« トップランナー ~オダギリジョー | Main | 神戸のおいしいお店その1 »

September 03, 2005

多国籍多文化との共生

 以前、主要都市のHPの外国人対応のことを書いたことがある。その時は全部の都市を調べているわけではないけれど、神戸のHPは色んな言語があると言うことを書いた。

 日本の労働人口が足りなくなり外国人の雇用が始まった時期がある。その時から、都市部だけではなく、工場地帯がある市町村に外国人の労働者、その家族が住むようになった。私が住む神戸では、ブラジルへの移民の事務局が昔あり、また危険な護岸工事などで連れてこられたりしていた朝鮮人或いは韓国人の人達が関西に多く、インドシナ難民の受け入れ施設が姫路にあった。だからと言っては何だが、日系ブラジル人は別に多いとは思わないけれど、インドシナ難民ようするにベトナム人や韓国・朝鮮人の人が関西には多く住んでいる。それから、貿易関係と思うが、全国で一番インド人が多く住むのは神戸だ。
 荷役で盛んだった頃の神戸港周辺では、多くの外国人たちが船から上がり、買い物や食事にと神戸の街を楽しんた。それから、神戸には多くの宗教の建物が存在する。日本と違って、生活の基本に宗教が多い国の人達は大阪で仕事をしていても、神戸に住んでいるという人が多い。どんなんがあるかというと、こんなんがある。私のHPのんなので合ってるのか間違ってるのか、あんまり深く考えないように(笑)。

  日本は多国籍の国ではない、1民族だけという間違った考えを持つ人も多くいるが、多国籍とは言わないでも多くの民族が住む国だ。もしかすると、私の祖先は大陸からの来訪者であったかもしれない。色んな人種が混じり合った民族かもしれないと言うことだ。
 今、就職口がない時代が来ている。日本に来ても多くの収入は得られないと思うような国になりつつある。自給率も40%になり、もし突然日本が総スカンをくらうと、国民の60%は餓死してしまう。まぁそんな極端な話は冗談の域だが、先日もそのことで友人O2が、少子化傾向だけれど、それの方が賄えるではないかと言っていた。そうだ、少子化傾向で困るのは、国民年金の受給を本人が蓄えたものにせずに、未来の人達に託したやり方をしているから困っているだけで、仕事もない、家も狭い、自給率も下がっているとなったら、別に人間が多い方が価値があるとは思えないので、少子化に対して問題があるとは今は思えない。逆に少子化になっていくために、多くなっていく老人のことを未来の子達に託さずに何とかやりくり出来るようなことに考えを回してくれた方がいいのではないかと思う。

 郵政民営化でおばばさまと話が合わないのは、地方や老人のために郵便局が必要だという案におばばさまの気持ちがいっていることだ。私と違って年齢がそちら側にいるので、対自分の視線で考える。もちろんな話だ。該当年齢者の人数が多いのだから、死ぬまでに国庫のお金も未来の国庫のお金も使い切ってやれと言う人が1%でもいたら、間違いなく私の年齢層よりも人数が多いだろうし、強い力を持っている人が多い年代でもある。そんな政策にもうどうしようもない、自分たちのことは自分たちで考えられるときが来てするしかない。というのでは、めちゃくちゃ遅すぎるし、どうやって変えていけるのかなぁと思う。こうなると、自分たちに近い公共のものを監視していくしかないのだろうか。

 また、やっちまった。私は書こうと思っている道筋から遠く離れていてしまう。今日は、多国籍のことを書こうと思ったのだよ。

 実は面白い事実を知った。何かというと、とある団体が47都道府県と国際化推進とか、多国籍共生とかの部署を置いている市の役所に、あるアンケートを送ったのだ。それには、日本国籍を持たない人達に対してどのような支援や活動や認識があるのかというものだったのだが、市に関してはアンケートをお願いしに行く人達がすべての役所に持っていけるわけではないので、法則がないばらつきでいろんな役所のアンケートが出たのだが、その中で担当部署がありながらもアンケートを送り返していないところがあった。都道府県に関しては47件中36件、市の方は15件中14件が返ってきた。11の都道府県がアンケートに答えていないのも残念だが、市の方はたった一つなので、嫌でも気になってしまう。
 その全然外国人に対して何の意識も持っていないという市は明石市なのだ。
 はっきり断定は出来ないが、持っていってお願いしてきた人がいて、尚かつアンケートの結果に明石市の名前がない。あー、情けないという話なのだ。
 明石市は、神戸市よりも水道料金が安いとか、高校進学も能力別になっていないので、居を構える人が私の周りにも多い。一番の利点は主要駅に新幹線が止まることだ。友人Zなんか、新神戸オリエンタル劇場で舞台を見たら新幹線で10分で西明石に着いている。神戸は三宮や神戸駅から遠いところに新幹線の駅があるので、フットワークは神戸市内に納まっているのかもしれない(笑)。しかし、明石市民の友人たちは、情けなくて悲しくて大激怒している。単なる1地方都市から脱却出来ずにいるのだが、多くの外国人が明石にもまた住んでいるのにもかかわらず、悲しい結果だった。

 で、そのアンケートの結果で、多国籍共生の取り組みが他よりも進んでいると書かれていたのは、大阪府・愛知県・兵庫県だった。そんな兵庫県の中にある子午線のある町明石。情けないったらありゃしない。
 中身の方だが、不動産業者や家主に対して外国籍の住民であることで差別をしないような指導をしているかという問いに、指導をしていると答えたのは、東京都N区。Nということは中野区か。N区は何かあったら、要請している。千代田区は監督官庁に取り次ぎ、静岡市は不動産団体と会議を定期的に開催しているそうだ。考え中なのは、新宿区、広島市、沼津市、さいたま市、金沢市。神戸市は、今後も指導を考えていない。
 就職に関しても、不利益な処遇の撤廃など企業啓発を行っているところは、千代田区、広島市、金沢市とあり、神戸市では行われていない。
 災害時の外国籍住民への救援対策には、これで入っていなかったらおこるでしかしの神戸市、東京都N区、新宿区、千代田区、さいたま市が対策を持っている。職員採用の国籍条項を撤廃しているかには、神戸市、東京都N区、新宿区、千代田区(どうやら東京23区は合同で行っているらしい)、広島市、静岡市、さいたま市、つくば市、我孫子市、金沢市(一部職種)が撤廃している。その中で、専門職・一般職いずれも撤廃しているのは、神戸市(消防は除く)、広島市(消防は除く)、静岡市(消防は除く)、さいたま市、つくば市、我孫子市。
 医療費の補助を行っているのは、東京都N区だけ。児童手当の支給もN区だけ。多国籍の生徒が、母国語を忘れずに保持していくために、学校で学べる機会があるのは、N区(英語)、新宿区(タイ語)。神戸市は提供していない。外国籍の生徒や保護者への通信文に母国語で情報提供を行っているかという問いに、提供しているのは、N区、新宿区、静岡市、沼津市、浜松市、掛川市、つくば市、金沢市。神戸市は提供していない。
 多国籍住民に住民投票権を与える条例を持っているのは、広島市、静岡市、我孫子市。神戸市は検討していない。

 まぁ、アンケートの問いの受け方にもよるので、何とも言えないところもあるが、神戸市は通信文の情報提供に母国語を使ったり、母国語を忘れないようにする勉強の提供はしていないが、日本語が分からない生徒一人に、分かるまで授業中横に通訳者が一人ついているので、通信文以上の価値はあるのではないかと思われる。タガログ語などのあまり通訳者がいないような言語にまでついているので大したものだと思う。

 やはり、多くの外国人が住んでいるところや、意識が強いところには多国籍多文化との共生が意識されている。自分たちだけを守っていてはダメだろう。ハリケーンでの素早い国や企業の対応。日本と同じ規模で災害がやってきたのだから、ひとたまりもないだろう。日本なら、日本が終わってしまう。だから、日本だけで生きているのではないと思う。大きく広げすぎて、小さいところがだめじゃんになるのは困るが、自分たちだけという意識はもう止めなきゃダメな未来がすぐにやってくると思う。 

|

« トップランナー ~オダギリジョー | Main | 神戸のおいしいお店その1 »

「わたしの頭ん中」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

「神戸」カテゴリの記事

Comments

官業の民営化で
財政がこんなに影響があるんだって
日経新聞にあったよ。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050903AT1F0201702092005.html

話がかわるが
西明石駅までのJRの裏技があるんだって・・・


Posted by: 神戸西市民病院 | September 04, 2005 at 06:02 AM

往復割引の裏技

東京~神戸の往復であれば、東京~西明石の方がお得です。
▲東京都区内~神戸市内 :片道\9,030,
往復\18,060 (590km)
◎東京都区内~西明石 :片道\9,350,
往復\16,820 (613km)

これに特急料金で新幹線に乗れるはずです。
JRに確認してみては?

Posted by: 神戸西市民病院 | September 04, 2005 at 06:25 AM

★神戸西市民病院さま
 勉強になりました。やはり膨れあがったものは、一度解体して膿を出してみないとダメかもしれません。
 西明石の方が往復安いとは・・・。良い情報有り難うございます。

Posted by: 海音 | September 04, 2005 at 11:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/5762657

Listed below are links to weblogs that reference 多国籍多文化との共生:

» 米国史上最大のハリケーン [【借用書の達人】]
◆ 現在のランキングが気になる方はこちら↓  こんにちは、シャクタツ(借用書の達人)の坂庭です。 米国史上最大ともいわれる大型ハリケーン 「カトリーナ」に襲われたニューオリンズは 無秩序化し、「もはや戦争地帯」になっています。 市内はまだ冠... [Read More]

Tracked on September 03, 2005 at 11:50 AM

« トップランナー ~オダギリジョー | Main | 神戸のおいしいお店その1 »