« 神戸ルミナリエ | Main | 反省をする »

December 07, 2005

エリザベスタウン

 たった3日の引き継ぎで、やったことのない仕事をやって、月何千万かの売り上げを担当者と変わらずやったと、Y課長だけが評価して褒めてくれたが、何も分からないでやっていたので、いつかは何かがやってくると思っていたら、昨日分かっていなかったところのぼろが出て、エリザベスタウンの主人公のような面持ちで、映画館に足を運んだ。

 そう、主人公は、10億ドルという私とは桁違いの大失敗をやらかし、美しい恋人には見捨てられ、父親が亡くなったと連絡が入った。大失敗はまだ知られていない中、父がいた街に温かく迎えられたのだ。

 失敗。結局は、寝て起きたら何とかなっているわけでもなく、誰かが何とかしてくれるわけでもなく、これから奮闘して挽回だって気力もなく、ただ忘れたい。こんな気持ちは、早く楽になりたい。
 それを考えずにいさせてくれた。主人公は、父親が亡くなったこと、自分をかまってくれる人達がいたこと、で、時間が気持ちを楽にしてくれること。で、自殺する気持ちも明日への希望も生まれたのだろう。
 失敗。誰にでもある。誰かのせいにしても仕方がない。でも、分かって欲しいと思う。でも、言っても仕方がない。私はブログ上でアホを晒して、他の人に愚痴らずに助かっているが、脳みその中はぐちゃぐちゃだ。

 この映画で少しは癒されたか?家族的な街というのは、下町が好きな私には嬉しい話だが、彼の気分を変えていく過程や、父親の死に関してのことなんかは、なんか絵空事で入ってこなかった。これは、私の問題か。

 昨日、パートさんにたくさん失敗があって、自分でも認めたくないぐらい自分らしくないから、色々悩んでいると相談されたので、分からないうちに色々失敗している方が、最初にうまく渡っていると、周りがもう分かっているだろうと言うときに失敗したら、大失敗になってしまうよと言った。私の方がいっぱい失敗してるよとか言った。はぁ~。
 どうやら、私は脳天気なようで、考え方が違うと言われてしまった。私も反省の仕方や失敗時をもっと考えないといけないなぁ~。

 

|

« 神戸ルミナリエ | Main | 反省をする »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/7505557

Listed below are links to weblogs that reference エリザベスタウン:

« 神戸ルミナリエ | Main | 反省をする »