« これからの映画三昧 春 | Main | 知るを楽しむ 何でも好奇心 »

May 05, 2005

ジャイアントパンダの素顔に迫る

 写真家岩合さんが中国奥地に入り、パンダの生態を写し撮る。
 ちっちゃな赤ん坊を大事にしているパンダのお母さん。どんなに汚くても愛らしい姿。パンダは5歳以上になると2年に1回仔を産む。パンダの発情期の声が凄いのには驚いた。お互い何か喋っているようなうめき声。オスは他のオスに勝って、メスに近づき、他の負けたオスに横取りされないようにさっさと交尾をすませてしまう。交尾後の2匹のいなくなった場所に、負けたオスがメスの残り香を探していた。すっげー。パンダってやっぱり動物なんだと、感じた瞬間であった。心のどこかでパンダはオスやメスではないような気がしていたのだ。ぬいぐるみのように思ってた。ちとショック。
 どんなポーズをしても愛らしいぱんちゃん。白浜アドベンチャーワールドのCMのやんちゃぶりが大好き。ぱんちゃんのためだけに白浜まで行ったことがある。なんとか、日本の所有のぱんちゃんを作ってくれ~。今の調子じゃ、もう、あげへん、もうかさへんと言われるよぉ~

|

« これからの映画三昧 春 | Main | 知るを楽しむ 何でも好奇心 »

「サイエンス」カテゴリの記事

「NHK」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/3983850

Listed below are links to weblogs that reference ジャイアントパンダの素顔に迫る:

» パンダ物語 [オヤジライター、かく語りき。]
たいへん短い記事なのだけど、なかなか面白い内容なのでご紹介したい(読売新聞配信:5月4日0時41分)。 見出しは『台湾総統、パンダ受け取りに否定的……国内取引扱い警戒』というもの。ほんとに短いので、全文を載せよう── 『台湾の中央通信によると、陳水扁総統は3日、外遊先のキリバスで、中国が贈呈を発表したパンダについて、「多くの人が歓迎しているが、(パンダを保護する)国際条約に違反できない」と述べ、慎重に判断する考え... [Read More]

Tracked on May 05, 2005 at 07:17 AM

« これからの映画三昧 春 | Main | 知るを楽しむ 何でも好奇心 »