« ニライカナイからの手紙 | Main | びようのはなしだ »

June 29, 2005

四日間の奇跡

 昨日、T1に誘われて行ってきた。
 これも泣く映画だった。で、おちはもう古典的になりかけているものを使っている。これなんか、いっぱいありすぎて、他とだぶらないようにするのが大変になってくるだろう。
 ここも、主人公自体が癒し系の人達なので、風景も美しい海岸線と静かな教会と癒し系なのだが、俳優さんのおしゃべりの方が癒される話し方だった。吉岡秀隆はどこででもそんなしゃべり方だよね。石田ゆり子もそうだった。あと、松坂慶子が画面に出るだけで惹きつけられる。子役の子が、友人曰く知的障碍児は、「アイアムサム」のショーン・ペンとどうしても比べてしまうらしく鼻についたらしい。私は、ちおりとまりこの顔の変化はうまいものだと思った。度々石田ゆり子に画面が変わるので、それから見ると代わり方はうまいのではないかと思った。
 俳優に関しては何とも思わなかったのだが、主人公の思いが深く感じられない展開で、如月の気持ちが見えてこず最後の言葉も平べったく感じたのが残念だ。真理子さんもめちゃめちゃ人気だった話も中途半端な感じがする。どれも今まで見たことがあるシチュエーションだから、粘りが足りない?両日泣きの映画を見たのだが、この作品の方が泣かすために作っていますという感じに受け止めてしまえるのが残念だ。何が足りない?
 最近の日本映画って死ぬ話多くないっすか?小説の映画化だから、死ぬ小説が多いってことかなぁ。 (敬称略)

 公式HP

|

« ニライカナイからの手紙 | Main | びようのはなしだ »

「映画」カテゴリの記事

Comments

かわいい娘が死ねばそれで泣くと思ってる人たちと、実際それで泣いてしまう人たち・・・

死を乗り越えることを「奇蹟」で誤摩化す物語

人の死をもてあそんでる

きらいだ
みんな嫌いだ

愛するものを自らの手で殺すイーストウッドは凄い。倫理面はさておき死と正々堂々向かい合い、悩み考えている。その物語作りの苦労が、演出の苦悩がフィルムに焼き付いている。
ミリオンダラーに書くべきコメントみたくなりました

Posted by: しん | July 04, 2005 at 01:11 AM

★しんさま
 かるーい死がそこに横たわっているという映画でしたね。深みがなかったので、物足りなかったですが、きっと、深読みせず泣けるという目的で作られたのでしょう。日本の一般層はそんなレベルなんですね。

Posted by: 海音 | July 04, 2005 at 10:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/4756255

Listed below are links to weblogs that reference 四日間の奇跡:

» 『四日間の奇蹟』 [京の昼寝〜♪]
 異国の舗道(アスファルト)に響いた銃声、少女の叫び、  血に染まるピアニストの指先。  …“奇蹟”への序奏は、そこから始まった。   ■監督 佐々部 清 ■脚本 佐々部 清、砂本量 ■原作 浅倉卓弥(「四日間の奇蹟」、第1回「このミステリーがすごい!」大賞受賞) ■キャスト 吉岡秀隆、石田ゆり子、尾高杏奈、中越典子、西田敏行、松坂慶子、平田満、石橋蓮司、鳥羽潤、西村和彦、小林綾子 �... [Read More]

Tracked on June 30, 2005 at 12:18 AM

» 四日間の奇蹟 [またつまらぬものを観てしまった・・・] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
テンション下がった。期待もしてなかったけど、ここまでつまんないとは思わなかった。 純粋にストーリー性だけで考えた場合、「マリコさん、災難だったね」以上の感想が出てこない。 ヒロインが不幸でさえあれば「純愛もの」と定義可能なのだろうか?(だいたい純愛ものって何よ?) 「ヒロインを不幸にしたのは自分の責任だ」、とか、「不幸なヒロインをただ見守るしかできなかった」、といった設定ならまだしも感情移入可能だが、本�... [Read More]

Tracked on July 04, 2005 at 12:26 AM

» 四日間の奇蹟 [欧風]
私は映画を観る時、定価(1800円)で観る事は殆どありません。毎回そんな金払って観てたら路頭に迷っちゃうので、前もって観たい映画の時は前売り券(だいたい1300円)を買ったり、公開後に観たくなったらレイトショー(1200円)で観たりしてます。他にメジャーな割引としてレディースデー(毎週水曜日1000円)があったりしますが、私は残念ながらレディーではないので(いや、おてんばだとかそういう意味ではなく(^_^;))、これは使えない。実家近くのシネコンには、珍しくメンズデー(毎週金曜1000円)があるので... [Read More]

Tracked on July 06, 2005 at 11:00 PM

« ニライカナイからの手紙 | Main | びようのはなしだ »