« かわいいもの? | Main | 今週の雑誌あれこれ »

February 25, 2005

今日はアニソン大会(笑)

 うにゃー。庵野監督病がまだまだ続いて、お茶碗洗っても、お掃除してもアニメソングを口ずさむ。今日は「王者の星がお~れ~を呼ぶ~」とか歌いながら、そうそうあの頃は限りなく「オレ」が似合う女になるんだってうきょきょきょきょって思っていたんだぁって、でも高音でぬけぬけ顔で全然かっこいい女にもなれなかった。んで、他の「侍ジャイアンツ」の「いばったやーつはきらいだぜぇ~」って、歌いながら、最後のボールを握りしめて、エビぞりして、ハイジャンプして、空中でくるくるしている自分を思い浮かびながら、歌の方は「ドカベン」に変わっていた。あれれ何でだ。うぎゃー、ぬ、ぬけないよぉ。でもって、アニメソングのことを書いて、頭の中を収めてしまおう。
 何が一番好きって聞かれると、思い当たらないのだ。でも、がきんちょの頃にアニメソングにはまっていて、山ほどテープに録音した。もちろん、昔なのでTVの前にラジカセ置いたり、マイクの端子でつなげて録音したりと、並々ならぬ努力の人だったのだ。んで、中学生の時には、某国立大学のお祭りにアニメ研究会か何かがアニメソングのみを一挙上映していたので、ラジカセ持って録音しに行った。この時点で、私、おたくじゃないもんって、否定出来ないかも(笑)。だから、それまで、見たくても見ることが出来なかった。「狼少年ケン」とか「レインボー戦隊ロビン」とか「エイトマン」とかを見ることが出来、今でも歌うことが出来るのだ。でも、世代が違いすぎて、「エイトマン」の宴会踊りを見たことがないのだ。くぅ、残念。
 高校に入っても、頭は革命家の道に入り込んでいたにもかかわらず、文化祭では人間ジュークボックスやりますっと、お金貰ってアニソンを歌っていました。歌いたいからって、自分で金も出して、はた迷惑な話である(笑)。その時に一緒にジュークボックスをやったMとは、嗜好が違うために、歌えるアニソンが違っていて、要求される歌をすべてこなせてほくほくしていた記憶がある。別に歌がうまいわけではないのだが、二人で歌うとハモってうまく聞こえるのが面白かった。「みゆき」の「古いアルバムの下の~」ってのを歌ったのを覚えている。だから、こんなに歌うのが好きだったから、今ならやめとけと言ってあげられるんだろうけれど(笑)。アニメソング歌ってテープ吹き込んで送ったよ。確か自由曲を「北の狼、南の虎」を歌ったんだ。ほんと、何考えてるんだろう。自分の好きな歌歌ってどうする。声が高いのに、アニキの歌が歌えるわけないじゃん。でも、飽き性じゃなかったら、アニメの何かになりたいと思っていたかもしれない。
 好きなアニメソングは、夕方再放送していたアニメの歌とちょっと寂しくなるエンディングが好きだった。「デビルマン」とか「バビル2世」とか「エースをねらえ!」とか「アタックNo.1」とか「タイガーマスク」とか「キューティーハニー」とか「魔女っ子メグちゃん」とか「侍ジャイアンツ」とか何度も再放送してくれた。「魔女っ子メグちゃん」の「シャランラシャランラ」のオープニングアニメがおしゃれだった。今でもライバルのチョキして顔を横に移動するポーズ思い出すよ。あれと「キューティーハニー」は抜きんでていたと思う。前にBSでアニメソング特集をしていて、この両方を歌った前川陽子さんが出てこられて、歌って下さった時はしあわせだった。
 中学生の時に水島新司にはまって、「ドカベン」とか「野球狂の詩」とか「一球さん」とか「男どアホウ甲子園」とか歌っていたと思う。あと、ロボットアニメの再放送を見てはまった。友人とかは「エルガイム」とか「ブライガー」とか「マクロス」とか「ゴットマーズ」にはまっていたが、私のおつむは昔嗜好なので、「マジンガーZ」とか「コンバトラーV」とかの方が好きだった。ガルーダさまにめちゃはまった。んでもって、安彦良和さんにも。そうそう、誰も知らないかもしれないが「くじらのホセフィーナ」ってタイトルだったかな。「僕のポッケにひみつ~をもっているよぉ」ってのも、よく口ずさむ。「タイムボカンシリーズ」も「ししのじゅうろく~」って歌ってしまう。でも、カラオケで何度挑戦しても「カードキャプターさくら」がうまく歌えない。しくしく。カラオケでは、アニソン出尽くしたら「ヒカルの碁」とか「コナン」とか歌う。でも、今日はアニソン大会ってしたら、みんなそれは歌いたかったのにぃって取られてしまう。みんなアニソンをよく知っている。
 エンディングの音楽って、なんかいいよね。「ルパン三世」のエンディングはどれも好き。最初の「ルパン三世」の「あし~もとに~からみ~つく」ってのも好き。「どこかで呼んでるハニー」ってのも、庵野さんが「キューティーハニー」の映画で忘れずに入れてくれていて嬉しかったでしゅ。「キャンディキャンディ」の「あしたが好き」も好き。「宇宙戦艦ヤマト」の「まっかな~ス~カーフゥ」ってのも。「はじめ人間ギャートルズ」のオープニングも迫力あって好きだけれど、エンディングの「なんにもない、なんにもない、まったくなんにもない」ってのも好きだった。「ととろ」の「あるこーあるこー私はげんき、歩くの大好き~どんどん行こう」ってのも。
 あと挿入歌で、昔の東映の映画で題名が思い出せないのに、「ボアジュース」の歌が出てくる。「ご~っくりごっくりこんとボアジュース、地球の上に朝がくりゃ、聞こえてくるのはコマーシャルソングぅ」って、いったい何の映画だった???あと昔していた24時間の手塚さんのアニメの中で「ぼーくだってとーちゃんだってかぁちゃんだって、みんな。誰にだって~」っていう挿入歌も頭に残ってる。へん?
 小学生の時にはまった石ノ森章太郎さんの作品の歌が全部好きだった。小学生の時にファンクラブに入っていた。中学生の時にモトコータウンの古本屋で「ジュン」を見つけ、6千円もするのを子どもだったから、大人買い出来ずに悔しい思いをしたことがある。「サイボーグ009」は、1・2・3とも曲が好き。一番好きなのは、2の「ほぉにいっぱい風受けて、夢に見た~ふるさとへ~あたたかなぁ母の元に、帰りたい~いつの日かぁ~」ってのと、3のエンディング。3のは、島村ジョーがめちゃくちゃ麗しいのよ。いつのまにかジョーよりおねーさんになってしまったから、可愛いよぉって言うようになってしまったが、昔はかっこいいおにーさんだった。アルベルト・ハインリヒも好き。漫画では、この二人がある村の凶悪事件を解決する話しが好き。体の中身を変えられていたやつね。「さるとびえっちゃん」の「どーしてえっちゃん」って曲も好きだった。
 おいらんちは、おばばさまが厳しかったので、アニメは見せて貰えなかった。だから、親が帰るまでに見られるアニメしか見せて貰えなかった。でもでもでも、「サイボーグ009」がアニメになるって時は、頑張って頑張って頑張って、塾を止めさせて貰ったよ。だから、おばかになったんだけれど。でも、それ以外見た記憶がない。だって、7時台はNHKニュースの家だったんだもん。だから、小学生の時に、先生が政党を言えますかって、誰も手が上がらなかったのを「新自由クラブ」まで言ったことがあった。NHKのニュースのおかげだね(笑)。そうだ、その頃友達のおにーさんから、漫画本を大量放出して貰ったんだ。今置いていたら高値で売れるような物をどっちゃり。「海のトリトン」でしょ「リュウの道」「バビル2世」「ハリスの疾風」とか。何百冊。で、幼なじみは私の家に漫画が大量にあるって今でもイメージが付いているんだ。違うな(笑)。その頃からおたく化が始動開始されていたんだ(笑)。

 いかんいかん。これではおたくのイメージまっしぐらじゃん。ちょっとはお・と・な・の・お・ん・なよん。って、のを書かなきゃ。

[追加]
 うぅぅ、大好きな美しき狼たちを書くの忘れていたよぉ。寺山さんの1の方もすき。あーん、メインテーマだったのにぃ。

|

« かわいいもの? | Main | 今週の雑誌あれこれ »

「アニメ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

地球の上に朝がくりゃ聞こえてくるのはコマーシャルソング~   は昔のアニメ映画 空飛ぶ幽霊船 の挿入歌ですね なつかしいです

Posted by: ななし | October 04, 2005 at 09:12 PM

★ななしさま
 有り難うございます。これで、疑問が解けました(笑)。
 夏休みになると東映動画の映画作品を午前中放映していました。今はされていないので勿体ないですね。「太陽の王子ホルス」とか「白蛇伝」なんて珠玉の作品です。

Posted by: 海音 | October 04, 2005 at 10:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3070477

Listed below are links to weblogs that reference 今日はアニソン大会(笑):

» ヒカルの碁 [エンタメポータル]
ヒカルの碁ほった ゆみおすすめ平均 マジ?終わり???終わりを思い知らされた悲... [Read More]

Tracked on March 14, 2005 at 06:41 PM

« かわいいもの? | Main | 今週の雑誌あれこれ »