« 学校へ行こう~♪ | Main | だから、嬉しいのだ! »

May 30, 2005

電車男 読んだァ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 開口一発。マジで面白かった。んでもって、電車男さんの「友達に相談していた」ってくだり、気がついたら泣いていました。たった3時間ぐらいで読めます。感動するとかってのではないですが、面白かったです。手に取る機会があれば読んでみて下さい。電車男さんにも板住人にも儲けが入るわけでもないので、図書館でも人に借りてでもいいでしょう、PCの前にいる時間のある人はここで読まれたらいいと思います。機会があれば体験してみて下さい。
 昨年、友人に電車男さん自身のサイトを教えて貰ったことがありました。そこで、電車男がなぜ今有名なのかのはしょりだけを知りました。今はどこにそれがあったのか分かりません。書籍で出るという広告に、壇ふみさんの推薦が載っていて、面白いのかなって印象がありました。でもね、私は2ちゃんが苦手なんです。他の掲示板の書き込みを2ちゃんで悪口書いていたりするので、匿名性の強いところでしか意見の出来ないような人達の世界とか、友人の同僚が実名を上げて自分の会社の批判を2ちゃんで書いているとかではっきり言って、嫌な世界で関わりたくもありませんでした。HPの悪口とか、作品をけちょんけちょんにけなしてるのとか読むと、ほっとけよというのと、自分もあほなことを書くとアホがいると書かれるのかという恐怖もありました。書いている人間は当然自分も書かれて当然と気にはしないんだろうけれど、人のことを別にどうでもいい私は、そんな書き込みをしないのに、そんなところで載っていたりしたら、ショックで死んじゃうかもとか思っていました。でも、情報が早いというので、見ている人も多い。私も自分の興味のあるものがHPやblogで載っていないときがあり、2ちゃんでHITすることがしょっちゅうなので、2ちゃんの恩恵は受けているので、全否定は出来ないのですが、でもやっぱり、マイナスイメージを持っていました。そして、この2ちゃんがこれからやってくる世代の象徴でもあるような気がして、暗雲立ちこめる未来が追いかけてくるような気がしていました。
 でも、この本を読んで、ぱぁーと晴れてきたんです。誤解していました。そんなのばかりじゃありません。変な話ですが、これを読んでいる3時間ばかり、板住人と同じように彼動向を楽しみにしながら読んでいました。本当に、昨年の話だけれど今まさに2ちゃんで読んでいるような臨場感があふれかえっていました。知らなかった一体感を味わったような感じです。板住人が彼の帰りを報告を待つように私も読みながら待っていました。板住人はアキバ系の独身男達が中心だったようですが、なんか仲間になって入り込んでいました。その場にいたら、ロムだけではなく何か書き込みしているような気持ちになります。事実は小説より奇なりといいますが、別に奇をてらった話ではありません。偶然出会った男女の話で、誰にでも経験があるでしょう。でも、文字だけで電車男の真摯な態度や板住人の優しい気持ちが伝わるんですよ。事実っていうか優しい気持ちって、大事なことだなぁとそれがこの板話を素敵な話に変えているのだと思います。小説みたいなストーリーを貰ったわけではない。優しさを貰ったって感じです。
 この本で、3人の神を書いていましたが、やはり電車男さんの人柄が、みんなを優しい気持ちにさせたのだろうと思います。エルメスさんだって、電車で勇敢に立ち上がった男ではなく、彼の真摯な人柄に惚れたのでしょう。もう、いかにも恋の熟練者といった風情を隠しながら、彼と接している大人の女エルメスさんが、大人の女であったから、手を引かれて恋愛の道に電車男さんを導いて行けたのです。彼女にそうさせた原動力は、電車男さんの魅力と言うことでしょう。いやぁ、よかったよかった。
 で、エルメスさん贈ったエルメスのペアのティーカップ。詳しいことを載せているblogさんがありました。安くても1万5千円ぐらいです。助けて貰った感が強かったでしょうが、やはり生活レベルの高さを感じますね。彼が彼女の家で頂いたという松坂屋しか売っていない紅茶ベノア。電車男のHITで思いっきり売れているでしょう。で、ずっと、理解が出来なかった「125」。どういう意味なんだろう。板の番号でもないみたいだし、あと2つの名称が出てくるんだがこれも謎。って、検索していると何となく分かってきました。もぐらさんて電車男さんの同時期に脱毒男をしていた人なのですね。本にはそのコメントが無いので分かりませんでした。


電車男の詳しい情報 電車男の時刻表
感想リンク集 ここに前に書いた記事が知らない間に張られていて、そこからお越しの方が昨日でも8アクセスあったので、気にはなっていたから、この本を手に取ったってのもある。
小説 電車男
漫画の比較をしているblogさんがあります。 まるおの漫画生活さん

|

« 学校へ行こう~♪ | Main | だから、嬉しいのだ! »

「書籍」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/4336626

Listed below are links to weblogs that reference 電車男 読んだァ━━━━(゚∀゚)━━━━!! :

« 学校へ行こう~♪ | Main | だから、嬉しいのだ! »