« ちゅてきなひとたち | Main | 「TRUTH」を観た »

April 08, 2005

きょうはお外でのんびり

 今日は友人Zとキャラメルボックスに行って来る。ついでに「大統領の理髪師」も見ようと思っていたのだが、昨夜友人T1からお誘いがあったので来週行くことになり、大丸復興10周年に行って来た。
 Myデパートは大丸だ。神戸には三越も高島屋もない。あるのは大丸かそごうか阪急になる。そごうは昔から道幅が狭くごちゃごちゃした印象で好きではなく、元々元町好きなので、道幅が広い大丸が好きである。お年寄りも車椅子で買い物が出来るところだし、履き倒れ神戸なので、靴売場にはかっこいいにいさんやかっこいいおじさんが配置されている。といっても、そんなにお気に入りの店があるわけではないのだ。いつも行くのは、横浜元町に本店がある近沢レース(イメージが壊れるだろう。男性ぽい鞄の中身はふりふりレースなんて・笑)、ウェッジウッドも同じ柄なのに見る。きれいに生きるの師匠である友人Sの影響から普段使いにいいものをってことで、朝の食卓はミントンを使っている。一度大きなパン皿が割れてひきつったが、再度大丸で購入。やっぱり5千円はいたい。貧乏なので、ミントンレベルだ。でも、セージグリーンとかサムライとかのウェッジウッドも好きだ。服は、前にも書いたけれど今のところクラシックアンティエ以外興味なし、仕方ないから他でも買っている。でも、ビンボーなので昨年からあんまり買っていない。GRACEも好きなのだ。似合わないという以上に柄でもないんだろうけれど、好きなブランドだ。ラルフやバーバリーは私の購入している服には多い種類かもしれないが、別に好きなわけではない。でも、一番似合うというか、ましなんだ。というか、やっぱり、男性のスーツ姿が好きなんだ。自分もスーツが着たいんだ。だから、そっちぽいものを着てしまうんだ。本当に昔はめちゃくちゃ好きで、主催した仮装パーティで、スタッフだからとはりこんで、男物のスーツを一揃え買ったがな。それも友人が殺し屋に扮するんやなって、昔のマフィアのような帽子まで買ってくれて、宝塚系の劇団の人にロココ衣装に扮してきてもらったのをエスコートしたがな、でもって、手を出されたから、ひざまずいて手の甲にキスするまでやったがな。本当に、酒飲んでなくても調子者なので、やっぱり男に生まれてきていたら良かった。次の年は新撰組のはっぴを買って、サムライ格好は無理だったから、レディースの扮装をした。また、こんなこと書いて、ブックマークからきている人が減るなぁ(笑)。大きく脱線した。お昼は久しぶりにEHBankに行った。カメラの電池が無くなって、昼が撮れず残念。職安に行ったらすごい人だった。半年以上の間ほとんど受けなかったのに、今日も二つ応募してきた。もうね、派遣かバイトしかないいんだろうけれどとりあえず頑張る。
 今読んでいる「ザ・フェミニズム」面白い。晩婚化のアンケートの話を読んでいるんだけれど、平成9年の頃の30前から40歳までの人たちを学歴を段階分けしていて、ローと言われているのは、高卒以下の女性たち。彼女たちは、若くなくなったら働くところは仲居かってぐらい、未来が無いと思っているから、一緒に事業が出来て、貯金がある人を探している傾向だとか、ミドルと呼ばれた人たちは、短大・無名大学卒業の人たち、バブル時に就職だったからいいところにいた人が多いので、自分より上の会社で働いていて、年収800万を貰っていて、専業主婦を狙っている。一番は、カリスマ主婦と呼ばれるようなフラワーアレンジメントやエッセイで名を馳せるような人を理想としている。で、ハイと言っているのが、大学院及び有名大学卒の人たちで、ある程度収入も地位もあるのでなんにもこだわらないけれど、家事を分担してくれる人を希望している。しかし、その対談があったであろう2001年だから、その調査の4年後の大学生たちは癒しを求めた結婚を望んでいるので、フリーター同士でもなんでもいいようになっていると話している。その4年後である今は、調査対象者がどう思っているのか、今現在調査対象の年代にも、大学生たちにも聞いてみたい。たった4年でも大違い。国立大を出ても思うところに就職できない。転職を考える奴は馬鹿だとか言われる時代。800万貰っていた人は高嶺の花になっているか、過労死か、リストラになっているだろうし、今は何でも出来るつぶしがきけるような人でなんでも対応できないといけないんだ。男も女も大変だ。
 昔、コレクティブハウスを作って老後は一緒にって笑っていたけれど、本当にみんな結婚しないかもしれない。私は友達に年上の方が多いのだが、周りは殆ど結婚していない。可能性が高くなってくるなぁ。
 今は北野のフロインドリーブに初めて入ってこれを書いている。教会跡の喫茶店はやっぱり素敵だ。カメラ使えなくてめちゃくちゃ残念。
 リーマンの格好がめちゃくちゃ倍増してよく見えるために、普段の格好がいけてないのがわからないってのは、よく聞く。普段の格好はよほどおしゃれにしないと落差が大きいのだ。それを考えると、ブルーの作業着はいい。町で会う外で働く人たち、普通の人はそれなりで、かっこいい人も体格が良くなかったら似合わないと言うすごい服。特にがてん系は作業着でかっこいいと思う人の腕なんか見せて貰うとくらくらです。ガテン系に会うことの多い職種だったから、くらくらになる人がいることを知っている。案外、作業着を着る男もいいと思うよ!って、リーマンのスーツ姿にくらくらなんだけれど・・・。

|

« ちゅてきなひとたち | Main | 「TRUTH」を観た »

「日記」カテゴリの記事

Comments

スーツと普段着の落差・・・ふーん・・・
するどい。まさに女性的視点ですね。

仕事中はみんな同じ姿なんであまり
気にしないですが、いざ外にでると
”この人はセンスいいんだ~”なんて
思ったりします。でも実際は普段着
がホントのその方のセンスでスーツ
や作業着は仕事用なんでしょうね。
実際各アイテムを専用にするのもや
やだるいし、兼用するといまいち。
どちらかが多少の犠牲になるのかも。
まあ、妥協する事が問題なんでしょ
うけどね。苦笑

”理系学生は白衣に憧れて仕事を探す。”
なんてのも聞いた事ありますが今は
どうなんでしょかね。笑

ごきげんよう。

Posted by: 白黒熊 | April 09, 2005 at 08:03 AM

 コメント有り難うございます。文字が多いし、読みにくいし、書き込みにくいblogなのに有り難うございます。
 リーマンの格好は、女子の制服のようなものだから、いいところのお店で一揃え買えば、ファッションに興味がない人でも、素敵になれるのではないかと思います。だから、余計に普段の姿の落差が・・・。しかし、リーマンにくらくらしても、なぜかカジュアルな姿でOKの仕事の人としかつきあったことがないので、スーツ姿の人の体験がありません。殆ど男友達を見てとか友人の話からです。
 白衣が好きな人はその世界に行くのでしょうね。私はかっこいいスーツ姿がいっぱいいたら、仕事が手につきません(笑)。

Posted by: 海音 | April 09, 2005 at 08:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3615797

Listed below are links to weblogs that reference きょうはお外でのんびり:

« ちゅてきなひとたち | Main | 「TRUTH」を観た »