« 憩いの本屋 4/5 | Main | 「感じない男」を読んだ »

April 05, 2005

オオカミの誘惑

 18歳の韓国の女の子が書いたインターネット小説の映画化。どこにでもいるような普通の女の子が、かっこいい二人の男性に愛されるという羨ましい話だ。
 チョ・ハンソンもカン・ドンウォンもかっこよすぎで、こっちまでドキドキしてしまった。普通の女の子が主人公だから、自分がそのまま主人公になってみることが出来るので、余計そう思うのかもしれない(もう、女の子?じゃないとつっこまれそうだが)。恋愛の始まりの通せんぼされたり、抱きしめられたりって、あぁ~あのときめきがきゃーってな具合に心が興奮してしまいました。やっぱり、恋愛するときの最初のときめきが人生で一番の楽しみにですよね。主人公と一緒になってドキドキしていました。いやぁ、最近寂しいので飢えていて、そんなことでも小学校の時まで遡って走馬燈のようにあらわれてきました。恋愛体質ではないのにそこまで来るのだから、恋愛体質にはお奨めかも。
 ストーリーは、その年代の人が書いたと思われるような可愛い話で、韓国人の人達の素朴で純粋なところが羨ましいなぁって思ってしまう、これがあの冬ソナ旋風の原動力なんだろうなぁ。みんな優しい人ばかりだと、殺伐とした自分と日本を考えてしまった。子どもの話であるが、韓流ファンのマダム達で埋め尽くされていた。昔アジアの俳優ファンの客層と一変しているなぁ。私なんてどっちにも入っていないぞぉ。悲し。
 最後は号泣で、帰り際多くの人が座席でコンパクトを開いてみていました。やっぱり、客層が変わったなぁ。
 で、私のお薦めチェックポイントは、2人の飛び回し蹴りです。軽快な飛び方で、自分も壁で蹴って、足を回してみたくなります。

 ラストはね。私小学生の時に考えたストーリーで、大人になってから、いつも手作りのものを友人達に頂くお礼に、書いてみようと書いた小説があって、それと重なるのですよ。そんな風に考える人が多いんだなぁ。この映画見て考えたのかってなるのは嫌なので、HPにUPしておこうと思った。また、こんな小説を書いたことがないのに初めて書いた小説を限定5人に配りまくったってのが、5人に対してはた迷惑だったろうなぁ(笑)。

************ 4/6 0:19 ************

 主人公の彼氏が読んでいた漫画は、「花より男子」だった。

|

« 憩いの本屋 4/5 | Main | 「感じない男」を読んだ »

「映画」カテゴリの記事

Comments

海音さん、こんばんは^^

TB&コメントありがとうございましたm(_ _)m

限定小説、僕にもくらさ~い!
グワッシュ!!

Posted by: cyaz | May 01, 2005 at 01:01 AM

TB&コメント有り難うございます。

ははは、悲しいぐらい変な小説です。HPにUPをしましたが、読んで貰うことが逆に迷惑になりそうだなぁ(笑)。なので、迷惑をかけないために、在処は内緒にしておきます。

 冗談でもそんなこと言って下さって嬉しいです(T_T)。

Posted by: 海音 | May 01, 2005 at 01:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3580507

Listed below are links to weblogs that reference オオカミの誘惑:

» オオカミの誘惑 [トラバ韓]
オオカミの誘惑 【キャスト】 カン・ドンウォン  チョ・ハンソン  イ・チョンア  チョン・タヘ  イ・ジヒ オオカミの誘惑 公式サイト ⇒ http://www.ookami-yuwaku.com/ 【解説】 300万件を越えるアクセスがあったという爆発的な人気の同名タイトルのインターネット青春恋愛小説を映画化。 主演はこの作品で本格スクリーンデビューを飾るイ・チョンア、本作がスクリーンデビュー... [Read More]

Tracked on April 14, 2005 at 04:31 PM

» オオカミの誘惑 [シネクリシェ]
 オープニングには目を見はるものがあります。 スタイリッシュな映像と凝ったオープニングロゴで目を楽し [Read More]

Tracked on April 29, 2005 at 07:39 AM

» オオカミの誘惑 [Cinema-Absolutism]
オオカミの誘惑  2005/韓国  ★ 監督 キム・テギュン 出演 チョ・ハンソン / カン・ドンウォン / イ・チョンア  「火山高」の監督が、ネット小説を映画化。本国韓国では大ヒットし、「ドンウォンホリック(=中毒)」なる言葉も生まれたそうな。  …というかそれ以前に、脚本が支離滅裂で破綻だらけ。二人の番長の関係はおざなりだし、そもそも番長キャラじゃねーだろ、それ。主人公を巡る家族関係も説明不足、周囲のキャラクターもありがちすぎる。一体どこを評価すればいいのか。確かにカン・ド... [Read More]

Tracked on April 29, 2005 at 09:40 AM

» 試写会「オオカミの誘惑」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
試写会「オオカミの誘惑」開映18:30@千代田区公会堂 「オオカミの誘惑」2004年 韓国 配給=シネカノン 原作=クィヨニ、監督・脚本・脚色=キム・テギュン 出演=チョ・ハンソン、カン・ドンウォン、イ・チョンア 上映時間=115分 何を話してもネタバレになってしまうので、多くは語れないところがつらいところです。 主演の3人を含め、出演者の魅力についてだけ書きます。 美男2人にはさまれる超幸せ者を演じるのが�... [Read More]

Tracked on April 29, 2005 at 10:34 AM

» 『オオカミの誘惑』 [京の昼寝〜♪]
 「愛してるから、愛してると言えなかったんだ」・・・テソン  「愛しているから、愛してると言ったんだ」・・・ヘウォン  「ヘウォンがいると、テソンが気にかかり、   テソンといると、ヘウォンのことを思い出してしまう」・・・ハンギョン ■監督・脚本・脚色 キム・テギュン ■原作/クィヨニ ■キャスト チョ・ハンソン、カン・ドンウォン、イ・チョンア、チョン・タヘ、イ・チョンヒ、ソン・ジ�... [Read More]

Tracked on April 30, 2005 at 11:55 PM

» オオカミの誘惑 [kazhik.movie]
田舎から上京した女子高生、ハンギョンに対し、喧嘩を繰り返している犬猿の仲のヘウォンとテソンが同時にアプローチ。テソンはハンギョンの弟だと名乗るがハンギョンには心当たりがない。ヘウォンはハンギョンに対して強引に交際を迫るが、テソンは「姉さんは渡さない」と割って入る。 映画のチラシにはヘウォンとテソンを演じた二人しかちゃんと写っていなかったので、10代向けのアイドル映画かと思っていたが、そうでもなかった。派手な喧嘩のシーン、テソンをめぐる謎解きなど、みどこ... [Read More]

Tracked on May 24, 2005 at 06:50 AM

» オオカミの誘惑・・・・・・・ [サクっと]
オオカミの誘惑 デラックス版 イケメン二人とちょっといけてない女の子との三角関係な 「オオカミの誘惑」 タイトルからイメージするとなんだか危ない映画?  [Read More]

Tracked on October 25, 2005 at 12:17 AM

« 憩いの本屋 4/5 | Main | 「感じない男」を読んだ »