« アビエイター | Main | 「おまえなんて死んでしまえ!」って言うな! »

March 27, 2005

地震と本屋と私はいったい・・・

05_03_26tao 今日の映画は作品的には5段階の3のレベルだったけれど、主人公は好きな女と男だったので、余は満足じゃ(笑)。前者はこんな女にもなってみたい。こうなると幸せになれるかもって思ったりもするが・・・、私の場合、4年も好きだった男は、向こうから好きになってくれたから関心を持ち、このまんまじゃダメだと思って、告白しようとした時期がクリスマスシーズン。もし、まだ気持ちを持っていてくれたとしても、年末は遊びで予定が詰まっているから、会えないよなって思いながら、電話をかけて初めて告白し、撃沈した。4年の思いが重すぎて、こんなんじゃずっと片思いのままでいればよかったと、辛い思いをしたのに、1週間で立ち直ったので、もっと早くに告白して撃沈されていたらよかったに考えが変わった。そんな可愛くないというか、本当に好きだったのかとか、本当にもう、訳の分からない女なので、最初からブリジッドを見習って女をやり直したら、可愛い女になって、いい男をGETして、幸せな人生を送りましたまる。が出来たかもしれないが、もうひねてるので無理。そう、後者のハワードのように、映画見終わったら、友人Aにあんな大人物ではないけれど、自分に近いものを感じると話した。自分に似ている?似ていないだろうけれど、あんななんでもが平気な男が好きなのだ。変わり具合が愛おしいのだ。だから、自己愛にも似ているのかもしれないと思うのだ。あんな男といたら、不幸になるだろう。でも、いままでつきあった人達は、変なやつばかり。変なやつじゃないと興味が持てない・・・のだ。でも、みんな自分から好きになったのではなく、向こうが私に関心を持ったから、興味を持ってみて、変だったから好きになったのだ。
 こんな男いねー。残念ながら。それに相応しいほどの女でもないし・・・。でも、好き。
 TAOでラーメンを食べた。まぁまぁかな。さっぱり系も好き。ここは、「走れイチロー」で舞台になったTAOシアターのチェーン店のひとつ。食べながら、大丸内の中華料理店の海鮮焼きそばがめちゃくちゃおいしいよねーと盛り上がった。いつも、あれを食べてしまう。また、あれを食べている客が多い。

 友人Aが私と喋っていると漫才になると攻める。私そんなタイプじゃないのにぃと、またネタを披露。えーなぁ、ネタがいっぱいでってつっこむ。私といるから、エジプトでツアー客に「おたくら喋ってるの聞くと漫才やなぁ」って言われたんやぁとつっこむ。まぁどっちもぼけとつっこみ出来ていいがな。会社首になったら、元OLの漫才師で吉本かなぁって。「私人前で喋られへん。恥ずかしがり屋のにぃ」というので、最初からDVDで売るのかぁ~って、そんなしょーむないはなしをし倒す。でも、私も漫才になるのは友人Aの時だけで、他の人とは出来ないのだが・・・。そんなに面白い人物でもないし・・・。

 ジュンク堂で雑誌を見ていたら、SAPIOは中国政府の解体を特集していた。Newsweeksは、新しい流行ものを特集していたが、別に興味のわくものは見つからなかった。中の記事で、アメリカのblogはかなり進化していて、素人記者の存在がかなりクローズアップされているのを知った。アメリカでは、マスコミを第4の権力としているが、net情報、blogを第5の権力とまで言っている。日本ではまだまだ、私のような毎日の戯言やつぶやきを書いているblogが多いけれど、もっとnetの情報の時代、ほり○もんが語っているような世界が来たら、強力な情報発信と思想先導が多いblogも増えるだろう。アメリカがそうだから、日本もそうだとは言い切れないが、そうなっていく可能性が高いのは否めないだろう。その時には、この記事にも書いていたとおり、多くの嘘と噂と偽物が出てくるから、自分で真実を見つけ出していかないといけないだろう。でも、新聞もTVも本当のことを言っているかどうか怪しいし、日本も故意に世界の姿や日本の姿を隠している。そんなもん今と一緒じゃないか。
 真実、そんなもんはねーよ!自分がそうだと思ったことしかないんだよ!真実なんていらない世界になっていくんだ。

05_03_26hans 友人Aが教えてくれた。ハンズの北面にあんな人形がいたなんて、Aは夜中に教えて貰ってびびったらしい。びびるよなぁ。

 今日、可愛い本を見つけた。猫好きってほどでも無いんだけれど、チーズスイートホームってのが、ジュンク堂でお奨めされていて、紹介しているところを読んだだけで、可愛すぎて購入する本を握りしめてしまった。

 今日家に帰ったら、おばばさまがTVを見ながら、また阪神大震災の辺りに10年後地震が来るんだってと言った。そんなのどうでもいいやん。いつ来ようが。いつでも、死ぬ準備は出来ている。死にたくなければ、津波も雪崩も崖崩れも無いような地盤がしっかりしているところに、杭を何本も打って、鉄骨鉄筋コンクリートの家でも建てて、地震が来るまでこもっておく?そんなの無理じゃん。
 そうだ、いま思っていることをしとかないと。

|

« アビエイター | Main | 「おまえなんて死んでしまえ!」って言うな! »

「わたしの頭ん中」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

「コミック」カテゴリの記事

「神戸」カテゴリの記事

「雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3453374

Listed below are links to weblogs that reference 地震と本屋と私はいったい・・・:

» SAPIO [SAPIO[雑誌辞典]]
SAPIOSAPIO(サピオ)は、1989年創刊の小学館から毎月第2第4水曜日に発行されている「国際情報誌」。表紙には雑誌名と背景がそれぞれ異なる原色(例:青と黄色、赤と黄緑)を使用し、写真も金正日や靖国神社などを使用、さらに毎号過激なサブタイトルが付けられているなど、かなり派手である。情報元:Wi...... [Read More]

Tracked on May 22, 2005 at 02:37 AM

« アビエイター | Main | 「おまえなんて死んでしまえ!」って言うな! »