« 恍惚 | Main | 安野モヨる!? »

February 14, 2005

T4さまに土産をいただく

 日常のにっきなのです。

 今日朝というか夜中の12時半頃神戸に震度3の地震が起きた。大した揺れではないが、昨日は12時には布団に入っていたので、布団の中での地震は震災時を思い起こさせて、ドキドキがなかなか止まらず怖かった。「わかば」の弟クンのように興奮している人達がいるだろうなぁと悲しい気持ちになった。辛いよなぁ。やっぱり辛いよなぁ。

t4

 今日は、T4さまがこっちに来ているので、一緒に映画に行って、お誕生日のプレゼントとエジプト土産を渡し、私もチリのおみやげを頂いた。
 前任者が言っていたとおりだわっていうのが、「チリにいるときにはネットで日本の情報が得られるから、日本は近かったけれど、帰ってきたらチリはめちゃくちゃ遠い」ということなのだ。スペイン語ももう忘れかけていると前に言っていたが、非日常がどっちであったのか、夢から覚めてしまった様子。写真のT4が持っているのは彼女が行っていた村の村長選公約チラシだ。向こうの産業は羊の毛からセーターやマフラーを作り、ラピスラズリが原産地になるので加工品を売っているがいまいちセンスが悪い。もう少し洗練された物で経済的な活性化を目指して貰いたい様子。なかなか難しいね。
kisekikanet4photo 写真の指輪が面白いアイデアで、リバーシブルで使える物なのだ。アンバーも多く購入していた。わざわざ見せるために映画館に色々持ってきてくれたのだ彼女らしい。お金は、日本円に換算するのに5で割ればいいらしい。面白いのが、札の内部の一部が透明になっていること。こんな札は今まで見たことがない。で、写真の絵はがきは彼女が向こうで行った写真展のために作った絵はがきで、1000枚が2万円で出来たと言っていた。日本ではそんな安くは無理だろうなぁ。1枚20円うーん、年賀状のが40円ぐらいだから半額ぐらいかな?でも、荷物を日本に送る費用は20万いったと言っていた。私も彼女に頼まれたカリグラフィのペン何本かと誕生日祝いを軽めで揃えたにもかかわらず送料は5千円いったので、20万は当然だろう。彼女の写真展が地元の新聞に取り上げられているのをみせてもらう。何度も向こうから写真を添付しておくって貰っていたけれど、行ったことないところはイメージが掴みにくい。昔NHKの地球好奇心か何かで彼女の行く村のひきやを取り上げられているのを見たけれど、本当に村に行ってるんだ程度しか分からなかった。

 T4さまから硬貨を頂き、いつものように母にあげる。いー加減バラバラに入れずにちゃんとどこの国か書いて袋に入れたらと言うと、早速実践を始めたが、全部の硬貨がどこの国の物か結局私がすることに。貴重かなって思ったのは、返還前の香港の硬貨だ。これはいつか値に付くかもしれない???ほんまかいな。

|

« 恍惚 | Main | 安野モヨる!? »

「わたしの頭ん中」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/2931759

Listed below are links to weblogs that reference T4さまに土産をいただく:

« 恍惚 | Main | 安野モヨる!? »