« 3月はひなまつりで酒が飲めるぞ♪ | Main | ねむい! »

March 19, 2005

源平合戦の道を歩く③

 今日は歩きません。一ノ谷合戦の話を聞きに行ってきました。最初に、琵琶の「祇園精舎」「逆落とし」をきいて、びよよんって音に引き込まれてしまいました。雅楽のあのゆったりした響きは、アルファ波をくすぐるのか、ノンレム睡眠を引き起こしかけます。むかし、唱名を聞く音楽会に出かけたことがありますが、あれも聞く人にアルファ波を出させているような気がします。音の幅が少ないところで繰り返されているからでしょうか、微妙なぐらいのビブラートをかけているからでしょうか?私にはよく分かりませんが、日本の古来の音のとらえ方が好きです。
 演奏後、田辺教授による講演がありました。友人T1曰く、よく講演されている方だそうです。壇上に上がった田辺教授は、つかみの話から入り始めました。私も知らなかったのですが、今のスカイマークスタジアムとユニバシアード球技場の間に旧街道があるそうで、そこには六地蔵があるらしいのですが、その道が凄いらしいのです。神戸には他では考えられないところが数カ所あるそうで、その一つのここは、新幹線の上を市営地下鉄が走っているらしいのです。てっちゃん(鉄道マニア)には有名写真スポットで、日曜日の3:30ぐらいに交差するところが見られるらしいとのこと。そんなところにそんなのがあるとは、って見に行くこともないだろうけれど、一度見てみたい気もする。他に全国にない珍しい所っていうと、割と最近有名になってきている日本で一番短い国道。色々騒いだので、神戸市が「日本で一番短い国道」の看板を上げるようになったと言っておられたけれど、教授はそれでは物足りないと、国道174号線の起点と終点の看板をあげて貰ったら、写真に両方が入って余計に面白いのではないかと提唱されていた。確かに187mなので写真には納まるだろうから、写真撮影スポットが危なくないような方向に設置してくれたら面白い写真が出来るだろう。それと、もう一つは灘区の阪急王子公園駅・JR灘駅・阪神岩屋駅・2号線・阪神高速3号神戸線・ハーバーハイウェイが歩いていけるぐらいの近距離に存在するということ。約2キロの範囲内に、鉄道や公道があるなんてってところは珍しいと言っておられた。この点から話が入り始めた。神戸は、東灘から須磨区までが摂津の国で、京都を中心とした中心の区域として、畿内と言われる場所の呼び名があるのですが、その中に摂津の国迄が入っていた。ちょうど畿内の西端に位置する神戸では、海と山とが近づき、敵を襲うにしても絶好の場所だったので、古くから歴史的な戦場になりやすい所であった。教授は須磨区役所主催の一ノ谷の講演で、一ノ谷は須磨区にあらずという話をしてきたので、区役所の人が講演を聴きに来た人に「それを区役所で主催するか」と言われたそうだ。どうしても地元であったってことにしたい人が多いので、こういった発言が出てしまうと話されていた。教授自身も須磨区民なので、地元にしたい気持ちは山々ですがと言いながら、持論を展開されていった。
 一ノ谷合戦があったのは、一ノ谷ではない!?ってのは、よく疑問視されることだけれど、地元を愛する力で、名所を作ったりするのも、これまた歴史の一部かなぁって思います。
 まずは、福原遷都。神戸市民以外は、大した場所の違いも分からないので、福原って言ったら、福原でしょうっで終わればいいのですが、元々清盛の屋敷跡は兵庫区雪御所町の辺りにあるが、福原京として、区画を考えられていたのは、それより南で、東は和田岬の辺りから、西は西代までらしく、兵庫区から長田区にかけてを福原京としていたようだ。
 1184年2月7日に、歴史的有名な義経の奇襲攻撃があった。鵯越から抜ける道は、中央・兵庫・長田区に存在するが、須磨にはない。東の攻めを源範頼が生田の森へ、鵯越からは義経で、義経と別れた土肥実平は一ノ谷に向かう。平家勢の西の守り手は、②で腕塚と胴塚を紹介した平忠度。その他多くの墓が長田や板宿にあることからして、鵯越から長田に下りてきたっていうのが、義経のルートだろうとしている。一ノ谷というのは、須磨の一ノ谷町の辺りのことだけを言っているわけではなく、記述で残っている「東は生田の森、西は一ノ谷」という範囲を一ノ谷として総称しているという話だった。色んな記述をわざわざコピーしてレジメにされていて、その資料の正確性も分かるし、話も面白いので飽きることがなく楽しい講演会だった。つかみの部分だけで、1時間近く話をされて、残りを大急ぎにされていたが、つかみが面白かったので、つかみをもっと聞きたかった(笑)。

|

« 3月はひなまつりで酒が飲めるぞ♪ | Main | ねむい! »

「歴史」カテゴリの記事

「神戸」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3358489

Listed below are links to weblogs that reference 源平合戦の道を歩く③:

« 3月はひなまつりで酒が飲めるぞ♪ | Main | ねむい! »