« 雑誌あれこれ | Main | 米国版 素晴らしい俳優ベスト »

March 16, 2005

が~ん。

 暗い話なんで読み飛ばして下さい。

 前に書いた所から連絡がきて、来週から仕事に行くことになった。
 電話が来る前は、あんな風に期待して貰って、電話がなかったら、やっぱり社会にいらない人間なんだって、くらーくなるだろうなぁなんて、落ち込む前に出来るだけ上に上げて備えていたのだけれど、いざ電話が来たら、くらい、めちゃくちゃくらい。
 なんでか?この無職生活がすごーく天国極楽だったんだ。変な話だけれど、このままずっと映画見まくって、映画館で息を引き取るってのが、理想だよなってあほなことを考えていた。今年は大殺界ど真ん中、いっつもろくな事がない。占いの内容は大して信じない方なんだけれど、ど真ん中で親が亡くなっていたり、友人もど真ん中の時に親亡くしているし、本には自分の近い人や本人が亡くなったりするって書いているので、嫌になるのだが、信じてしまう。今暗い中なので、暗い話になってるなぁ。で、親にも大事な友達にも死なれたくないので、今のところ極楽の私にしてくれって思っていて、厭世観がつきまとっていたんだなぁ。なんというか、震災から変わってしまったんだ。それまで、今日出来るなら何があるか分からないから、出来るだけやっておくってのが、明日死ぬようなことがあって私がいなくて困るようなことはしておくが、そんなことがないなら、死ぬかもしれないので、しなくてもいいって具合に。同じような感じがするだろうけれど、震災がきて、むちゃくちゃにしてしまうかもしれないのに、先にやっててどうするってなるので、その日その日で生きてる。明日死んでるかもしれないってのは、いっつも思ってしまう。次の震災では死ぬよな大事なものを作らない方がいいよなって・・。いかんいかん。くらいくらい、暗い菌を吐き出してるぞぉ。
 そんなに今の極楽から離れたくないなら、在宅ワークでも考えて勉強でもすればいいじゃんって、前向きに考えてみた。就職が決まって、辞める算段かよぉ~。情けないよね。でも、試用期間で追い出されるかもしれないので、次を確保確保。そうそう、「風と木の詩」で、オーギュが言ってるじゃないか、「逃げ道を作るって事が、大人になることか」。私は逃げすぎだ!

 今日、NHKで石田衣良が出ていて、小説家になったきっかけが、女性誌の占いの立ち読みをして、蓄積したものを放出させるために、初めて小説を書いて、応募したら、1,2回で最終選考に残って、3回目で新人賞を獲得。簡単に直木賞候補になって、3回目で直木賞。「かんたんですよ、候補に挙がってたんですから」って、小説家目指している人が聞いたら、複雑な話だろうけれど、誰でも人生に1回や2回は思ったことが出来てとんとん拍子の時ってあるはず、それで自分の自信を取り戻し、そんなことがないときにでも、それを支えに次を夢見て頑張れる。そんなもんだよなぁって見ながら考えた。

 上記のことを書いていたら、長いこと会っていない友人R2から、久しぶりにメール。どっかで誰かがみてるのかぁ~。
 2児のパパの友人は、大学院入学に控えて、卒論のデータが不十分で不安。大学院で友人が出来るかめちゃくちゃ不安って書いてきた。最後に、「○○さん(おいらのこと)と会うのは、本当にいつになるか分かりませんが、子供達が遊んでくれなくなったら、昔みたいにあそんでください。」と書いていた。本当に半年前も同じ様に不安だメールが着て、最後に同じ様に書いてきた。やっぱり、友達って必要なんだなぁ。「おぅ、昔みたいにみんなでつるもうぜ。それまで、お互いガンバだよん。」を待ってるんだ。おいらも、新しい仕事頑張らないと~。不安はいっぱい、誰でもあるもんなんだ。

 でも、くらーい。R2のおかげでちょっと浮上中。在宅ワークなんか考えよう(笑)

|

« 雑誌あれこれ | Main | 米国版 素晴らしい俳優ベスト »

「わたしの頭ん中」カテゴリの記事

Comments

めちゃ共感しましたです。映画館で息引き取りたいとゆうくだり・・・。あれはまさしく暇の穴埋めの極みの暗闇の学校ですが、至福の時かもしれませんね。映画と本と音楽があれば、なにもしたくなくなるわが身でもありますが、昨晩見た〔深呼吸の必要〕篠原哲雄を見ると、ただただ肉体労働が出来る人間の生きてる証をひしひし見つめ、ただひたすら汗をかくとゆう人間の動きそのものに崇高さを痛感しました。在宅ワークも生涯現役で人助けできる愛すべき仕事ですね。なにげないつれづれ文を読ませていただきなぜか癒されました。どうぞ、またいつかわたしのほやほやページにもアクセスしてくださいね。日々の労働の美しさと無償の人間愛はフォジェンティ監督が最高ですね。銀座テアトルの最新作も2回足を運び釘付けでした。

Posted by: あっちゃん | March 16, 2005 at 11:22 PM

 コメント有り難うございました。早速お邪魔します(笑)。

Posted by: 海音 | March 16, 2005 at 11:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3325192

Listed below are links to weblogs that reference が~ん。:

« 雑誌あれこれ | Main | 米国版 素晴らしい俳優ベスト »