« November 2005 | Main | January 2006 »

December 31, 2005

2005 映画総決算

 今年1年振り返って、順位何ぞを付けたく思います。日頃、点数を書いていないので、さて一体自分は一番何が良かったのか???
 取りあえず、自分の書いた馬鹿丸出しの感想文を読み返してみました。2004年公開の早いものは外しておくことにします。今年映画館で99本を見たのですが、今年上映ではないものが多いので大して本数は無いです。しかし、順位ってのがやっぱ難しいですね。取りあえず良かったものを順番に並べてみました。

コーラス
 今年はこれが一番良かったかな。

サマリア
 もう、心がキム・ギドクに捕らわれてしまいました。

赤いアモーレ
 自分の愛の形を探してみました。

マシニスト
 凄すぎる。怖いけれど、見て良かった。折角書いた感想を消してしまって本当に残念な作品だ。

ベルリン・フィルの子どもたち
 ここに出てくるすべては、教科書よりも大切なことだと思います。

エターナル・サンシャイン
 面白かった。楽しめると言ったらこんな映画のことを言うんだね。

バタフライ・エフェクト
 これを見ないと損だよぉ~

パッチギ
 これこそ一時代を表すのに素晴らしい作品。

乱歩地獄
 天才の集結かな。

親切なクムジャさん
 うまい、うますぎる。監督も俳優も。

エレニの旅
 こんな映像美を見せられちゃあ、後進が困るでしょう。

皇帝ペンギン
 可愛い。可愛すぎる。

エイプリルの七面鳥
 やっぱり、これは良い作品だったと思う。

 この1年で思ったこと。面白い映画人が増えてきています。キム・ギドク監督に惚れています。チャーリー・カウフマンが脚本を書いたらまた見に行くでしょう。上記のあげた作品でハリウッドの豪勢な映画は入っていません。それなりに面白かったのですが、観ていない人に薦めるなら、今年はこんな映画たちです。

 さて、あまり観られなくなった後半の2005年でしたが、来年は会社の近くに映画館が出来るので、帰りに見に行く回数が増えていけるよう人生を楽しみたいと思っています。
 正月映画で友人との予定では、「ザスーラ」と「SAYURI」。
 今みたいと思っているのは、「あらしのよるに」「プライドと偏見」「県庁の星」「奇妙なサーカス」「ロバと王女」「THE 有頂天ホテル」「天使」「ナルニア国物語」「ジョージ・マイケル~素顔の告白」「ダ・ヴィンチ・コード」「LIMIT OF LOVE 海猿」「機動戦士ZガンダムⅢ」「ハチミツとクローバー」「パイレーツ・オブ・カリビアンⅡ」を観ようと思っています。つたない感想文ですが、読んで下さっている皆様本当に有り難うございます。TBして下さっている皆様本当に有り難うございます。2006年もたくさんいい映画に出会いたいですね。

 TB頂いてばかりなので、自分からTBすべく、TBして頂いたところに映画ベストをされているか見に行ってきました。まだまだされていないところが多かったですが、色々上がっていて、人の好みって違うからおもしろいんだなと思いました。
 
 本当に色々有り難うという感謝感謝の1年でした。ありがとぉー。

| | Comments (2) | TrackBack (17)

Mr&Ms スミス

 今噂の二人だから、見に行った日は立ち見かもしれない状態で、すわれたけれど、一番前の悲惨な場所で鑑賞した。前半は、しょーもないB級映画に収まりそうかもと思っていたが、後半二人が争うことになってから盛り上がってきた。
 しかし、美しい二人が美しく画面上に飛び回っているというだけの映画だった。ラストのシーンは本来ならそんなところにいちゃあ行けないだろうと思うのだが、ご都合主義で終わらせているところが、なんかなぁって感じで終わったのだ。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2005

どいつもこいつも悪いやつばかりなのかぁ~

 やっと、大掃除が終わりました。本当に年末は忙しいですね。会社の課長は得意先の忘年会に呼ばれ続けて13回行かれたそうです。それも凄いね。
 昨日は会社の大掃除で終わってから、お歳暮の抽選会があり、ウェッジウッドのワイルドストロベリーのティーカップ2客とアールグレイのセットを頂きました。よく頑張った私に神様からプレゼントなのね。(T_T)

 そうそう、最近あなたのメールはウィルスに感染していますって、メールが変なところから来るので怖くて削除しています。何度もメールチャックしているし、そんなのが来るところにメールを送っていないので、新たな何かを購入させるお誘いのメールが着ているようなのですが、今日なんて大手企業名のメールだったので、広告メールかと思って開いたら、なんと女性がいっぱいいますという男性勧誘のお知らせ。あくどい、あくどすぎるよ。
 罠がいっぱいで、男性の皆さんは大変だねぇ~。女性だからと言って、好奇心に勝てずにリンクで飛んじゃうだろうと思われそうだけれど、怖くて見に行く元気なんてないよ。
 しかし、罠がいっぱいあって、どんどん進化させられちゃうね。嫌な人間に進化してるって事だけれど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生物惑星 WOO

 ちゅうのがNHKハイビジョンで始まります。
 NHKで特撮ドラマってどうなるんだろう。昔の11人いる!のドラマみたいよぉ~。伝説的な作品なのに、見たことがない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2005

眠れないおばばさま

 最近は朝見る1日当たりの平均が300ぐらいに減ってきました。やはり、映画のことを書かないのが検索の激減の影響でしょうか(笑)。

 忙しくしていて、何でも書いていたのに、疲れてかけていないです。とか何とか言って、ご飯食べに行ったりしているだけなんですが・・・。

 今気になっているのは、おばばさまの調子が悪いことと、Nさんが私に大して愛憎の憎に変わったのか、いちゃもんを付けてこられて、自分の視界にも入れたくなくなってきているので、これはいかんと思っていることです。

 おばばさまこと私の母は、はっきり言って神経質です。眠れない日が多く、今現在は隣の方々の夫婦げんかがかなり派手だったので、いつかは巻き込まれるかもしれないという不安があり、今はピークになっています。と言うのも、何年か前も夫婦げんかの据えに警察が来たりしていたので、移転したいとずっと言っていたのです。私が無職になったためにお金がないのと、家に私がいる安心感でそんな気持ちが減っていたのですが、仕事も遅く、いない時間が増えてきている上、宴会シーズンでお隣の夫妻が飲んで大暴れを外でしているので、どんどん調子が悪くなってしました。取りあえず、医者に行けと行かしたのですが、移転をしないと本当にいけないでしょう。
 私としては、いつかは私がいなくなって一人になってしまうかもしれないから、強く生きて欲しいと望んでいるのですが、私の子どもの頃から何でも大げさにとって興奮しがちのおばばさまには、難しいことなのかもしれません。眠れないと言うことがない私なので、分かってあげることもあまりできません。
 でも、そのストレスはとれば治ると思うので、せめてそれだけでもうまく行くようにしないと・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2005

昨日は悪い日だった

 なんかしらんが、やめときゃいいのにとか、の日だった。
 愚痴っても仕方がないことだが、それ以外に、昨日夜友人Mから電話がかかってきて色々話していたら、私が先日会った時に言った「負けやで」と言ったことが傷ついたと言った。その時に言ったのは、相手に彼女が出来たと言うときに、向こうのような強引な頑張りをしなかったのは愛情的には負けてたんじゃないかなと言う話だったのだが、昨日の電話では、負けを「若くないし、可愛くないので、負けたと言われたのがショックだった。」らしい。おい、話ちゃんと聞いてくれよとは言わなかったけれど、まぁなんでも人間自分の記憶はそんなものでしか留めないから仕方がない。しかし、そんなに湾曲するぐらい本人が気にしていることを露見させてしまい、しまったなぁと思った。気持ちを変えるのは自分次第だろうけれど、周りに言われたことも自分の都合よくとか悪い方にとかとってしまう。やっぱり、傷つきやすい相手に何でもぽんぽんいちゃあいけないなぁと軽く反省。折角感謝されたのに、その日は帰りに傷つけて帰っていたとは・・・。
 何というか、自分もそうだと思うが、自分に都合のいい言葉や今持っているコンプレックスを非難する言葉しか聞き取れていないなぁとか思っちゃうなぁ~。あと、先日新聞に載っていた人は見た目が9割って言葉も本当だよなぁとちょっと勉強をした私だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウルトラマン のロケ

 11月24日から撮影が始まったようです。来年の公開映画ですが、たまに検索で来る「映画の題名 ロケ場所」の検索フレーズの方のために、書いておきますね。
 ロケ場所は、神戸空港島(管制塔、ターミナルビルほか)・シーサイドホテル舞子ビラ神戸・コンチェルト・須磨海浜水族園・ポートライナー・北神戸サーキット・住友倉庫・六甲山牧場・モザイク・布引ハーブ園・中突堤・ポートアイランド1期・2期などです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2005

こーいった毎日

 何かブログの更新も出来ないほど忙しくて・・・。

 先日友人Mとカラオケに行ってきました。まだまだ、愛憎を語るM。でも、来年一月には引っ越しをして、彼とは離ればなれにならないといけません。
 んで、引っ越ししたら習い事をして憂さ晴らしするねんと語るMに、あかん!貯金がゼロでは仕事ほされたときにどうする!10万円貯めてからにせいと説得。
 来年は1月に引っ越し。4月から習い事をしたいので、それまでに10万円貯めて、4月から2つの習い事。来年末には正社員になっておくと約束させた。
 だから、Mがそこまで頑張るから、私も来年は20万円貯めて、4月からヴァイオリンの復活。年末には別に貯めたお金で台湾旅行。と言うことを確約した。
 まだまだ続く大殺界だから、来年の11月以降は月の大殺界も晴れるので、その頃に台湾旅行だ。そうそう、春の桂離宮に申し込みするのだ。あとは何?勉強勉強。6月の試験に向けて勉強しないと・・・。

 で、昨日は、友人達と御影でお食事。友人Rは今日わざわざ新幹線でやってくる人と初デート。で、クリスマスプレゼントを買いに行くのに一緒にくっついていった。本が好きな人らしいので、星の王子様を購入していた。

 今思いだした。そう、上の友人二人はなんか知らんが感謝してくれたのだ。
 M曰く、今のバイト先に変わることが出来たのは私のおかげだと言うのだ。いつもは道徳的な私が、自分のために生きろと言ってくれたので、辞めて今のところに行けたと言ってくれた。
 で、Rも、本なんて思いつかなかったと、感謝の言葉を私にくれた。

 あれ、なんかこーいうのがエネルギーや癒しになってる。嬉しいというか、空間が違ったスポットに入った。人に感謝される事ってそんなにないからだろうけれど温かい気持ちだ。

 先日から、もっとハグ出来たら、私は癒され、人にも癒されるのではないかと考えている。ただ、私は人に触られるのが嫌いで、自分もあまり人を触らない。でも、友人Mには手袋越しだったから、手を掴んでぶんぶんやって、なんか凄い触って変やなぁと感じていた。
 最近、会社のMさんによく触られて、とうとうお返しに胸を突いた。最近ではMさんの頭をぐるぐるなでることが出来る。ハグをしてくるのは逃げていたが、ハグが出来たら、私も癒されるのかもしれないと思う。
 パーソナルスペースが広いんだと思う。先日、みんなが私の作っているものを見にPCに寄ってきたら、Tさんが肩を両手で掴んでびっくりして飛び上がった。別に彼でも他の人でも嫌ではないんだけれど、パーソナルスペースを確保するために、近づいてきたら思わず引いたり、そこから離れて喋ってしまう。もっと、自分の距離を短く、ハグが出来るようになろうって思う。

 社内で、キャラナビの動物占いを教える。兎に角、これが一番当たっていると思っている。だって、私の大事な友人達が星座ではバラバラなのに、動物占いでは相性の合う狼・ペガサスばかりだった。
 で、相性の合う人がいるのかとチェックすると、Nさんが狼だったので愕然。他二人もみっけ。あと、思っていた人がペガサスではなかったので、まだまだ修行が足りないなぁと反省。

 そーいった毎日です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 19, 2005

男たちの大和

元大和乗組員の著書「戦艦大和の最期」にある言葉
「進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。日本は進歩ということを軽んじすぎた。私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れていた。敗れて目覚める。それ以外に、どうして日本は救われるか。今、目覚めずしていつ救われるか。俺たちは、その先導になるのだ。日本の新生に先駆けて散る。まさに本望じゃないか。」

 なんでやねん。
 と言うのが、正直な感想。原作は2巻の小説。それをはしょって作っているから、戦後60年として描きたかったところだけを描いている。だから、戦争映画としては軽めに作っているし、一緒に見に行った友人Aものめり込めなかったと言っているのに、私は涙を流し続け、敗北が分かっており、援護もないところに向かう大和をなぜ向かわせたと嘆き悲しんだ。なんで、そんな無謀な計画を止めることが出来なかった。敗北が早ければ、広島や長崎がなかったかもしれない。7000名を乗せた船を死出に向かわせた日本軍の罪は重い。
 またもう一つ、不沈の艦船として作られた大和があのような砲撃では耐えられなかった。一隻で勝てるものではないが、多くの人間が死なずに出来る方法が無かったのか?
 主人公は、反町隆史と中村獅童。エリート士官でもなければ、花と散るような仕事も有名な言葉も残した人物を描いたわけではなく、若い人達を優しく見守るどこにでもいそうな軍人を描いていた。私は、上記のような言葉を語った有名な士官がおられたので、それを反町がすると思っていた。かっこいいよなぁ~なんて期待して。でも友人曰く「なんで炊事やっているの???」なのである。でも、それでも、反町はかっこいいんだ。夕日に向かっていくあの後ろ姿は素敵だった。中村の方もどんな役でもこんな人かもと思えるような演じ方をいつも見せてくれて、二人の何でもない兵士の姿が大和の姿を容易に感じ取ることが出来た。若い兵士はあんまりインパクトが無かった。語り部であるはずの少年兵が制服を着るとみんな同じに見えて、今の子って体型も顔も特徴無いんだなぁと思ってしまった。寺島しのぶがなんかね。私は女性の容姿とか人に言えた義理ではないのだけれど、大画面いっぱいではちょっとしんどいかなと思う。寺島ファンには酷いことを書いていると思うが、今まで見た彼女は別にそんなことを思ったことがなかったのに、今回は他の女優さんの方が良かったかなと思った。
 船首の方は実物大で作られただけあって、迫力があった。やはり、豊後水道のラストの辺は、上空から襲ってくる戦隊の群れや上空から見た大和の悲しい姿、爆発により人間の体がどうなっていくかがリアルで、どろどろではないけれど、戦争とはこんな事なのだと言うことが伝わってくる。悲惨な映像は他にスピルバーグとかで見せてもらっているから、大和の最期、乗組員の最期が丁寧に描いていて私的には良かった。60年前を知る人が少ない人達が知る映画では、これが今年の戦争映画作品の中で一番ましだったのではないだろうか。

| | Comments (2) | TrackBack (6)

年賀状

 今日必死で作りました。
 毎年、自分で考えたデザインで作ります。ずっと、プリントごっこでした。何か勿体ないので、ずっと使っていました。でも昨年から、Fireworksとかで作りました。これが昨年の作品。文字がアンチエイリアスしないと綺麗にならず、するとぼやっとした感じになってしまい、もうえーわいと読めない様な状態で2005年度は出しました。元々文字が多い年賀状で昨年の報告と、毎回書いているはずの痩せると勉強するが載っているだけなので、読みにくくても大したこと無いだろうって思って出すと、「わざとぼかしてつくったんやね」と言われてしまい、これでは申し訳ない今年は、ちゃんとどうしたらなんとかなるか研究しようと思っていた。でも、めんどくさいから諦めた。一様来年お年賀状の画像が・・・。私が年賀状送っている人はたのしみが無くなるだろうから、見ないように!これだ。もしこんなのでもよかったら、使ってやって下さい。gifで作ってるから、使いやすいと思うが・・・。しかし、めんどくさがりなので、丁寧な仕事はしていないです。で、この画像を一太郎で文章を入れた上に貼って年賀状を作りました。今回は文字がくっきり。で、文字が間違っていることを印刷の途中に発見。読めないこともないし、気付かないだろうからと、これでいてまえです。今年は減って78枚の予定。今日は、そんなこんなの1日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

December 17, 2005

神戸ルミナリエ

konzatu 今日は最後の土曜日だったからピークだったんでしょう。点灯は5時半のはず。4時半の時点で点灯が見られないところに行列がきているって分かってもらえるかなの写真。

 今年は、友人A曰く、シンプル。しょーむないと言っておりました。
2005rumi こんな感じです。よかったなぁと思われたら、200円払ってルミナリエ切手を購入するか。500円握りしめて、鐘を突かしてもらうところで寄付して下さい。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

花より男子

 昨日、TBSで放映されていた世界一の売り上げがある少女マンガのドラマ化作品が終了した。
 ちょこちょこっと見ていたおばばさまが、「台湾ドラマの方がよかったやん。」と言った。
 正直な感想は確かに、台湾ドラマの方がいい。なぜいいか。それは原作に忠実だったために、原作がファンのハートを掴んだ理由である主人公を愛する男道明寺のひたむきな愛情がいっぱいあふれていたのだった。1クールしか放映されないドラマでは、ストーリーが重視される以上、出来るだけ忠実にそして1クールで完結が出来るように持ってくるなら、道明寺の愛情を描けなくても仕方がない。あの制限された中では、よく頑張ったと俳優&スタッフさんに言ってあげたい。
 しかし、根本的におかしくはないかい?
 1クールになるのは、スポンサーやテレビ局の事情だろう。そっちばかり気にかけて、ドラマは商品として見られていないのではないかなと受け止める。昨今、アジアの主流は韓国ドラマが普通になった。以前は、日本のドラマが主流だったのだ。ドラマを売れるように作れと言うわけではない。経済主義的なものが受け付けられていないのではないかと言うことなのだ。ドラマは昔は面白かったという。それは、ドラマが中心で考えられていたから、1クールでまとめられることもなかった。今では、当たる作品しか長期に渡って放映されない。
 10年もしたら、世界でまたアジアで、日本の名前が出てこなくなるだろう。戦前の資源もない、相手にもされない時代が蘇ってくるだろう。残された道であるアニメや漫画などの文化も、他の国が隆盛してくるだろうし、TVドラマと同じようになっていくのは否めない。
 日本は、会社が主権なの?やっぱり、方向をもっともっと大きく変えないと、こんなのでは、借金をいっぱい背負わされて、世界で相手されない、何にも売って貰えないし、発言権もなく、単なるいじめられっ子の小国日本を産まれてくる子ども達に渡せる?
 そんな価値観の国なんて誰も相手してくれないよ。

 なんて、ドラマを見たら思ってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 16, 2005

仰木さん死去

 仰木さんが亡くなられた。

 野球にそんなに興味が無くても、神戸市民は仰木さんとイチローは自分の家族のように思っている人が多いだろう。(他のオリックス選手すまん)
 そんな仰木さんが亡くなってしまった。朝のニュースでショックと言うよりは、なに?へ?どういうこと?って感じになった。なんか、いつまでもそこにいてくれるような気がしていた。

 神戸市って彼に市民栄誉賞をだしているのかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2005

運命じゃない人

三十超えたら、運命の出会いとか自然の出会いとかいっさいないから。
もうクラス替えとか、文化祭とかないんだよ。

 各国の賞を受賞しているだけあって、大変面白かった。この監督の次の作品も見たくなってしまう面白さが詰まっていた。映画としての厚みというのは無いような気がする。点数を付けたりしたら、普通の点しか上げることは出来ないかもしれない。でも、なんとハートフルな何か同じように、横で食事をしているかもしれない親近感を覚える。サスペンスぽくもあるのに、何かみんないい人で、画面の端々に映っている人も全部うまいこと使って、脚本が面白い。便利屋やまちゃんがいいねぇ~。なんか、本当に親近感持っちゃうよ。
 あとね、ラストシーンもいい。こんなに楽しませてもらったら、次もって期待しちゃうでしょう。

公式 HP

| | Comments (0) | TrackBack (2)

December 14, 2005

祝 もうすぐ10万アクセスΣ(゚Д゚;o)

 昨日、「知るを楽しむ 乱歩」の検索で来られた方がいた。うぅぅぅぅ、おばばさまが泉ピン子が好きなので、昨日はドラコンにチャンネルを奪われてしまい見られませんでした。どんな内容で進んでいるのか本屋でチェックしておこう。

 あと、2日ぐらいでこのblogは10万アクセスになります。割と変な検索ワードで迷ってこられる方が多いのにもかかわらず、内容が薄くて申し訳ありません。今年2月からのカウントなので、blogとしては、アクセス数の少ない方なのでしょうが、見に来て頂けるだけで、喜んでおります。ブックマークで飽きずに来られていらっしゃる方、これからもよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2005

営業成績を上げるにはどうすりゃいいの?

hogehoge なんかこのほつれ感がいいなと思わず写真を撮りました。

 最近の私。超忙しかった前月。解放されて、過去の過ちが露見して、取りあえず勉強代と思って貰えたのか、給料から差し引かれるのかまだ分かりませんが、私が作った補填を色々画策して貰って一応は終わりに近づきました。はぁ~。
 今度は元の課に戻って、商品知識も一からやり直しで、お金を稼げない状態に舞い戻りました。ということになると、以前会社を辞めたのと同じで、周りが突かないとしても、自分で自分を突きまくって、自分は必要ない人間かもと増幅してしまいます。
 我が社では、営業成績を上げるための課題提出・課題解決を持たされて、その書き込みだけでみな四苦八苦しています。担当の会社があればそこに他の商品のプレゼンとか書いて、用紙に収まるものでしょうが私なんて何にもない。私が入ったことにより、新年度に課に予算が多く計上されています。今は他の人の仕事を手伝うことで仕事のやり方を覚えていくしかないかなと思っていますが、だんだん3件はその期間中に仕事を取ってこないと行けないので、どうしたものかお先真っ暗状態。それも、私に課せられた新規事業。社内の誰もがやっていないことをやってくれと鶴の一声。そんなもん出来る自信なんて無いから、どうしたらいいのかお先真っ暗状態なのだ。
 取りあえず、恐ろしくてロムすらしていなかった2ちゃんの業界関係を読み始めました。知らなかった事が多かったと反省しました。

 誰も知らない仕事をどうとっていけるのでしょう。乞うご期待!
 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2005

NHKのばんぐみ

 来週の禁断の科学はマンハッタン計画だよ。

 昨日の義経のラストはどう感じたんだろう。
 私は、なかなか面白い大河だったと思うよ。毎年大河は面白いと思ってみている。宮本武蔵だけはつまらなかったが、昨年の新選組!も斬新で面白かったよ。新選組のその後の話楽しみだ。

 紅白は、ユーミンと小林VS美川とSMAPぐらいかな、楽しみは。泉ピン子が大好きなおばばさまはウィークエンダーを見ると楽しみにしています。この番組、20年前まで続いていた番組で、ざこばさんとか高見恭子さんとか出ていた記憶がある。でも一番想い出に残っているのは、エンディングテーマが土曜日の晩のなんか一人っきりの寂しさを出していたので、強烈に残っている。いい曲だったよね。子どもの頃だから、自信がないんだけれど・・・。

 昨日のトップランナーのデザイナーさんの人生譚面白かった。1度の人生はったりも必要だし、横道それるのも必要だなと感じた。やっぱ、年齢が制限される事って無いんだ。なんでも出来るんだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

スーパー銭湯で思うこと

 今日は友人とケナフ収穫祭の講演会を聞きに行く予定でした。
 ケナフ・・・
 ケナフというのは、アオイ科ハイビスカス属の植物で、生育時に多量の二酸化炭素(CO2)を吸収して固定化するため、地球温暖化防止に役立ち、また、水中の窒素(N)と燐(P)の吸収効率も大きく、水質浄化の点でも注目されており、地球環境保全に役立つ植物と言われています。良質の製紙原料や衣料用・工業用の繊維原料としての用途が見込まれ、建材用ボード類・家畜飼育用敷物類・吸油材料などへの利用のほか、家畜用の飼料などユニークな利用法も研究されているそうです。
 たくさんのケナフを生育させるには、多くの人知ってもらうことと、経済的な繋がりが必要です。きっと、そんなことの具体化例と研究報告があったのでしょう。

 しかし、昨日からなんとなくしんどいので行くのをやめてしまいました。申し訳ありませんでした。

 今日は、ちかくのスーパー銭湯の割引券が1枚だけあるので、期限も来ているしと、風呂の嫌いなおばばさまを残し、行って参りました。日曜日だからやはり多い。

 思ったこと。最近の女性は、前を隠さずに歩く人が多い。確かに眼鏡やコンタクトが増えているから、あんまり詳しく見られることもないだろうけれど、子どもを連れた母親でもそうなので、恥じらいをおしえんでどうすると思っていた。あと、体格が違う。みんな子ども産んだことがないようなスリムな体をして子どもを連れている。ぽっちゃりの人はいないのではないかと思うぐらいにスタイルがいい。この人達が、その中にたくさんいる年配のご婦人のような体型になるとは思えない。スーパー銭湯だから、平均年齢は高いが、若い人もいる。
「これから、アンケートを採ります。20代の人手を挙げて下さい。では、30代・・・・、40代・・・」
なんて言って、年齢別体系の移り変わりの統計を目で確かめてみたい(自分は棚上げ)。
 それから、みんな貧乳なのだな(おいおい、atok変換したよん)と思うこと。スタイルは抜群な人が多いのに、胸がある人がいない。今は胸がないのがいいのかなぁ~。
 自分のはしっかり隠して人の体を視力が悪い目で見ると、女性の体形の崩れって勉強になるなぁと思う。やはり、お腹が出て、尻が垂れるとかっこわるい。あぁはなりたくないと思ったら、精進しないと行けない。いくつまでキープ出来るか分からないが、顔の年齢が若くても、私脱いだら凄いんですってのもなぁ~。体も年齢が出るなぁと思う。自分より若い人と結婚した人は努力しているだろうなぁと、色々考える。女性が若い男性を捕まえるのは、ある意味勲章かもしれない。対象内に入れられるほどの美貌や若さを保っているってこった。
 そっか、年下の彼氏が得られるほどに精進するってのが、女性の目標かも。しかし、迎え撃つ敵は、自分よりも彼氏よりも若い女性なんだから、女性の心理って凄いだろうなぁ~。

 なんて、人の裸を見ながら思っていました。与えられたロッカーがベンチの目の前で、座っている人に見られながら着替えるという嫌な場所だった。着替えるところは、明るい照明で、はっきり見えるものなぁ~。
 はぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

黒門先生

 今日関西のよみうりTVでは、スーパーテレビの再放送で、カリスマ占い師を取り上げていました。
 閑古鳥が鳴く店の依頼や、結婚願望がある男性の成功例を流していました。これがすべてではないことはもちのろんろん分かっています。でも早速、そのカリスマ占い師黒門先生を検索。
 早速、メルマガ登録や来年の運勢を占ってもらいました。

 で、下記をヒントに色々気をつけたり、計画を立てたらいいんですよね。

2006年のあなたの運勢は、初伝の十二神将の「朱雀(すざく)」に表されます。「朱雀(すざく)」の持つ「知恵」「才能」などの意味が、あなたのこの年前半の出来事を暗示しています。
 あなたの2006年の前半は、研究や勉強に打ち込むには最適な時期と言えるでしょう。例えば資格の取得を考えている人には、絶好のチャンス。また、技能や芸術的なセンスも磨かれるため、クリエィティブな仕事をしている人には、その才能が周囲から大きな評価を得るかもしれません。
 2006年の前半は、あなたの知的な関心を高めることで、運気の向上につながるでしょう。

 一応、7月に試験があるのを受けようと思っているのが二つあります。前半でやっつけてみましょう。

 2006年のあなたの運勢は、末伝の十二神将の「天空(てんくう)」に表されます。「天空(てんくう)」の持つ「焦り」「空転」などの意味が、あなたのこの年後半の出来事を暗示しています。
 2006年の後半は、あなたの努力が空回りし、思うようにいかない焦りを感じることがありそうです。あなたはストレスをため込んで、友人にも見放され独り無理をしているような、辛い気持ちとなるのかも。一生懸命取り組んでも周囲から認められず、悩みを抱えてしまいそうです。
 あなたにとって2006年の後半は、頑張りも必要ですが、時にはゆっくりと休養も必要です。また、あなたの窮状を仲間に訴え、素直に助けを求めましょう。

 無理せずのんびり出来るような旅行でも計画をたてます。

 2006年のあなたの恋愛は、三課の十二神将の「太陰(たいいん)」に表されます。「太陰(たいいん)」の持つ「純情」「心の絆」などの意味が、あなたのこの年の恋愛運を暗示しています。
 2006年のあなたは、心から理解し合える人と知り合うことができるでしょう。もちろん恋という形ですが、プラトニックな関係なのかもしれません。ただ、あなたはその人と知り合うことで心の安らぎを感じるはずです。男女の関係に至るには時間がかかるでしょうが、お互いを理解し合いながら徐々に距離を縮めていくと良いでしょう。恋人のいるあなたは、デートを重ねるたびに心の絆がだんだんと、深まっていくでしょう。
 2006年は、素晴らしい出会いをもたらされる予感に満ちた一年となりそうです。

 プラトニックでも十分です。誰かに愛情を注げるのも幸せですものね。出会い、出会い。

恋愛の波
 2006年は前半が好調なようです。特に5月には気になる人との仲が、急速に親密になる暗示があります。ゴールデンウィークの期間を有効に活用することです。この時期に思い切った行動をしておかないと、7月はあなたの余裕がなくなって恋愛どころではなくなりそう。後で後悔しないように、勇気を持ってアプローチしてください。
 秋から年末にかけては落ち着いた時期となるでしょう。恋愛関係にある人は交際も順調に進展し、特に12月は二人の仲が急接近し、二人きりのクリスマスを楽しめそうです。

 思い切った行動ってのが私には無理なんだよなぁ~。私なんかよりもっといい人が山ほどいるだろうから、頑張っても無理かもとか思っちゃうんだよなぁ~。誰でもそうなんだろうか?そんなことはないだろう。もっと、自信がある人はいっぱいいるだろうからなぁ~。自分が変だというのがネックだなぁ~(笑)。

 2006年のあなたの仕事は、二課の十二神将の「貴人(きじん)」に表されます。「貴人(きじん)」の持つ「典雅」「出世」などの意味がこの年の仕事運を暗示しています。
 2006年のあなたは、周囲から厚い信頼を寄せられ、大きな発展を手にするでしょう。あなたが取り組んでいたことが成果を上げ、上司から認められて、収入増や昇進、出世のチャンスが巡ってくるようです。あなたの能力を遺憾なく発揮する時期ですから、常に建設的で前向きな提案やアプローチを心がければ、さらなる成功を手にするでしょう。
 2006年は周囲の期待に答え、あなたがより大きなやりがいを得る一年となるでしょう。

 なんか頑張ってみます!

仕事の波
 あなたの2006年の仕事運は、前半は安定した運気に恵まれ、物事順調に進展するでしょう。特に2月、3月は、あなたが今まで手がけてきた仕事が、相応の成果を上げ、周囲から評価されるでしょう。ただ、ここで油断してしまうと5月にはちょっとしたミスをしてしまうかも。事態を甘く見て大きな問題に発展してしまわないよう、気を引き締めて対処してください。
 後半は安定した運気で、7月にはあなたの努力が認められるかもしれません。ただ、好調に甘え調子に乗らないよう自制しておきましょう。11月はあなたの軽率な行動から、鼻を折られるような目に遭いかねません。格好いいところを見せようとせず、上司や同僚との連絡を密にしておくことです。

 連絡を密かぁ~。これが私の短所だから、治しておかないと・・・。

 これで、2006年試してみたら、当たっているか分かるのだ。
 簡単な占いなのに当たってるとしたら、黒門先生恐るべき、中国占術恐るべき。やっぱ、店する前に占いの勉強が必要かもと思うかも。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 10, 2005

昨日の宴会

 会社は業績不振で、毎年会社がお金を出して行っていた忘年会は中止。お正月の恒例ボーリング大会も中止になった。でも、無事退院された方のお祝いと10月11月入社の二人の歓迎会が金曜日に行われた。
 昨日はよく飲んでしまった。よく飲むと部長に言われていたので、人がお変わりを頼んでも、ペースを落として飲んでいたが、日本酒2合を頼んでからは、そのまま続けざまにいも焼酎のロックを3杯も飲んでしまった。周りは酔っていないと思っていたようだが、酔っていたから飲むペースが早かった。最初に生中とあわせたら、飲んでいる方になるのかな?
 酔っぱらってくると、自分のあほな話をしてしまう。会社ではまだまだ自分のことを言っていなかったのに、映画館で今年は90本以上観たとか、友人からの頂き物の軍服とかが家にあるとか、昔は昼休みは上司とキャッチポールしていたとか、ブログを書いてて来週辺り10万アクセスになるとか、仮面ライダーの映画に行きたかったとか、昔はライダーキックが飛べたんだとか言ってしまった(泣)。はぁ~また、イメージが崩れてしまった。

 他にお酒故に自分語りをしてしまったのが、新しく入ってきた射手座の男性。実はよしもとで漫才師をやっていたらしい。やはり、漫才経験者は営業向きなのね。それと、前職では1千万超えていたので、キャ○クラ通いして貯金がないとか、嫁にいっぱいばれたとか言っていました。
 部長がそういうことは棺桶までもっていくんやと言っておられたけれど、女性ならどっちがいいかなぁ~。

 そういやぁ、夕方の番組で大阪のカリスマ探偵の人が、浮気について色々伝授していた。

 背広のポケットにメモを入れていたり、女性が食べるような食べ物が書いたレシートを財布に入れているとか、車のポケットに色々入れていたり、食事もいつもよく行く店に連れて行ったりして、男性は考えが甘いのか、すぐにばれてしまうようです。どきっとした?今から車の中捜しに行かないといけないよ(笑)。
 休みに出かけたり、クリスマスに忘年会があるとか言ったら要注意だって。

 浮気されたら、どうする?
 私は、自分は不倫は出来るかもしれないけれど、相手に浮気されたら、別れるだろうなぁ~。だって、自分よりいいところを見つけてその人にひかれたんだから、私みたいに何も取り柄がない人間は、すぐに身を引くだろうなぁ。

 浮気は絶対していないとシラを切り、ばれないぐらいうまいことやってくれると一番いいかも。でも、きっとばれるんだよ。それは私がと言うより、女性は家に入ったら、外にいる人の方が綺麗で輝いていると思ってしまうからだと思う。だから、太刀打ち出来ないと思ってしまうこともあるのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2005

ニュース報道

 今日、猟奇的な殺人と報道されている事件があった。
 刺し傷が数カ所に及び、規則性があったらしい。

 以前、たかじんのんで、被害者の氏名の公表について話し合いをしていたことがあった。被害者の代表である橋下弁護士は被害者の氏名はいらないであろうと戦っていた。TV番組内で局の人間を相手に勝ち目はないだろう。確かに、被害者の氏名や写真を公表することにより、犯人の目撃者情報を得やすいと思う。
 でも、上記の被害者に対する犯人の行為まで報道する必要があるのだろうか?
 もし、自分の近しい人がそんな報道をされたら、私は怒り狂うであろう。いまでも、何でそんな被害者家族の悲しむ内容を一般公表する必要があるのかと思うぐらいだからだ。

 ええやんと思うのだが・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2005

反省をする

 私には反省がない。きっと、人並み程度にはあると思うが、自分の思っている基準ではない。
 ミスをすると、次には同じ失敗を絶対したくないと思う。誰だってそうだろう。怒られるのがいやだから?私の場合は、あほなプライドがあって、屈辱的な気持ちになる。第3者から見たら、赤くなり、汗をかき、半泣き状態で、自分以外にどこかが悪くなかったかと頭はフル回転してしまう。そんな内容を言わないから、まだ見捨てられずにいるのだろうけれど。謝りも反省も足らないような気がする。
 このブログ読んでいる人はどんな人間やねんと、性格の悪さを批判するだろうが、嫌本当に性格が悪い。昨日も「優しいから」や「明るいから」と言ってくれた人に、性格が悪く、はっきりものを言って、頭からクッションなしで口に出てしまう、きついねんとか言ってしまった。そんなこと言ったら、相手がフォローする側にまわって、余計に気を使わせてしまうだけじゃん。ああー。
 昨日、担当さんのおかげで私の失敗も回避されて終わった。と言っても、お金がかかる。どうなるかは分からないが、会社だから気にするなと言ってくれる。が・・・。

 その担当さんがめちゃくちゃ大変だったのに、私を責めることなく、そうした態度をみて、自分もそうあるべきだと思った。知らないことを忙しいからと、まぁいいかとほったらかしにしていたが、いかんいかん。ちゃんと、調べないと行けないのだ。また、分かんないのに引き受けて何とかやってやろうじゃないかというところもいかんだろう。
 あー。色んな私を守ってくれる気持ち有り難い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2005

エリザベスタウン

 たった3日の引き継ぎで、やったことのない仕事をやって、月何千万かの売り上げを担当者と変わらずやったと、Y課長だけが評価して褒めてくれたが、何も分からないでやっていたので、いつかは何かがやってくると思っていたら、昨日分かっていなかったところのぼろが出て、エリザベスタウンの主人公のような面持ちで、映画館に足を運んだ。

 そう、主人公は、10億ドルという私とは桁違いの大失敗をやらかし、美しい恋人には見捨てられ、父親が亡くなったと連絡が入った。大失敗はまだ知られていない中、父がいた街に温かく迎えられたのだ。

 失敗。結局は、寝て起きたら何とかなっているわけでもなく、誰かが何とかしてくれるわけでもなく、これから奮闘して挽回だって気力もなく、ただ忘れたい。こんな気持ちは、早く楽になりたい。
 それを考えずにいさせてくれた。主人公は、父親が亡くなったこと、自分をかまってくれる人達がいたこと、で、時間が気持ちを楽にしてくれること。で、自殺する気持ちも明日への希望も生まれたのだろう。
 失敗。誰にでもある。誰かのせいにしても仕方がない。でも、分かって欲しいと思う。でも、言っても仕方がない。私はブログ上でアホを晒して、他の人に愚痴らずに助かっているが、脳みその中はぐちゃぐちゃだ。

 この映画で少しは癒されたか?家族的な街というのは、下町が好きな私には嬉しい話だが、彼の気分を変えていく過程や、父親の死に関してのことなんかは、なんか絵空事で入ってこなかった。これは、私の問題か。

 昨日、パートさんにたくさん失敗があって、自分でも認めたくないぐらい自分らしくないから、色々悩んでいると相談されたので、分からないうちに色々失敗している方が、最初にうまく渡っていると、周りがもう分かっているだろうと言うときに失敗したら、大失敗になってしまうよと言った。私の方がいっぱい失敗してるよとか言った。はぁ~。
 どうやら、私は脳天気なようで、考え方が違うと言われてしまった。私も反省の仕方や失敗時をもっと考えないといけないなぁ~。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2005

神戸ルミナリエ

 神戸ルミナリエが始まります。昨年のクリスマス前が凄かったそうで、今年は3連休のために、22日までしか点灯していません。にぎやかなところに行くのもまぁ想い出になっていいでしょうが、消灯前に行くのも人通りが少なくって、歩いているとぱっと消えて、夢の世界から冷めた気分を体験出来るのもおつなものです。
 バスでたくさんの方が来られる時期。日中、観光コースを連れて行かれるのかな?、まぁ、神戸はそんな程度なので我慢して下さい。住んでいる人間には住みやすいですが、観光って大してないでしょう。有馬温泉や北野町だって、1度行ったらもう別に行くこと無いしね。ルミナリエ楽しんで下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

ゲルマラバーズリング

 流行っているらしい。というのは、広告か?
 思わず1万円出して買ってしまいたくなった。
 私にはイタリアンレッドだって。恋愛に臆病者なのでぴったりの色かも。でも、いくらゲルマニウムがおしゃれになっても、1万円はいたい。

 ゲルマラバーズリング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2005

NHK杯 フィギア

 なみはや競技場で行われたNHK杯。
 今回は、フィギアファン以外も多く来場しているであろう。安藤美姫が出てくるからだ。会場はカメラ持ち込み禁止なので、会場で花を投げ入れるぐらいしか出来ないだろうけれど、6千人の会場はいっぱいだった。
 スポーツ観戦の中で唯一興味が、このフィギアスケート。スポーツというよりもアートに近いだろうけれど、何でもないように回転することも、片手で軽々女性を持ち上げるのも、すべて鍛え上げた筋肉のばねによるものだから、アートとスポーツの素晴らしい融合なのである。
 と言っても、全部見ている程のファンではないので、エキシビションとか見て終わったりすることが多い。
 何がいいって、綺麗じゃないか。アイスダンスの魅力的な姿もいいし、伊藤みどりのように、回転数が多く、早く、高いってのを見ると、おぉーってなるし、女性も男性もお尻がアップしていてラインが綺麗なんだよ。アヒルさんのようなお尻。最近は日本人も足が長くなって、お尻から膝までの角度が大きかったけれど、今では外国人のように太ももの長さがあって、足を上げて舞う姿は美しい。やはり、顔はまだまだヨーロッパの選手を見ていて、幸せになっている状態だから、そっちは寂しい。
 と言っても、安藤美姫や、イケメン男子がたくさん出てきた今回の大会。ぐっと、ファンが増えること間違いない。
 で、今回女子TOPの人のエキシビションも素晴らしかったが、男子TOPの大阪出身、18才、織田信長の末裔の織田信成くんは、ええぞぉー。
 期待が出来る。音楽ののりがいい。ダンスの種類を色々やっているようだ。大阪の名に相応しい演技だった。
 これから、期待してまっせ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

NHKスペ 脳梗塞からの再生

 免疫学者の多田さんの日々を映しだしていた。
 脳梗塞からの日々は地獄であった。しかし、今生き抜いていると語られる。喋ることも書くことも好きなお酒も以前のようにはいかないが、私の目には生き生きとした姿が映っている。
 病気後に始められた能は、自分の作った作品を能舞台で演じてもらうほどになっておられる。ちゃんと、番組を見ていたわけではないけれど、私が脳梗塞になったなら、生きていく値打ちがないと思うことは、もう無いだろう。多田さんの姿を見て、このように生きていけばいいのではないかと、先人が教えてくれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

乱歩地獄

 先日、とある映画に「いやぁ~、凄かった」と書いたのですが、それを返上して、この映画に書かないといけないと思ったほど、
 いやぁ~凄かった!

 作品は、4つに別れていて、それぞれ監督が異なる。浅野忠信のみ全部に参加。

 「火星の運河」
 は、アイスランドの大地を舞台に、浅野忠信を配置した。裸体の彼の凄いこと凄いこと。兎に角、何も語らぬ彼、肉体が雄弁に語る。語る。語る。なんで、こんな俳優がいるんだ。そこに彼がいて、彼以外にそこには行けないのだ。年をとる毎に、彼の凄さが増え出す。こんな俳優さんは、この先でないだろう。
 最初から、音声のない状態が続き、観客を不安定な世界に送り込んで映画と同化させようとしていた。生憎、斜め後ろのおにいさんが、そのシーンとした会場内で、もさもさハンバーガーらしき物を食べるのを止めずにいた。くだんの彼は、映画の途中に大きな寝息を立てていた。それなら、映画に来るな!邪魔してくれるな!ハリー・ポッターでデートしてくれ。友人Aはこの映画が終わったあと、「あー、面白かった」っていうから、「ええ~」っていうと、くだんの彼が面白かったそうな・・・。

 「鏡地獄」
 は、寺山のようだった。ってのは、最初のシーンが連想させたのだろう。乱歩原作の映画化が多い実相寺監督作品なので、面白い乱歩を見ることが出来た。カメラワークをあんな感じにすると、とても面白いといった、これは映画関係に行きたい人が見ると、基本的に出来たずれたやり方って感じで、勉強になるのではないかと勝手に思った。乱歩はエロとグロを持ち合わせているので、それを監督風にアレンジしたとしても、見せておかなきゃいかんといった感じだろう。若い監督さんとのコラボで、60代半ばの監督が若手に引けをとらない面白さを描き出していた。成宮寛貴の今年の活躍は目を見張るものがある。また、それぞれ別の性格を演じ分けて、すべてが魅力的である。期待したい俳優さんだ。

 「芋虫」
 は、凄かった。見ているとだんだん凄くなって、ここで帰りたくなった。最初のホルマリン漬けで何が行われたかが予測出来て、めちゃくちゃ怖い。
 私斬りもの嫌いなんです。って、友人に言ったら、「斬りものって。」と言われてしまいましたが、あーた、こんな怖いの見られないよ。
 しかし、映画自体は凄すぎる。「アナザヘブン」の岡元由紀子が、またえぐい役を淡々とまたエロティックに演じて魅力的だ。でも、乳首はいたいよぉ~。
 やはり、一番良かったのは、松田龍平の色っぽさ。弟もドラマに今出ているが、二人ともお母さんの唇を受け継いだのか、唇の辺りがいい。
 4本中この作品が一番、凄いと思うけれど、二度と見たくないとも言える。

 「蟲」
 は、浅野忠信の演技がこれでもかこれでもかと見せてくれる。監督はうまく乱歩の作品を現在に置き換えていて、現在の話なのに違和感なく見られる。浅野の首をかきむしるシーンを見ると、自分までムズムズしてくる。あの凄さはなに?相手役の緒川たまきが、死体の役を大健闘。一番難しい死体を演じたんではないだろうか。

 いやぁ、凄かった。神戸最終日だったので、観客が多かった。しかし、終わったあとの観客の
「何かわからへんかった」の声声声。
 えー、もう、私性格悪からはっきり書くけれど、このレベルなら普通は理解出来るでしょう。もっと分かんないのいっぱいあるよ。そんなの見られないの残念だよ。もっと、映画力をあげないさいと思いながら映画館を去りました。

 映画力をあげないと、映画が面白くない。と、何も考えずに思いつくんだから、私も相当、自分の映画力の低さに情けなく思っているんだなぁ~。

公式 HP

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

 今日の友人からのメールに、「ハリー・ポッターは間違いなくもう見たよね。」と書いていました。
 そう、このハリー・ポッターに関しては、毎回お祭りのように、初日の次の日におばばさまと子ども達を連れた家族連れに混ざって、並んでいます。今年はいつもやっている映画館が「予約出来ます」と書いていました。次回から予約をしていきます。結局1本目の8時半には見ることが出来ず、2本目だったので、スタバで初めてソファ席が取れて、そこで時間を潰しました。
 映画の印象?
 大人になったなぁ~
 やっぱり、面白かったけれど、最初の方が面白かったよなぁ~。って感じかな?

 原作を読んでいないので、どれほど映画的に作られているかは分かりませんが、世界観の広がりは毎回あって、原作者が自分の子どもを相手に語っているように、子ども達の成長を忘れずに取り込んでいて、本当にエンターテイメントな映画だと思います。そういえば、ロード・オブはアカデミーをとったけれど、これはとったことがあるのかしら?

公式 HP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2005

とうとう無料TV

 噂のギャオに登録しました。
 1月から、EBIちゃんたちの番組も始まるそうです。TVがいらなくなるなぁ~。

映画】
『歌え!ジャニス★ジョプリンのように』
『ケイナ』
『レスリー・ニールセン 裸のサンタクロース』
『巴里の恋愛協奏曲(コンチェルト)』
『バトルフィールド・アース』
『スノーホワイト』
『美人女優 恐怖の罠』
『恐怖は深く静かに走れ』
『真昼の決闘』
『三人の狙撃者』
『ドンを撃った男』
『鉄 平成侠客伝』

【アニメ】
『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』
『ガラスの仮面』
『スーパーフィッシング グランダー武蔵』
『ジャングルの王者ターちゃん』
『ぼのぼの』
『D.C.~ダ・カーポ~』
『科学忍者隊ガッチャマンF』
『みなしごハッチ』
『新白雪姫伝説プリーティア』
『けろっこデメタン』
『あかほり外道アワー らぶげ』
『紅三四郎』
『あしたのジョー』
『トッポジージョ』

 う~む、微妙なラインナップ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHK情報

 携帯からの記事は結局返信が来ずで載せることが出来ませんでしたが、今日はPSからばんばんつながるので、書きまくっています。

■ BS おしらせ! (11/30更新)
  「BS長編ドラマ」

●「コナン・ドイルの事件簿」(再)

 < BS2 >
 ◎「ドクター・ベルの推理教室」 1月1日(日)深夜【月曜午前】0:30~2:27
 ◎「惨劇の森」           1月2日(月)深夜【火曜午前】0:30~1:59
 ◎「死者の声」           1月3日(火)深夜【水曜午前】0:30~1:59
 ◎「謎のミイラ」          1月4日(水)深夜【木曜午前】0:30~1:58
 ◎「暴かれた策略」         1月5日(木)深夜【金曜午前】0:30~1:59

コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」にはモデルがいた!? 若き医学生コナン・ドイルは大学でジョセフ・ベル博士と出会う。卓越した洞察力と推理力を併せ持つベル博士は、教鞭のかたわら、警察から事件を請け負い法医学の見地から事件を解決していた。

出演:イアン・リチャードソンほか
制作:2000~2001年イギリス作品
<NHK初回放送>BS2 2004年9月

●「名探偵ポワロ」(再)

 < BS2 >
 ◎「ナイルに死す」   1月 9日(月)深夜【火曜午前】1:00~2:39
 ◎「杉の柩(ひつぎ)」 1月10日(火)深夜【水曜午前】0:30~2:04
 ◎「五匹の子豚」    1月11日(水)深夜【木曜午前】0:30~2:04
 ◎「ホロー荘の殺人」  1月12日(木)深夜【金曜午前】0:30~2:04

アガサ・クリスティー原作の人気推理小説「名探偵ポワロ」シリーズのテレビドラマ化最新作。今回も、灰色の脳細胞を働かせ秩序と統一をもって事件の真相を披露します。

出演:デビッド・スーシェほか
原作:アガサ・クリスティー
制作:2004年イギリス作品
<NHK初回放送>BS2 2005年8月

 結局まだ見たことがない。サラリーマンNEO、忘れずに見られるかな?

トップランナーは、
NEXT TR     12月4日(日) 19:00 から

造形作家  松村しのぶ
卵形のチェコレートの中に入っている精巧な動物のフィギュアたち。コレクターまで現れ大ブームとなったあの食玩を手がけたカリスマ造形作家。海洋堂所属。松村さんが得意とするのは生物造形。毛並みや表情、動作など小さなフィギュアの中に表現し、それまで未開拓だった「生物造形」というジャンルを第一線に押し上げた。91年からは、松村の手がけた恐竜の復元模型がアメリカ自然史博物館に展示されるなど、海外から高く評価されている。

12月からの知るを楽しむの月曜日面白そうなのだ。禁断の科学だよん。見られるかなぁ???

1月には、まるわかりローマ皇帝達ってのがある。

 BSファンクラブの通信に書かれている海外ドラマの変遷を書かれたコラムを勝手にBSの番組であると思いこんで、探しまくって、見つからずがっくりきていた日があった。
 絶対、昔の海外ドラマの刑事物とかのことを扱ったバラエティ番組をアメリカドラマ刑事編、アメリカドラマ探偵編、イギリスドラマ刑事・探偵編というので、シャーロック・ホームズやポアロ、NHKでは放映していないだろうけれど、ロック・フォード事件メモ、刑事コジャック、探偵スタッキー&ハッチ、チャーリーズ・エンジェル、刑事コロンボetcを扱ってくれたら、結構再放送で見ている人が多いから、めちゃくちゃ楽しめるのになぁと思っています。是非是非、企画してちょ!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 02, 2005

一瞬のひかり

 爆発すること、エネルギー。

 それは美しいこと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »