« 「感じない男」を読んだ | Main | 生協の白石さん »

April 06, 2005

源平合戦の道を歩く④

05_04_06_kiyomori105_04_06_biwaduka
 兵庫区の南にある清盛塚は長い間高名なお坊さんが清盛の遺骨をここに埋葬したという言い伝えのために墓とされていたが、道路拡幅工事に伴って発掘調査した結果、単なる供養塔だったことが分かった。兵庫津を作った人物にそばにいて貰いたいという地元の気持ちが入っていたのであろう。
 清盛塚と並んで建立されている琵琶塚は、清盛の親族で琵琶の名手の平経正の碑で元々は前方後円墳だったそうだ。
05_04_06_ireihi こんなところに太平洋戦争の神戸空襲の慰霊碑があるとは思っていなかった。火災で火にあおられて川のはたまできて亡くなったということだろう。しかし、中にはいるようにはなっていなかった。残念。
05_04_06_amidaji 楠木正成が首を落とされ、置かれた石だそうだ。湊川合戦でこの地で亡くなったのかどうかはよく分からないのだが、首を置いた石を他に譲り渡していたのが、こちらにまた寄贈されたらしい。その時代の話はめちゃくちゃ疎い。平家物語も安徳天皇が先日壇ノ浦で死んだと聞かされてそうなのかって、感じで、今年の大河で時代を勉強出来たらいいんだけれど、住んでいる場所なのにあんなまり興味がないのが残念でならない。
05_04_06_saikutuba これは、上記の石があった境内に設置されている。徳川時代の石切場があったようなことを書いている。
05_04_06_kenntyouato 数年前、運河をプロムナードとして綺麗な散歩コースになった。ちょうど、この写真の箇所が、最初にあった兵庫県庁の所在地である。ここに県庁があったままなら、神戸市の交通網も大分変わっていただろうなぁ。
05_04_06_tyuuouitiba 神戸の中央卸売市場の特設である。この前を歩いていると、日本じゃないどこかアジアの街並みに見えるのが面白い。

 この続きは、私の勝手なつぶやきなので読み飛ばして下さい。

 今日面接があって、そのついでに上記をうろついた。本当にもう、自分の好きなことをして生きてるなぁって、頭はたいてつっこんで欲しいぐらいだ(笑)。 今日行ったところは、前にいっていたところと同じようなことを言われた。昨日来た人にしようと思っているのだが、あなたなら他のことも出来るので、昨日の人は長いことやっていた人だったから、でも二人も入れる余裕もないし・・・、他の出しているところがあるのなら、そっち行ってしうかもしれないですよねと、頭の中をぼろぼろ披露してくれた。よく悩んで返事をくれるそうだが、私は仕事は別にどんなんでも5時に終わることが出来るならいいのだが、建物がだめなのだ。断ってくれた方がいいなぁ。でも、なんで前回の続きのように、受けに言った内容以外の私がしたことがないことを言われるのだろう・・・。不思議な話だ。  昨日からおさんどんをしているのだが、就職したときにはやっぱり遅くなっていたので、全然していなかった。昨日も今日も美味しく仕上がって、いや満足満足。やっぱり、家で仕事出来たらいいのになぁ~。  昨年、ふらっと入ったさんちかの占いフェスタで、恋愛と仕事を占って貰った。占いなんて1年に1回行ったらいい方で、まぁ聞いてもいいことがあるかなって程度しか信じていなかった。今まで当たった試しがないから仕方ないのだが・・・。で、この前置きを書いていると言うことは、そう当たったって事なのだ。その時に言われたことで、誕生日の前後に私の周りにいた人、或いは知り合いからアプローチを受けますって言われた。昨年、自分より年下の男性からちょっとつきまとって貰っていて、自分のことを好きな人が好きになる私はいいなぁなんて思いだした頃、会う機会もなくなって疎遠になっていた。もしかすると、その彼が再燃してなんてちょっとは人生の楽しみにしていた。で、誕生日が過ぎて2、3日たった頃電話があった。ご飯食べに行かないかと、前の彼氏から・・・、がっくし・・・。何年ぶりかの連絡で、寂しい女でいたから、うんいいよと返事をしたのだが・・・、なんかずるずるいきそうでちょっといいのかなぁって思っていたら、約束をした何日か前に、酷い腹痛で治まらず病院に行った。歩けないぐらいで、場所が場所なので、婦人科まで行くことになって、えらい思いをしたのだけれど、別に何にもなく治まって終わった。その間だったので、腹痛で行けないと連絡して、もう連絡が来なくなった。これって、占いが当たって、何かのチカラで行かない方がいいよって働いたんだなぁって勝手に思っているのだ。  で、仕事のことは何を言われたかというと、私は広報向きだそうで、私もnetを使った広報的なものをしたいという気持ちが強い。彼がいうには、4月にかなり厳しい上司につくがそれで成長出来る広報の仕事に就けると言っていたのだ。本当にそんなことがあるかどうか分からないが、みんなに4月まで就職活動して、無かったら、バイトか派遣といいまくっていたのはこれのせいだったのだ。この間の会社も辞めた理由もこれが入っている。占い通りの人生なんてあり得ない。でも、当たって欲しいのだ。んなもん、無理に決まっている。広報なんて仕事したことがないんだもん。当たるも八卦当たらぬも八卦だよん~。  kannjinaiさんがTBつけて下さいました。稚拙な感想なんで、向こうにTBをつけに行かないのです。検索ワードで感じない男が無かったので、ブックマークで何回も書いていないか見に来てくれていたのですね。感想文で終わりの縁ですが、こんなblogにまで見に来てくれて有り難うございました。  今日コンビニで、「部屋のおいでよ」の漫画家原秀則さんの「電車男」が置いていた。ちょっとしか立ち読み出来なかったけれど、なかなかよさそうじゃないですか。忘れた頃に読んでみようかな。  昨日さんま御殿を見ていたんですよ。私叶姉妹に釘付けです。やっぱり、興味がある人多いでしょうね。あの真珠のような胸の肌に見とれてしまいます。美香さんは一体何を握られているのか分からない二人の関係、セレブの人達との関係、そしてどこから出てくるのか分からないお金。なぞがなぞをよぶので、惹きつけられてしまいます。もし男なら、あのような女性に興味は持たないけれど、目線は胸に釘付けでしょうね(笑)。スーパービューティ本も一時期欲しいときがありました。写真集もね。買ってどうするって感じなんですが、なんかいやらしくなくって、見てみたいんですね。  今話が出たので、書きますが、「感じない男」の中に、男性と同じように、同性のアイドルに性的関心を持つ女性達がいるといったことを書いていたのですが、それが気になる。本当にいるのだろうか・・・、興味あります。

|

« 「感じない男」を読んだ | Main | 生協の白石さん »

「わたしの頭ん中」カテゴリの記事

「歴史」カテゴリの記事

「神戸」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3591840

Listed below are links to weblogs that reference 源平合戦の道を歩く④:

« 「感じない男」を読んだ | Main | 生協の白石さん »