« 四日間の奇跡 | Main | ジャンルバラバラかきなぐり »

June 30, 2005

びようのはなしだ

 昨日、友人E3に誘われて、美容の所に行く。
 昨年もつれていって貰った。その美顔器を購入すると、3人ぐらいは交流場所で体験を紹介することが出来る。E3は肌が弱いので考えに考えて今の美顔器を購入。結構お高い。で、半年前に私にどうかと誘ってくれたのだ。無職だし、同じような他に安いものがあるかもしれないと考えるような私なので、無理な押しつけも貰うもんだけ貰って帰ることが出来るから、ほいほいと体験しにいった。今までのそういったたぐいの営業とはちと異なる所だった。E3自体、無理なところに友人を連れて行くような人間ではないので、あんまり気にせずに行ったが、友人が考え抜いて購入したところだけあった。まだ、未だに営業を感じぜずにはいられないが、人間的にはとても感じのよい人達だった。昨日も半年ぶりに行ったのだが、変わらずというところ。ここは、アムウェイのような感じで儲けるシステムだとは思うが、人によってはずっと相談に乗ってくれて、ポジティブに接してくれるのが合っている人もいると思う。E3なんかは敏感肌をずっと気にしてくれる人がいることが心強いと言っていた。私は半信半疑だし、そんなに肌がいいわけでもないのだが、なんか凄い褒められるのだ。きめが細かい人は肌が弱いし、たるみやすいらしいが、なんかしらんが彼女たちはそれがいいという。どういいのか分からない。それと、殆ど何もしないので、夏場は洗顔だけでつっぱらないという話をすると何度も聞かれたり、顔につやがあると何度も言うのだ。これは、美容に興味がある人ならなんのこっちゃか分かるのだが、私は褒めて貰ってもそれがいいのかどうなのか分からない。で、こんな論法で美顔器が売れるのか?あんまり褒められたら美顔器いらないやん。わからん。本当に褒めているかどうかも半信半疑で、むちむちーとみんなに触られながらピーリングとかして貰ったのだが・・・。こんなん書くと、凄い肌きれいねんと自慢たらたら書いてるのかと思われそうなのだが、んなもん、そんなことないのだ。普通の肌やん。だから、不思議な論法でとまどってしまうのだ。
 で、私も加齢による肌の弱りには気になる。いつまでも、若く見られたいってのは、美容に全く興味なくても考えてしまう。昔、友人が何万もする高価な化粧品を使っていて、肌がぷりぷりだった。そっか、お肌の曲がり角になったら、そんなのを使ったらいいのだろうと思っていた。でも、考えてみると外から栄養分をずっと補給していたら、肌がじゃあ外から補給するのねと、自分で調整しなくなるのではないかと考えた。よく、マッサージする方がいいと聞いていたが、まてよ。体の他の部分で皺のあるところを考えると、よく動いているところに皺が出来るじゃん。笑いじわでカラスの足跡なんてその代表選手じゃん。マッサージしちゃいけないんじゃないだろうか。で、何にもやっていないと二の腕みたいに垂れてくるので、垂れさせたくないところだけ、筋肉運動させたらどうだろう。化粧とか、脂分を塗って日光を当てると紫外線とか熱で化粧品が化学変化するのではないのかとか、そんな風に論理づけると、普段みんながやっている化粧法っていいのだろうかと思って、何もしないようにした。だって、めんどくさいこともあるしね。私みたいなてーれべるがそんな風に考えてどうなるってのもあったし、化粧にお金をかけている友人はたるみが少なく皺もない。だから、何がいいのか分からず、うーんって思っていた。で、この美顔法。ここは、ファンデーションをみんな塗っていない。私が今まで思ってきたことがそのまま言われていた。私の論理プラス角質の深層を新しく若くするっていうことを言われている。それがどう作用するのかがよく分からない。でも、自分の考えが正しいと思うところがあったのは嬉しかったし、その人達がファンデーションを付けているみたいに、シミもなく顔が若いのは、その美容法が魅力的なのだと思わせる要素がある。もう一つ、私に対して宣伝効果があるのは、岩下志麻さんがそれを使っていると言うこと。やっぱり、それいいなぁと思ったが、本当にどうしていいのかちゃんと調べてからじゃないと、そこで言っていることが本当かどうかは分からない。購入するには場所もとるし・・・、まぁ友人が続けているので、その時期が来たら買ってもいいかと思った。
 この間、T1に日光は全部ダメと言われた。私は、ビタミンD(だっけ?)は、日光がなければ作られないと思っていたので、ちょっとは日に当たった方がいいのかと思ったが、T1がいうので、体全体を気をつけることにしようと思った。昨日の所で、肌が28日で生まれ変わるのは、赤ん坊の時で、今はもっと遅いことを知った。そうだったのか。もっと、知識がいるね。

|

« 四日間の奇跡 | Main | ジャンルバラバラかきなぐり »

「サイエンス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/4768598

Listed below are links to weblogs that reference びようのはなしだ:

« 四日間の奇跡 | Main | ジャンルバラバラかきなぐり »