« June 2005 | Main | August 2005 »

July 31, 2005

こんなのがあるのかぁ

 ザイーガさんちで教えて頂きました。毎日blog更新がめんどくさくなった人のためのツールが出来ました。で、その簡単ツールで作った。blogです。


-------------------------------------------

たびたびこんにちは。
更新ばかりしているけど、暇じゃないんですよ。

またデザインを変更してみました。スタイルシートも変更したので少しは見やすくなったかなと思います。それに関して驚きの情報を入手しました。ちょっとここには書けないのですが、いやあ、まさかナニがアレとは…。

みなさんもどうでしょうか。オススメです。メッセでトラバでアフリエートよろしく。

と、そんな感じで生きております。

---------------------------------------------

 どうです。私らしくない文章でたまにはいいでしょう。

 あと、可愛いし、絶対勝てないゲーム

| | Comments (3) | TrackBack (1)

ぼけぼけなのさ

 今日フリマで、懐かしのSF映画のシングルレコード(小さいやつってそんな名前だったよね)を持ったおにいさんがいた。ひょぇ~、コアだぁ~こんなところで、そんなん見つけるとは・・・、blogに書いておこうっておもったのに・・・・。その映画の題名が浮かばない。私が知っているB級映画だったと思うが、風呂でうーんうーんと考えてみたが思い出せない。だから、こんなのがフリマで・・・ってのじゃなく、簡単に忘れてしまうキャッシュが少ない海音というネタで終わります。兎に角やはり気になるのだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2005

そらあかんやろぉ

 このニュースには、私は驚かされた。これに伴って、石原都知事はすぐに発表。http://www.fnn-news.com/realvideo/sn2005072908_300.ramいつも都知事とは意見が合わないことが多いが、これは素早い対応で私は嬉しいよ。友人が同じ事をしていた時にどこに行ってもポケベルを見ていた。地震があったかなかったかの違いで対応が違うかもしれないが、東京都だけの話ではないのだ。東京で起これば、日本全国が麻痺するんだ。そんなやつらは災害住宅にはいらんだろう。というより、首都の公務員にもいらないよ。首都を移すか、そんなやつどっかにやるかどっちかにしてくれと、次回の関東大震災のために熱く思うぞ!!

 で、TVでしった都知事の会見。ネットのニュースを探しまくったのだが、昨日の9時頃だからもう出ていないのかぁと色々探しまくったけれど、FNSしかなかった。どういう事だ!なんでだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ねむくなってきた

mokkosu_nagata05_07_29_01zoukana 持っているデジカメで仕事の写真を撮り、唯一部長のPCにだけ、SDカードが見られるために、いつも私が使っているPCに画像を送ってもらっているのですが、「こんなラーメンもいるの?」と聞かれて、思わず「ブログに使うので・・」って、ははは。で、使ってます。部長が一番会社の中でパソコンが分かるようです。ブログとはないかを唯一知っている可能性が高い人物。他は普通のお父さんばかりなので、知らないだろうし、別に興味もないだろう。
 もっこすは、普通のラーメンでもチャーシューがいっぱい入ってる。チャーシュー麺を頼んだら、思いっきり入ってくるのだ。この店の特長だね。課長とお昼だったので、ラーメン屋さんに入った。世のお父さんと同じで、小遣いに制限があるので、そんなに高いお店に行くことは出来ない。一番つらい立場なのは、お父さんなのだなぁと思う。面白い課長さんで、女性に簡単に話しかけたり出来るタイプの男性だ。仕事が忙しいからか、役に立っているのか、「もうすぐ1ヶ月になるけれど、分からないなりにも一人で出て、めちゃくちゃ苦労してつらい思いをする方がいいか、まだまだ僕について仕事を覚えていく方がいいか、どっちがいい」と、聞いてきた、ははは。知らない業界なんでまだ甘えさせて貰えるならと、後者を選んだ。他の人にもついて仕事も覚えるようにと、会議で課長が提案して、他の課長が私を1日連れていってくれることになったのだが、昼になると返してくれと言ってきたので、どうやら役に立っているようで嬉しい。
 2枚目の写真は、パッカー車の後ろに可愛いぬいぐるみが付いていたので写真を撮った。あんなのがついていると、後続車は気持ちが柔らかくなるよね。3枚目は、もっこすの店の辺からビルの上のものが見えたのだが、あれは何?象の後ろ姿のようだ。

 先日、その時歴史が動いたで戦艦大和の最期をしていた。ちゃんと見ていなかったのだが、最後のあの音楽が流れるなか、死を前にした士官のセリフがよかった。未来の日本の礎のために滅び行く大和が必要なのだと。くぁあ、しびれますねぇ~。そのセリフを反町さんが言ってくれたら、ばりばり似合いますねぇ~。
 で、昨日、前に座っている人と得意先の人がその隣に座って雑談しているところに忙しくてその時歴史が動いたの戦艦大和が見られなかったと話された。思わず、入り込んで「面白かったですよ。」と喋ってしまったのだが、私の隣に座る課長は本当に人の悪口は言わないし、ごちゃごちゃ言わない普通のお父さんタイプなんだけれど、前に座っている人は、ちょっとエキセントリックなタイプのお父さんで、一番の稼ぎ頭の人だ。なんか、いらんところで話に入り込んでしまったかなぁ。と、反省する。みんなに好かれるのは難しいけれど、嫌われたりすることは出来るだけ少なくする方がいいよね。大事にして行かなきゃ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 28, 2005

いい男それは遺伝子によって探求されていくのね。

 食べ物の次は、男の話かちっって思われそうだが・・・。
 昨日、大量に僕の好みの女性の画像てのを貼り付けて送って下さった方がいてなるほどと、朝会社に向かいながら、そういえば会社の社長やお金持ちは傍らに綺麗でスタイルのよい人を連れている。中身は知らないよ。きっと、聡明な人が多いのだろう。で、男性は種の保存の性格から、綺麗でスタイルのよい、見目の良い人を探しているんだなぁと感慨にふけった。だから、私は逆に・・・・なんだなぁと・・・。
 昨日その人に対抗しようと、自分の好きな異性ってのをうーんうーんとひねり出したが出てこない。興味ある人って、今は白州次郎にイチローちゃん。それぐらいしか浮かばなかったんだよ。坂本竜馬も好きだし・・・。やっぱり、干物女化していて、異性に感心がなくなってきているのかもしれないけれど、私の挙げた例は、男性の見た目とは逆に頼れる男って事で見ているんだろうなぁって思う。好みと言うよりは遺伝子的なものなんだなぁ。
 で、何となく男っぽさを感じてしまうところがいいのかもなぁ~。白州さんなんて死ぬ間際の最後のセリフは、看護婦さんに「右利きですか?」と聞かれて、「右利きですが、夜は反対です。」ってのなんだから。死ぬまでもオスの部分があったのが、いつまでも魅力的だった一つの表れだろう。イチローちゃんはそこいくと、白州次郎のようなタイプではないのだ。ただ自分の世界を完成させていく凄さに魅力を感じるのだ。彼が話す言葉は、おしゃべり好きな割にマスコミにはあまり語らないが、ウィットに富んでいて、何を言っても一家言を感じさせるものがある。アメリカの子ども達の前で、野球教室をしたときの彼は、「自分の持ち物を大切にしなさい。」と言った。何度も親や学校の先生から聞いたことがあるセリフなのだが、彼が話すと、彼に裏打ちされた言葉が大きく重くやってくるのだ。凄い人だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

素敵に昼ごはん!

 なんか、blogって誰にも言えないようなことが平気で書けるので、嬉しいなぁ~。一人語りなのに、なんか読んでくれる人がいて、有り難いなぁと思う。今日は、夕食を食べ過ぎてお腹いっぱいなんだよ。
 えっと、前に美味しくて素敵なランチを希望していると書いたのだが・・・。meetsって雑誌の特別本「神戸本」の新しいのが出たので、日頃meetsには期待大で接しても、答えてくれるので、早速購入した。例の通り、その本は眠ったままで何日か経ったのだが・・・、今日会社に行くのに持っていき、やっとページを開いた。
 元々希望はずっと元町・栄町通り。しかし、そこで就職することは出来なかったので、お昼ご飯を愉しむってのは大分諦めていた。だから、今日見た神戸本の地図を見ても、何にも載っていなくても当たり前ぇぇえ!?載ってるやん。やりぃ。喫茶店だが、なんか私好みの店が歩いてそう遠くないところにあるじゃないか。早速、行くことにしよう!素敵な昼ご飯の報告を乞うご期待!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

役所さんがぁ~

 とうとう役所さんが・・・。ブラピが出る映画で、日本を舞台にってので「バベル」ってのが以前から撮影にくると言われていたのですが、日本の俳優は役所さんが選ばれました。そのニュースが出ていましたね。
 友人T1が「バットマンビギンズ」を見に行って、渡辺謙が生かされていないと感じたらしいです。役所さんを大事に使って欲しいなぁ。彼の作品で一番好きなのは、「3匹が斬る!」ちなみに渡辺謙は火スペの「街」だったっけ。87分署シリーズを原作にしているやつ。あと、「残九郎」ってやつ。親の影響で、時代劇も多いなぁ~。あっ、会社に行かなくっちゃ。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

July 27, 2005

とろとろだるい。

ってかんじの状態です。今日は頭も体もまわっておらず、ふらふらしながら、地上を歩いていました。ここに顔見知りの男性の友人が見に来ることがないので書きますが・・・。顔見知りじゃなかったらいいのです。だって、日記だもん。
 今の会社のゴミが出しにくいのです。会社の前にあって、そこに始終人の出入りや喫煙場所があるのです。何でそんなことが気になるか。トイレにある女性用のボックスがいっぱいになったのです。で、そこから、目立たないように別の袋にも入れて、ゴミ箱に捨てに行くことにしました。他の階の女性に聞くとそれしかないとのこと。で、出入りが多い時間が終わって、今だとトイレに行き、それを持ってトイレに出たところ、課長が喫煙場所でたばこを他の人と吸っている。こっそり通り抜けようと思ったら、私に「あれが・・・」と話しかけるじゃないですか。手にはなんか持っている状態を隠しているそぶりで、このまま他の人が帰っってきたら、余計にばれるじゃないかと、課長と喋りながら、それを大きなゴミボックスに。それも隠して入れているのがバレバレなのであわてて閉める。その話が終わって、部屋に戻っても気になるから、誰もいないと思って再度ゴミボックスの蓋を開けて、他のゴミの袋を開けてその中に入れました。ほっと、蓋を閉めると誰もいないと思っていた。横にあった車に会社の人が乗っているではないですか・・・。ばれないようにって、バレバレなのだった。毎月これかぁ~。先が思いやられるなぁ~。男性がいっぱいいるところではそこまで考えていないだろうとは思うけれど、今まで掃除の人がいるところが多かったので、そういうことを気にせずにいられたのに・・・。はぁ~。女性は大変なんっすよ。でも、今日はとろとろだるい感じだったから、おおぼけ噛ましているのかもしれないが、そんな日に限って、凄いなぁようきがついたなぁって・・・、どうなってるんだろう私は・・・。頭回っていない日だったのに・・・。
whitering 今日本屋に行ったら、働きマン2が出ていた。読んでいない漫画本が何10冊になろうとしているのに、それと、吉田さんの「イブの眠り」を購入しにレジに向かったら、写真のものがレジに置いてあるではないか。そっか、こんなに身近に・・。漫画本と一緒に購入した。取りあえず周りが付けていないので、付けていないうちに付けておこう。人がし出したら恥ずかしくって付けられなくなるしね。って、東京じゃ付けてる人多いのだろうか???こっちでは見かけないが・・・。購入しても、付けていないんだろうと思うが・・・。だから、あえて今なら付けよう!300円。そのお金が寄付の回されると、最近映画館でやっている。赤い羽根募金とか選挙の札みたいなもんさ。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岡八郎さんが亡くなった!

 子どもの頃に大好きだったのだ。と言っても、すぐに出てこられなくなって、とても寂しい思いをしていた。この人と花紀京さんとのやりとりが面白かった。土曜日のお昼はよしもと新喜劇という子ども時代だったもんなぁ~。関西ではみんなそうか。「文句があったらかかってこんかい。」とか「通信教育の空手」とか、面白かったなぁ~。昔出ていた人って最近出てこないよね。寂しいなぁ~。花紀京さんも好きだから、出てこなくて寂しい~。今好きなのは、内場勝則さん。石田靖さん。かな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 26, 2005

困ったなぁ~

 今日給料を銀行に入れに行ったら、マイナスが二十数万円になっていた。給料は15日締めなので大して入っていなかったしで、マイナスは大して減らなかった。どうしよう。8割しかマイナス出来ないんだよね。もうすぐ、家賃の引き落としがあるのに、どうしよう~。どうしよう~。定期そのまま入れ直さず、少し置いていたらよかった。がーん。仕方ないおばばさまにお金を借りるか~。お金がないからいっぱいすることが止まっているのだ。癖がある髪の毛に酸性マイナスイオン縮毛矯正なるものを施して貰いに行きたいし、愛用の眼鏡の表面のコーティングが取れてきているので、買い換えたいし・・・。あと、今の仕事するなら、再び大きな手帳が欲しくなった。今はヴィトンの6穴の手帳を使っているが、プライベートしか記入出来ない。さて、何にするか、これはわくわく。
 あと、無職の時も払い続けてきたシグマリオン。定価はなんと10万もするのだ。出たときに購入した。5万は切っていた。PHSで使い放題でネットを見ることが出来る。私の場合は、PCに来ているメールの返信とこのblogの書き込み等に使っている。購入時は仕事で使っていた。PHSの料金は月5千円ぐらい。で、PHSが将来的にはなくなりますという通知を先月受ける。携帯のデータ通信で月5千円の定額なんてまだまだあり得ない。今携帯で、ネットの情報が見られるようになってきているのだが、やはりシグマリオンの方が見やすい。でも、だんだん入らなくなるんだろうなぁ。困ったなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウコンって困った名前だね(笑)

 先日、道の駅でウコンがたくさん入ったのを200円で売っていた。カレーに入れると書いていたし、友人Sもすって入れるのよ。と教えてくれたので、早速、おばばさまが冷凍にしていたカレーにすったウコンを入れ、夕食で食べた。どんなんか分からないからと、少なめに入れたそうだが・・・、苦い。食べられない。勿体ないので頑張るが無理だった。何にも考えていなかった私が悪い。仕方なく、二人とも食べるのを止めて、ワンタンメンを急遽作った。さて、ウコンってどうやって食べるんだぁ???
 調べてみると、やはり、この苦さからは逃れられないようだ。しかし、生で頂くことに効果があるらしい。必要な量は親指程度の10gぐらいだそうな。擂って入れるのは正解だったが、量が違っていただろう。で、スライスして天日干しにし、ミキサーで粉状にして毎日とるっていうのを薦めていた。めんどくさい、本当にめんどくさい。でもあと何個も残っているので、何とか、スライスして天日干ししようではないか。本当かな?するのかな?本当にするのかな?
 肝機能に効果があると言われている。とりすぎて肝硬変が悪くなったケースもあるそうな。健康食品も気をつけなければならないんだなぁ~。おばばさまが血圧が上がっているので、それでこれを摂取させようと買ってきたのだが、血圧には一体何がいいんだ?調べると、ダイエットにも効果があるというギャバがいいそうだ。って、健康食品被害がいっぱいあるので、本当かぁって疑わないといけない。この間、クローズアップ現代で取り上げていたのは癌が治ると言われていたア○リスク。治ると信じて治ればいいが死んでしまってはどうしようもない。やはり、何でもも疑わないと。また新○宗教みたいな健康道場みたいなものが話題に出ていますね。病気になれば藁にでもすがりついてしまう。その気持ちを逆手にとるなんて、許せない所業だ! 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2005

今日は早かったんだよこれが・・・

 今日は朝の6時に家を出たんだよ。東京のベッドタウンから出勤するお父さんには何のそれしきと思われそうだけれど、さすがに朝が早いと、しんどい。って、こんなの書かずに早く寝ろよってことですかねぇ~。ランナーズハイ状態かも・・・。
 最近、ブックマークが増えてきました。と言ってもそんなに多いわけではないんでしょうけれど、私的には増えています。あんまり、面白い日常ではないのですが、なんか私みたいなのでも読んで下さる人がいるというのは嬉しいです。頑張って書きます。もっと、情報集めてきますね。
 で、記事がたくさん書きすぎて、100メガを借りているのに、75ぐらいになってしました。また、ランクアップしないといけないかなぁ~。その期間だけの情報の記事などを削除したらいいんだけれど、なかなかめんどくさいです。niftyさん、使用出来る量を増やして欲しいなぁ~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

トップランナー ~CLAMP

 昨日のトップランナーは女性漫画家集団CLAMP。あまり世間に出てこない彼女らだったが、女性誌に特集記事がでるなど、新たな展開が始まったのか!?
 漫画続きで昨日見たこの番組を書こうと思った。
 私は、あまり、CLAMPの作品は知らない。彼女らを好きな友人から、「聖伝」「東京バビロン」を借りて読んだことがあるが、ピンと来なかった。しかし・・・。「カードキャプターさくら」にはちょっとはまった。えーおとながぁって思われるようななかよし連載の小学生が主人公の漫画。カードを集める主人公木之本桜も可愛いのだが、登場人物すべて可愛いのだ。知世ちゃんとけろちゃんの存在が大きい。で、前にも書いたが、彼らが住んでいる友枝町って街が好きだ。私はアニメを見てとうとう毎週見ることになってしまったのだが、毎週お洋服が違うし、けろちゃんタイム何てやっていて、なんかくすぐるんだよなぁ~。このアニメの方の脚本を原作の大川さんがやっていて、連載中の漫画の原作もありで大変だろうなぁなんて思っていた。そのCLAMPのシステムを聞くことが出来たのは面白かった。漫画家さんって殆ど外に出ないで仕事をしていますよね。4人も朝11頃からお酒を飲みながら打ち合わせなどをして、個々の部屋で分担された仕事をこなす。大川さんは原作担当。脚本のように仕上げていく。もこなさんは絵コンテみたいな感じで、コマ割をしていく。いがらしさんが、キャラクターのペン入れをして、猫井さんが背景・仕上げをするって言っていたかなぁ~。絵が違うときもあるので、漫画によって仕事内容が変わっていくみたいです。12時ぐらいまで仕事をしていて、アシスタントは全く使っていません。
 なんか4人の生活を聞いていると、ある意味連帯されていて、喧嘩もあるみたいだけれど、とても仲がよくて、なんか理想の形にも見えた。珍しく山本さんの質問の方が多かったね。二人とも読んでいるのかなぁってちょっと思ってしまった。しかし、作品の世界を聞くよりも、彼女たちの人間の姿を見せて貰えたので、彼らのMCでぴったりだったような気がする。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

マンガノゲンバ

 先に杉浦日向子さんがお亡くなりになったことを書きます。まだお若いのに、とても残念です。癌だったそうです。http://www.asahi.com/obituaries/update/0725/001.html
 前の会社の上司が、ガロ好きだったので、好きな彼女の漫画の新刊を買って私に何冊かくれました。今持っているのは、その方が下さったものばかりです。とても印象に残る漫画を描かれていました。荒俣宏さんと結婚されたときは、両方ともこれ以上ない組み合わせだと、趣味人同士の結婚に感じ入ったものでした。

 今日、録画していたNHKのマンガノゲンバを見る。漫画のトピックスという感じで進行していたので、別に2人のコメンテーターはいらないと思うけれど、今後の展開に必要なのかな?
 最初に、山下和美さんの「不思議な少年」を紹介していた。この作品、有名なので私でも知っていた。主人公は不死の少年。色んな時代を行ったり来たりしている。ストーリー等面白そうだと思ったので、機会があれば読んでみたい作品になった。そんなことには驚かなかったけれど、この作品はなんと、締め切りも枚数も決まっていないとのこと。とうとう、マンガ家の概念が変わりだしたような気がした。自由に書いて貰っても、面白いものが期待出来る、読者が付くという、編集者主体ではない作家主体の世界も出来上がってきたと言うことかも。今の方が能力の高い人が出てきているように思う。知識や表現と言うよりも、人間性の高いものが増えてきているような気がする。対大人という漫画のカテゴリーが充実された結果がこういう事なのかもしれない。
 漫画のトピックスでは、手塚治虫賞をとった青池保子さんや永井豪さんなどが参加したブラックジャックトリビュートなるものが発売されているとの情報。詳しいことはねがすぱさんのブラックジャックトリビュートという記事で書かれている。ここには載っていないが、青池ピノコと永井ピノコは是非見てみたい。
 あとは、両親が通り魔に殺され一人で生きる少年キーチの物語「キーチ!」が紹介されていた。
 最後に、浦沢さんの紹介があり、「PLUTO」は手塚さんの作品を広げていくのは、まだ手塚さんからGOサインはでないだろうと思うのに、プロデューサーの自分がそうさせたと言っておられたのが印象的だった。手塚さんの作品ではたった7枚しか出てこない話をあんなに広げていくなんて、「帰っておいで。ピアノを練習する時間だよ。」と言うセリフは、読んだときもこの番組で取り上げたときもじーんとこころに響きます。「20世紀少年」の新刊はCD付きなんだよね。今まで友人のを借りているので、途中までは読んでいるんだけれど、購入したくなりますよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 24, 2005

電気屋さんへいった

 今日、掃除機を買いに行ったのだ。電気製品って安売り大型量販店ってのは相場が決まっているってもんだが、神戸っていう街は、今は減ったけれど、電気屋さんと喫茶店が他の地域と比べて多い都市なんだ。京都の喫茶店の少なさに神戸市民は泣いてるよ。まぁそんなことはどうでもいいのだが、昔から神戸に住んでる人には近所の電気屋さんってのがあるんだよ。で、量販店とは違い、金額は高いがサービスがあるって感じなのだ。最近はそれでは難しいんだけれどね。で、いつも何かとやってくる電気屋さんに高いものではないのでまぁいいかと買いに行った次第。購入する前に各量販店チラシをチェック。新型は610Wとか630Wとか書いている。ナショナルなら48,900円だった。さてそこは・・・、で、610Wで38,900円ってのがあったので、取りあえずそれにしようとちょうどよいものが見つかった。もってきて貰って、早速掃除をしたら、以前買ったものよりも凄い音で重い。やっぱり、種類がないから選べない分、しまったかなぁなんて反省した。でも、この電気屋さんが無くなると困るのだ。商店街のお店ってどこも厳しいから、共生でやっていくしかないんだ。と、そういったことで納得するのであった。で、貰った福引き10回もひけたのに、全部5等。私の次の人は3等を出していた。う~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おぉぉー

 電車男が夏休みの宿題になったらしい。
 煙いblogさんより
What will the future be between "trainman" and the heroine "Hermes"?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

概念芸術ってちょっと興味が出てきました

 ヤノベケンジさんのアトムスーツプロジェクトを見て、メッセージ性をいうか色んなものを受け止める凄さを改めて感じた。以前、新日曜美術館でも彼を取り上げていて、知っているのだが、最近「聖☆高校生」の新刊を買って、まだ忙しくて全部読めていないのだが、その中で、作者が概念芸術を語っているところがあり、なんとなく知っているものの初めて知ったという感じでもあった。概念芸術は、現代アートであるので、一般的ではない。しかし、昔聞いたことがないだろうか、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの出会い。オノ・ヨーコの作品を見たジョン・レノンが興味を持ってから、二人はつきあいだしたのだ。彼女の作品は、天井に届くようにしていて、天井まで届いたら読める小さく書かれたLOVE&PEACE。いっぺんに興味を持ったであろう。記憶が定かじゃないから、この話が全部あっているかは怪しいが、これが有名な概念芸術の作品じゃないだろうか。
 ヤノベさんのHPを見て、廃墟となった街のメッセージを私は違う形で惹き込まれていった。彼がたどり着いた街並は、すべて廃墟。役に立たなくなった機械や軍の装甲車がまとめられたり、普通の家庭の住まいがあったりする。そんな廃墟に惹かれていく自分がいる。その中に入りたい。アトムスーツを着なくてもその中で暮らしてみたいと思った。忘れられた街。なぜにそこまで廃墟が私を惹きつけるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱりNHKとよみうり三昧

 とうとう友人Rお奨めのEBIちゃんが浮上してきました。
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1298199/detail?rd

 昨日サイエンスZEROでディープインパクトをやっていた。ほんとにこの番組面白いよね。しかし、時間帯が時間帯だから、食事をしながら録画の時でも見てしまうので、おばばさまのおしゃべりを聴きながらになって、集中して聞けない。たまに「だまれ!」って言うと、それ以上に返ってくるので、どうしようもない。
 昨日やっていたのは、彗星にインパクターを当てるっていうディープインパクトが7月4日に行われたのでその関連の話をしていた。彗星って泥土を混ぜて作った雪だるまって感じらしい。その彗星に秒速102キロに近づき、微調整しながら、映像で撮ることが出来る光の当たった部分を狙います。ぶち当たったときの達成感は凄かったでしょうね。2005年1月からなので約7ヶ月にも渡って、インパクターの軌道を修正していった訳なんだから、しかし、幼いと言うか、ガキの私は、達成感で祝う彼らを見ながら、映像を送り続けたインパクターが衝突の以降画像が無くなり、破壊されたことに衝撃を覚えてしまいました。どうして、たった45分のTV番組のつきあいなのに、インパクターという機械を擬人化してしまうのか・・・、乗馬していたときに馬によく話しかけていて、他の生徒に先生が私のように接しなさいと褒めてくれたけれど、私って大分変わった人だよね、この間、メールでサイコだぁと意地悪書かれていましたが(その人の方が師匠のサイコさんだと思っているのだが・・・マスターサイコか)、私の擬人化は人間とつきあうよりそっちの方がいいという現れなのかなぁ、そんなことないと思うのだが・・・。
 そのインパクターにより、衝突後の飛散した形状でどの程度の堅さや物質が含まれているのか、また飛散したものを採取して、宇宙起源からの生命物質を研究していくという多方面での情報が得られていく。見ているとわくわくしてしまう。

 日曜日の朝は、いつも所さんの目がテン!を見ているのだが、エクアドルの夏休み取材で、バナナダイエットもやっていた。矢野さんが2週間ビタミンバランスの取れたバナナを1日18本2週間とり続けていた。で、結果は5キロのダイエット成功。体脂肪率も下がっていた。他の試した人も2キロから4キロと痩せていた。毎日バナナを食べるか?脂肪を分解する酵素か何かが入っているらしい。

 わくわく授業でごんぎつねをやっていた。見ていたら、やっぱり小学4年生相手の授業でも勉強になるなぁと感じる。こういう童話を幼いときから読んで、どんな気持ちか主人公はどんな気持ちになるか、それによってどんな風に出ている人達が主人公を見ているかと考え、自分のものにして、実社会で役立てて欲しいと思った。人の気持ちを読む、気持ちをいたわるというのは、大人になってからは学べないものだから、別に読まなくても、気を回さなくても、十分生きていけるけれど、対人間とか、仕事とかだとそんなやついらんでってことになる。日本だと必要だよね。

 で、その後の課外授業ようこそ先輩が面白かった。朝の再放送はバラバラでね。今日は現代美術家のヤノベケンジさんの授業だった。最初の太陽の塔に入っているところは家の片づけをしていてちゃんと見られなかったのだが、それ以後の先生の与えた課題から見ることが出来た。先生は、クラス全員の写真を撮り、5分の1の手足が動くものに前後ろの写真を貼り付け、自分が5分の1になったときにしたいことという課題を与えた。最初は、ごくありふれた内容だったが、これではいかんと渇を入れ、翌る日みんながもってきた想像力に先生は満足し、早速書くグループに分かれて、それらをまとめてストーリー作り、紙芝居にしなさいと、各班デジカメを渡されて、大変楽しい話を見せて貰った。人間の想像力っていいね。面白い。ヤノベ先生からの指令で、いたずら軍団が、学校の先生にいたずらをするというのが面白かった。財布を隠して、先生の太い指では届かないとか、画鋲に刺さったと、倒れ込んで、5分の1の彼らが先生の少ない髪から髪の毛を抜くといった紙芝居だったが、作っている方も、こんな事をすることの楽しさを感じ入っていた。今の子は色んなツールがあるので、簡単に作品が出来上がるなぁとも思った。
 前にやっていた古武術の甲野善紀さんの力を体全体に入れて、重いものを持ち上げるっていうのは、真剣に習いに行きたいと思った。勉強になるなぁ~。来週は京菓子司の人が京菓子を教えてくれる。いいなぁ、そんな体験してみたいや。

 本当に、よみうりとNHKばかり見てるよね。

 ドレミノテレビので、面白いのを見つけたのだ。www.nhk.or.jp/doremi/game/game1.htmlで、ボタンを押すと色んな音が出てくるスピードをゆっくりしていると、ゆったりした気分になれるよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

考えるのであった

 いつの間にか、6万アクセスを超えていました。今日はアクセスがあまり無い日です。金曜日とか土曜日ってアクセスが減りますね。
 今日会議の際に、パートで来ている人の話が雑談で出ていた。会議は課毎に行われていたのだけれど、同じ部屋なので、隣の課の雑談が聞こえてきた。パートの女性が割とユニークな服を着てこられていたのだ。どっちかというとカジュアル、私は彼女に面白いですねとか話したことがあったのだが、どうやらそれはこの会社ではまずいらしく、部長が仕事にはちょっとという話をされて、彼女はではどんな服装をしたらと他の女性に話していたらしい。服装もそうなのだが、体型的な話も出たので、最初は服かぁと聞いていたが、あとの話は同じ女性としては聞きたくなかったはなしだ。女性ばかりでも、男性の体型や頭の話が出るから、同じだとは思うけれど、聞いちゃうとやはり何か言われている私の見えていない世界が存在するのを感じてしまう。自分が大して人のことに興味ない分、どんな人でも楽しくつきあえるから、悪口の内容って浮かばないのだ。でも、逆に私は性格も悪いし、顔も面白い顔をしてると思うし、体格もサイズは9号ではないから、何でも言われているかもしれないのだけれど、そういうのに遭遇すると、やっぱり、つらいですね。その人はよく気がつく感じのいい人なんですが、会社的には必要な時間帯にいて貰えないので、簡単に切ったらいいねんって話になって・・・、やっぱり、私って甘い甘すぎる、こんな社会の中にいて、えー年になっていくのに、こんなに甘くてどうしよう。甘いって言うのを自分も甘く対応してという心の弱さを出しているのだと思う。色々考えた会議だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2005

今日はワイン!

kondoutei02kondoutei01 ワインが美味しいと友人T5が連れてきてくれた。今日は、友人Sが不参加で5人でこの店に行ってきた。最初に出たワインが2枚目に載っているワインで、とても気に入ったので写真に入れることにした。食事もデザートもワインが美味しく味わえるようなお料理だった。お店で選んで貰った3本とも飲みたくなるものだったが、2本だけ、それも2本目は殆ど飲んでいない。最初にのんだビールでかなり酔いが回って、普段よりバカなことを話していたかもしれない。友人先月結婚したT5のおのろけ話を聞くが結婚前から何年ものろけられているので、もう痛くもかゆくもない。今日は、以前に行った日本酒の試飲の話を再度していた。やはり、一緒に生きる相手は嗜好が似ていないとダメという話を聞きながら、過去につきあった人達を思い出した。確かにみんな嗜好が似ていたなぁって。ラーメンも餃子もお好み焼きも焼き肉もたこ焼きもワインも日本酒も飲めない人は寂しいかもしれない。もう少しお願い出来たら、京のおばんざいもニンニク料理もフランス料理もベトナム料理も寿司もフォアグラも生レバーも牡蠣も食べられたら一緒に楽しめるのに、でそばアレルギーなのでそばを一緒に食べない私でもOKで、コリアンダーが苦手だと嬉しいなぁ。あとはどんな変な人でもOKなんだけれど・・・、相手が怒るか?なーんて、思いながら聞いていた。

 前に書いた吉丸美枝子さんの本を見つけた。「笑顔筋でスーパー美容法」と「なりたい体型になれる美ボディ・ス-パー美容法」というのが出ていた。友人Sが言っていた二重になる方法でちょっと試してみると、何となく線が出来てきたような。本を買ってみたくなるよね。何にもやる気が起きないので、これなら出来るかな?詳しい団体のHP beautysmile.ciao.jp/index.htmlがあったので、そこでちゃんと読んでから買おうと思う。そのHPを見るとくだんの先生は56歳なのに若々しい写真が載っている。しゅごい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2005

ひたすら、ねむい

kamakirimorfo 今さんちかで虫の標本の展示をしている。大の大の大嫌い。蝶々なんてやってきたら、逃げてしまうよ。でも、まぁ、折角前を通りかかったのも縁と入っていった。前に熱中時間に蛾屋さんが出ていた。蛾屋さんとは、蛾の収集をしている人。確かに蛾の大きさは凄いし、インパクトがあるけれど、怖くなって先へ進んだ。1枚目は皆さんご存じ、仮面ライダーの原型であるカマキリです。怖いですね。凄い形ですね。びっくりしますね。思わず、淀川さん口調で書いちゃった。2枚目は、天国の青い蝶って題名の映画の中に出てくる美しい蝶。
 やう゛ぁい、眠たくなってきた。「電車男」面白いらしいから、見るつもりなのにぃ。寝そうだ。
minnka 今日は明石まで行ってきた。で、その近所の建物が超日本家屋で嬉しくなった。お客さんに、スイカを頂いた。白いパンツだったので、シミが付かないように、必死で食べた。

 なんか、家の外と内では違う世界なのだ。本当に会社の中の人達は、ふつうのひとたち。検索したら、自分の彼氏が自分との性生活を赤裸々に語っていたというブログを発見した。この書き方で分かるだろうか、眠ながら書いていた昨日の分では、まるで自分の彼氏が赤裸々に書いているというように書き間違えていた。彼氏もいないのに・・・・。他に社長に強制されて、女装して、夜の接待の相手をしているという人のも見つけたこともあった。これなんか、飲む席で、色んなところを触られたりすることを告白していて、本当は女性にそんなことをしたいというのが現れているんだろうと、男性の情けないところをかいま見たりする。で、会社の人達には上記の話何て絶対分からないような世界にいるような人達なのだ。本当は、普通で裏の顔が出ているってこと?
だめらねむい。何かいてるのか自分でも分かんないよぉ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 20, 2005

ラーメン大好き

genkotsusanjinsanjin 芦屋から東灘の2号線周辺にラーメン屋さんが多くなっている。この写真は、博多ラーメンげんこつというチェーン店。500円ぐらいでご飯まで付いていた。美味しかったよ。で、2枚目は最近出来た山神山人という店のラーメン。中央体育館の西側に出来ている。面が細く、スープも美味しかった。セットで、780円。結構並んでいる。ゴスペルの帰りに、友人E3の夫婦と2号線の尻池の辺に出来たラーメン店に行く。ここも美味しかった。
 お昼は外に出ている。課長と外に行ったときは、上記のように美味しいラーメン屋巡りをしているのだが、社内にいるときは、その周辺に行っている。お弁当をもっていくと、昼の電話取りにさせられそうなので、そーいうことは日直の日だけにしたい。で、最近ハンバーガーばかり食べにいっているのだ。お金がないのも確かだけれど、ご飯食べた後ものんびりいられるところって無いでしょ。そんなところだと、追い立てられないし・・・で入っていることが多いのだが、なんか以前は精進料理みたいなそこまでよくないけれど(笑)、野菜ばかりが多かったのに、摂取内容が変わって、生理現象も変化が起きているのだ。これはいかん。
 一番いいなと思っているのは、旧居留地のビルの中に京都のおばんざいの店があるのだ。偶然見つけて入ったことがあるのだが、美味しい。で、もって、人がいないからゆっくり出来るのだ。しかしそこは、会社から離れすぎているので、当然お昼は無理。はぁ~。
 理想のランチは、
 日替わりがある。野菜の煮付けが薄味で美味しいこと。人があまり来ず、ゆっくり本が読めること。シグマリオンのPHSが受信出来ること。JAZZも流れている方がいいなぁ~。美味しい珈琲も入れてくれて、700円台で納まるところ。常連になるから、誰か作ってくれ。

 課長が昨日、「元気になるおまじないや」というて、私の引き出しに入れてくれた。
kinnikuman もちろん、この写真は課長ではなく、隣の課の人だが、面白いので見る度に笑ってしまう。もちろん、おねーちゃんにペンで書かれて、写真まで撮られて、本人は覚えていないから、面白がった課長がもっていて私にくれたって事だ。本人は私がもっていることは知らない(笑)。今日のはぶれていないだろう。えへん。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ていあん!

 えーっと、
 床にある点字ブロックの近くは意識的に歩かないようにしよう!
 あれがあれば、必要な人の歩行には差し支えないのだが、人が多いときに、意識せずにそこを歩く人が多いので向かってくるのが怖いそうなのだ。で、CMでも妨げになるのはどけるように言ってるけれど、必要な人が歩いているのまでは気にしてみんな歩いていないので、出来るだけその辺を歩かずに、空けておいてはどうかって、ことです。
 これ読んで、そうかもと思ってくれたひと、よかったら明日から、気をつけてみて下さい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おしりを見てしまう

 6時になったら一斉にみんみんみんって、うるさい毎日が続いています。もう、なつってかんじで、大好きだぁ~。
 男性が多いので、薄着になれないのがつらい。車が多いのでスカートもはけないのがつらい。でもでも、夏ってすきだぁ~。あんまり、外ばっかり行っているから、汗疹が出来てつらいのはいやだ。
 三宮に通うようになって、通勤時間に人を見るのが面白い。別に顔を見ているわけではないよ。なのに、顔をじろじろ見る人って意外と歩いているんだね。私、顔を洗うときのヘアバンド付けたまま来たか?とか、自分の顔にご飯粒でも付いているのかと気になっちゃうよ。で、私はなんか腰のあたりを見てしまう。歩き方ってみんな違うので面白い。男性のは見ても面白くない。なんかお尻の形がね。バレエダンサーとかのお尻みたいなら見ちゃうだろうけれど・・・。あんまり面白くないし、たまに太っているのに、お尻に皺があるズボンをはいている人を見ると、お尻を合わせろと思う。
 で、女性の歩き方って、男性より色んなパターンがある。一番面白いから見ちゃうのは、歩くたびに、お尻を足の上に乗せているような感じで歩いている歩き方。かくんかくんって右左右左と抑揚が付いている。あと、最近のヒップのあたりのパンツの影響か、パンツにちょこんと乗っているお尻がなんか面白い。
 やはり、私が女性でも、チェロのように体がくびれた人を見ると、見てしまう。細い人が多くなったけれど、全体的に細い人が多くなった。その分、ぽっちゃり系が目立つようになった。無理しているお尻は魅力的には思わないけれど、サイズに合っているのをきている人は、ぽっちゃりしていても魅力的だ。私は無理しているタイプになっているだろうなぁ。
 歩き方だけは、デュークさんのように歩けるとかっこいいかなぁと、思いついたときに歩いている。

 そうそう、前も書いたけれど、京都のエレベーターが左右どっちかが分からなくなって、両方動かない。私の後ろの人が「ごーあへー」と叫んでいたが、どっちも進まない。どうよ。

 他の人って、どんなところを見てしまうだろう。見ないかなぁ普通。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2005

今日はいちのみや観光

 多くの郡が市に変わった。友人ちも宍粟市に、そういうところって、町で動いていたから、何かと違いすぎるのが気の毒なところでもある。
05_07_18_01 今日は、南米に赴任して、今年帰ってきたT4宅にお邪魔した。赴任する前は神戸に一人暮らししていたが、実家に帰ることになった。仕事もまだ焦って探してはおらず、スローライフを実行中。そんなお宅に、友人Sと訪問した。この写真、彼女の部屋の写真。友達が来るからと綺麗にしたと言うがめちゃくちゃ綺麗に片づいていると思う。あんなに私より荷物の多い人が・・・。私なんて・・・お見せ出来ません。Sとなんか観光局の事務所みたいやなぁと笑った。
05_07_18_0205_07_18_0305_07_18_04t4s_cakemate_tea 到着したら、現地の料理を用意してくれているところで、二人で手伝った。物作りがめちゃくちゃ下手な私が、餃子のようにパイ生地の端を丸めるのだが、だめ出しばかりです。たくさんの種類のおかずを用意して下さり、めちゃくちゃ美味しかった。私、コリアンダーをぬいて貰わないといけなかったのだが、それでも美味しかった。とうもろこしをミキサーで潰して鶏肉の煮込んだものにかけてから、砂糖をかけて、オーブンでってのが、美味しかった。デザートは、持っていったレーブドシェフのケーキと昨日の晩10時から1時にかけて焼いてくれたシフォンケーキを頂いた。美味しかった。現地で買ったと言うジャムの固まったものも薄くスライスしてくれて、とても美味しかった。神戸グロサリーズでも売っていない貴重なものなのに、帰りに分けてくれた。優しい友人ばかりで嬉しい~。で、向こうの栄養補給出来るマテ茶を頂く。最初に飲んだとき美味しいとは口が裂けても言えないが、ずっと飲んでいくと口に残る葉っぱも嫌ではなくなった。砂糖を入れるそうだが、無くても飲める。日本人なら飲めるだろう。
05_07_18_0505_07_18_06 友人T4が活躍したところの機関誌、その中で書いてあるお蘭のセリフは、意味が分かる人も訳しにくい言葉でしょう。友人が教えてくれたが、凄い言葉を言っています(笑)。

ここらで寝ます。また続き書きます。

おはようございます。
IMG_0016sennennsuimohorobanosato 近くの観光地に連れて行って貰う。千年水という山の水を汲みに行った。冷たくて美味しい。その時、雨女ならぬ嵐を呼ぶ女、飛行機まで止めてしまう友人Sがいたおかげか、晴れ女の二人がもってしても、雨を防げず。汲みに行ってから、まほろばという天然温泉の風呂に連れて行って貰う。露天で山々の借景を見ていたら、雷が落ちたらしく、停電に、おいおい。blogネタだぁと、笑う。電気が付くまで、入っておくことも出来ずに、洗い場に戻って、お水と湯船の湯を使いながら洗っていると電気がついた。600円は安いなぁ。3人で桃のフローズンを呼ばれてのんびり。
tanabe_seiko_no_sake 近くに田辺聖子さんの別荘があるらしく、近隣の酒造会社が名前を付けて貰ったというお酒が並べられていた。

 ここは、神戸からだと第二神明をそのまま西へ。福崎で播但道に入り、中国道へ。山崎で下りて、29号線を鳥取方面へ行くと、30分ぐらいで行けるところだ。田舎だから、有線が流れ、帰りに作った農作物を頂き、道の駅でも農作物を購入。こんなドライブも楽しい。

 で、ドライブの間に、友人Sが今興味あることを色々教えてくれた。アンチエイジングの教室に月2回京都まで通っているとか、で、そこは筋肉運動で、整形なんかしなくても、そんな運動だけでどんな顔にでもなるというので、それを勉強中。本当に一重の目蓋が二重になっていた。しゅごい~。で、吉丸美枝子さんと言われる人が本を出しているそうなので、早速検索してみようと思った。あと、ハーブの話も聞いた。友人が物知りなので、勉強になるなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2005

祇園祭~山鉾巡行

 関西の夏の風物詩。と言ってもここ京都のおまつりは全国区で人が集まる。1200年も続いている行事だから、当たり前だろうけれど、メインイベントの今日は日曜日と重なり、もし人口密度計とかがあれば凄い数値を振ったであろう京都四条通りに、おばばさまと駆けつけた。おばばさまとよく書いているが、一応私の母だ。祖母ではない。
gion04gion07gion08gion20 やはり大変な人の数。それと、四条の通りは交通規制されているのだが、さすがに南北の道路はそういうわけにもいかず、信号待ちをするために、通り過ぎるのもなんぎやなぁって感じ。今日はめちゃくちゃ運がいいのか、行きは座ることが出来た。こんな土曜日休みを入れたら3連休のいい日に、めちゃくちゃ人が多いはずなのに座れるなんて有り難い。出るのが遅かったので、稚児さんが前に乗っているので有名な長刀鉾がもう通り過ぎていた。でも、油天神山から見ることが出来た。月鉾は、一昨日にTVで軒裏は円山応挙、欄間は左甚五郎とか言っていたので、思わずUPして写真を撮る。
gion23gion22gion49gion13 何台も鉾を見ていたら飽きてくるので、巡行で活躍する子ども達を撮ろうと頑張ってみるが、誰かの影になったりで、あくびやだらけた姿の可愛いところを撮ろうとしたが全然うまくいかなかった。一番幼い子が裃付けてちょこちょこお父さんの手にひかれて歩いていたので、その子が撮りたかったのだが、動いているので撮れなかった。きっと、今日の写真家達は彼を狙っただろうなぁ~。だから、腕の悪さは棚上げして言うが、今日は全然いい写真が撮れなかった。
gion31 曳子さんの足を見たら、こんな感じに。わらじなんて履き慣れないところになおも力を入れて踏ん張らないといけないんだもんなぁ。たいへんたいへん。
gion14 観客の中にも曳子の中にも外国人がいっぱいいた。白人が多かった。町衆の数が減ってきているのと、京都に住む外国人が多いと言うことなんだろう。京都に住んでいる外国人は、さしずめタルコフスキーの映画の中のセリフ「ボクの前世は日本人だったんだよ。」に近い人達なんだろう。前にNHKの特番で大文字焼きも町衆で担当場所があるので、後継者不足で大変というのがあったのだが、そういうときに興味を持って日本文化を見ている外国人の方が役に立つだろう。
gion36gion41gion47 山鉾巡行で鉾を曳く勇壮な姿も素晴らしいのだろうけれど。、私としては一押しの音頭取りをあげたい。信号待ちで何度も動き出すのだがその時のかけ声がかっこいい~。
shinmati06shinmati01shinmati10gasparl02gasparl03gasparl04gasparl05 一旦山鉾がまわりきり、新町へ出向いた。やはり狭い道なので、電柱の養生はされている。この通りのあったガスパールって店に入る。そこは、2900円のコースランチで、つき出しや口直しが出てきた。珈琲の時には菓子も添えられていて、お料理も店の従業員の感じもよかった。食事中に、ドアの向こうをおばばさまが見たがった長刀鉾が通った。残念だった。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

July 17, 2005

ゴスペルナイト

chikinsoulmate01nagata01acecolor01lastgroup

 何じゃこりゃって、ぼけぼけの画像を見せても分かって貰えないだろうが・・・。今日から3日間チキンジョージで3daysゴスペルnightというものが催されるのだ。友人E3(だったよな。もう忘れてきた。)が前に出て歌うというので、デジカメと一眼レフを持って、チキンジョージに出かけた。ここにはいるの初めてだ。E3との共通の友人に行かないと誘ったのだが、仕事が忙しいらしく、一人で行くことに。友人はずいぶん以前からゴスペルグループに入って、色んなところで舞台に立っている。しかし、大勢の中、前に出て歌うのは初めてとあって、あんまり緊張しない彼女でも、ダメかもしれないなどと弱気なことを言ったりしていたが、間近になると、先生のOKが出たと喜んでいた。その練習の成果を聴かせて貰えるのだ。
 彼女の話によると、神戸にゴスペルを持ち込んだのは、ボビーという名の日本ではオルガン奏者として第一級の有名人らしい人が、あちこちのカルチャースクールで行ってきたゴスペル教室からだそうだ。だから、今日は6団体が出演したのだが、殆どがこの先生に教わっているらしい。その先生は、後ろの方で彼女たちの為の演奏をしておられた。元が一緒なために、神戸のゴスペルグループは皆仲がいいと言っていた。
 最初、聴いていると、何となく自分も歌の世界をやってみたいなぁと連想させた。たしか、ボサノバ教室というのがNHKであったなぁとか、三線やウクレレでの弾き語りもいいなぁと想像を飛ばしていた。でも、2番目のグループは声の迫力が違い、結成半年にしては、うまいと思わせ、私の歌いたいなぁという気持ちをどこかへ吹き飛ばしてしまった。また、彼女たちの鮮やかな青が惹きつける。体の動きののりの良さ。うまいなぁと思ってしまった。音楽の素養がないので、うまいか下手は自己判断しかできない。なぜか惹きつけられるような歌い方だった。で、次のグループで、前に出て歌っているのを聴くと、何というかさっきと違って、バックの歌と綺麗に重なって、温かく心に入り込むのだ。あぁこれがうまいってことなのかもしれないと思ってしまった。で、その後にファンをがっちり掴んでいるらしいエースカラーというグループの登場で、客席は大盛り上がり。少人数でやっているグループなのだが、どの人もめちゃくちゃうまいのだ。で、写真の人は、何というか聴いていると、心の中にパワーを送られたと思ったら、そのまま私のパワーを取り込んで、そのまま持って行かれたようなのだ。上には上がいると思った。ここで初めて、金取って歌うことが出来ると思うグループが出た。で、最後の女性も本当にうまかった。うまいと思った日とだけ写真を撮ったが、多すぎて絞るのが大変だった。
 で、前の方に座っていたおじさんは、ここに常連の人らしい。また、友人が観客席で色々説明してくれたのだが、エースカラーよりもめちゃくちゃうまいグループがいるとのこと、スピチュアルボイスというらしい。そこは、全国的にも有名で、全国大会で優勝歴があり、CDも出しているらしい。震災の時期にはコンサートを行っているとのこと、そんなに言うなら聴いて見たいよ。
ojisanntable

 来月は友人K1(だったっけ)にクラシックのコンサートで出るのでと誘われていた。仕事で行けないのだが、音楽をやっているのは羨ましい~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

おばかやぁ

これおもしろい。
でも、自己責任で見てくれ
www.big-boys.com/articles/rockyspoof.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イギリス人は大人だと思う

 「御影灘 ハリウッド」で検索しておられた方。何だろう。めちゃ気になる。
 今日は朝から怒っている!だって、バカなおっさんが、フランス語の数字はわけ分かんないから、国際語としては失格だ!なんてぬかしていたそうだ。私はフランス語も他の外国語も喋ることが出来ないけれど、フランス語の数字が覚えにくいことは知っている。
 言葉って文化だと思うのだ。古来、何も土地から得ることが出来なかった民族は交易をすることで、言葉が共通になり、商売に関する言葉が増え、数字が機能的に進化していった。日本でも、色の言葉や夕涼みなどの状態の言葉、虫や風や雨などの自然現象の言葉など雅な文化が発展したときに言葉がたくさん出来たので、そんな心に残るような言葉がいっぱい作られた。フランスだって、数字には全然興味が無く、どちらかというと農業国というイメージとおしゃれのイメージが強い国で、ファッションの言葉などが多く作られているのだ。って、あのおっさんに言っても仕方ないだろうが、兎に角、あんな恥ずかしい思いはさせられたくないのだ。あのおっさんを北西の海に流してしまおう。本当に恥ずかしい。日本の恥だわ。
 自分の使っている言葉に対してあんな風に公に言われたら、侮辱だよ!

 イギリスって凄いなぁっておもうのだ。前から思っているのだが、今度のテロの市民の対応と早々に犯人を割り出した捜査網。元々、イギリスが大好きで、子どもの頃から住んでみたいと思っていた。でも、確か18世紀かなんかに、喘息患者が死ぬような気候になったと書いているのを読んだことがあって、そんなに空気が悪いのは・・・と幼い頃の気持ちは冷めてしまった。でもはじめていったのはイギリス。思い描いていた通りで、幸せだった。やはり、春だというのに、灰色の空はシャーロック・ホームズにはよく似合うけれど、わたしの頭上には似合わない。その後まわったフランスの方が、たくさん差別を受けたけれど、住んでみたいと思った。
 何がイギリスがすごいって言うかというと、昔読んだ本には、裏の内閣というものが存在し、本来の内閣を見張っているというのだ。土井さんの時に、そんなものに社○党はなりたいといっていたように覚えている。で、例えば、ビックイシューって知ってる?都会だとおじさんが冊子を掲げて200円って叫んでいると思うのだが、友人は見かけるたびに買っているそうで、たまに2冊以上持っていたら、いらない?と人にあげたりしている。知らない人のために書くと、この雑誌はホームレス支援なのだ。最初の10冊か20冊は、無償で提供される。で、それを街で売って、稼いだお金を使って、1冊90円で購入して、200円で売る。そういうかたちで、社会復帰を促していくのだ。もちろん、売ると言うことは、アルコールも薬もやっていないというのが前提だ。でも、私はとてもひねているのだ。どんな理由があろうとも、そこまで落ちる前に自分で立て直すことが出来るだろう。自分も家族も友人も誰も大事に思わなくなったから、そんなことが平気で出来るようになるのだ。だから、ホームレスの人がどうなろうと自業自得。どちらかというと、生活保護もあんまりいい風に思っていない。でも、両者共、私の知らない諸事情があるのだろう。一度何にもしない方がいいと、思ってしまったら、這い上がることは出来ない。全部が全部じゃないけれど、仕事関係で知った生活保護の人があまりにも嫌な印象を与えてくれたので、せがめばいくらでも出してるんじゃねーよって、公共機関に訴えたい気持ちになった。ごね得と言う言葉をここで勉強させて貰った。あんな風なのにはなりたくない。だから、あんな風な人がいるから、本来必要な人の印象まで悪くなってしまっているのだから、困ったものだ。話がそれてきたが、だから、今のところ、ホームレス支援という気持ちにはならないけれど、支援者の支援はめちゃくちゃしたいのだ。だって、この間買ったものの特集記事は、非日常の夏休みってことで、「宝石探しわくわく体験」とか、「チャレンジ手作りカヌー」とか私としては面白い記事がでているのだな。で、200円なんて、申し訳ないのだ。ここには、オアシスのインタビューとか、アラスカの原油流出の話とか、ボランティアで書いている人がいるのだろうけれど、原価90円は本当に、色んな人達が気持ちを入れて作ってくれているのだ。そう思うと、買わないわけにはいかないでしょう。
 で、長々と書いたが、この運動は、イギリスから起こっている。他にも山ほど有名なボランティア組織がイギリスから発信されている。最近創始者が亡くなったア○ネスティもそうだ。日本では、岩波のブックレットぐらいにしか名前が出てきていないだろう。死刑の人数などを毎年発表しているのがこの団体だ。って、これじゃあ何をやっているかはわからないよね。創始者の人がある日新聞の記事を見て考えたのだ。その記事には、他の国で人権運動をした人が捕らえられたという記事だった。これは何かしないと彼らは殺されてしまうと考え、1面の掲載を行ったのだ。彼らを助けるために、その国に抗議の手紙を書こうではないかと。それから始まったのがこの団体だ。自分の国をよくするために言動したことで、政府に捕らえられた人達に、世界中であなたのことを見ていますよと一人じゃないという手紙を送り、その政府にはその現状を世界の人達は危惧していますと手紙を送る。世界中から何千と送られてくる手紙で、政治囚の人達が解放されたりしている実績があるのだ。手紙ぐらいと思うが、数が多くなると力というものが出来るのだ。
 なんかね。そういう、おとなのようなところを感じさせるのがイギリスなんだよ。ダメなところも多々あるよ。階級社会だと行ってすぐに感じた。たまたま、ロンドンマラソンをやっていたときで、その応援には白人ばかりしかいなかったのだ。他の有色人種がいないのだ。それで、はっきり、静かな人種差別のある国だと感じた。紳士で黄色人種の私たちにさえ、ドアを開けたり、重い荷物を持ってくれたりする。でも、はっきりと存在しているのだ。
 でも、イギリスって私から見るとかっこよくって、憧れの国なんだなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2005

きのうけろけろけろっぴの夢を見た

 なんか、バカなことを書いてすっきりしたので、今日は元気だった。そういやぁ、最近誰にも愚痴を聞いて貰わなくなってしまった。といっても、無職の間愚痴ることもなかったから、当然そういうことにご無沙汰だったわけだ。で、これがあるからついつい何でも書いてしまう。嫌なやつだと思われているだろうなぁ~。まぁ、性格が悪いというのは何度もここで書いているから、書かなくても文章を読めば分かるだろうけれど・・・。
 何となく、えらくもないのにえらそうな事を言う人間なのだ。おばばさまに言わせると、上からものを言うように人に話すと言うのだ。今日もかかってきた友人からの電話を聞いていたおばばさまが、電話のあと、この言い方は悪いとか言うのだ。今は気分が落ち着いているので、まぁたなんか言っていると怒ることもないのだが、気分がめいっているときに言われると腹立つよ。出来るだけ自分の部屋でとるようにはしているけれど、全部は無理だもんね。人に一苦言を言うのを信条にしているおばばさまはいままで色んな苦言を言われたことがあるが、一番驚いたのは、視覚障害者の人が前にいたので、「階段下りるの、腕持ちますか?」と近づいて、「お願いします」と言われたので下までつきあって、別れて母に近づいたら、「歩き方が悪い。」と苦言された(笑)。いかんいかん、別に愚痴っているわけではないのだ(笑)。でも、面白い人でしょう。
 帰りが遅くって、録画したものが殆ど見られない。「海猿」と「サイエンスZERO」は見ることが出来た。「熱中時間」を録画に失敗してしまった。風呂に入ったのでちょっとしか見ることが出来なかったが、「ドラゴン桜」って阿部ちゃんかっこいいやん。
 こんなに仕事が忙しかったら、KAVCでやる「霧の中の風景」見に行けるかな?最終週の月と水なのだ。で、毎週月曜日に日直が決まって、朝7時から夜の7時まで会社にいないと行けないし、水曜日は5時から課内会議。水曜日に終わってダッシュで帰ることが出来るでしょうか。でも、ここに入る前に行っていたところと違って、用事があれば定時で帰ることは出来るので気が楽だ。
 今日、1年ぶりに車を動かした。オートマじゃないので運転出来ないと言っていたのだが、後ろに搬入するのに駐車場内動かしたら、するする行けそうだったので、車道に出たが、その途端にエンスト。だましだまし進む自信もわかなかったので、会社の人に頼んで動かして貰った。はた迷惑なわたし。オートマなら運転出来そうだという自信は出来た。
 昨日、けろけろけろっぴのグッズが置いている店に入って、色々グッズを買っている夢を見た。今、わたしんちにすんでいるケロ太はむかーし友人から誕生日に貰った綿の入ったけろけろけろっぴのぬいぐるみだ。私が彼を使っておばばさまをいじめたりしたので、なんとなくわが家の3人目の住人になり、TVの1等場所を陣取っている。震災の時に火事がわが家にも来るかもしれないと非難したときの鞄に彼を入れていった。でも、彼もかなり痛んでいる。思わず夢が彼からのメッセージかなとか思う次第であります。ぬいぐるみを擬人化している家族も珍しいだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 14, 2005

ちょっとこんなのがあるよ

そのまま貰ってきたがだめなら、けしますので。

夏休み特番#1 「マンガノゲンバ」

マンガの現場最前線で作品と関わる現代の“読み手”による最新のおすすめマンガレビューをお届けします。

7月22日(金) BS2  23:30~24:15
7月23日(土) BShi  21:00~21:45
出演 横里隆 スチュウアート・リービー 名越康文 黒川伊保子 KABA.ちゃん 茂木淳一 ほか

--------------------------------------------------------------------------------
夏休み特番#2 BSアニメ夜話スペシャル「まるごと!ガンダム」

以前放送した「BSアニメ夜話」でも、たくさんの再放送リクエストをいただいたガンダムですが、今回はさらにパワーアップしたスペシャル版を9時間半にわたってお届けします。
「機動戦士ガンダム」の劇場版3部作を一挙にまるごと!放送するほか、各界ガンダムファンのゲストが、その魅力・見所をたっぷりと語りつくします。また、監督をつとめたアニメ界のカリスマ・富野由悠季氏がVTRで出演。創作の秘密・自作への思いをたっぷりと語ります。

8月19日(金) BS2
19:30~翌5:00
出演 岡田斗司夫 井上伸一郎 里匠アナウンサー ほか

THE・少女マンガ 次回は....

7月に予定していた放送日が変更になりました。
8月29日(月)~31日(水) 夜11:00~11:55 BS-2です。ご期待下さい。

8月29日(月) 23:00~  「星のたてごと」 作 : 水野英子

8月30日(火) 23:00~  「愛のアランフェス」 作 : 槇村さとる

8月31日(水) 23:00~  「CIPHER(サイファ)」 作 : 成田美名子

 楽しみだねぇ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

耳そうじ

 耳掃除が大好きなの。とろけてしまうよね。耳鼻科のお医者さんを夫に欲しいと思ったことも何度もあるのよ(笑)。そんな人に朗報。といっても、私にとっては行きたくても遠すぎるのだ。
 「レスプランディール ドゥ ボヌール」という店が、青山にオープンしたらしい。それもいかに耳を気持ちよくさせるかをコンセプトにしているらしく、70分に渡って耳を攻められる。8400円払ってもいいから、体験したーい。

| | Comments (4) | TrackBack (4)

男でもあり女でもあるのだ。疲れた。

 さすがに痩せると言うことに感心のある方が多いようで、たくさんのblogに書かれているにもかかわらず、拙blogにもようおこしです。書いたから実践しているかというと、15分歩く時間が取れない。今は、7時会社に行って8時家に帰るという13時間を会社にとられ、11時間しか使い道がないので、そのうち5時間睡眠をとると、たったの6時間しか自由時間がない。それもご飯食べたり、お風呂入ったり、家の片づけをしたり、一体働いている人は何時間のんびり出来ているのだろう。昔なら、忙しい合間に勉強するとかしていたのだが、もう気力がわかない。仕事帰りにスポーツジムに通おうかなと思っていたが、とんでもない。しんどすぎる。時間がないというのも大きな問題だなぁ~。私一人になったら、もっと調整出来るのだろうか?
 しかし、去年いた会社より、やっぱりいいところに来たと思う。以前の会社は、むちゃくちゃだった。ここで愚痴っても仕方がないので書かないが、その訳分からんところをここではきっちりと解決しているので、その分だけでもよかったと思う。今のところ不満というと、100万以上は年収が下がることだろう。けれど、他どんなところに行っていたか分からないので、今はその事態が頭に残っているので、まぁしかたが無いかと思える。でも、家に10万入れて、10万貯金は出来ないよなぁ。小遣いが無くなる。
 一昨日名刺が出来て、渡しまくる。営業的なことをしたことがないので、名刺を渡しまくれないのが実情。名刺に資格が書いていないのは初めてだったので、ちょっと不満。でも、取引先のことを考えたら、無い方がいいのかも・・・。
 今の会社は、勉強することがたくさんあって面白い。女性が珍しいのか、割と大事な扱いをしてくれる。今までの会社はそんなことはまるでなかったので、こっちも新鮮。こんな風なところにいると、男でもあり、女でもあるという両方をしないといけない。前の前の前にいたところには、雑用を女性にお願いしていたのだ。男性が当たり前に頼んでいたから、当たり前に頼むように言われていたが、当たり前に女性にコピーをお願い出来ない。して貰うようにしたが、めちゃくちゃ気を遣う。前の前にいたところでは、給料も大分違うし、人数も少ないので、外に出たらデザートとか買って差し入れしていたよ。
 そんな仕事をして、別に気にならない女性も多くいるだろうけれど、私は20歳の時に知り合いの会社にバイトに来てくれと言われて入っていたことがあった。そこはまだ新しい会社だったので、女性はおらず、外に出たら差し入れを買ってきてみんなで食べたり、花を買って部屋に飾ったりしていたのだが、あとから入った事務の人が、たまに花を買ってくれて、帰り際に花代とか会社でもって貰えないのかと言われ、気を遣わせたのかぁえらいこっちゃと、彼女にあわせるために、あんまりそういったことをするのは止め、事務的なことも手伝っていたのだが、技術職だから私に雑用をさせるなと言われたらしく、ある日帳簿から何から破り捨ててそのゴミを持ち去り辞めてしまった。その人は極端すぎたと思うのだが、その前にいたところでは、そんな事もなかったので、なーにも気にしていなかった。だから、それ以降、女性に余計に気を遣うようになった。男性にもねたまれることもあったので、女性としては給料がよいのは、そーいうことをしないといけないから高いのかもと変に納得した。ぜも、当然男性と同じ仕事をしていたら貰っても当たり前なのにね。この業界はまだまだ男性社会から考え方がおかしくなってしまう。
 でも、両方って厳しいよね。でも、先人がいるおかげでこの業種に女性が入り込めてるんだもの、有り難いと感謝しすぎてもおかしくないのだわ。でも、これって、この業界だけだもんね。気を遣うのは・・・。他の職種なら総合職でばりばりやっている女性もいるんだし・・・。
 またあほなことかいてるなぁ。両方している事への決意の表明文だなぁ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

三宮東界隈を歩く

kumoi 昨日、課長が四国に行ったのでお客さんの所に一人で行った。車をまだ与えて貰っていないので、三宮の東を歩く。この写真は、駄菓子屋なんかに売っているおもちゃの問屋さんだ。このあたり、駄菓子とかおもちゃとかの問屋さんが他にもある。外に置いてるのはここだけだったので、ついついとった。懐かしいなぁ。震災で殆ど駄菓子屋さんが無くなった。今でもやっているところを見つけると嬉しくなる。
minamihonnmati 珍しく、お地蔵さんが2階にあったので、撮った。
 地蔵盆ってどこの地域でもあるのかな?8月23日ぐらいに、地蔵盆といって、子ども達が夜にお地蔵さんをまわって、お菓子を貰いに行く行事がある。私も子どもの頃に、あそこではアイスキャンディが貰えると言えば走ってそこまで行きと、大量のお菓子を貰った。私の住んでいるところは、1丁に1つや2つはお地蔵さんがあるので、嬉しかったなぁ。
pichan で、用事を済ませて帰るときに鶏冠の綺麗なにわとりを持った人に遭遇、「可愛い~」って話しかけたら、写真を撮らせてくれた。なんと、曲芸が出来るニワトリで、名前はピーちゃん。爪にマニキュアを塗って貰っていた。TVにもとりあげられたことがあるそうなすごいなぁ。そこから、北に上がると、大安亭市場という市場がある。ここは、三宮周辺では安い市場。生田川より東は、兵庫や長田の感じが残っていて、安い買い物をする主婦達が昭和の時代を思い起こさせた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2005

すごいところにいってきたのだよ!(笑)

toarutokoro この写真を見てすぐに分かった人はすごいかもしれない。
 前置きを書きますと言っても、言い訳かも・・・(笑)。拙者、好奇心の大きい射手座。人がしたことがないことをしたがり、行っては行けないところにも行き、ってところがある。今までに行ったところであんまり人は行かないだろうと思われるところは、LPGタンカーのアンテナ部分に上がったことだろうなぁ。これは、一般人は少ないよね。あとは、割とみんな行ったことがあると思うが、焼け跡の散策とか、廃屋の散策、ネズミ小僧のように屋根から屋根へと歩き回るというのは、いまじゃすると瓦がずれると怒られるだろうが、子どもの頃にはよくやっていた。屋根から屋根へは面白いから、割と子どもの頃に歩いた人はいるのではないだろうか・・・・。前の前に入っていた会社でパチンコ屋さんの内部に入ったことがあったのも、まぁ従業員にならないと入ることは出来ないだろうし、あんなにコンピュータ管理された世界を拝むことは出来なかった。
 で、昨日は男性か或いはその場所の従業員しか入ることがないところに行ってきたのだ。なんだと思う?
 まぁ、従業員募集で面接に行ったわけではないのだ。心配することはない(笑)。それも、年齢制限もあるし・・・。昨日は、仕事で○原にあるお風呂屋さんに行ってきたのだ。きゃー。すごいでしょう。
 私の仕事の場所は、人が住んでいる家とか店舗とか色々行くことになるのだ。で、私が入った頃にそーいうところから仕事が来たので、課長が「行きたい!?」「是非!」と一緒に連れて行って貰ったのだ。今後も何度かその店に行くことになるだろう。で、本当に昔に建てたものらしいが金かかっている作りで、そーいうところは怖い印象があったのだが、従業員の人はとても感じがいい。というか、そーいうところにくるってのは、恥ずかしいもんだろうから、こっそり来る人に優しく接しないと、逃げられちゃうよなぁ。で、部屋を見てみると、思っていたイメージとは違う。もっと、風呂場はでかいと思っていた。で、普通の家の浴槽よりちょっと大きいぐらいの大きさで、洗い場は普通より広かった。でも、思っていたよりは狭く感じた。ビニールのマットのようなものが立てかけていて、この写真見せただけでここは何のへやってきても、きっと普通のお風呂にしか見えないだろう。別段違ったものは感じられない。でも、ものを動かして計ったりするために、そのビニールの敷物とか初めて見たあのエロい椅子を持ち上げると、わぁーこんなことしてるぅと、顔が笑ってしまった。課長は、おねーちゃんをみたと大喜びしていたので、帰りも綺麗なおねーちゃんんだったことを話していた。他の会社の人は、全くクールだったのに、私たちは滅多に見られるものではないから、顔が変だったに違いない。打ち合わせで○原通りに立って話していたら、店の前に、高級車に乗ったおじーさんがあらわれ、なんか差し入れみたいなものを持って中に入っていった。わりとお年寄りのお客さんが多いらしい。
 あっ、仕事に行く時間だ。ではでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2005

雨が降り出した

 昨日分かったことがあった。男性社員には猫を1匹被せているのだが、女性社員に対しては猫3匹乗せていることが分かった。やはり、同性の見る目の方が厳しいからだなぁ。う~ん。
 宮廷料理人チャングムの誓いが昨日から連続で始まっている。友人Aが面白いというので、録画を始めたのだが、二日目の今日にして止めることとなった。今日はおばばのすきな斉藤由貴の救命病棟と私が見たい海猿だ。海猿を録画するために諦めるのだ・・・。
 昨日のHEY3面白かった。杉田かおるVSピンクレディケイ。当時売れすぎてやってこないピンクレディを降板させてよと言った杉田かおる。その言葉を裏で聞いてしまった二人がその当時言われた一番きついことだったらしい。しかし、11歳と19歳。子どもだから何でも言えたのだろうけれど、共演者はみんなお冠だったからと言ってしまう杉田の性格にすごいやっちゃなぁと感じてしまった。なんか好感が持てるのはそこら辺からかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実話男いいやん

不覚にもワロタさんが載せておられる 実話男 ameblo.jp/warota/entry-10002741471.html
いいやん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2005

これぐらいしかお役に立てないです

 自分の日記って感じで書いていましたが、何か希望を与えて、それをしてあげることが出来ないのは、何でもかいていいものか、悪いことしたかなぁと思ってしまいました。でも、まぁ誹謗中傷は書くつもりもないので、それ以外は何でも書いていいだろうと思い直しました。
 で、その方はもうここまで読まれていないかもしれないし、お役に立つかどうかも分からないのですが・・・・。
 十字式健康法ってご存じですか?なんか宗教かかっていると思われているでしょう。そう、かかっているのです(笑)。ずっと、以前から有名なところで、私は一度も行ったことがないのですが、行った人や行った人から聞いた人とかが多数いるので、効果のある人がいると言うことなのだと思います。このblogを長く読まれている方は、めちゃくちゃ無神論者の私のことを理解して貰えるかもしれませんが、検索でピッときたひとは、およよと思われてしまうかもしれませんね。でも、まぁ、興味があったらでいいんじゃないでしょうか。私も行ったことがないところなので、こういう話があったと聞いたり見たりしたことを書くだけなので、なんにも責任は持てません。ご了承下さい。
 その十字式健康法なるものは、キリスト教関係らしいのです。何が最初に知るきっかけになったのかは定かではありません。一番有名なのは、マンガ家の一条ゆかりさんのエッセイでしょう。重い肩こりを治しに来られたというエッセイがどこかで書かれていました。それは、ここのパンプレットにも掲載されているらしいです。もう大分前に聞いた話で、記憶に間違いがあるかもしれませんが・・・、知っている人の知り合いが肩こりが酷く、そこを薦められて行ったそうです。で、背中をこするでもなく、手をかざして悪いところを言われ、3回ほど通っただけで痛みが無くなったとか、また別の友達の友達が事故で足が悪くなり、医者に見て貰ってももうどうしようもないから、それとつきあっていくしかないと言われていたのを友達がそこを薦め、通って治したとか聞きました。
 これで、具合がよくなるかとか、どの程度に効くのかとか私には分かりません。私自身行ったことがないので、どうとも意見が言えないです。でも、興味があれば検索するとHPがありますので、見てみて下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

特命リサーチ200XⅡ 部分やせ

 きのうのん見ました?義経の逆落としもたくさんの方が見られたのか、検索ワードで来られています。
 昨日の部分やせこれなら出来そうですよね。
 見ていない人にどんなのか、おしえてしんぜよう。

 脂肪層に刺激を与えることで、ノルアドレナリンが作用して、脂肪が溶けて血液中に流れるそうなのだ。しかし、そのままにしていると、同じ分だけ戻ってしまうので、10分以内に15分程度のウォーキングが必要で、50キロカロリーの消費がいるらしい。刺激というのは、手で全体的に揉むという行為。きつすぎると細胞を壊してしまうので、どの程度かをここでは説明しづらい。約30回程度揉むということだ。10日間で4センチがんばらなきゃ。
 早くHP更新して欲しいね。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

July 10, 2005

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

 続けて大物監督の作品が公開。よく考えたら似たような題名じゃん。リメイク版だから、スピルバーク監督の方は以前の題名を踏襲しているが、本当は題名からすると世界戦争なんだろうね。宇宙に出ていないから。だから、今日のが本当に題名通りのお話だ。
 今日は、おばばさまと見に行ってきた。公開した初めての日曜日とあって、凄い人だった。おばばさまのために、吹き替え版の2時間前に行ったのに、1列目しか空いていないというので、仕方が無く字幕を見る。私の方は、どちらかというと字幕派なので嬉しい。特にハリウッド映画はそんなにセリフがないから、字幕に追いかけ回されることもないから、英語は分からないけれど両方楽しめる。例えば、「フォースと共にあらんことを」と言っているシーンだけれど、話しているのは、「Force with you」だけ。戸田さんにどれだけ感謝をしないといけないかと思ってしまうよ。
 映画始まって、映画の中に入り込む前に、壮麗な音楽を聞きながら、もうこの音楽を劇場で聞くことはないのかとこの大叙事詩に対して感慨深かった。めちゃくちゃ、スター・ウォーズのファンではないけれど、長いつきあいなので思い入れも出来る。
 先日、スター・ウォーズ特別編を見ていたので、それより過去の話なのに、乗り物やロボットの精巧なこと、冒頭シーンのカメラワークのすごさ、1977年から2005年の長きの渡ってこの分野がどれほど進化したのかが伺える。
 誰もが知っているこの作品の続きにどのように話を合わせていくのか、それが私にとっての焦点(笑点とでた・笑)だった。愛に飢えたアナキンが求めるもの、なかなか難しいけれど、こんな風になっていくしかなかったかとまぁ納得出来た。でもやはり、パドメを優先していた割には・・・とか、師匠と弟子関係の割には、Ⅳでのオビ=ワンの簡単にベイダー卿に殺されてしまうシーンは納得しにくい。この映画のあとと、ルークが育つまでの間に、何かしらベイダー卿とオビ=ワンの関係があったのかもしれないが、「愛している」と言っていたオビ=ワン・ケノービとアナキンの関係がⅣと違うのが気になった。
 ⅢとⅣとの差がどの程度なのか、興味津々だったが、一緒に特別編を見たおばばさまの「あのあとどうなるの?」には、「おい!」って(笑)。全作品一緒に見たのに・・・、やはり28年は長すぎた。
 今回もヨーダ様が格好よかった。敵が現れたときのあの眼がかっこいい~。でも一番好きなのは、R2/D2だ。毎回活躍する彼が一番好きだ。帰りに彼が付いたボールペンを買うかどうか迷った。そうそう、前売りに付いていたライトサーバーの携帯ストラップを頂いた。これで、私もジェダイの騎士よん。

公式HP

| | Comments (2) | TrackBack (1)

普通の男性の拠り所

 この一週間。課長について回って仕事を覚えた。まだまだ続くのだが、課長が割と自分のことをよく喋ってくれる人なので、30代後半男性の普通の生活を教えて貰った。
 中学・高校は部活動で忙しかったが、大学生になると彼女が欲しくなって彼女を作り、24歳も過ぎると、結婚を意識しだしたので、結婚相手になるような人を探し始めて、20代後半で結婚。子どもが二人で、家も購入。不景気の中、ローンの返済の為に、あまり飲みに行かなくなった。仕事が終わって家に帰ったら、ご飯食べてTV見て、何もすることがないから、そのまま寝る。昨日で味を占めたのか、エロビデオを借りて1週間に1本は見ると話す。これが、今の男性の平均的な日常なのかなぁ???私が1時ぐらいまで起きているとはなすと、その周辺にいた人が「何することがあるねん。」と聞くので、「ブログ書いたり・・・」とか言うと、「暇つぶしやな。」と言われた。ひまつぶし?ひまつぶしの言葉はあっていないかな。趣味だなきっと。
 で、彼らには異性の友達はいない。おくさんにも異性の友人はいない。そんなんがいたら、奥さんに申し訳ないだろうと話す。わぁいい夫婦やなぁ~。でも、みんな異性の友人っていないの?私は平気でつきあっていた人に、男の友人とご飯食べてくると言っていたし、相手も言っていたのだが・・・、これは少数派かな?久しぶりにお日様に当たる場所に出たら、私が他とはかなり違うものになっていたのがよく分かった。といっても、上記の課長もきっと少数派になりつつあるのだ。多様化多様化。
 男の友人たちの趣味ってドライブだったりする人がいる。といっても、彼女が出来たら車に乗ってどこかに行くけれど、いないと一人ではあまりうろうろしない。なんか趣味はないのかいと女友達とよく比べていったものだ。まだ、おたくと呼ばれている人達の方が面白いかもしれないと思った。このnet世界に生きている人は変わり者が多そうだけれど、何か興味あるものを持っていそう。何にも面白いものがないのは悲しすぎるよぉ~。無趣味が男性に多いのはなぜ?仕事のし過ぎは違うだろうと思うのだが・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 09, 2005

どんな顔して聞いて欲しい?

 ナイトスクープの記事は又帰ってから書きますね。
 昨日は歓迎会で、入った課の人達と行ってきた。久しぶりに炉端焼きに入る。中ジョッキ1杯と色だけ付けたようなウーロンハイを3杯。周りの人達は赤い顔をしていたので、一番酔っていない酔っていないと言われるがこの程度では酔わないよね。どうなんだろう。で、やっぱり、「レディーがいる前で失礼だが・・・」という話が出てきた。こっちはずっと男性ばかりの所にいたので、慣れているとは言い難いが・・・、突然男ばかりの所に女が入ってきたので、やりにくいだろうなぁと思いながらいた。
 この話だったら、女性ならどんな顔をする?「どっちの手で女性を攻めるか」。はははってしか出来ないよね(笑)。
 私は本人もイメージ的にもそれには入ることは出来ないけれど、うまくごまかして聞くというのが慣れてしまった。まぁ、これぐらいならましな方だと思うよ。でも、女性ばかりの所が多い人だとひくよね。そんな顔出来ないのが難しいんだよね。慣れってこわいかも・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

探偵ナイトスクープ アカデミー賞

 6年ぶりにアカデミー賞の発表をしています。どこまでお伝え出来るか分かりませんが(眠気のため)、出来るだけ頑張ってライブでお届けします。

主演女優賞ノミネート

 「サヨナラ・サクラ」
  以前住んでいたところにある桜が、工事のために切り倒されてしまうので、何とかならないかということで、とうとう市の職員まで巻き込んで、切り倒さずに済むことになった。ライトアップされた桜の下で市の職員のが、何とか頑張ってみますと依頼者に言うと、抱きついて泣いてしまったはなし。
 「美しく舞え」
  52歳の女性が、バレエのパ・トゥ・ドウがしたいと、憧れの男性ダンサーと舞台へ。これは笑った笑った。
 「母よあなたは強かった」
  息子に出来もしないのに、30枚の板を割ることが出来るといってしまった母。頑張った結果、見事30枚の板を割ることに。息子は「全然分かんないよぉー」と泣きじゃくり、空手家まで感動で泣いていた。
 「おまえは助けてやらん」
  仮面ライダーに憧れていた女性。子どもの頃に友人達に言うとそんなものになれないと言われ、そうしたら何があっても助けて上げないと言った。で、大人になった友人達にショッカー軍団が襲う。助けてーの声に、バイクに乗った依頼者登場。「助けて何てあげないよー」と言い放ち、友人達の「薄情者ーっ」がこだまする中、夕陽向かって颯爽と去っていきました。
 「頭に一升瓶を乗せて踊ることが出来る」
  一升瓶でも金魚鉢でも植木でも何でも頭の上に乗せて踊っておられました。

 で、プレゼンターは、前回の主演女優賞の「マネキンと結婚したい」の人が登場。彼との熱いキスが忘れられませんが、半年で解消し、今は再婚して子どももおられるそうです。
 今回の主演女優賞は、「サヨナラ・サクラ」でした。

助演賞のノミネート

 「足を噛む犬」
  以前書いたと思うので、詳しくはその記事を参照して下さい。下の方にあるブログ内検索を使って下さい。
 「コーモン、カモーン」
  自分の肛門を見ることが出来るかという疑問に石田探偵がトライ。しかし、何度も画面上に危険部を隠すマークが出てきたのにもかかわらず、彼では見ることが出来ない。では、体がやらかいスポーツ選手では・・・、ということで神戸製鋼チームから3名がトライ。大股広げで、他の人に足を持って貰いながら、やっと一人肛門に貼った漢字を書いたシールを読むことが出来た。おめでとう!今思いだしても、放送当時は腹抱えて笑ったっけ。そのおかげで、試合中も、「見せてー」とか「ここでやってー」などの声援が来ることになったそうだ。
 「ブルースリーのヌンチャクが使える」
  これも有名な話。興味があれば、ブログ内検索して下さい。その時の一番うまかった人が選ばれています。
 「ネコザメよしこ、幸せに!」
  寿司ネタとして寿司屋の水槽にやってきたネコザメのよしこ。以来おやっさんに可愛がられ、水槽を住み家として生きていたが、殺すつもりもなくなってしまったら、こんな狭いところはかわいそうだということで、もといた海に帰される話だ。
 「まさか、祖父がルー!?」
  これも書いたかな?死んだおじーちゃんにそっくりなルー大柴に来て貰って、おじーちゃんと孫という1日を体験。なかなか、お涙頂戴物の作品であった。
 
 で、プレゼンターは、「謎の斬られ役をさがせ」のハリウッド俳優になられた福本清三さん。この話も良かった。これで、注目されたのは本人が言われている通りだろう。で、「コーモン、カモーン」が受賞。

ジュニア主演賞ノミネート

 「天才競艇BOY出現」
  競艇のモンキーターンがしたいという子ども。競艇の皆さんの協力を得て、競艇場で競技を行い、カーブにさしかかったときに、可愛いお尻をあげてモンキーターン。
 「耳がものすごいことになる」
  耳の穴に耳が入る少年。入れたあとに、手を使わずに耳をほおりだす姿が印象的。
 「ネギうめぇ~」
  大好物はネギご飯と称して、ご飯の上にたくさんのネギ。ネギ畑に行きたいとその場でおいしーと言いながら、ねぎにぱくついていた。
 「恐るべき、フリチン少年」
  帰ったらいつも真っ裸で、知らない所の人が服忘れていたよぉと持ってきてくれる実情。一体、息子はそとでなにを。

 なかやまきんに君がプレゼンター。素人時代に高速で人差し指を回すことが出来るので、私は世界一という依頼者が彼だった。今も健在な高速回転だった。で、選ばれたのは、フリチン少年と彼と一緒に遊んでいた彼女。

音楽賞のノミネート

 「カラオケ 100点」
  度肝を抜かすぐらい下手なおばーちゃん。それなのに採点では100点が出る。なんでやー。
 
あかん、もう眠たくて何かいてるか分かんない。また、明日ね。私明日、5時起きなんだ。もう1時11分なので寝ます。誤字脱字みなおしまだんでゆるしてー

*************** 続きを書きます。

 「燃えろ!ピンク・レディー」
  34歳と39歳のマークとマッキーというおじさん達はピンク・レディーの踊りがお上手。

 「謎のトパピ軍団」
  小学生の時に仲良しの友達とトパピ軍団を結成。今でも覚えている団歌を友人達は覚えているだろうか!?30年ぶりに歌う「トッパッピットパピ」に「うんでんだぁ~うんでんだぁ~」は見物。

 「アノ曲でフィーバーさせて」
  今は畑仕事に精を出すお父さん。しかし、若い頃は母親に毎日叱られながらも、トラボルタ並みに踊っていた依頼者。で、昔を懐かしんで、仏壇のある部屋でフィーバー!

 「岡部秘書に似合う男」
  めちゃくちゃ岡部秘書のファンの依頼者。岡部さんの歌として、「おーまり、おーまりまりー、うー、まりーうー」と歌い続けるのであった。

 で、賞に輝いたのは、「アノ曲でフィーバーさせて」でした。

主演男優賞のノミネートは

 「華麗なマジックの世界」
  98歳のおじーちゃんマジシャン。生卵のマジックでは、頭に被ったので、額に黄身が伝わってきていました。

 「ことわざ対決」
  どうしても友人に書けないと依頼してきた。友人とことわざを言い合い、出てこなくなったら負けという闘い。鬼が付くシリーズを制覇したが、相手は強かった。最後に依頼者の一言。「負けるが勝ち!」きみはえらい(笑)。

 「富山のエジソン!?」
  発明好きのおじーちゃんが歌を歌いながら、自分の発明品を披露。その何の役に立つか分からない発明品の品々より、おじーちゃんに圧倒されっぱなしだった。

 「カメムシ、くっさー」
  友人達がカメムシ臭いと言っても、信じない依頼者。そんなん顔に乗せてやると豪語。ナイトスクープだから許してくれません(笑)。

 で、カメムシくっさーがとったかな?忘れちまったよぉ~

 特別賞は、高齢のマジシャンでした。

公式HP www.asahi.co.jp/knight-scoop/

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2005

へぇ~こんなの知ってました?

 まだLinuxも入れていないのに、新しくXoopsなるものが出回っていますね。 jp.xoops.org/
 Linuxが来た当初は、どう読む!?なんて思っていたら、あれよあれよという間に、雑誌まで刊行されて、このズープスもblogに強いOSだそうで、すぐに入り込むことうけあい何でしょうね。でも、私の周りにSEとかシスアドはおらず、未だにLinuxって何の事って人ばかりなので、Xoopsって何?でしょうね。私も何?何だけれど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大空から見れば・・・

 はてなで衛星サービスが出来た。map.hatena.ne.jp/
自分の住んでいるあたりを宇宙から見ることが出来る。六甲アイランドの2期工事ばっちり。摂津と播磨の境目の山がはっきりと見える。
 監視カメラってのも知ってる?自分の飼っている犬の監視を世界中の人達が見ることが出来るようにしていたり、逆に海外の街角に設置されたカメラで通る人を見ることが出来たり・・・。www.tvdo.net/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 07, 2005

がんだむになりたい!

 と、七夕電車の願い事短冊に書かれていました。
 では、わたちもー。えっとぉ、インディ・ジョーンズのような男性ときゃーきゃー言いながら、冒険の旅に出たいです!自分がインディを目指した方が、まだ可能性があるかなぁ。誰も連れて行ってはくれないだろう。

 今日会社の健康診断があり、2階にいる女性社員と一緒に検査するところまで行った。体重は相変わらず、見なかったことにしようと、いくら日記でも不幸なことは書かないことにして・・・、身長の方はと言うと、以前計ったより2センチ低くなっている。うそだー。きっと計り方の問題ね。きっとそうよ。ちちんだり何てしないわ。で、血圧は114と69。性格は血圧が200超えるのだろうと思うぐらい熱く燃えるときがあるし、私低血圧なのと布団の中でごにょごにょせず、突然起きあがってグリコのポーズをしてカツ丼ぐらいは軽く食べることが出来るぐらいです。だから、こんなに低いのはイメージとは違うのら。でも、100切っているわけでもないので、低血圧とは言えないか。90+年齢とも言うから、まぁ当たってるかな(笑)。
 私より2週間ほど早く入った事務職の人と、入って2年の事務職の人と、帰りがけに男性の誰が独身かという話題になった。この年齢でも、お互い頑張って下さいと、独身を意識するのか・・・。会社で男友達は難しいかな。みんな忙しいし・・・、私も自分をさらけ出すわけにも行かないし・・・。社内では好みのタイプはおりませんでした。会社に行く楽しみが出来ませんでした。ルートセールスのおにーさんにハンサムな人がいました。やはり、営業でハンサムはいいですよね。顔も名前もすぐに覚えられるし、対女性社員だったら、注文は増えるし、無理は言われないし、ハンサムに生まれるのはいいよなぁ。で、今日会社の人と話していたら、ここでよく書いている友人Aの父の名前が出てきた。その人、高校生の時から知っています。めちゃくちゃハンサムですよねって、思わず話に入っちゃった。いやはや、神戸は狭いのら。

 録画していた「熱中時間~忙中、趣味あり」を途中まで見た。テーマは闘魂生活。最初に出てきたのは、野球の審判のファンの人が出てきて、そのファンの生活をかいま見させて貰った。プロテクターの向こうにいる人の細かい仕草を色々覚えているほど、めちゃくちゃ熱中人だった。HPを開設している。ストライクの独特のポーズを射抜きと呼び、たくさんの写真が貼られています。弓引きって言うのもありました。果たしてどんなときに使うかな?ここまで、綺麗にHPにまとめられていたら、審判の人達も嬉しいだろうなぁ。
 もうひとかたは、テーブルサッカーを楽しんでいる親子が出てきました。父の方は日本代表で世界大会に出てきたらしい。以前どこかで見たことがあるが、これを置いているお店ってあまり見かけないよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

むちゃくちゃねむい

sinnkoubeshinkobeoriental 今日は友人Zに誘われて、オリエンタル劇場で舞台を見てきた。この写真は、それに向かうまでで撮った写真。1枚目は細い路地の向こうにある賃貸の入居者募集看板。こんなところに玄関があるのね。もう一枚は、新神戸オリエンタルホテルだよん。ダイエの会長が再生に向けて、CM出演していたね。店舗の閉鎖が決まっているところは、従業員も地元の買い物客も厳しいだろうなぁ~。神戸から始まった会社だから頑張って欲しい。ここは、中内さんの息子が東京のように夜遅くでも遊べる所として作られました。でも、繁華街はもっと南なので、新幹線の乗降者と地元しか行かない場所になってしまいました。ここは、あんまり知られていない海外ブランドがちょこちょこあるので、覗いています。あと、好きなピアスのお店もある。新しい形を模索してみても、本当に集客するのは難しいよね。

 今日の舞台は、「パリアッチ」という舞台を見てきた。出演者は、瀬戸カトリーヌしか私は分からなかった。で、始まった途端、日ごとの睡眠時間の短さがたたって、暗くなったから、眠気が襲ってきた。結局頑張ってみていたが、あとで友人に聞くと知らない場面が何個も・・・、折角見に行ったのに残念だ。で、なんか見たことある顔だなぁと思っていたら、途中思いだした。ラーメンズの人が出ているではないか!あーあ、もう一回見たかったなぁ。

 昨日、火サスで丹波さんが出ていた。私、風呂はいっていて見ていなかったのだが、いぢわるおじさんからのメールで丹波さんを病気あつかいしていた。朝おばばさまに聞くと、おばばさまも病気だろうかと言っていた。で、友人Zとも2時間ドラマの話になって、昨日あった分の丹波さんが病気かもしれないと、こちらが聞く前に教えてくれた。みんなが。丹波さん病気?と心配している。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2005

映画ファン必見!?

 漫画ファンがめちゃ喜ぶ金魚屋古書店出納帳っていうのを描いている芳崎せいむって人がいるんだが・・・。この漫画、漫画好きには嬉しい。昔の漫画を紹介しながら、話を絡めていくってはなしなんだ。
 で、その芳崎せいむってひとが作画で原作は東周斉雅楽って人の「テレキネシス」ってのがあって、昔の映画を絡めながら、話が進むって漫画なんだよ。それも、映画評論家の文も載っている。まだ、全部は読めていないのだが、出てくる映画は、「風と共に去りぬ」とか「オール・ザ・キングスメン」とか、1度お試しあれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おとこのせかいって、硬派じゃなくてなんぱだよ

 同じ業種でもこっちのんがらくやぁ~と早朝書きましたが、本当に楽だなぁ~。待った甲斐があった。神様有り難う。これも、お払いをして貰ったからだろうか?まぁいいや。なんでも、かんしゃー。
 今日仕事で、大阪の本町下車した。阿倍野方面に出る出口でこんなものを発見。
korenani 何なの~?って、ここを大阪人が読んでいるとも思えないが、ここに人がいるようなのだ。帰りに写真を撮ったのだが、開いているときに気づいていればよかったのに、残念。何だろう?新聞売りにしては、小汚くねーかい?会社の人があれは家だよ。番地があるはずとからかってくれたが、何だろう???

 やっぱ、この業種は男の世界なので、まぁ気を遣われるような存在なのだが、男ばかりの職種は社会に出てからずーっとなので、もう慣れちゃって、何にも気にならなくなってきた。最近は、セクハラする人が殆どいなくなったので有り難い。セクハラが横行していた時代って、セクハラされているのも、されないのも微妙な関係だったのだ。そんな風に思ってしまうほどに、男性の考えが当たり前になっていたし・・・。今なら懐かしいと言えるけれど、図面を書いているところを後ろから両手で胸を鷲掴みにされるとかあった。例を書いていたら、エログと間違えられるかもしれないので止めておきますが・・・それは嘘です(笑)。今では考えられないよね。でも、どうしてこんなことを書き出しているかというと、今の場合はどうやら接待が無くなった代わりに、取引先は売り上げが上がった企業の社員を男の人が喜ぶ街に連れていくっていうので、売り上げを伸ばそうとしていた。私がいたから、詳しくは語られず、そういう盛り上がりも出来ずだったのだろうけれど・・・。そっか、まだまだ、男性が多い職種にはこんな事が待ち受けているんだなぁ。やっぱ、社会は男の世界が多いなぁと思ってしまった。
 それと、netしすぎて、情報過多なのか、世間には普通の人しかいないんだとか改めて思ってしまった。netしてる人って、私同様ちーと変わっている人が多いのではないだろうかと思っていた。書いている内容も面白いというか、変わっているし・・・、できっと世の中にもそんな人達がぽつぽつで始めているのかもと、でも会社で見る人達にそんな面が感じられない。ましてや、家に帰ってnetの世界を見ていない。今はまだnet族は少数派なのかなぁ~。着信音にちょっと変わった曲を入れているだけで、あとはふつーの人ばかりのような気がする。私って、極端?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 05, 2005

うにゃうにゃ

 昨日から新しい会社に行っているのだ。5:30起きるのは、net族にはつらい。昨日、いっぱいTBとか入れて下さっていて、めちゃめちゃ嬉しく頑張ったが、眠気で何をやっているのか分からない状態。コメントも何を書いていたのかさっぱり分からない。それも折角書いたコメントも消えちゃうし、何かいてるのかも分かんないし・・・。

 特命リサーチ200XⅡは同じメンバーでしたね。って、いつからやってたんだ!先日はJ○LやA○Aのベテランの失敗を分析していて、なるほどと勉強になりました。普通でも、同じような動作をしていると、無意識にやっているものがたくさんあるものね。友達にはいつも脊髄から先で動いてるってよく言うんだけれど、同じ事をずっとしていると、頭で考えなくなってしまうから、確認ミスを怠ってしまうんだろうね。あと、自分の失敗というのではなく、ミスしやすい点として、全体的に考えていくというのは、どこの企業でも必要なことだろう。攻められたりすると思うと、ミスしやすいポイントを提示出来なくなってしまうものね。なるほど、とか思ってみていました。よかった、復活して。で、来週は部分やせだぁ~。

 今日からは、「海猿」のドラマが始まる。今日は、火サスで高林鮎子があり、藤田まことがおねえ役をするというので、母が見るために、録画だ。

 同じ業界だとしても、昨日から行っている仕事の方がめちゃくちゃらくだぁ~。残業は多いみたいだけれど、まだ帰れそうだし・・・。取りあえず金儲け金儲け。50歳までには古本や資金500万までは貯めておかないと(笑)
 って、初めてここ以外に口に出して友人Aに言った。言葉に出すとそっち向きに動き始めたような気がするね。当分先の話で、また違うものに興味持つと思うけれど、やりたいことがちっとでもあるのは嬉しい。あとは、やっぱアートや・・・、それが難しい・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2005

なんちゅうことだ!

 特命リサーチ200Xが始まっているではないか。がーん、いつからだぁ。今日からだったら、新がつくもんなぁ~。
 きゃー、めちゃくちゃ嬉しいのだ。この番組が一番好きさ。最近では、これに近いのって、サイエンスZEROぐらいで、番組構成がいまいちだから、特命ほど面白くないのだが、これが戻ってきてくれて、めちゃくちゃ嬉しいのだ。HPの閲覧者数を見ても、好きな人が多いことが分かる。もう、おかえりーって大喜びで抱きつきたいよ!で、稲垣君がしてくれるのだろうか?違っていたら、大分寂しいぞぉ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「高慢と偏見」を読んだ

 イギリスで今でも愛されているジェーン・オースティンの恋愛小説。BSの平積み大作戦という番組で知り、読んでみることにしました。ストーリーは、5人姉妹を抱えた田舎町に住む家族の恋愛劇。時代は19世紀末と言ったところか。
 主人公は、良識があり、物事に対して、色々考えて動くと言ったどちらかというと、男性的な感覚を持った21歳の女性。この作品は、作者が21歳の時に描いた作品で、他の作品の主人公からも見られるように、作者と主人公は近い人物で書かれていると思われる。この21歳で書かれた小説が今でも名前が挙がるというのは、ひとえにこの作品の緻密な性格描写が原因といえるだろう。登場人物達に私の周りの人物達を当てはめることが出来ると言ったどこにでもいるような人物の描写が、入り込み易く、いいところ悪いところで愛しくもあり悲しくもありと感じ得ずにいられないのである。
 この作品では、作者=主人公が、第三者的に物事を見ている割に、顔や態度から色んな偏見を抱いてしまい、本当の姿を見つけ出していくのに、自分の狭さを感じていくと言った。大人への成長物語が描かれてもいる。相手になる男性は、思慮深い彼女なので、なかなかの人物が周りに現れてくるのだが、その相手の性格も行動も今の恋愛とは違って、羨ましい限り、気持ちの心の恋愛をしているのだ。小説を書く作者、読む読者の需要と供給がなされているからか、否定される女性像も、愛情深く描かれ出す男性像も、読者が思う通りである。その時代から恋愛第一主義の女性と本などを読む女性とがはっきり分かれていたのだろう。しかし、昔の地位のある女性は、結婚=就職となるので、よりよい就職先を見いだしていかないと行けないために、結婚に重きをおいた時代だったのだ。この時代に生まれなくてよかった。まだ、結婚するかものしれないという全く結婚を否定したものを持っていないのだが、この時代なら私はオールドミスとして憐れに思われていただろう。
 この中で、私が自分に近いと思ったのは、主人公の相手役ダーシーの変化前だ。本当に私の性格が悪いのが分かってもらえるだろう。なんか書いているのを読んで、自分のことと思う箇所が何個かあった。彼のいいところは持っていないし・・・。困ったものだ。
 兎に角、面白かったので、映画で見たことがある「エマ」も買ってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2005

宇宙戦争

途中で死んじゃったおじさんがいいこと言っていたんだよ。で、忘れてしまった。
 
 うーん。やっぱり、映画は映画館でって映画かな。これでもかぁってぐらい、知らない映像を見せて貰った。兎に角逃げまくり、ダコタ・ファニングはきゃーきゃー言っていた。映像より彼女の演技が迫力あって怖かったよ。突然やってきた恐怖。背中の向こうから近づいてくる。でも、自分の身に迫るほどの恐怖は得られなかった。兎に角、見たことがない映像。だから、見た甲斐があるかもしれない。現実、中心で撮られている人物がいつでもヒーローなわけでもない。ここでは、子どもに信頼されていない父親が、子どもを守っていくことで、父性が生まれてきて、子どもも父親との交流を求め出す。まぁ、その程度でいいのだろうけれど、おちもあっけなかったし、主役達は何とか生き残って、明るい未来が待っているし、悲しみや苦しみや怒りや憤りとかの感情を全く感じることなく、ただ彼が進む方向での侵略の凄さをかいま見させて頂いたって事だろう。
 SF映画にヒロイックファンタジーを求めすぎてしまっているかなぁ。こういう等身大の人物が強くたくましい父になっていくって話でもOKなんだけれど、主人公が最初の地表に現れるところから、見ているので、何かヒントのようなものを彼が呈示していくのだろうかと、機械類が家に散乱して、仕事が出来て、勘もよく、頭の回転が速い主人公が、おもむろにポケットの中に冷たい石を入れたときに思ってしまったのだが、そういうことがなかった。やはり、求めすぎている?ずっと、等身大だけで終わってしまったので、残念だった。
 敵の発想はめちゃくちゃ面白かった。ちょっと思い出すと気持ち悪くなるのだが、人間の確保の仕方ってあーいうのはなかったよね。あと、金かかってるなぁと感嘆したモブシーン。日本も制作費を上げてここまでの本当のモブが出来るようになればいいのになんて思っていた。

 映画みながら思っていたこと。先日のアニメ夜話でとある方が、中学生の時に戦争が起こって、アムロのように操縦桿を握りたいと思っていたと言っていた。嘘の世界の戦争は、自分が主人公になるので、最後まで生きているといったばかげたことで想像してしまうが、平和な世の中で、そういったことを感じ得ずにいられないことは仕方がないことか。同じように、このような映画を見ながら、侵略の危機になったときのマニュアルとして身につけてしまっている。SF・スリラー好きの人間はとっさの判断に色んな例を思い描いて行動をとることが出来る。バカなことはしないだろう。それと、爆撃を受けたようなあとを実体験している人間は、こんな人間の死を深く描いていないのを見ると、悲しみが起こらない代わりに、変な興奮を覚えてしまう。こんな主人公のような状態に陥りたくなる欲求。残骸の中で、食べるものや飲み物確保にどうするかといったその日からの心配が襲ってくるそういう世界。もちろん世界全体的な話でだ。この映画に深みを感じないのも、大事な食料や水を軽視していること。いつものように主人公になって、逃げる行動を考えたが、あまりにも水や食料の観念がないので現実感がない。こんな風に、主人公の阿修羅の道を歩いていく姿を見て、異常な人間の行動や残骸の美しさを見て、この世界に入りたくなってしまうというのは異常かな。平和で同じ毎日に送ることが出来る平和ぼけの人間が何ふざけたことを言ってるんだってことだね。きっと。
 
 寝て起きたら、TBを付けて下さっている人がいた。あーるの日記さんによるとリメイク版だったそうな。公式HPを見に行ってみる。なんとサバイバルゲームが出来る、っていっても、coming soonなのだが・・・、で、情報公開をしていないと言っても、キャストやスタッフの説明もないし、なんじゃいこれって感じのHPだった。サバイバルゲーム待ってるからね。

 映画の中で日本が出だしているのは、嬉しい。いつもなら、ロンドン・パリって所だろうから・・・。「大阪でやっつけたそうだ。日本人が出来て、俺たちに出来ないわけはない。」と言うセリフを嬉しく感じた。で、大阪人がトライポットをやっつけている姿、うー想像すると何となく、入り込んで罵声をあげながら戦っている姿が思う浮かべることが出来るのだ。さすが、大阪人かっこいい。世界的にかっこいい都市になっちくれ。この話、スピルバークが会見で、ゴジラ映画で唯一勝った都市だから、大阪ならやっつけられるだろうと言っていた。まさしく、そのとーり。

 トム・クルーズは、普通の父親も演じておこうって事なのかなぁ。こういった迫力のある映画ばかり撮っているから、普通の恋愛映画にも出られるようなイメージも作っておこうってことかと思うほど、彼としては普通の役だった。父性の欠けた父役は彼には難しく感じる。父性いっぱいのイメージがあるから、おとーさんと呼びたいぐらいだもん。ダコタ・ファニングはキャーキャーばっかりだったが、顔の表情からして、凄い子だよね。あと息子役は、アメリカの良心的な感じで動かれていたけれど、なんかなぁ。もっと、変化の兆しが欲しかったかな。勿体ない描かれ方だった。観客は彼と思いを一つに出来ただろうか。母親役はロード・オブ・ザ・リングの人だったね。
 音楽は、ジョン・ウィリアムズ。いつもスピルバーグの映画ではおなじみだ。抑え気味の音楽で悲惨さを描きたかったのだろうが、インパクトに欠けた。

 公式HP

| | Comments (4) | TrackBack (18)

ミリオンダラー・ベイビー

 アカデミー賞を獲得したからといって、私の趣味かどうかは分からない。この映画も受賞当時賛否両論で、アカデミー賞に相応しい四の五の言わせないような映画が最近出てきていないことを表している。
 私一人ではきっと見に行っていなかったと思う。

 ストーリーは、二人の男が一人の女の成長を見守るというものだ。男性社会に目をとめて貰うには、打算無く懸命に生きている姿が一番にいいだろう。家族の話も交錯していくので、単なるボクシングではい上がっていくだけではなく、環境が浮かび上がり、主人公達の思いが伝わってくる。と言っても、この映画の人物達は寡黙で、私なら腹が立って仕方が無いことも、家族愛が強いために、傷つきながらも、寡黙に動いてしまうために、映像からでもなかなか受け取ることが出来ないから、観客の頭に入れて、心で見てくれって感じで描いている。原作は短編らしいが、見たときには他に描き足りないものがたくさんあるのではと思われた。主人公の娘の話も、観客の頭と心で完結させるしかないような作りになっている。帰りに友人T1があれはどうだったのと聞いてきても仕方がないだろう。戦闘映画やSFなどのスピードがあって見逃してしまうという感じではないのだ。わざと観客に託したような感じだ。それは、第3者の語りが、割と遠い人物にさせているところからも、伺える。
 この映画で何が心に残ったかっていうと、トレーラーハウスで住む巨漢の母と、妹は若くに子供を作り実家に戻って生活保護を受けていて、弟は刑務所の中。ボクシングが無かったら、自分もトレーラーハウスで生きる一生しかない。家族は、彼女にお金しか見いだしてくれず、愛情が何も感じられない。求めることすら忘れてしまっていた空虚な生き方。悲しすぎる。このような家族は世間にいるとは思うが、あまりにも切なすぎる。そのために、彼女は這い上がろうというのを願っているわけでもなく、ただ気持ちを奮い立たせるものだけのために生きている姿。狂おしく熱烈に生きた人生は短くても生きた証になる。ラストのあの言葉にじーんとさせられる。愛する人、いたわる人が必要だ。

| | Comments (3) | TrackBack (5)

July 01, 2005

ジャンルバラバラかきなぐり

 昨日、美肌のことを書いたので、じゃあ本格的にぐぐって見ようじゃないかと、検索したら、たくさんありすぎてダウン。くだんの所で買った日やけ止めクリームの成分を見ると、そこで言っていた通り、紫外線吸収剤は入っておらず。散乱剤が入っていた。やっぱり、何にも知らないというのは悲劇だろうから、もうちょっと感心持たなきゃなって反省。叶姉妹や私の友人S姉妹のように化粧品に凝って、皺のない美肌の人もいるので、化粧品の選び方をもっと考えなきゃならないんだろう。
 あと、思ったのは、周りの人達が同じ事を言うことで、マインドコントロールされていくように感じた。他の意見を何も感じていないと流されてしまう心理というのを味わってしまった。否定するものがその時に浮かばないと、それが凄い物として頭の中に入ってくる。言葉とか、こんな文章って、何が正しいのか分からず簡単に体の中に入ってくる。間違ったことでも容赦がなく。やはり、知識を持っていないと方向性も出てこないなぁと感じた。

 BSアニメ夜話全部見た。「超時空要塞マ○ロス」って見たことがなかったのだが、友人Hがはまっていたので印象があり見てしまった。三角関係の話だったのですね。知らなかった。アニメファンが作った作品と言うことを言っておられた。その前の日の「劇場版 エースをねらえ!」は演出の凄さを語っていた。原作はどうしても女性の感じが強いのが、アニメ版ではめちゃくちゃ男性的な描き方になっている。大きく異なっていくのは、藤堂さん。漫画版では、岡ひろみのサポートの方向に進むのだが、アニメ版ではオリジナルストーリーになり、藤堂さんは海外のサーキットに進出していく。男性的というか、監督の性格の反映だろう。でも、唐沢さんが言っていたように、コーチの醍醐味。宗方さんの死に様をそばで見ていて、コーチの道に進む漫画版の方が、実際的なような気がする。

 番組改編の時期だね。あんまりドラマを見ない方だったのに、前クールは、2本も頑張ってみた。次クールは何を見るかなぁ~。
 気になっているのはやはり、どんな描き方をするのかが楽しみな「電車男」。伊東○咲かぁって所があるのだが、最初はみんなへたっぴなんだ。だから、頑張れというしかない。綺麗な人なんだが・・・。もう一つ見るつもりなのが「海猿」。先日映画もやっていたので、あとは見るだけ。この映画のおかげで伊藤英明って格好いいじゃんと思った。加藤あいは前から興味あり。TVにするには大がかりな話だけれど、原作通りにしてくれるなら楽しみだなぁ。原作読んだことないけれど・・・。二人以外は映画の人達は全然出てこない。ドラマが終わったら、映画第二弾だ。どうやら、こーいった企画ものが好きなようだ。「アナザヘブン」の時も大喜びだったもんなぁ。あと、結婚で話題になった「いま、会いにゆきます」。中村獅童と成宮寛貴との違いが・・・。原作を読んでいないので、どちらが原作通りなのか分からないけれど・・・。で、これも映画からドラマへ「がんばっていきまっしょい」。鈴木杏が主役なんだね。阿部寛、今人気だね。義経の知盛役もかっこいいです。漫画が原作の「ドラゴン桜」で、主役をされます。あとは、妻夫木聡主演の「スローダンス」。映画監督を目指していたのに、他の方向に行った青年の話で、そーいうことと、藤木直人が兄役で出ているので気になる。こんな兄弟が本当にいたら、凄いことになるだろうと思うような設定だ。なんか、殆どフジテレビだなぁ。
 ついでにNHK情報。2006年の大河は司馬さんの「巧名が辻」。山内一豊の妻は、3賢妻の一人。主役は、仲間由紀恵と上川隆也。NHKが好きな俳優さんだ。山内家は竜馬が出てくるきっかけになっている。彼らが四国にやってきたばっかりに、虐げられたって事なのだが、織田家から拝領された戦国時代からその確執が続いていたって訳だから、土佐藩は難しい藩だったのだ。それと、他でも以前話題になっていたが、新選組のその後の話が来年の正月に放映される。土方ファンの私はめちゃ嬉しいっす。
 今月の知的好奇心は、村松友規が市川雷蔵を語るってのと、桂米朝が上方歌舞伎を語るってのが始まる。それから、
THE・少女マンガ
8月29日(月) 23:00~  「星のたてごと」 作 : 水野英子
8月30日(火) 23:00~  「愛のアランフェス」 作 : 槇村さとる
8月31日(水) 23:00~  「CIPHER(サイファ)」 作 : 成田美名子

 新海誠監督の 海のむこう、約束の場所 8月26日(金) 後10:00~11:35

 来週からあんまりTVが見られなくなるなぁ。映画も・・・。この半年で映画館で映画を見たのは75本だった。このまま行けば150本だが、仕事に行きだしたら、月4本見られたらいい方だもんなぁ。100本超えるかしら???
 この半年でよかったと思う今年上映の映画は、「サマリア」「コーラス」がよかったぐらいかな。その次で「赤いアモーレ」「エイプリルの七面鳥」「パッチギ」「故郷の香り」「エターナル・サンシャイン」がましだったかなぁ。げげげ、75本も見ていて大してよかった印象がないじゃん。弱っているときは、心にもがつんと入ってこないからなぁ。単なる見ただけになっているかも。京都の友人の息子が映画関係の仕事に目指しているらしい。今大学生なら、映像を撮ることに興味を持つかもしれない。でも、今やっていなかったら、やっていないのかも。自分一人で出来るクレイアニメも興味がある割になんも動いていない。興味があれば言葉の前にもう動いている私としては、年くったからおちりが重たくなったのか、はたまたまだまだやる気が本調子じゃないのか。どっちもだな。 (敬称略)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »