« 赤いアモーレ | Main | 神戸ゆかり・・ »

February 22, 2005

トニー滝谷

 ここではちょっときつい感想を書くことになると思う。
 映画の宣伝を見て興味を持った。イッセー尾形と宮沢りえなのでちょっと期待していく。音楽は、坂本龍一。最初、環境音楽なので、友人宅で私が弾くような勝手気ままな音の羅列のような始まりだったので、坂本龍一さんとは思わなかった(笑)。でも、映像とだんだんマッチされてくるので、あっ坂本さんかぁって思った。
 この映画は村上春樹の短編を映画化。語り口調は小説のままを意識していたみたい。画面の構成や色も一貫していて、世界観に入り込みやすかった。私好みの空間・色・横浜の空の背景。
 しかーし、これって・・・、ネット配信で、flashで作ったweb小説みたいに、この映画の画像を切り取り動かしてもこれと同じ印象が得られるじゃないか。えっ、映画じゃなくてもいいやんって思ってしまった。
 なんで映画にしなかったの?本当に小説の通り作りたかったのかもしれない。また、私が期待しすぎていたのかもしれない。でも、映画の宣伝と映画が同レベルで終わるなんておかしいよぉ。映画の宣伝の方がもっと何かがあるような気にさせてくれたよ。主人公の感情が淡泊すぎるかもしれないし、抑えた表現を求めて、画面の家具のような印象を与えたかったのかもしれないけれど、悲しいこころが伝わってこなさすぎる。本当に、残念~。

|

« 赤いアモーレ | Main | 神戸ゆかり・・ »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3037682

Listed below are links to weblogs that reference トニー滝谷:

« 赤いアモーレ | Main | 神戸ゆかり・・ »