« 理由 | Main | さくらぐみでLunch »

March 09, 2005

恋愛小説家

 メルビン「いい人になりたいと思った。」
 キャロル「最高の褒め言葉だわ。」
 メルビン「これはいいたくなかったんだ。」

--------------------------------

 私は不思議に思ってたんだ。
 君が料理を運んだり、テーブルを拭いたりしているのを間近に見ながら、
どうしてそれが最高の女性だと気づかないのかってね。
 でも、私は気づいていた。それが私の自慢だった。

 この映画の中のシーンの数々は、私をメロメロにさせてくれました。なんでこんな男が恋愛小説家なんだろうと思わせるほどの強迫神経症で偏屈でイライラさせることしか言わない男が、不思議にも愛おしくなってしまうNYの恋物語。キャロルが言う最初見たときは何てハンサムかしらっていうのは、ハンサムの基準が分からないけれど、きつい言葉で皮肉を発する口から、愛情の本音が出てくる時に、ギャップで数倍の効果を発揮している。
 最初は映画館で見ただけだったのだが、2人の演技者の表情が素晴らしかったので、見る前に表情や仕草をいちいち思い出してしまった。それだけ、魅力的な人物像を作り上げている。ジャック・ニコルソンのへのへの眉を上げあごを軽くあげている仕草や、ヘレン・ハントの柔らかそうな下がった頬が口をあげる事に豊かな表情を作る。こんなにひとの表情を見て、惹かれるものなんだなぁと思う。
 この映画は、主演女優・男優をW受賞しており、アカデミー賞に相応しい演技だった。主人公の毒舌がだんだん気にならなくなってくる。人に対する気持ちを伝えることで、多くを得られると思わせてくれる映画だ。原題はこの意味合いに近いが、恋愛小説家でなければ日本では客入りがないかもしれない。

 そのあと、BS2chでしていた「フィラデルフィア」の録画を失敗。重い映画だから避けていたのに、やっと見る気が起こった時には見られない(>_<)。わたしのおばかさん。

************ 追加 3/9 pm23:47 ************

 最初に「シーンに私はメロメロになりました」が、他の人はそんなことにならないと思うので、風呂に入りながらなおしておかなきゃと追加しています。
 私優しい男が苦手なんですよ。自分にだけ優しい男ならいいけれど、そんな男っていないでしょう!大体は、女にもてたいと言う生理現象で生きている男性が多いので(最近は少ないけれど)、自分の好みから、そばにいる人にまで、うまくいくかもしれないから、優しく接している男性が多いのだよ。それも気がある振りをして、君だけだよなんて言ったりして。そこで胸を押さえている人、痛いとこついたでしょ。優しい男なんて自分のことしか考えていない人もいるんだから、この映画の主人公のように、本当に好きな人に好きな気持ちで動いているのが、一番いいんだよぉ。おっ、喧嘩売ってるなぁ(笑)。私の意見なんて、いつも少数派だから受け入れて貰えない。だから、上記のメロメロは私みたいなタイプじゃないとそうは思えないし、イヤミなおっさんで終わるかもしれません。です。

|

« 理由 | Main | さくらぐみでLunch »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3236557

Listed below are links to weblogs that reference 恋愛小説家:

» いい脚本に、うまい演技(レンタルオススメ) [soramove]
「恋愛小説家」★★★★ ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント主演 恋愛小説のベストセラー作家は 偏屈で人との交流を嫌い、 自分の習慣を頑なに守る。 ... [Read More]

Tracked on March 20, 2005 at 07:52 PM

« 理由 | Main | さくらぐみでLunch »