« 普通の男性の拠り所 | Main | 特命リサーチ200XⅡ 部分やせ »

July 10, 2005

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

 続けて大物監督の作品が公開。よく考えたら似たような題名じゃん。リメイク版だから、スピルバーク監督の方は以前の題名を踏襲しているが、本当は題名からすると世界戦争なんだろうね。宇宙に出ていないから。だから、今日のが本当に題名通りのお話だ。
 今日は、おばばさまと見に行ってきた。公開した初めての日曜日とあって、凄い人だった。おばばさまのために、吹き替え版の2時間前に行ったのに、1列目しか空いていないというので、仕方が無く字幕を見る。私の方は、どちらかというと字幕派なので嬉しい。特にハリウッド映画はそんなにセリフがないから、字幕に追いかけ回されることもないから、英語は分からないけれど両方楽しめる。例えば、「フォースと共にあらんことを」と言っているシーンだけれど、話しているのは、「Force with you」だけ。戸田さんにどれだけ感謝をしないといけないかと思ってしまうよ。
 映画始まって、映画の中に入り込む前に、壮麗な音楽を聞きながら、もうこの音楽を劇場で聞くことはないのかとこの大叙事詩に対して感慨深かった。めちゃくちゃ、スター・ウォーズのファンではないけれど、長いつきあいなので思い入れも出来る。
 先日、スター・ウォーズ特別編を見ていたので、それより過去の話なのに、乗り物やロボットの精巧なこと、冒頭シーンのカメラワークのすごさ、1977年から2005年の長きの渡ってこの分野がどれほど進化したのかが伺える。
 誰もが知っているこの作品の続きにどのように話を合わせていくのか、それが私にとっての焦点(笑点とでた・笑)だった。愛に飢えたアナキンが求めるもの、なかなか難しいけれど、こんな風になっていくしかなかったかとまぁ納得出来た。でもやはり、パドメを優先していた割には・・・とか、師匠と弟子関係の割には、Ⅳでのオビ=ワンの簡単にベイダー卿に殺されてしまうシーンは納得しにくい。この映画のあとと、ルークが育つまでの間に、何かしらベイダー卿とオビ=ワンの関係があったのかもしれないが、「愛している」と言っていたオビ=ワン・ケノービとアナキンの関係がⅣと違うのが気になった。
 ⅢとⅣとの差がどの程度なのか、興味津々だったが、一緒に特別編を見たおばばさまの「あのあとどうなるの?」には、「おい!」って(笑)。全作品一緒に見たのに・・・、やはり28年は長すぎた。
 今回もヨーダ様が格好よかった。敵が現れたときのあの眼がかっこいい~。でも一番好きなのは、R2/D2だ。毎回活躍する彼が一番好きだ。帰りに彼が付いたボールペンを買うかどうか迷った。そうそう、前売りに付いていたライトサーバーの携帯ストラップを頂いた。これで、私もジェダイの騎士よん。

公式HP

|

« 普通の男性の拠り所 | Main | 特命リサーチ200XⅡ 部分やせ »

「映画」カテゴリの記事

Comments

なんか、読んでるだけで、癒されます。おばさま。

R2もかなり敵を倒しまくってましたね。あの技、油噴射&ジェット攻撃、4〜6で観てないよ。記憶消されて、そんな機能があることも忘れたのかな?

Posted by: しん | August 04, 2005 at 02:47 AM

★しんさま
 エピソードの方が、サブキャラを大事にしていますね。技術の向上がそうさせたのかもしれませんが・・・。

 おばばさまというのは、私の母上のことです。天上天下唯我独尊と言って、生まれながらにして立ち上がりました。うそです(笑)。
 世界の中心で生きている人なので、こっちに迷惑がかからないときは、めちゃめちゃ楽しいです。
 そうですかぁ~、癒されましたかぁ、嬉しいです(笑)。

Posted by: 海音 | August 04, 2005 at 06:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/4916319

Listed below are links to weblogs that reference スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐:

» スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 [ルーカスさん、おつかれさまでした] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
スター・ウォーズ・シナリオ検討会議(想像) 監督兼脚本のジョージ・ルーカスと、製作リック・マッカラムの秘密ミーティングで交わされた会話 リック・マッカラム(以下RM)「ルーカスさん、大体出来上がりました?」 ジョージ・ルーカス(以下GL)「ああ、できたよ。まったく・・チェックなんていらねーよ」 RM「だってまた"2"みたく、ジャパンの昼メロ並みのラブシーン決定稿にされたらたまんないですからね�... [Read More]

Tracked on August 04, 2005 at 02:52 AM

« 普通の男性の拠り所 | Main | 特命リサーチ200XⅡ 部分やせ »