« 巨体好き! | Main | スパイ・バウンド »

February 01, 2005

父と暮らせば

 凄いお芝居を見せて貰っちゃった。あんなに長いセリフと二人芝居でこんなに宮沢りえってうまかったんだと思ってしまった。大阪の番組で上沼恵美子が一番綺麗な女優さんを宮沢りえとよく言っているのだが、私はかわいい美人系が好きなので、ピンと来ることがなかった。ましてや、全体に細すぎて、手足が余計に細く見えるので、映画や舞台映えがあまりしないだろうなぁって、勝手に思いこんでいた。彼女が出た映画を殆ど見たことがないのだ。今回は、「京の昼寝」さんのところで、1位になっていたこともあったので、やっぱり見ておこうと、頑張って見に行った次第。見に行ってよかった。元々舞台の戯曲なので、大げさなほどの2人芝居だったけれど、心の中にずんずん入ってくる。ちょうどお父さん役の原田芳雄がまわりで盛り上げるように動き回ってくるので、主人公の性格の割に、言葉が多くても違和感どころか、心の声が話されてよかったと思う。原爆投下での二人の立っているシーンには思わず泣いてしまった。半分顔がダメになった地蔵も、あの古びた家のアイテムもよかった。伝えていくこと、解放していくことのメッセージ性が、わざわざ直接の言葉を選ばなくても、観客には受け止められるし、ラストの締めのセリフから天井に行って、原爆ドームにいく終わり方が単純だけど凄くよかった。なんか、文才がないからよかったよかったのオンパレードだなぁ。でも、5点満点中4点で、今年ベスト圏内ではないよ。この監督さんには興味を持った、黒木和夫監督。井上ひさしさんの作品とクレジットで見て、やっぱり、昔の人というか、蓄積された人の作品は、若い人の作品とは違うんだなぁと改めて感じてしまった(若い監督が悪いって訳ではないよ)。で、いつもどこかの映画に出ているというイメージがある浅野忠信は、今回も映画の世界にすっと入って、長髪なのに違和感がない。亡くなった父が、出てきてくれて助けてくれるのって、いい話だなぁ。
yuki_01yuki_02
 2/1朝神戸の街も雪景色。

 原爆とは大きく離れているけれど、震災の時に、色々考えた。写真好きの私が、震災時写真を撮らなかった。「こんな街知らん。私の街じゃない。」「ここは神戸やないから。写真で残すな。」って思って、早くこのことは忘れるんだと、写真に撮らなかった。自衛隊の友人が、自分の住んでいた街神戸にこんな形でやってきて、倒壊家屋から死体を出したりしているときに、観光客らしいカップルが、倒壊家屋の前で記念写真としてピースしていたのを怒りに行ったと言っていたが、私なら、殴って、カメラも壊して、フィルム抜いていただろう。主人公じゃないけれど、その頃はもう忘れたいのだこの映像を。でも、今となっては、震災時にカメラやビデオを回していてくれた人達がnetで見せてくれることを感謝している。あの時の悲惨な気持ちを伝えて、今後のあり方への備えを提示してくれたりする。写真を撮っていたらよかった。学校生活で一番楽しかった学校。大きく亀裂が入り、1階は倒壊していた。あの部屋部屋にいっぱい大切なものが詰まっていたのに。焼けただれたアーケード、何度も歩いた商店街。駅の出入り口。自分の愛する街の姿を震災前の姿を写真に撮っていなかったなら、壊れた姿でも撮っておけばよかった。忘れたくても忘れられないことは、10年経って、分かってるもん。

 同じ列の端に座っていたおじさんがすっごい高いびき。何度も現実に戻されてしまうので、とうとうおじさん所まで行って、静かに起こしていびきがうるさいと文句を言っておいた。

|

« 巨体好き! | Main | スパイ・バウンド »

「映画」カテゴリの記事

Comments

日本人にとって、8月は特別な月。
今の時期にこそ観たい映画だけど、
8月以外の時期も忘れてはならない映画ですね。

Posted by: RIN | August 14, 2005 at 10:45 AM

★RINさま
 そうですね。原爆や戦争がなぜダメなのか、考えなくてもすっと体の中に入ってくる映画でした。このような作品は、本当に貴重だと思います。

Posted by: 海音 | August 14, 2005 at 11:03 AM

宮沢りえ、原田芳雄の二人の凄い役者の演じる、親子の交流を描くことで、戦争の悲惨さが浮き彫りになる、とても深い余韻に残るいい映画でした。広島の事をもっと考えなければいけませんね。

Posted by: exp#21 | October 02, 2005 at 10:30 PM

★exp#21さま
 コメント有り難うございました。本当に戦争というものを身近に考えさせるよい作品だと思います。

Posted by: 海音 | October 02, 2005 at 11:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/2774413

Listed below are links to weblogs that reference 父と暮らせば:

» 『父と暮らせば』 [京の昼寝〜♪]
■監督  黒木和雄(原作 井上ひさし) ■キャスト 宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信 ■物語   「原爆」で自分だけが生き残り、幸せになることを否定しながら生きる娘... [Read More]

Tracked on February 03, 2005 at 12:29 AM

» 2004年ベストシネマ15(邦画編) [京の昼寝〜♪]
2004年は年間106本(洋画74本、邦画32本)の映画を劇場で鑑賞しました。 昨年は僕の映画鑑賞歴の中でも邦画が非常に検討した年だったと思います。 例年のベス... [Read More]

Tracked on February 03, 2005 at 12:30 AM

» 祈りをこめて [京の昼寝〜♪]
昨年の僕が観た映画の中で邦画のベスト1に上げた作品『父と暮らせば』。 この映画の監督である黒木和雄氏(74)が、10日、広島市中区・平和記念公園に立つ「原爆の子... [Read More]

Tracked on February 12, 2005 at 11:27 AM

» 父と暮らせば (貴方の心に響いた台詞は?) [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ<<あなたのお気に入りのセリフ募集中!!>>]
この作品は・・・いまんとこ(05/3/14現在)今年のベスト1(といってもそんなに観てないが)だ。 「ローレライ」のようなハリボテ映画と違い(いや、むちゃくちゃ... [Read More]

Tracked on March 14, 2005 at 03:47 AM

» 父と暮せば 今年の169本目 [猫姫じゃ]
父と暮せば   あたしは、宮沢りえ、好き。貫禄さえ漂わせる、大女優への道まっしぐら! ぁ、貴乃花は、嫌いね。   原爆被弾3年後の、娘と父のお話。 例によって、井上ひさし原作だとか、舞台があったとか、全然知りません。 しかし、なんにも知らずに見る... [Read More]

Tracked on August 14, 2005 at 05:49 AM

» 今日こそ観たい一本〜父と暮らせば [凛大姐&小姐的極楽日記!]
本日は8月6日・・・。そう広島に原爆が投下された日です。 終戦から60年、「還暦」だの、「もう戦後ではない」など という言葉が流れる今こそ観たいのがこの映画。 私は、今年の2月に滋賀会館シネマホールで観たんですけどね。 半年も前なので、細かい部分に間違いがあったら、対不起 舞台は、ピカドンが落とされてから3年後の広島。 父や親友など、多くの知り合いをピカドンで失った娘、 宮沢りえちゃんは、図書館の受付で�... [Read More]

Tracked on August 14, 2005 at 10:44 AM

» 父と暮らせば(DVD)  [ひるめし。]
おとったん、ありがとうございました。 CAST:宮沢りえ/原田芳雄/浅野忠信    どうやら、原田芳雄は幽霊役らしい。一瞬ファンタジー!?って思ってしまった・・・。 そしてほとんど、というか全て宮沢りえと原田芳雄の二人芝居。 台詞の量がすごく多くてしかも広島弁。観ていて覚えるの大変だったろうなっと思ってました。 時折、原爆の映像が出たときはドキっとした。 一文字感想△。 (☆=大好き�... [Read More]

Tracked on September 11, 2005 at 05:12 PM

« 巨体好き! | Main | スパイ・バウンド »