。しかし、震災後に年寄りの街と考えていけばその人達がいつまでも生きているわけでもない。また住み慣れたところからわざわざ兵庫や長田の繁華街に移ることもないと思われる。とするとどんな世代でも住めるような開発をして年寄りブランドを撤廃していけばよかったのではないかと思うのだが、実際年寄りが住みやすいところと言うことは、買い物にも便利で医療機関も多いという恵まれた条件なのだ。多くの人達は自分が老人でもない限り、若い人達若しくは活性化した街が欲しいだろう。この街は今いる年寄りが息絶えたあとに何を見いだすつもりなんだろう。もう少し、新しく建つ建物をファミリー向きにしたり、近接する小学校の廃校を止めたりする考えには向かって貰えないのだろうかと、スパム丼にありつけなかったので、焼き肉ランチ780円を食べながら思うのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

巴里の恋愛協奏曲

 どうも私はオペレッタは苦手のようだ。フランス映画らしい恋愛の喜劇映画だった。主人公を好きな殿方がたくさん出てきて、主人公は夫を愛しているという話。オードレー・トトゥと「アメリ」の時のたばこ販売員をしていた人が出ている。主人公は40代~50代ぐらいの魅力的な女性。前の夫までまだ未練がり、若い20代の男性にも請われているが、今の夫に「愛している」と言わせるだけで幸せな妻なのだから、相手にして貰えない。恋愛の国フランス映画ならではがちりばめられている。若い男性が既婚者でもいいと話し、結婚と恋愛は違うと言い切る。男はいつも最初の恋人になりたがり、女は誰も最後の愛人でいたいというのがありますが、男どもが最初の男を主張する始末。手に入れたら、「愛している」の一言も言わずに、「分かっているでしょう。」と言われても納得出来ないし、そんなことは分からないっていうのが、男女の差なのでしょうね。でも、態度だけでは、誰でも自分のいい方で解釈したりしてしまうから、言葉が必要です。言葉でも誤解されたりするので、真剣な眼を見せて貰わないと、その言葉の真偽は分かりかねるのでしょうね。恋する女はなんでもいい方に捕らえがちですが、愛する女は失いたくないので、なんでも悪い方に考えてしまうものですもんね。
 寝ている人が多かったし、私も途中までうとうとしながら見てしまいました。恋愛劇は私では無理?しかし、恋愛の国の男性は凄いですね。映画の世界とはいえ、若くても見る目があるというか、いい女を捕まえようとする力も強い。
 
 今東京タワーが女性の中で流行っているらしいです。昨日会った人が見に行きたいと言っていたので、どんな話か知ってるって聞いたら、中年男性と若い女性との恋でしょうって答えるから、誰だ彼にそんなことを吹き込んだのはと、もう笑ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヴィタール

 「死んで10年後に1回だけ見せて貰えるとしたら、何が見たい?」

 ねたばれになるので、見ていない人はこの先読まないように。

Continue reading "ヴィタール"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2005

精神年齢鑑定

面白いものがあるのを知った。でもって、try
鑑定結果
あなたの精神年齢は22歳です
 あなたの精神年齢は、もう少しで大人です。しかしまだまだ若者らしさがあり、青春を謳歌している年頃です。社会的には、ある程度人と接する術を知っていて、普通に暮らすことはできます。
 あなたは実際の年齢より幼稚です。友達から子供っぽいと言われたりしたことはありませんか?自分では気がついていない場合もありますが、あなたの周りの人はきっと思っていることでしょう。

幼稚度48%
 あなたは小学校中学年並みの幼稚さを持っています。がんばって一人でなんでもできるようになりましょう。

大人度46%
 あなたは結構大人っぽいです。そこそこの冷静さも持ち合わせているようです。

ご老人度19%
 あなたはほんのわずかですが『おじいちゃんっ気』が感じられます。注意しましょう。

あなたとお友達になれそうな人
モーニング娘。 サザエさん キン肉マン

 総合的な精神年齢を詳しく見てみると、幼稚度、大人度、ご老人度にわけることができます。例えば、幼稚度と大人度がともに高かったりすることがあります。これは、幼さも持ち合わせていてしかも大人っぽい一面もある人、ということになります。精神年齢は年寄りなのに幼稚度が高いということもあります。これは頑固でワガママなおじいちゃんに当てはまります。大人度は高ければ高いほどよく、逆にご老人度は低ければ低いほどよく、幼稚度は15%前後なのが、活発で頼りになる理想的な人です。
また、『お友達になれそうな人』とは、精神年齢や幼稚度などがあなたと似ている人です。
これを期に、自分を見直してみてはいかがでしょうか?

 おじいちゃんっ気って。子どもっぽいですし。一人で何にも出来ませんでちゅ。私のレベルの人がいるのかしら。お友達になって貰えないでちゅ。一体私って・・・。

でもってもう一つの方は、
あなたの精神年齢です
精神年齢 39歳
知能年齢 40歳
変化対応年齢 36歳
コミュニケーション年齢 44歳
自我年齢 36歳
元気・やる気年齢 50歳
[知能年齢について]
 ここでいう「知能」とは知識の豊富さでも、記憶力のよさでもありません。
 知能年齢とは、その時点での状況から、次への展開を発見する“ひらめきの能力”です。価値の生産方法を「生み出す力」です。
 あなたの知能年齢の高さが持っている特徴は、……………。
1、ものをよく考える
2、連想、想像力が豊か
3、知識量がそれに応じている
4、考える時に働く因果律の意識(原因があって結果が生まれるという宇宙の基本となっている原理を無意識に使う意識)が働いている
5、心のこだわりやとらわれがなく自由に発想ができる
6、物事を合理的に考え、能率、効率を考えることができる
7、その場その場での機転がきく
  こうした能力を持っていることです。
 知能年齢が持っている能力は、素晴らしいものです。時代を切り開く方法を発見する能力が高いということです。
 ただし、知能が生かされるかどうかは自我年齢によります。自我年齢が高ければ知能がより活発に生かされその威力を発揮しますが、低ければ知能の高さがマイナスの方向に使われますから充分気を付けていただきたいと思います。

 なんか悲しくなってきました。どっちが私なんだろう。元気・やる気年齢は50才ですか。そういえば50から隠遁生活のはずだったから、もうそろそろいいかな(笑)。早く年金くれ!私っていくつに思われるんだろう。60才以上だったらある意味かっこいいよなぁ(意味不明)。
 でも、面白いでしょう。検索したらすぐに出てくるのでお試しあれ。

 円谷プロダクションの円谷一夫会長と歴代ウルトラヒーロー(ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラの父、ウルトラの母)が、矢田神戸市長を表敬訪問したそうです。これは、復興10年を迎えた神戸を舞台に、10作目となるウルトラムービーが制作されることになり、さらなる元気と励ましを神戸に届けるために行われたものらしいです。またエキストラ募集があったらいいのになぁ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨が好き

 2階の窓を開け放したら 空が部屋まで流れてきそう
 優しい雨が降ってくるのを ずっとぼんやり 待っていたのよ (曇り空)

 ユーミンの歌だけど、歌詞が間違っているかもしれません(笑)。今日の天気を見ていると、思わず口ずさむような歌でした。ユーミンの歌は雨の歌がたくさんあります。

 出来るなら 肩を寄せ歩きたい 雨に濡れて (題名忘れた)
 冷たい雨にうたれて 街をさまよったの (冷たい雨)
 空がとっても低い 天使が降りてきそうな程
 一番好きな季節 いつもと違う日曜日なの (ベルベット・イースター)
 こころ震える甘い調べ 止めてあのショパン
 彼にはもう 会えないの rainyday 気休めは麻薬 (雨音はショパンの調べ)
 青いエアメイルがポストに落ちたわ 雨がしみぬうちに急いで取り入った (青いエアメイル)
 あなたがお茶を飲んで さよならする頃は この部屋も酷い雨の中 
 金色の草も木も激しく揺れ始めて もうどこにも行かせないわ (TYPHOON)
 時はいつの日にも 親切な友達 過ぎていく昨日を 物語に変える (12月の雨)
 あぁあじさいの雨 エメラルドの涙 ただ二人膝をかかえ 聞いている (遠雷)

 一番好きなのは、雨じゃないけれど
 街角の立ち止まり 風を見送ったとき 季節が変わったよ (生まれた街で)

 思い出しただけでこれぐらいあるからきっと、もっとあるかなぁ。でも忘れっぽい私がよく覚えていた海馬よえらいえらい。
 雨が好き、子どもの頃からどこか寂しげな雨が好き。子どもの頃は、雨が降るとビートルズの「ミッシェル」を聞いていた。あれは、雨の日に家で一人で聴くのにぴったりのもの悲しいメロディだ。
 雨は、メロウな気分にさせてくれる。忘れてしまったものの何かを取り戻せるように。取り戻せやしないのに。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 07, 2005

半落ち

 今日WOWOWで半落ちをしていたのでご飯食べながら見てました。わー、辛いですねぇこの映画。涙があふれてあふれて、テーブルに涙の水たまりが大きく出来てしまいました。社会病理を封じ込めながら、単純な内容をあそこまで昇華出来るなんて、原作といい映画といい素晴らしかったです。一番泣いたのは、樹木希林さんのあのシーンでしたね。これは芸達者が多いので、ちょっと出でも息をつかせぬ演技が必要だったでしょうね。こんなにたくさんの出演者の人間像までをだしながら、描ききって素晴らしかった。最後の音楽までよかった。この映画外国で上映されたのかしら、日本人らしい内容なのになぁ。
 注)私すぐに映画の中にはいるので、泣いた映画はめちゃくちゃ感動して書いてしまいます。入らないで客観的に見られる人は、それほどじゃないかもしれません。


 なんか最近テンション下がり気味で、わざと元気に書いてるのですが、いまいち上がっていません。先日、検索フレーズで「失恋 痛み 映画」ってので検索で来られた方がいました。そうか、立ち直るような映画が見たいぞっていうより、やっぱり号泣して中身を吐き出してしまいたいのかなぁって思ってしまいました(勝手にそこまで解釈するのである)。悲しい映画は苦手であまり見ないので、恋愛映画の失恋ものが思い出せないでいます。なんとか、この人に便乗して元気になろうと頭の中で捜してみたのですが、あまり思いつかない。男の人には時間薬、女の人には男薬で治る病気と言われますが、私のように性格は熱しやすく冷めやすいのに、恋愛はそんなわけにはいかない人は大勢いますよね。私なんて、会うことも話すことも出来ない人に4年も思い続けたことがあります。私の長所でも短所でもある想像力が、消えぬ思いに魔法をかけてしまうのです。ハンニバル・レクターもアインシュタイン博士も想像力に高い評価を与えていますが、こと恋愛には役に立つどころか、余計悲しい結果になってしまいます。それでも、失った恋に何度も魔法をかけてしまうのですね。早く解いてしまいたいのですが・・・。
 この検索者がどんな恋をしていたのか、どんな失恋をしたのか分からないのですが、何かお役に立てたらいいのになぁと、思ってしまいました。ただ単なるそんな映画はどんなんだったっけっての検索かもしれないですが、これも想像力のなせるわざですねぇ(笑)。
 チャップリンや寅さんの映画なら失恋話はいっぱい出てくるのだけれど、これでは泣けないなぁ。失恋コメディで元気になれるのなら、「ハイ・フェデリティ」が男性の失恋遍歴を描いています。「大失恋。」は文字通りのコメディ、しかし私はまだ見ていません。単なる失恋の悲惨さを見るなら「ヘドウィック・アグリーインチ」でもいいんだろうけれど、自分の気持ちを重ねたいと考えたなら、男性には「仕立て屋の恋」、女性には「スキャンダル」かなぁ。後者はあまり重ねることは出来ないかもしれないけれど、私は主役の恋心より、彼を思い手練手管で頑張っていた女性の方が入りやすかった。あと相手の気持ちを色々感じずにいられない「ジョゼと虎と魚たち」。恋心ならこれ以上の数を書くことが出来るのですが、悲しい恋の物語は、映画になりにくいのかもしれません。みんなそれなりの痛手を負っているので、再認識させられるのが辛いのかもしれません。これだけで元気になれるとは思いませんが、次にお越しの際には元気になる映画を捜しておきます。

 今日「白州次郎  稲垣吾郎」がありましたので、もしかして吾郎ちゃんが白州夫妻のドラマか舞台でもするのかしらと、検索してみましたが分かりませんでした。吾郎ちゃんなら、面白い白州さんが見られそうです。若いときはやんちゃな人だったので、そんな演技が見てみたいです。彼が正子さんに送ったプロポーズの言葉は確か「あなたは私の理想です。」だったかな。いい関係ですよね。最近毎日のように林志玲さんの名が検索ワードに入っています。彼女は台湾の日本観光大使になっているので、日本のTVにも出たことがあるから、知っておられる方が多いのですね。なかなか台湾のnetに入りにくいですものね。きっと「TOM」とか「sina」とか林檎マークの所に行けば彼女の写真が多く見られるのではないでしょうか。私が先日貼っていたのは、ログインしないでもいいところのものだったのですが、りんごさんのところは確かログイン登録が必要です。台湾のTVもnetで流しているところがあるので、動く彼女も捜せばあるのではないかと思います。頑張れ~。
 TBして頂いたところがよく読まれているからでしょうが、昨日から200以上のアクセスがあります。検索やTBで飛んでくる人は他の記事を読まないでしょうが、ちょっと恥ずかしくなってしまいます。

 そうそう、以前「舞台 砂の上の植物群」の検索フレーズのことを書いていましたが、本当に舞台になるようです。筒井道隆さんの主演です。
 で、今日は「ガラスの華」の方を見てしまいました。メリケンパーク、ジャパンのある筋、コンチェルト、メリケンパークオリエンタルホテル、シネ・リが入ってるビルとかが出ていましたよ。黒田福美さんも老け役で出ていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2005

せいざのはなし

 私の血液型はなんだと思う?
 と聞くと、私をA型と言う人は血液型がA型かO型かAB型。B型という人はB型か0型、AB型という人は、A型かAB型の傾向にある。このblog毎回読んでおられる方がおられるとは思わないが、このblogの管理人の血液型は何だろうと思った人、この傾向は当たってると思う?
 何でこんなことを書き出したかというと、昨日頂いたコメントの中の「差別化」で色々頭の中で考えていると、血液型まで行き着いた。「差別化」はコメントの主が書かれていた例のように、自分と他人との差異を見つけて、自分より下だと考える自己満足な行為だと思うのだが、「区別」はそれによって分類され、系統化されて、それによる傾向と対策なんてものまで考え出されるような言葉だと思う。昨今、血液型分類の多数の傾向を取り上げる番組が多くなってきているのも、地方のチェーン店化じゃないけれど、無個性の世の中にあえて、違いを見いだそうってものなのかと考えたりするのだ。「差別化」ではなく「区別化」なのだ。元来、星座占いも私のミス・マープル方式みたいな、長い年月に渡って、その時期に何が起こるのかを区別し、系統立てて解釈していった統計学のようなものが、今では数学の定理のように、射手座=脳天気って出ているだけの話である。
 昔、星座占いがあったってるねんと、友人に話すと、「差別化」されていると議論する方が多かった。確かに人の思いで差別化しているところが無いとは否定しないけれど、系統立ててその特色を言われて、当たってるか当たっていないか程度なら、差別とは思わない。私を含めて女性は占いが好きな人が多い。その占いが間違っていたとしても、その内容で救われたり頑張れたりするので、関心を持っているのだと思う。

 で、上記の前置きはおいといて、自分の傾向で星座占いの区別を書いてみようと思う。星座占いに興味を持ったのは、卒業前に書いて貰ったサイン帳の友人達の星座に、いくつかの共通点を見つけたことから始まる。対私となので私以外の人が読むと、該当しないと思われるとは思うが、それでもってミス・マープル方式で、各血液型と星座の分かっている(勝手に理解している)分で書いてみようと思う。今から書くのは、星座占いの勉強はしたことが無く、今までの人生で比べっこしたってことです。つきあいが無い星座の人もいるので分からないところもありますから、ご容赦下さい。
 子どもの頃に友人になる人達は、まず近所の子どもと親の友達の子ども、学校に上がると、クラスメートの世界に入る。子どもだから、嗜好も趣味も環境も確定しておらず、「おたくなんの映画が好きって」事は聞くこともないだろうから、クラスメートの中で、生理的に気があうって人物が、友人となる。で、私の場合は、射手座なので、火の星座の人が多かったのである。火の星座って何って人もいると思うので、簡単に書きますと、陰陽五行ではないけれど、星座の中でも、火や水など命に必要なもので4つに分類されています。まず、火は牡羊座・獅子座・射手座、火のように燃えるような人達ってことですね(笑)。地は牡牛座・乙女座・山羊座、地に足をつけている、大地のような人なのですね。風は双子座・天秤座・水瓶座で優しい風から嵐のような風で、自由に飛び回っていたり誰かを一緒に飛ばしたりってかんじですね。水は蟹座・蠍座・魚座でどこにいても水は水平に保ち、また逆に蒸発したり固形になったりとの変化が多かったりします。この4つの関係は、例えば火が大地に放たれると何もかも焼き尽くし何も残らない状態になって根こそぎのような印象があったり、逆に焼いたことにより焼き畑農業のように養分としてまた新たな芽を出すようにもなれます。地と風は、さわやかな風や種子などを大地に飛ばしてくれたりもしますが、台風によって被害をあたえられるかもしれません。風と水は、風により水の流れが変わったり、水を火にかけることで火が消えたり、逆に火が強ければ水は蒸発したり、大地に水を含ませることで大きな実りが生まれ、またその水が川に帰ってきて、風は火によって起こり、また風によって火が大きくなったりします。そんな簡単な分類でも私としては各星座との関係を意味していると思っています。子どもの頃の友達は今でもごはんを食べに行ったりしますが、職業も趣味も好みもバラバラで、大人になってからは知り合うこともないような人達ばかりです。もし、この考えが他の人の人生にも該当するなら、これも区別の一つとして、系統立てて考えることが出来てくるでしょう。
 例を出して星座の話にいきますと、以前仕事をよく頼んだ人が、「いつもややこしいものを持ってくる」と言いながら、文句も言わず私の要求以上の仕事をこなしてくれました。仕事が人より早いし、仕事関係は整理整頓されていて、その以外興味ないものは別にどうでもかまわないおおらかな人物でした。その人に接してると、友人O2に似ているなぁと感じることが多かったので、もしかして牡羊座のA型じゃない?と聞いてみたところ、大当たり。私の中では牡羊座のA型のパターンの一つが組み込まれました。牡牛座のAの対私のとの関係は、趣味も多く、人当たりもよい人なので、すぐに仲良くなれるのですが、要求されることが多いので、私では消化しきれず、嫌われて連絡が無くなるということが2人もいました(笑)。まじめで頑固な人柄ですが、人に温かく接するので、私のようないい加減な人物は嫌になってしまうのだと思います。牡牛座のOは、きっちりしていて、趣味も多趣味で、金銭面もしっかりしていて、将来安定な人物が多く、人付き合いが多いです。牡牛座のBはこのO型の特質に加えて、隠れて優しさを見せたりするので、もてる人が多いです。今まであった人で、別に気がない私に対してでも、一人での残業が11時までかかっていたときに、電話してまだやっているのを知るや車でわざわざケーキまで買ってきて、差し入れしたあとにそのまま帰って行ったりするようなめちゃくちゃ優しい人が多いです。感謝はいらないよって感じです。他の人もそんな人なので、牡牛座Bに感謝している人が多いと思います。双子のAは、物事を単純に解釈することで、本質を知っている生き方をしています。何となく、上沼恵美子さんぽい人が多いです。やり始めたことは最後まできちんと終わらせ、よそ見をせず、やり遂げると次に移るようです。一つに絞るために思ったようにいかなかったときのダメージが強いのもA型の特徴です。双子は自分で会社を興したり、一人で仕事している人が多い星座です。悪いことは悪いとはっきり言える人が多く、言ったとしても悪い印象を与えないのが、この双子の魅力にもなっています。

 ここまで読んで下さった方有り難うございます。用事が出来たので、このあとは帰ってから書きます。見直したら内容も変わっていたりするかもしれませんが、ご勘弁の程を。

05_02_06

 見返しもせずに保存して出かけてしまいました。blogをなめとると思われる方が多いだろうなぁ。折角読んで下さったのに申し訳ありません。個人の知り合いなら、お友達になって貰えない女No.1になりそうですね。アクセス解析前なら、読んでる人がいるとは思っていなかったので、こんなことはやりまくりでしょうが、折角来て頂いたのに申し訳ないです。ちょっとだけ反省。ちょっとかよって、つっこみ入れてくれました!?お詫びに今食べてきたハンバーグとエビフライと牡蠣フライです。どうぞ召し上がれ!

 では再び、長文を。
 双子のBは、双子の情報能力を野生の感で持っています。活動的で外の方に目を向けている人が多いです。ABは、どちらかというと興味の対象を知的好奇心の方に向けている人が多いです。よく本を読んでいる人が多いです。蟹座は物事をきっちりとする人が多いようです。例えば、CDを聞いたあとに綺麗にしてから、中に入れ元に戻すといったような作業が当たり前で、CDが入りっぱなしとか、そのまま机の上に乗っているって感覚は理解出来ないタイプだと思います。A型の人はそれが強いです。ものだけではなく、話もきちんと理解するまで聞きたいと思っています。O型は、よく星座占いに書かれている兄貴・姉貴のイメージが一番強いです。男っぽいなぁと思う人は大体が蟹座です。蟹座は母親の愛情のような接し方をするので、彼らに気に入られると本当に大事にして貰えます。但し、ついていかないといけません。獅子座は私が唯一顔見ただけで当てられる星座で、本当に性格がはっきりしていて、顔にも出ています。基本的な性格は、一人でも生きていけるのですが、寂しがり屋で、プライドが高い人が多いです。何かに秀でた人の星座に獅子座が多いのは、負けたくない強さが出てくるからです。その中でA型は落ち着いた印象を持ち、能力も人に知らせるほどのことまではしません。何事も冷静に対処して獅子座の中では頼りになるタイプです。B型は人がやらないことを始めていく人が多いです。それが目立ちカリスマ的になっていくようです。O型はこの獅子の基本的な性格と無垢な純粋なものを持ち合わせているので、アイドルに多いです。獅子のOは見ただけで何となく分かってしまうのは、出ているオーラが違うのです。何をやっても許される可愛らしさを持ち合わせています。私の周りに多いのがいつも獅子座です。初対面で抱きつかれるぐらいに仲良くなれる星座です。乙女座は自己批判が強い人が多く、なぜだろうということで、自分を延ばしていくようです。特にA型は色々周りにもよく気を遣いきりきり舞いになっているのに、まだ自己批判して追いつめたりするので、彼らの行為をよく見てたまにはちゃんと分かっているよの言葉をかけてあげないと、貯まったときに彼ららしからぬ猜疑心で人が変わってしまったりしてしまいます。O型は、そんな乙女座の性格に明るさを取り入れているので、友達も多いです。でも、落ち込んだらA型同様になってしまうので、繊細な彼らに理解していることや頑張りを認めていることを態度ではなく言葉でかけて上げて下さい。B型は、「おとB」と呼んでいます。昔人の星座を当てることが出来る人と星座談義をしたときに、彼女も同じように言っていたので、これだけは間違いないのではないかと確信しています。この呼称も彼女から教わりました。乙女座は血液型で言うとA型のような性格なんです。それと正反対のB型を持っているおとBの人は、AB型になるわけではなくて、この12星座×4血液型のなかで、一番凄い人と呼ばれる人物になるのです。どんなタイプかっていうと、周りの人に凄いと言われるような人なのです。分かりにくい表現ですね、でも凄いとか類を見ないとか超えているとか極端だとか言われるような存在です。私の人生の中で1番変わっているのは、このおとBのH2です。その凄さはここではかけませんが、ある時に私が星座を当てるので、友人が私の好きな人の星座を当ててみてと言うので、お会いしたことがない人の性格を聞いたのです。そんなので、当たるわけはないのですが、聞いた性格は間違いなくH2と同じでしたので、おとBだ間違いない!っていうと、すぐさま彼女は電話して星座を確認して当たっていることが確認してくれました。悪い意味ではなく、兎に角凄い人物なのです。これで分かるかなぁ(笑)。おとBさん気を悪くしたら許して下さい。でも、あなたは凄い人物です。カリスマと呼ばれるようにもなれます。天秤座はみな美しいというか印象で綺麗な人が多いです。9月の人より10月生まれの方が麗しい人が多いです。人当たりもよく嫌なこともあまり言いません。言うとしたらA型ぐらいでしょう。B型よりもはっきりしていて、それが魅力でもあります。O型はその人当たりの良さにO型が入る分もっとゆるゆるの印象。物事をはっきり決められないぐらい両天秤が揺れていますが、そのために女性は本当にもてます。AB型は、天秤座の性格に尚かつスマートな動きがつくので、いい印象がもたれ、レベルの高い世界へと誰もが連れて行ってくれるでしょう。蠍座は11月生まれの方が好奇心が強く、研究熱心です。シャーロック・ホームズの誕生日は、小説の中では書かれていないのですが、イギリスのファンクラブの会長が何を血迷ったか自分と同じ誕生日だっていうことにしてしまって、山羊座になっていると思われるのですが、私はこの蠍で11月生まれと思います。A型の人は、人の気持ちまで読んでしまって、相手の立場でものを考えすぎます。O型は面白いことに対しての好奇心が強いので、楽しい人が多いです。どんな人ともすぐに仲良くなれます。B型は、なかなか説明しづらいのですが、「ダンサーインザダーク」の主人公のような性格をしています。そうです、すべてを飲み込んで死ぬことが出来る人達です。射手座は、自分の星座なので自己批判と自意識過剰で大きく間違っているかもしれませんが、何事もおおらかで楽しいことが重要な性格です。誰とでも仲良くなって、どのグループにでも射手座がいるといわれます。しかし、逆に思ったことをはっきり言うので、社会的立場ではつまはじきされたりして、余計に性格がいがむ場合もあります。A型はその中でも、落ち着いている方で、射手座とは思われない人が多いです。喧嘩しているところを見たことがないと言われるようなタイプです(私は違いますよ。何度か平手打ちしたことがあります。怖いですよ。)。O型は、この星座に天真爛漫がつくので、アイドルと言うよりはバラドルに多いと思います。かわいいと言うよりはぬけぬけし過ぎです。でも、愛される存在です。B型は、ものをはっきり言う人が多いので、姉御的な存在や怖いと思われたりします。AB型はこの何でもありの星座をもっと進化させた星座なので、発想が違いカリスマ性を持っています。山羊座は安定を第一に考えています。信頼を勝ち取ることの出来る星座です。A型は、その中でももっと強力で、若いときから認められて、早くに昇進していくタイプです。O型はこの中で信頼からちょっと外れた存在ですが、真摯に生きています。B型はこの星座の中では面白い人物です。割と物事をはっきりと言ったりしますし、それが筋道が立っているので、自分の思い通りに進めていける能力を持っています。水瓶座は社会的なことに興味があり、頭がいい人が多い星座です。だから、間違いを指摘されても、間違っているとは思えないので、事実を確認しない限り、自分が正しいことに自信を持っています。A型の人は特にその特質が顕著なので、その人の言うことは間違いないであろうとまで思われます。実際、感と知識で間違いはないのですから。O型はそんな近寄りがたい星座に明るさをプラスしているので、周りに友人が多く、面白い人だと思われています。AB型は気に入った相手に知的努力をさせようと思っている人が多いです。どんなことでもこなせるので仕事であぶれるような心配はないようです。上記に書いた星座を当てる彼女がAB型です。その彼女は、私を同じ水瓶ABと思いました。面白いですね。私はこのABの友人達にめちゃくちゃお世話になっています。先を見越して色んなことを紹介してくれたりするような人達です。魚座は優しい人が多いです。色んな感情を持っていますが我慢しているようです。大きな夢を抱いている人が多いです。でもってちょっとHな人が多いです。A型はその中ではきはきとしていて魅力的です。O型は天性ののりを身につけているので、うまくかわして楽しい人生を歩んでいます。B型ははっきりしていているのですが、根が優しいものだから、よかったのかしらと考えたりしてしまうので、中身を聞くとB型らしからぬところが見えたりします。AB型は繊細なところとちょっと変わったABの性質で、よかったのだろうかと悩める人がいます。この星座は自分よりも先に人のことを考えてしまう人が多いので、彼らのことを考えてあげましょう。2月生まれの人の方は水瓶座も魚座も繊細な人が多いようです。魚座のOの人で星座を当てる人がいたのですが、他の人は当てられたのに、彼も私を自分と同じ魚座のO型だと思っていました。私はどんな性格なのでしょう(笑)。
 あと、自分の後ろの星座が自分のフォローをしてくれています。だから、私の場合は蠍座の人をサポートしていて、山羊座のサポートを受けています。 
 長々と書いてしまいました。ここまで飽きずに読んで下さった方有り難うございました。これは単なる私論なので、間違っている可笑しいと思われたとしてもご容赦の程を、ただこの文章は区別ではなく差別しているので気分を害すると思われる方がおられましたら、削除或いは訂正しますので。

 ところで、射手座な私が上記のことを考えるなんて、射手座のことを知っている人はおかしいと思うでしょう。私の仕事を意味する星は乙女座なんです。これで、納得出来た?

 明日はおばばさまのお誕生日なんです。でもって彼女の一番好きなすき焼きをする予定です。以前O2んちでご飯を食べたときに、E2が関西人以外は先にだしを入れてしまって、お肉の大事さが分からないと言っていました。これは、「差別」ですね(笑)。でも、関西人は、美味しいお肉を美味しくして食べないなんて勿体ないと思っています。特においらは神戸だ。ケーキとお好み焼きと肉と珈琲にはうるさいぞ(話半分できいといてください >_<)。


作り方
  1. 【関西風】牛肉は食べよく切り、しらたきは下ゆでしてざく切りに。ねぎは斜め切り、白菜は3cm幅のざく切りに。焼き豆腐は8つに切り、しいたけは2つ割り。春菊は葉先のみを摘む。

  2. 鍋に牛脂を溶かし、ねぎを適量焼いて香りをつけ、牛肉を広げて入れる。端の色が変わったら砂糖適量を振りかけ、溶けたところでしょうゆ適量をかける。裏返してまず肉を食べる。野菜と豆腐を加え、肉汁をからめながらいり焼きしていただく。

  3. 【関東風】関東風はあらかじめ作っておいた割りしたで味をつける。4人分の割りしたの材料と分量は以下の通り。昆布だし汁・酒・みりん・しょうゆ各カップ1/2、砂糖大さじ2。昆布だし汁に調味料を加え、弱火で砂糖を煮溶かす程度に火にかける。

  4. 【関東風の食べ方】すき焼き鍋を熱して牛脂を溶かし、ねぎ適量を焼きつけて香りを移してから牛肉を広げる。 さっと焼きつけたところに割りしたをひたひたに注ぎ、 ほかの材料も加えて煮えたところからいただく。割りしたを足しながら煮、煮つまったら昆布だし汁で調節する。

 今日の検索フレーズの「エキストラ 募集 兵庫」は「H2」のエキストラ募集捜しですね。じぇんじぇん関係ないです。「神戸  北区  巨乳」で来られた方、神戸市北区に有名な巨乳さんがおられるのですか?私が知ってる中で一番大きい人はJでした。でもって、きたーーーーーーー「M観光ホテル  廃墟」でもなんで、Mなのぉ???とうとう、行かれるのですね。お知り合いになりたいです。一緒に行って下さる方を募集しています(笑)。Mで書いているということは前にここを読んだ人がきたのかしら???で、「白州次郎」さんでお越しの方すいません。こんな訳の分からないblogでお名前を載せてしまって・・・。

 ところで、私のblogのイメージと全然違うところにblogのことが書かれていたのですが、そのblogのイメージを壊してしまうのではないかと思い気が引けるのですが・・・(笑)。TBもつけかえしていいのかなぁ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

きょうの出来事って、映画じゃないよ

2005_02_05_01 無職なのに習い事をふたつしています。友人Aとお料理教室に行って参りました。今日はマカロニのグタランと鰺のポワレ。今日の作ったので私同様めんどくさがりやさんにチーズのガレットをお教えしましょう(えらそうに・笑)。じゃがいもをマッチ棒よりも細長くして、チーズをみじん切りをいれその中にバターの溶けたのを入れて、お好み焼きのように平べったくして、ゆっくり焦がしていきます。両面せんべいのように固まったら終わり。写真のはちょっと焼きすぎですが、美味しいよ。
 その後、映画に行って、エジプトの写真をみせあいっこしました。
2005_02_0502
 伝説の女であるAはまたやってしまった。彼女の伝説はいっぱいありすぎて、すぐに該当者がばれてしまうために、今までの数々をここでご披露したいのをがまんして、今回のだけご紹介すると。Aは36枚撮りを9本使って撮してきたのですが、日付は2004年なんですねー(笑)。もう笑ってやって下さい。それも、今日なんか映画のチケット忘れて来て、最初の一声は、私も過去にしたことがある。っていうのです。もう、往生際の悪い、なんで昨日映画のチケットって言ってくれないと注意されました(笑)。この写真は、アリバイ作りのために利用するしか使い道がありません。昔、友人Sが湯けむり温泉旅行に行ったときに見せてくれた写真は、湯けむり温泉旅館殺人事件とか言って、時計があるところ見つけたら、それが写るように写真を撮っていました。
 Aとは、「オペラ」「ブリジット」「アレキサンダー」「理由」「コンスタンチン」「ロング・エンゲージメント」「マシニスト」を一緒に行くことになった。彼女忙しいのだけれど、本当に行けるのかなぁ。もう、お花見in京都の話をする。今年は用事で東京に行くかもしれないから、4月は忙しいのだ。

 夕方彼女と別れて、頂いたままでまだ見ていない「遺伝子組み換えNOW」のDVDをくれたT5さんにドキドキしながらお会いしたら、DVDの事は何も聞かれずに、「漂流教室」を全巻持ってきてくれていて、私に貸してくれた。うぅ、申し訳ない。Yにも笑いの金メダル2時間スペシャルをこれ見て下さいと頂いているのに、まだこんなことに夢中でみていない。早く面白かったって、メールしないといけないのに~。本当に酷いやつだ。一体いつ貰ったのやら・・・。
 で、最後は友人Zとラーメン屋さんで打ち合わせをして今日は終わった。 かたくなに否定していたことが最後になったら間違っているのではないかと思って、頭がぐるぐるしている。間違っていたとはまだ確定出来ないけれど、間違っているかもとは言えない卑怯な私である。時が解決してくれるよぉ。ってことはないのだ。みんな私より記憶力がいい。おとつい友人T1と話しているときにお互いの記憶違いにすぐさま「私の方が記憶が怪しいから、私の方が間違っている」すぐさま言ってしまう私。今日もお互いの写真を比べっこしたら、場所のつじつまが合わない。私はいつもカメラやさんが、アルバムに入れてくれるので、そのまま持ってきていたのだが、どうやらそれがバラバラに入っていた様子。その指摘でもすぐに「私の方が怪しい」とすぐに言ってしまう自信のなさ。いーかげんが通り越している。私のカメラやさんは、私が旅行に行ったら、うまく撮れてるねーって、私の写真を引き延ばして飾られているところを指さす。著作権とか一応聞いてからとかが全然無いところ。そんな感じでも、まぁ下手な写真を喜んで貼ってくれているんだからって調子なので、順番バラバラでも平気でいるのだ。Aの方がA型みたいだよなぁって、順番に入れるように指導され入れ替えさせられた。でも、こだわるところはこだわっているのだよ!(言い訳)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オーシャンズ12

 前回同様お祭りに参加って感じで行って参りました。冒頭のブラット・ピットのキスシーン。これでは、色んな女性が寄ってきて浮気して離婚になるよなって思ってしまった。話は、前回稼いだところから、期限付きで金返せと全員が脅されて、また集まって泥棒を計画するが、実は・・・。これから見に行く人のために書きませんが、書いても大して受け止め方は変わらないかもしれません。でも、大きなおまけが用意されています。それは、お楽しみ~。たくさんの人物が動いているのでどういう動きか分からず、怪盗の素晴らしさも映画の面白さもいまいちだった。ちゃんと見ててもストーリーは分かりづらかった。中だるみもしたりした。でも、もうご愛敬ですよね。ジュリア・ロバーツがキャサリン・ゼタ・ジョーンズを意識して、ドレスの色を変えたって話を聞いたことがあるのですが、ジュリア・ロバーツがそこまで妬く理由が分かります。キャサリンの方が、光っていた。今回は、年齢も感じさせたし、華がなかった。舞台もアメリカからアムスやローマへと移り、物語の必然性を感じず、入り込めずに終わった。でも、次回のお祭りも参加しますよ。上記のようになんのかんの言いたいけれど、楽しかったもの。音楽はよかったよ。ナイト・フォックスという今回の敵役に「スパイ・バウンド」のヴァンサン・カッセルが出ていた。こちらも肉体を使っての素晴らしい動きを披露していたが、「スパイ」とは痩せて雰囲気が変わっていたので、彼とは気がつかなかった。これは、彼がうまいってこと?お金持ちで怪盗をスマートに演じていたよ。

 予告で「コンスタンチン」見たのですが、キアヌだし、音楽もいいし、面白そう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2005

映画ファンド

 先日松竹系の映画館で、「忍」という仲間由紀恵とオダギリジョーの作品に、日本で初めて個人向け映画ファンドの募集があるのを見つけました。売り上げが上がったら配当はもちろんなんですが、1000万以上だと、クレジットに名前が載ったり、出演者のサインした写真が貰えるそうな。でも、出演者とのお食事会なら若い人でも1000万以上出す人もいるだろうなぁ。わたしゃただでロバート・ワグナー(知ってる?)のToおいらの名前入りのサイン入り写真を持っている。だから、1000万以上出さなきゃ貰えないとは、日本の映画も寂しいなぁ。で、映画の興行収入は、京の昼寝さんの所にも書かれているとおり、UPしてきているので、投資対象として映画を考えるのもまた楽しいかもしれない。おいらは、動物の中では馬が一番好き。一番人が嫌いな困った馬でも仲良くなれるのだが、寝底にそば殻を敷いているので、そばアレルギーで人工呼吸器を付けるようなひどさのおいらは泣く泣く乗馬を諦めてしまった。だから、いつかは馬主になるんだい。新聞では、中国企業のものすごい発展を賑わせていますが、おいらはこれぐらいが到達点だろうと思っています。これから、ゆうーくり下降すると読んでいますが、当たるでしょうか?適当な感なんで、あてにしないよう。下降すると怖いよ。なんせ、openじゃないところと苦しくてリストラしたところは、企業論理が廃れているから、またまたほころびが開いてくる。アメリカも日本もダメなところ、中国の下降でもっとダメになる。ダメダメ続きで、また暗い日本かなぁ。やっぱり、儲けようって精神では世の中まわらないんだよね。みんなで楽しもうって世の中じゃないと。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

この漫画を見よ!

 「一目惚れにはレシピがあるのよ。」
 今日のBSのアメリをちょっとだけ見たときに言っていたせりふ。彼女が恋する男の子は私も好きなタイプだ。あんな風に色々楽しく射止めてみたいもんだわ。でも、あんな風にしか出来ないってこともあるんだが・・・。

 こんなん書いている場合では無くって、ナイトスクープが始まっているのですが・・・。まぁいいか。やっと、blogに対して熱が下降線になってきた。部屋がちょっとずつ綺麗になったよ。まぁまぁ、お上がり下さい。マンデリンが好きなんで、それしかないですがよろしおまっか。ちょっと、まだ進化中のようです。でも、よかったよかった。文章書きは減らないと思う。小学生の時から冊子作って友人に読ませていたぐらいの人間なんで、ちょっとやそっとでは壊れません。って、これ以上壊れませんが正しいかな。

 なんか、バカなことを書いてますが、もう1000をこえっちゃってるんですよ。きっと、なんかおかしいですよ。これお気に入りにしてくれているみなさん。今日なんて、今見たら189回もアクセスされているのです。その内今日は22%がお気に入りからなんです。どっかおかしいです。すごいしょーむないことしか書いてないもの。あほ丸出しだし・・・。こんなあほなことを読ませていていいのだろうか???      おちこむなぁ、話を変えよう。

 最近お気に入りの、QJにまで特集になった(QJじゃなかったっけ、怪しい)「DEATH NOTE」の5巻が出た。この作品は、大場めぐみさんと「ヒカルの碁」の小畑健さんの作品で、「ヒカルの碁」の時でも美しすぎて、年齢のかきわけ方が素晴らしかったのが、こっちは更にパワーアップして美しい作品になっています。この話は、主人公が書き込むだけで人を殺せるデス・ノートを手に入れ、凶悪犯を次々と殺していくのですが、警察側はその犯人を見つけるために、Lと名乗る人物を担当させることになるのです。ここら辺から、相手の裏を読んで読んで読みまくるといったレベルの高い作りになり、「ヒカルの碁」に続いてまた大人が手を出してしまったのですなぁ。次々とどう出てくるかを予測する話が展開し、最初は一緒になって主人公と頭を回していましたが、もう置いて行かれてしまいました(笑)。試しに2巻まで読んでみて下さい。面白さが分かってもらえるはずです。お近くのコンビニできっとそろっているはずなので、ゆっくりと立ち読みしてみて下さい。そうそう、今日コンビニによって雑誌を捜していたら、男性ばかりだったんですが、smell bad!なのです。自分がどんなのを出しているか分からないので人に言えるものでもないのですが、臭いがつらかった。今日のヒロシの「うちの家犬の臭いするとです。でも、犬飼ってないとです。」じゃないけれど、今日のみなさんは強烈だった。バレンタイン前なんで、男性方にはちょっとはみぎれいしてほしい。
 で、もう一つ「ホムンクルス」は、車でのホームレスになった男が、金欲しさのために実験を受けます。頭蓋骨に小さな穴が空いてから、主人公の見るものが変わってくるという話です。今の病理部分をえぐるような人間観察の作品になっています。実は誰でも見ているものが違ってるんだと思います。霊感の強い人がオーラや守護霊を見るとかという話ではなくて、例えば欧米人が日本人と中国人と韓国人とが区別出来なかったり、誰を見ても同じ顔に見えたりするというのは、脳の判断基準によって見える顔の印象が違っているからだと思いませんか?エジプトに行ったときにガイドさんがどこにいるのか服の色で覚えておかないといけませんでした。でも、日本人の顔だって大して違いがないのに、違いが分かる。何でそんなことを書くかというと、私が顔を覚えられないのもそんなせいかと思うからです。脳に送られた情報が、意味づけないまま海馬に入ってしまっているのですな。昔「レディ・ギネヴィア」という漫画に、主人公が人を覚えられないのは、みんなへのへのもへじ程度にしか見えていないっておちだったのですが、私も同じようなものなんです。めちゃくちゃ綺麗な人はちゃんと情報が組み立てられるのですが、普通の人はみな同じなのです。だから、自分もそう。自分の顔もあんまり覚えていないです。だから、写真みてもどれが自分か自信がないです。変な方に話がいっちゃった。

 今日は射手座が1位の日だったのですが、なんか沈んでました。で、元気になるために好きな管理人さんのHPを見ていて元気になったのです。昔、こんなに変な子だったので色々悩める乙女だったのですが、それを救ってくれたのは、寺山修司さんのエッセイだったのです。なぜか自分の似た人が失敗も開き直ったりしていて、大人げないところもあったりして、でもなんか自分に近い存在だったのです。で、辛いときに読むと元気になったんですよ。これは私の落ち込んだときの薬だわって、でも、お亡くなりになって、新しいものが読めないから、これ以上色んな寺山本を読んでしまっては、薬がなくなると思い、高校時代に読むのを止めてしまったのです。幸いなことに、そんなに辛い日々はやってきていませんが・・・。ある時検索して入ったHPを見てたら、好きな映画も映画評も、ましてや好きなセリフまで一緒で、なんか通ずるところがあるなぁともしかしたらと捜してみたら、同じ誕生日だったのです。こんなことは、2回目で、昔「アンダーグラウンド」という映画を見たときに、なんかこれ私の世界だ。なぜなんだろうもしかするとと、パンフで見たら同じ誕生日だった。まじで2回しかそんなことを思ったことが無くて、2回とも当たったのだ。で、思うに同じ気持ちを共有出来る人の本や作品に触れると、自分が肯定されて幸せになり、癒されるものなんだなぁって話だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2005

北の零年 その2

 今日夜にT1とうぉーきんに出かけたときに、北の零年談義になった。T1曰く「あれは吉永小百合ではなく、高島礼子あたりの役柄だろう。渡辺謙が出なくなったら、あんだけ有名な役者さんばかりなのに花が無くなった。」と言っていた。ラストのあの主人公が怪我をしたのにも関わらず、桑持って畑にはいるなんて可笑しすぎる。また何であそこまで村の中心人物のようになるっと、二人でつっこみまくった。T1の母の友人はよかったと言われていたそうなので、年配者には受けがよいのだろう。私からしたら、金を出すから、吉永小百合で作れって言われて監督が頑張って作ったんだろうなぁと思ってしまうが、役柄の年齢といい、主役の立て方といい大変だったろうなぁと思う。決して吉永小百合が悪いとかではなくて、なんか囲いすぎたような、これも先に企画ありきで、本当に監督が撮りたかった映画なんだろうかと思ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

ナイトスクープ

 わーい、検索フレーズで「ナイトスクープ  総集編  プルコギ」がきた。あれ面白かったので、記憶に残っている人がいたんだ。最近こっちばっかり興味を持ちだして、全然深夜の番組どころかTVも見なくなっていて、部屋もあれ放題だったから、この間の飛雄馬(ジャストシステムさんもうATOKしか道がないんだから、ひゅうまぐらい変換させてくれよぉ。でも、一太郎愛してるよ。ATOK、LOVEだぜ。国産つこたれよぉ~。)からアムロまでって、あのお方さまが出ておられたのに、見るのを忘れてしまった。ちなみに私はタッチとか超電磁ロボコンバトラーVの三ツ矢雄治さんの声が好きだ。んでもって、いがらしゆみこさんの元夫だった009の声の井上和彦さんの容姿と声が好きだ。ハンサムなので、いつまでも若く見える。昔40代でいいともに出たときに20代にしか見えなかった。今はどうか知らないが、ハウルのイメージに近い。すげー脱線。

 ナイトスクープのことは前にも書いたので、同じことを書くと思うけれど、プルコギの回は、こんな話でした。六甲アイランドに住む幼稚園児を持つ母からの依頼で、幼稚園のお友達同士で、焼き肉屋さんに行くと計画しているので、子ども達ばかりで心配だから、様子を見て下さいとの依頼に、小枝探偵が出向いた。当日、本当に幼稚園児ばかりが「プルコギー、プルコギー」と言いながら、六甲ライナーに乗って、三宮まで出向くのです。凄い子どもたちだなぁと感心するのですが、駅周辺をうろついても、プルコギなんて店は見つからないし、小枝探偵が捜してみても、そんな店はないので、変装して、六甲アイランドに戻すことに。アイランド内にある焼肉店を1日プルコギって名前にして貰って、その店に誘導。幼稚園児ばかりなのに、日頃焼き肉を食べ慣れているから、塩タンとかカルビとか大人のように注文しているの。で、支払いの時に、これしか持っていないって、手のひらに何百円か程度で、なら店で働いて貰わないといけませんっておちで終わったんだ。やっぱり、面白く書くのへただなぁ。
 あと印象に残ってるのが、26才の娘を持つ母が、嫁入り先がなかなか決まらないので、出来れば奈良の農家がメロンとか作って金持ちが多いので、そこに嫁にやりたいと依頼。寛平ちゃんと出向いたその母がユニークで、色んな家で、これ高いは、こっちは金かかってるとかいって、訪ねるところでメロンやスイカを貰って、大場って家で、ここはだめやわって、「うちの娘奈々ってなまえだから、大バナナになってしまう」とか言うのです。もう笑い転げてしまった。寛平さんのおちは「このおかーさんがいる限り結婚は大変です。」だった。
 面白いので覚えているのは、大阪の人は誰でも二人そろえば漫才が出来るのは本当ですかという依頼で、間違いなくその辺のおばちゃんから中学生、サラリーマンまで、二人そろえば漫才になっていた。
 あと、関東の方から関西で仕事をし始めた人からの依頼で、会社の綺麗な先輩に、年より若く見えますねって言ったら、「あほやから」と言われ、社長に「いつも元気ですね」って言ったら、「あほやから」と返されるという依頼で、大阪の色んな人に聞いてみても、みんな「あほやから」と返すってのが面白かった。
 あと、関東の人がしりとり歌合戦をしていたら、関西人がぱでパルナスの歌を歌ったが、そんな歌は本当にあるのですかという依頼。有名な部分を町歩く人達は歌い出すんだけれど、その前に「ちょっとかみしめてごらん」があるとか、パスナスパルピロまで出てきた。
 それから、今の30代は、男の人はヌンチャクでブルース・リーの物まねが出来て、女の人はピンク・レディが踊れると言われたのですが、本当ですかって依頼に、商店街で色んな女性がUFOとか踊り出し、診療後に帰る女性医師は、体が勝手にと踊り出していて大笑いさせて貰った。関西でも特に大阪はノリノリの人が多いので、手で拳銃の形にして撃ったら、90%は死んだまねしてくれるだろう。
 あと、一番凄いのは、マネキンの回。どこかの資料館で見かけたマネキンに恋をしたという京都の人が、あのマネキンを捜して下さいと言う依頼。資料館からマネキンの工場に返されていて、何百体の中から、その彼女はこの辺にいると探し当てるところは凄かった。最後は、親族立ち会いのもと、教会で結婚式を挙げ、あついぶちゅーをしていた。はぁ~一気書きしちゃった。
 ナイトスクープ知ってる人って少ないんだろうなぁ。ところで、ぬかるみの世界って知ってる?おいら小学生の時からのリスナーで、おばんの皮かぶったおじんです。って、ぬかるみ語覚えている人はいるのかなぁ。netラジオ無くなって残念でしたね。

 今日は恵方巻きの日。子どもの頃から当たり前にのような気がしていたのに、関西だけの独特な風習だったと最近知りました。今日は上伊の椎茸が入ったの買ってくるつもりです。なぜか、大丸元町店の上伊の方が、新長田店よりもまずいんだよね。

 そうそう、ジャストシステムが松下に訴えられて、負けていましたね。私は、カセットテープの時代からコンピュータを触っている(マイコンと言われていたときに習いに行っていたのだ)ので、色んな日本語のソフトを触ってきましたが、近年は互換性とかいってワードの普及がすごくって、今から始める人は、ワードしか知らなくって、一太郎その他のソフトの良さも分かってもらえないようだけれど、はーーーーーーーーーっきりいって、独占禁止法に関係するんだからね。中身を出さないは、本体一体型で売り出すわで、日本のソフト産業はその独占で廃れていってるんだよぉーーー。なんで役所はすぐに、一太郎からワードに変えた。おたくらが変えるから、他の企業も根こそぎ変えるじゃないか。競争して負けてならいいよ。でも、もうちょっと考えてから動けよ!今でもワープロソフトは、ワードより一太郎の方がいいし(チラシはワードの方がいいけど)、ATOKなんて、めちゃくちゃ賢いじゃないかぁーーー。もっと、日本の企業を見てくれ!んでもって、日本・中国・韓国が共同でフリーOSのLinuxを開発していくって記事が2,3年前にあったけれど、早く普及させろー。たくさん本とか出てるけれど、普及されていないと、ソフトも作られないじゃんか。なんでもopenがいいんだよ。わるいことしてるから、隠してるって思われるんだよぉー。ジャストシステムも松下とちゃんと話し合いして、日本のソフトの未来を守ってくれ~。

 さっき、ここのblogのおきにに貼っている夏目さん所に見に行ったら、「わたしの中ではいわゆる“オタク”と呼ばれちゃうのは栄冠なんじゃないかと、常々思っております。何かの道を極めたいものです。」って書かれておられた。O2にも言われたが、私はおたくになりきれないんだよね。女性の中では限りなくおたくに近い存在だと自負しているのだが、いかんせん詰めが甘いし、極めるまでにさめちゃうんだよね。めちゃくちゃエネルギッシュで、昔再び「エースをねらえ!」にはまったときには、イタリアのnetまで捜しに行ったもんね。だけど、早くて1週間。3ヶ月保ったら凄い方なんだから、私の頭上に栄冠がかぶることがないのだ。どっちかっていうと、私は興味が多趣味だけれど、女性はそこまではまらないよね。男性と精神構造が違うのだ。なぜだろう。古来、そんなバカなことばっかりやっておられない環境で生きていたからだろうか、女は少女のあとは妻であり、母にもなり精神構造が変わっていくから、そんなことやってちゃいけない作りになっているのだろうか。
 ところで、コメントとかここに載せていいのだろうか???勝手にblogが紹介されていたりするのと同じでどこまで載せていいのかなぁ。

 んでもって、またやってしまった。エジプトの時に知り合った京都人からのメール。
まちがえてるよ・・・ 「ひ ろ み」  だよ~ (>~<)泣

 また、適当な名前を書いちゃってた。ははは。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

February 02, 2005

ラブレター

 昨日BSで録っていた映画を見る。偶然見つけたラブレターから色んな恋が描かれている。ラブレターの中身は、「あなたの髪がほほにあたるたびに・・・」と、読めばきゅんとくるような内容。その言葉に20才の男性からと思いこみ簡単に体の関係に入る主人公。しかし、自分の気持ちは長年自分を思っていてくれた人だと気づいたときには、手に入らなくなっていて・・・。この美しい文章が女性から女性へのラブレターだったなんて、また30年もかけて愛が消えずにいたなんて、主人公の恋より素敵な主人公の母の恋だった。いつまで、気持ちが持続出来るのだろう。今の世の中じゃ体と心は別物にもなれるし、傷つくのが怖くて、体を重ねた相手より先に気持ちは違うと強がりを言ったりして、でも相手は恋愛の熟練者ではないから、言葉や気持ちが受け取れなくて、そんな風に恋心は浮遊してシャボンのように消えていく。ちょっと、恋や愛を考えてしまう映画だった。


02_02lunch
 Kに見てくれと言われてお昼にお家に伺った。半年以上も頭使ってないから、覚えていないし、役に立たないよぉっていったのだが、仕方なく7mのコンベックスを持って家に行ったら、土地家屋調査士の車が来ていた。ひぇ~。渡す名刺もないのに相手から貰って、間に入ってお互いの立場の説明をして終わったが、どうしよう図面見てくれと言われたら、もう忘れてるから自信ないよぉ。その日は、パスタ作るから相談に乗ってくれのパスタで、私がケーキを持っていったので、それを食べて帰った。晩ご飯は、白菜が残っていたのでそれと色々入れた煮物と焼いたら出来る餃子を買ったのだが、焼いたらバラバラになった。はぁ。
 なんか、本当に前の業界離れてもいいんかなぁって帰り道。前に面接に行った日に、自分のHPのtoday's wordに孔子の「好きな仕事を選べば、あなたは一生仕事をしなくてもよい」って出て、そうだよなぁって、そっち向きにいたのだが・・・、分からん、本当に分からん。今日来たEからのメールで「就職は諦めて派遣に行くことにしました」とあった。彼女は無職を1年あまり続けてきた結果だ。私もバイトや派遣を捜すべきなんだろうけれど、もうちょっと待ってみようと思う。んでもって、エジプトで仲良くなった京都人から舞子写真付きメールが来た。彼女も無職なので憂鬱でエジプト帰りたいと言っている。私も旅に出たいよぉ~。逃避の世界だなぁ。わぁーくらっいかんいかん。

 なんか信じられないのだが、もうカウントがこの1週間で700を超えているのである。うそやろ、でしょ。検索で来られる人が多いと思うのだが、やっぱり30%はブックマークで来られているのだ。なんかカウンターが壊れてるんではないだろうかと昨日ココログが入りにくかったから、どっかと間違ってるんではないかと考えている。
 で、今日の検索フレーズは、1 cube  映画 1   2 いま  会いに行きます 1  
3 トニー滝谷  映画館 三重 1   4 パッチギ  オダギリジョー  悲しくて悲しくて 1
5 リストカット  入院  神戸市 1   6 在日  少女まんが 1   7 座右の銘  私 1
8 神戸  ロケ  中国 1   9 神戸  舞台  映画 1   10 韓国ドラマ  WOWOW  ホモ 1
だった。5番の前に書いたリストカットと入院で検索出来るのは、結局、メールを何度かしたけれど、連絡がもらえない。入院したかもしれないかなって思うが、もうちょっと待ってみようと思う。もう一人、かかえている友人はおいらが自己表現をすすめた結果、こっちもblogに元気なときのことを書いて、潜ったときに見るようなものを作ると言っていた。しかし、前者のこともあり、blogのでなんかあったとは思わないが、医者には相談しているだろうけれど、何か影響があるなら、また私はまたバカなことを考えたのかなぁ嫌だなぁって思っている。 10番のは、そんな韓国ドラマがあったんですか。知らんかった。でもって、「風俗 豊満」で来てくれた人がいた。すんません、もっと豊満ボディの研究しておきます。今は痩せている女性が多くて、巨乳がいても豊満ボディには会えないですもんね。今なら、ボーイズラブものを好きな人になんか多いんですよ。よく見かけます。学生の頃に先輩にいっぱい貸して貰い、この性格で何でも興味持つのに、どうもその頃からおっさんだったから、自分と同性の同性愛ものって(なんか、文章おかしいなぁ)全然興味がなかったんですよ。でも、最近は普通に本屋に並んでいて、多いですよね。で、購入客は豊満ボディで眼鏡のロングの可愛い人が多いので、そっち方面で声をかけたらどうだろうかと思います。最近ってナンパってないんですよね。昔は私の母でも車が止まって「送りましょうか」とか言われていたのに、接近出来ないからお互いに知り合うの難しいですね。文章を読んで貰ったら絶対H系が好きだと思われると思うのですが、ボーイズラブものもレディコミも持っていないのですよ。信じられないだろうけれど、そうそう持っている持っている汐見朝子さんの「百貨店の薔薇」。昔の作品なんですが、超ハンサムな百貨店店長は、実はおかまだったのですって、めちゃくちゃ面白い漫画だったので、友人M3に貸し出し中なのだ。その友人は、男物の同性愛の映画を女ばっかりたくさんで見に行ったことがあると言っていた。私はエロもいったことがないので、その映画を映画館に見に行く力はまだない。もっと、力を~。やっぱり、枯れかけ中だなぁ。もっと、色っぽいのに興味持たないとダメだなぁ~。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

八月のクリスマス

 昔、ハン・ソッキュ、ハン・ソッキュと騒いでも分かってもらえず、今韓国ブームなのに、これまた分かってもらえない。そのハン・ソッキュとシム・ウナの「カル」コンビ(?)の恋愛映画。今日、WOWOWでしていたので、帰ってから3本目の映画を見た。儚い人生を背負う主人公と婦人警官との恋心の行方を描いた作品だ。こたつに入ってみてるとうとうとしていたので、ちゃんと見られていなかったかもしれないけれど、いい映画だった。自分の恋心を封印し、持って行ってしまう。うぅ~、おいらと同じだ(石を投げないで下さーい。(空港の床で座りながら言う))。私の恋こころは「髪結いの亭主」の髪結いと「悪い男」の男とこの映画の主人公と同じだぁ。これから、こんなんですがいいですかって、映画を見せようかな。そうそう、映画好きの人への釣書で、えっとぉ恋愛はこの映画3本で、一緒に暮らすなら、「トーチソング・トリロジー」と「素晴らしき哉人生」のような家族が欲しいです。えへって。ってのがこれからの自己満足釣書だなぁ。
 儚い恋だけれど、最後に恋心が抱けて主人公のあの笑顔の写真なんだろうなぁ。私も葬式用の写真とっとかないと。


 三ツ矢サイダーのCMを久しぶりに見た。でもって、お茶碗洗いながら、むっかしむかし友人が貸してくれたサザンのサイダーの歌を歌っていた。なかなかのりのいい歌なのだ。あのこに見つめられてるぅ(もしくは、あの子を感じさせてるぅ)(中略)とっても女心にゃ深く虚ろな気持ち(中略)毎日がとても辛く悲しくてこんな気持ちでいつまでいれる 気持ち儚く こころのままじゃ乱れてる あいたさみたさ これしきよー 青空気分でとてもじゃないけど サイダーサイダーサイダー あんなに惚れたら どないしょこないしょサイダーサイダーサイダーサーイダー って(あってる?)、CMやってたの覚えてる? 私歌しか知らない。ところで、放送禁止になってたサザンの「ごめんねチャーリー」は?うら若き乙女(?)だった私にこんなんばっかり貸す友人に感謝すべきかしら。そういえば、この前の神戸にきたサザンのコンサートで「タバコロードでセクシーばあちゃん」を歌ってくれたんだよなぁ。好きなのは「ブルースにようこそ」、あなたのことが頭にちらついて「シャ・ラ・ラ」だ。でもって、カラオケのサザンの十八番は「恋人も濡れる街角」「ボディ・スペシャルⅡ」。とうとう、これを男友達の前で昨年歌えるようになった。女友達がすっとんで「ボヨヨンロック」なんて歌うから、「キンタの大冒険」とか「あおのり」とかになって、「ボディ・スペシャルⅡ」「日本印度化計画」を歌ってしまった。のりのりは楽しいから、その時昼2時から夜9時まで4人で歌ってしまった。あぁー。もう、夢見る少女じゃいられない~。

 今日、神戸新聞に興味のある人が出ていた。軍艦島を世界遺産にする会の理事長と東大阪宇宙開発機構協同組合の理事長だ。大阪を宇宙開発の楽市楽座にするらしい。大阪市だめやから東大阪市がんばれ。って神戸市も色々あるんだろうから、他の市のことは言えないが・・・。

 昨日の予告でまた面白そうな映画があった。「マルコビッチの穴」の監督作品が来る。それもジム・キャリーとケイト・ウィスレットで、失恋の記憶を消すって話だ。面白そう。あと、やっぱり「トニー滝谷」かなぁ。

 そうだ。昨年韓国で放映した神戸が舞台になった「ガラスの華」が来週月曜日から衛星で始まる。でもって、もうすぐ台湾ドラマ「山田太郎物語」が始まるよん。待ってたよー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

スパイ・バウンド

 原題と違うのに意味の分かりにくいカタカナの邦題にしたのは、邦題を見つけるのが難しかったからだろうか。モニカ・ベルッチってマトリックス2とかマレーナの綺麗でモデルしていた人なのに、水着姿等見てたら、なんかおいらと同じ体格やんとおののいた(そんなことはないだろうとブーイングが来そうだなぁ)。子どもが出来て太ったのかな。今日は1日だったから、まわりはおっさん(20才~)ばっかりだった。あんまりおっさんばっかりに囲まれていると、満員電車みたいでなんか嫌なもんだなぁ。ヴァンサン・カッセルがおいらの誕生日と1日違いなんだが、スパイとして化ける人物がそのままヴァンサン・カッセルの誕生日になっているのが面白かった。あとから知ったのだが、二人は本物の夫婦だった。昔、元トム・クルーズ夫妻が「アイズ・ワイド・シャット」に出ていた。監督の遊びも入ってあえて選んでいたのだろうが、映画と実際のクルーズ夫妻が交錯して見てしまって変な感じだったから、先に夫婦と知らずに見てよかった。この映画は、実際の事件を扱っている割には、どこにポイントを置いて描いているのかはっきりしない分損をしている。なんか、あまり入り込めない映画で、またここでも真後ろのおっちゃんがいびきをかいていた。私も冒頭シーン入り込めなくてうとうとしてしまったのだ。ヴァンサン・カッセルはいい男だ。殆どスタント無しってのは、そういう方向を狙っているんだろうなぁ。

 「父と暮らせば」を見て、職安に行って、時間がなかったから、マクド(関西ではまくだぁーのるずのことをこう呼ぶ)で掻き込む。ふと下を見ると「スーパーサイズ・ミー」が公開されたせいか、成分表や他の食事とのカロリー比較が載っていた。まぁこれぐらいしておかないとなぁ。無農薬野菜を出来るだけ食べようとしている友人も、マクドはつい食べちゃうらしいので、ここまでしてると、つい食べちゃう人にも安心出来るかも。

 昨日、映画感想文を書いてUPしようと頑張ったが混線中でなかなか入らない。入ってないと思って、再度入れたのも前のが取り消し出来ずに、まぁいいやってそのまま寝た。で、朝見るとやっぱり、夜中の来訪者がいるので、なんか変なの見せて悪いなぁ。7時までに20弱来られていたのだが、検索は3人でお気に入りが22%ならあとの残りは一体どこからやってくるんだろう。3件以上じゃないとリンク元が表示されないので、ばらばらのどっかからなのかなぁ。何度読んでも稚拙な文章で、えーかげんに大人になれよという文章なのに、めちゃくちゃ申し悪くて、もうそろそろお気に入りから削除されているだろうけれど、お気に入りに入れて下さっている方、もっと精進していきますので、有り難うございます。
 で、どうしてココログが混線状態になったんだろうと、考えたらもしかすると、室井さんのblogが更新されていたから、TB貼りで混線したのかなぁ。でも、見に行ったら桝野さんの方のTBの数の方が多かった。意外だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2005

父と暮らせば

 凄いお芝居を見せて貰っちゃった。あんなに長いセリフと二人芝居でこんなに宮沢りえってうまかったんだと思ってしまった。大阪の番組で上沼恵美子が一番綺麗な女優さんを宮沢りえとよく言っているのだが、私はかわいい美人系が好きなので、ピンと来ることがなかった。ましてや、全体に細すぎて、手足が余計に細く見えるので、映画や舞台映えがあまりしないだろうなぁって、勝手に思いこんでいた。彼女が出た映画を殆ど見たことがないのだ。今回は、「京の昼寝」さんのところで、1位になっていたこともあったので、やっぱり見ておこうと、頑張って見に行った次第。見に行ってよかった。元々舞台の戯曲なので、大げさなほどの2人芝居だったけれど、心の中にずんずん入ってくる。ちょうどお父さん役の原田芳雄がまわりで盛り上げるように動き回ってくるので、主人公の性格の割に、言葉が多くても違和感どころか、心の声が話されてよかったと思う。原爆投下での二人の立っているシーンには思わず泣いてしまった。半分顔がダメになった地蔵も、あの古びた家のアイテムもよかった。伝えていくこと、解放していくことのメッセージ性が、わざわざ直接の言葉を選ばなくても、観客には受け止められるし、ラストの締めのセリフから天井に行って、原爆ドームにいく終わり方が単純だけど凄くよかった。なんか、文才がないからよかったよかったのオンパレードだなぁ。でも、5点満点中4点で、今年ベスト圏内ではないよ。この監督さんには興味を持った、黒木和夫監督。井上ひさしさんの作品とクレジットで見て、やっぱり、昔の人というか、蓄積された人の作品は、若い人の作品とは違うんだなぁと改めて感じてしまった(若い監督が悪いって訳ではないよ)。で、いつもどこかの映画に出ているというイメージがある浅野忠信は、今回も映画の世界にすっと入って、長髪なのに違和感がない。亡くなった父が、出てきてくれて助けてくれるのって、いい話だなぁ。
yuki_01yuki_02
 2/1朝神戸の街も雪景色。

 原爆とは大きく離れているけれど、震災の時に、色々考えた。写真好きの私が、震災時写真を撮らなかった。「こんな街知らん。私の街じゃない。」「ここは神戸やないから。写真で残すな。」って思って、早くこのことは忘れるんだと、写真に撮らなかった。自衛隊の友人が、自分の住んでいた街神戸にこんな形でやってきて、倒壊家屋から死体を出したりしているときに、観光客らしいカップルが、倒壊家屋の前で記念写真としてピースしていたのを怒りに行ったと言っていたが、私なら、殴って、カメラも壊して、フィルム抜いていただろう。主人公じゃないけれど、その頃はもう忘れたいのだこの映像を。でも、今となっては、震災時にカメラやビデオを回していてくれた人達がnetで見せてくれることを感謝している。あの時の悲惨な気持ちを伝えて、今後のあり方への備えを提示してくれたりする。写真を撮っていたらよかった。学校生活で一番楽しかった学校。大きく亀裂が入り、1階は倒壊していた。あの部屋部屋にいっぱい大切なものが詰まっていたのに。焼けただれたアーケード、何度も歩いた商店街。駅の出入り口。自分の愛する街の姿を震災前の姿を写真に撮っていなかったなら、壊れた姿でも撮っておけばよかった。忘れたくても忘れられないことは、10年経って、分かってるもん。

 同じ列の端に座っていたおじさんがすっごい高いびき。何度も現実に戻されてしまうので、とうとうおじさん所まで行って、静かに起こしていびきがうるさいと文句を言っておいた。

| | Comments (4) | TrackBack (7)

« January 2005 | Main | March 2005 »