« 軟弱もの! | Main | 道頓堀川に飛び込んだ? »

September 28, 2005

漫画をドラマ化

 一条ゆかり先生の漫画が今ドラマ化されていますね。漫画からドラマというのはめちゃくちゃ悪くなってくるので、そう思って見ないといけないですが、一条先生の作品は、極端すぎてドラマに向いているかもしれません。まぁ、キャラクターが似ている人は探せないですけれど・・・。
 「正しい恋愛のススメ」はこれの美貌のシナリオライターに大島智子、「デザイナー」の主人公に「ガラスの仮面」の姫川亜弓、「エースをねらえ!」の竜崎麗華を演じた松本莉緒が亜美役をする。彼女はいつも頑張って色物キャラにチャレンジしてくれているのである。今回どう演じるのか楽しみだが、見る暇はない・・・。

 それから、世界一売れている漫画と言えば「花より男子」。過去には、内田有紀がつくし役で、谷原や藤木の若い頃を見せてくれる映画が存在したが、華流の波が訪れ、台湾版ドラマが人気を博してくるとその影響か、新番組で放映されることになった。短いクールで描ききれるとは到底思えないのだが、兎に角頑張ってくれ(笑)。頑張って見るから。類役の小栗旬は、最近私の旬になってきているので、ちょっとは楽しみだ。しかし、この漫画の中に出てくる美形4人組は全員180センチ。しかし、日本の俳優はそれにはこだわっていない配役なので、こんな報道もされている(笑)。プレッシャーがきついだろうけれど、兎に角頑張れ!本家の日本版が海外で人気が出るように、応援しているよ!余計にプレッシャーかけてるなぁ~。

 「ドラゴン桜」が好評だったが、原作作品のファンの人は批判している。もっと、勉強の楽しさが詰まった作品なのだそうな。そんなことを知るとマン喫に行って読んでみたくなるではないか。

 外国では日本の漫画をうまく生かしているのに、本国である日本はどうも生かしきれていない。小説の時もそうだと感じることがある。なんか、視聴者のレベルが低いと考えて作っているような気がするのだが、どう思う?敬称略

|

« 軟弱もの! | Main | 道頓堀川に飛び込んだ? »

「コミック」カテゴリの記事

「テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/6150361

Listed below are links to weblogs that reference 漫画をドラマ化:

« 軟弱もの! | Main | 道頓堀川に飛び込んだ? »