« バッド・エディケーション | Main | 05年度版 世界でもっとも美しい50人 »

May 03, 2005

憩いの本屋 05年5月3日

 東京人と大阪人という雑誌を神戸でも買える。東京人は、美術館で建築を見る特集だった。日本一美術館が多い街なので、本当に隣に東京都があったらって思っている人は多いでしょうね。美術館だけの移動でもいいんだけれど・・・。大阪人の方は、長屋の特集をしている。昔懐かしいタイル張りのキッチンや懐かしい形のカラン。写真で見る限りではいいなぁと思う。
 もうずっと、雑誌などでは自然派嗜好になっているから、昔ながらの土壁で呼吸をする住宅なんて言って、愛されている。今では小舞壁をくめる人が少ないだろうなぁ。震災後小舞壁の新築を見かけたことがあり、すげーと感心したことがある。でも、出来る職人を連れてきて尚かつ左官仕事が何度でも塗り込められるので、ただでさえ高くなっている左官工事だから、おとろしい金額の新築だっただろう。よく珪藻土を使うところが出てきているが、古い家のリフォームだと、シミが表面まで出てきてしまうことがある。自分でこしらえるならまだしも、金出してそんなことがあったらがっくりだ。昔和紙をクロスのように貼る教室に参加したことがある。クロスと違って重ねて貼らないと行けないので元々高いコストももっと高くなるが、味わいがあるのでいいかもしれない。今はドイツ製のエコクロスが呼吸もするし、飽きたら専用の塗料で塗装してもいいので、使っている人が多いようだ。でも、何をどうしたとしても、自分の顔のように手入れをするかどうかで家は違ってくるから、最初が良くてもあとがいいって訳でもないもんなぁ。それに、長屋や町屋がいいという人は、家に愛着と気概を持っているから出来ること、簡単に生きて生活するのが好きな人間には到底出来ないことなんだろう。最初がそこなら慣れるかもしれないが、私なんて子供の頃に住んでいた古いお家は木建ての窓だったので、冬はめちゃくちゃ寒かった。今は新建材ばりばりの家に住んでいるので、冬は暖かいし、光熱費もダウン。快適を知ったら、元には戻せないよ。まぁ、体にはばりばり悪いけれど(笑)。よく、ポパイとかで改造住宅の特集を昔していましたね。あれはあれで面白い。フリマで、雑誌をよく売るのですが、部屋や家の特集はすぐに売れてしまいます。
 Newsweeksで、今映画の特集をしている。今回は韓流スター達の座談会が載っていたよ。最後のスターウォーズとかね。アメリカ版のは、中国の特集だったが大してなかったのか、全然見つけられなかった。サイエンスAERAでは、いろんな科学を扱っていた。最近のを知るにはいいかも。CHAIでは、先月最初に来た仔仔とバービー・スーの来日写真が載っていた。ダイエットの特集が、ananとかクロワッサンでしていた。やる気が出ないので今回もパス。星座占いが流行っているのか、この時期でまたもや今後の恋愛運とかの特集をしている雑誌がある。そういやぁ、小学生のお母さんのための雑誌が創刊されていた。何て名だったか分かりませんが、今をときめくメソッドがプレゼントに付いていましたよ。CREAでフィレンツェの特集をしています。もう、何度でも行きたい街です。でも、海外旅行行き慣れてから行った方がいいですよ。

|

« バッド・エディケーション | Main | 05年度版 世界でもっとも美しい50人 »

「雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3966009

Listed below are links to weblogs that reference 憩いの本屋 05年5月3日:

» 教室 [教室---住宅なんでも辞典]
教室教室(きょうしつ)には、次の意味がある。# 教育を行う部屋のこと。多くは、学校の中の授業用に用意された部屋を指すことが多い。 「そこへ学ぶ」という特定の目的にために集まった教師と学習者の集団も指すこともある。(例:移動教室、補習教室、物理学教室) 転... [Read More]

Tracked on May 09, 2005 at 05:47 PM

« バッド・エディケーション | Main | 05年度版 世界でもっとも美しい50人 »