« やったぁ~海猿第2弾 | Main | フライト・オブ・フェニックス »

April 12, 2005

コーラス

 いいです。今年見た映画のいまんところ私の第一位です。京の昼寝♪さんのところでも4点がついてますね。私もなかなかつけない4をつけます。いつもよく泣くのですが、今日もよく泣いちゃった(笑)。今月見に行く予定のを考えると、月10本ペースで映画館に通ってるってことです。このまま、映画評から書評から書きまくって、本当にあとは、文章力があれば問題ないのですが(笑)。

 これは、問題児ばかりを集めた寄宿学校に赴任し、舎監をしていた先生と寄宿生達の音楽を通しての心のふれあいを描いた作品です。主役のジェラール・ジュニョが優しい語り口で、子ども達に接していて、子どもとの心の駆け引きを暖かく包みこんでいて、本当にこんな先生が欲しいなぁって思いました。校長先生や生徒とつきあっていくのに、こわいなぁと思いながらも真摯な態度で接する姿。コーラスをすることや、問題児を音楽学校に入れようとすることが、私欲のために働いたとしても、等身大の人間の姿として目にうつった。また、天才ソリスト役のジャン=バティスト・モニエの天使のような姿と声は、「オペラ座の怪人」のエミー・ロッサムの歌のように感動を覚えました。本当に、素晴らしい~。彼に見つめられたら・・・、「ベニスに死す」になりそうです(笑)。で、ちゃんと、おちも美しく描かれていてよかった。

|

« やったぁ~海猿第2弾 | Main | フライト・オブ・フェニックス »

「映画」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
コーラスの検索でこちらに伺いました。とてもいい映画でしたね。映画館にはそれほど足を運ぶ方ではないのですが、こういう映画と出会えるとほんのすこし幸せな気分になります。ジェラール・ジュニョが失恋する場面の表情はじつによかった。同じ年代の男として、まあまあ、と慰めたくなる。(笑)

世の中を賑わす野心家の活力も社会にとっては大切なものですが、年をとるほど、それが嫌になる。もはや下って行くだけの人生ですから、せめてこの音楽教師のような人間でいたい、なんて思うのであります。

Posted by: かわうそ亭 | April 13, 2005 at 09:53 AM

 あの優しい顔つきは見入ってしまいますね。素晴らしい作品でした。

>せめてこの音楽教師のような人間でいたい、なんて思うのであります。
 書かれている気持ち分かります。

 コメント有り難うございました。

Posted by: 海音 | April 13, 2005 at 10:33 AM

海音さん、こんにちは^^

何か紹介して戴いて光栄ですm(_ _)m
一つ訂正がありまして、映画は素晴らしかったですが、
満点ではなくて“★よっつ”で~す^^

あの澄んだ歌声とラストシーンは忘れられません!

今後ともよろしくお願いします^^

Posted by: cyaz | April 13, 2005 at 12:22 PM

cyazさん
 キャーすいません。訂正しました。
 でもなんで、書いているのが分かったんですか?稚拙な文章なんで、TBするのを恥ずかしくてしていなかったし、リンク貼らなかったのに~すごいですね。
 いつも、行くがどうか迷っている映画は、京の昼寝♪さんのblogを参考にして行っています。こっちこそ、宜しくお願いしますです。

Posted by: 海音 | April 13, 2005 at 02:57 PM

海音さん、早速訂正ありがとうございますm(_ _)m

いえいえ、いつも海音さんにはお世話になっていますので、
ちょっと巡回してました^^
いつもTB&コメント戴いているので、気にはしているのですが、
ここのところgooの調子が悪く、イライラの続く毎日です><

Posted by: cyaz | April 13, 2005 at 05:54 PM

 こちらこそ、間違っていたのにもかかわらず、ご丁寧に申し訳ありません。m(_ _)m
 gooは、絵文字も使えるし、使い勝手がありそうなので、登録者が多くて混み合ってしまうのでしょうか?ココログは、混み合いすぎてよく書いた記事が消え失せますよ(T_T)。

Posted by: 海音 | April 13, 2005 at 09:23 PM

はじめまして。TBさせていただきました。本当に良い映画でした。淡々と語られている暖かい人間性・・・。こうこなくっちゃね!

Posted by: ももママ | April 22, 2005 at 09:07 AM

はじめまして。ただ歌ってるだけなのに、モランジェが歌うと涙が勝手に出てくるのでした。
TBさせていただきます。

Posted by: カオリ | March 15, 2006 at 12:07 AM

 TB大歓迎です。有り難うございます。

Posted by: 海音 | March 15, 2006 at 06:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3674839

Listed below are links to weblogs that reference コーラス:

» 『コーラス』 [京の昼寝〜♪]
 涙がながれそうなとき、歌があった ■監督 クリストフ・バラティエ ■キャスト ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、マリー・ビュネル、カド・メラッド、マクサンス・ペラン、ジャック・ペラン  世界的指揮者のピエール(ジャック・ペラン)は、母親の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人のペピノが一冊の日記を手渡した。 時は、1949年のフランス。 ... [Read More]

Tracked on April 13, 2005 at 12:13 PM

» ジャン=バティスト・モニエ(サン・マルク合唱団ソリスト) [京の昼寝〜♪]
◇◆◇ 『コーラス』で映画デビューするボーイソプラノの美少年 ◇◆◇  たまたまTV東京の「たけしの誰でもピカソ」を見ていたら、4月9日から公開される『コーラス』に主演するジャン=バティスト・モニエ君が出ていて、2曲歌っていました。  すでに映画館では、『コーラス』の予告編が流れていて、この映画を観たいと思った方も沢山いらっしゃると思います。  番組の中で彼は2曲歌ってくれました。 映画の... [Read More]

Tracked on April 13, 2005 at 06:14 PM

» グッジョブ!『コーラス』 [Swing des Spoutniks]
『コーラス』   公式サイト  サウンドトラック     製作:ジャック・ペラン監督・脚本・音楽:クリストフ・バラティエ出演:ジェラール・ジュニョ フランソワ・ベルレアン ジャン=バティスト・モニエ ジャック・ペラン   【あらすじ】(公式... [Read More]

Tracked on April 14, 2005 at 09:20 AM

» コーラス [ネタバレ映画館]
 “譜面台”と呼ばれた生徒・・・友達は歌っているのに自分はずっと譜面持ち。その後の彼の人生がどんな風だったのか無性に知りたくなった。  世界的指揮者モランジュ(ジャック・ペラン)とペピノが50年ぶりの再会を果たし、マチュー先生(ジェラール・ジュニョ)の日記を基にゆったりと過去の寄宿舎生活が語られる。最初は体当たり教師による熱血学園もの映画のように始まるエピソードではあったが、次第に教育を中心とした映画ではないことがわかってく... [Read More]

Tracked on April 17, 2005 at 12:44 PM

» コーラス [欧風]
この映画も試写会だったんですけど、試写会の日が16日でサイパンの前日だったんで、次の日朝早いし準備してないし~って事で行くかどうか迷ったんですが、当たった以上行けるなら行かねば!行かないと負けだし!って事で観に行きました。 ハガキの写真を見て、どこの国の映画かも分からず、なんか地味そうな映画だな~。寝ちゃうかな~と思ってました。 フランスの映画で、1949年の田舎の寄宿学校で、なんか荒れ気味だった学校に、音楽の先生がやってきて、いたずらとかを叱って罰を与える代わりに、歌を教え、コーラス隊... [Read More]

Tracked on April 19, 2005 at 07:10 PM

» 「コーラス」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
『阿修羅城の瞳』に続いて見たのがフランス映画『コーラス』でした。 フランスでは8人に1人が見たという感動作という触れ込みです。客層としては幾分高めかなという感じを受けました。 フランス片田舎の寄宿学校『池の底』に音楽教師の『クレマン・マチュー(ジェラール・ジュニョ)』赴任してきた。親のいない子供や素行不良の子供が集められた学校が『池の底』だった。学校の門の所に小さな子供が立って�... [Read More]

Tracked on April 20, 2005 at 12:07 PM

» コーラス [利用価値のない日々の雑学]
正直なところ、この作品を観終わったとき、どうして自分は映画を観るのだろうか。一体何のために、忙しい中に時間とお金を使って、それも、新作なら週に2~3本、旧作もDVDを含めれば、略毎日の様に時間を割いているのだろうかという基本的なことに疑問を持った。勿論、このブログを書いていろからではない。これは、学生時代から続けている、いわば習慣なのであろう。だから、違う趣旨で初めたこのブログも、毎日のことであるから「映画ネタ」になってしまったという訳である。 では、何故そんな疑問をこの作品の終了後に、作品の... [Read More]

Tracked on April 20, 2005 at 11:05 PM

» コーラス [KINOKANAL]
監督:クリストフ・バラティエ 出演:ジェラール・ジュニョ,フランソワ・ベルレアン,ジャン=バティスト・モニエ,マリー・ビュネル,カド・メラッド,マクサンス・ペラン,ジャック・ペラン 世界的指揮者のピエールは、母親の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人... [Read More]

Tracked on April 22, 2005 at 12:14 AM

» コーラス [ももママの心のblog]
少年たちの歌声と、純粋なまなざしが美しいフランス映画。戦後間もないフランスの片田舎を舞台に描かれた珠玉の一遍。{/nezumi/} 2004年 フランス ヒューマンドラマ 2005年4月13日 川崎チネチッタ 監督 クリストフ・バラティエ  脚本 クリストフ・バラティエ 製作 ジャック・ペラン 音楽 ブリュノ・クーレ 出演 ジャン=バティスト・モニエ ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャック・... [Read More]

Tracked on April 22, 2005 at 09:05 AM

» コーラス [金言豆のブログ]
★本日の金言豆★製作のジャック・ぺラン、自ら出演もして息子も出してます。 2004年にフランスで公開されるや、瞬く間に「アメリ」の記録を抜きフランス映画史上空前のヒットを記録し、公開15週で750万人、最終的にはフランス人の7人に1人が観たという、なんだかこの手の映画には似つか... [Read More]

Tracked on May 04, 2005 at 09:38 PM

» 『コーラス』 ストーリーは王道だが泣ける。癒される。 [今日のいいこと。明日のいいこと。]
コーラス ♪コーラス見ました。悪ガキで荒れた寄宿生を新しい先生が合唱で更生させる。そう、一言で言えば、こんなに王道でありきたりなストーリーなんです。 「バティニョールおじさん」のジェラール・ジュニョが、真摯なまでに子供たちに立ち向かい、鬼のような校長に負けない役を熱演。来日して「たけしの誰でもピカソ」なんかにも出演していたジャン=バティスト・モニエくんの歌声が、ベタな映画を印象強いものに押し上げてくれてます。 途中から入ってきた超ワルガキは、実際にも少年院かなんかにいたらし... [Read More]

Tracked on May 05, 2005 at 09:01 AM

» コーラス [技巧なし、シンプルすぎて・・・ぼろ泣き] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
きっと、ダメな映画なんだ。 以下のようなことを言われる映画ではないだろうか? 「感覚が古くさい」、「しょうもない」、「通俗的」、「空虚」、「後ろ向きのノスタルジー」、「王道」、「予定調和」、「よくある話」、「何の変哲もない映像」、「使い古された題材」、「シンプルすぎる、もっと遊べ」、「血を吐く想いで映画を作れ」、「コーラスは奇麗だったが内容は・・・」、「こういう映画だったら『・・・』の方が良くできてい... [Read More]

Tracked on June 28, 2005 at 02:14 AM

» DVD「コーラス」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
お話自体は、ベタなんだけど少年達の歌声が素晴らしくて良かったです! 問題児少年達が集まる寄宿舎に新任の教師がやってくる。校長は生徒のことは考えずに上からの評価だけを気にしているような人。生徒達に歌を歌わせることによって団結していく様子が素晴らしい~!...... [Read More]

Tracked on December 31, 2005 at 10:46 AM

» コーラス(04・仏) [no movie no life]
一人の少年が歌ってる。ただそれだけで涙が出る。悲しいわけでもなく、嬉しいわけでもなく、強いて言えば「強烈な才能に出会った感動」・・・かな。 ? DVDを借りてきた理由は、自分が高校時代、合唱部だったため(ちなみにソプラノでした)。 音楽系の映画は「映画館で... [Read More]

Tracked on March 15, 2006 at 12:19 AM

« やったぁ~海猿第2弾 | Main | フライト・オブ・フェニックス »