« サイエンスZERO ~日米宇宙開発 | Main | 最強運 »

February 04, 2006

べろんべろん

 昨日は、よみうりテレビの星占いで射手座は1位だったにもかかわらず・・・。

 一昨日、私が少しだけ絡んだというか、船頭多くして船山に上る状態で、どうしようもなかった仕事が1段落して、社長がご飯をおごってくれるという話になり、本社にいた私にも電話がかかってきました。私を入れて7名で社長の行きつけの店へ。
 一昨日は、業務の女性から丹波屋のおはぎを頂いたりして、お腹の方は入っているつもりだった。社長は、あまり食べない方で、漬け物ぐらいしか手を出していない。取りあえず紅一点の私は、社長の横に座らされて、あまり食べられていない社長の横でパクつくわけにもいかず、あまり食べずに、お酒ばかりを頂いていた。
 以前から読まれている方は知っておられるだろうが、社長は私を「めちゃくちゃ気に入って雇った」という人と、「あんなんやめやと言って、雇用に不賛成だった」という人がいて、私の気持ちとしては、社長に「いらんで」と以前言われたことがあるから、社長に「他のやつがおまえも誘えというから、仕方なく連れてきたんやで」とまた言われるかと思って、昼からは憂鬱で誰か代わりにいってくれ~と思っていた。
 で、隣で話を聞いていたら、「あのいく前のあの顔はなんや。」(苦笑いしていた)とか、「朝、業務の奴らには挨拶していたけれど、俺には挨拶していないから、挨拶返さなかったやろ。」(朝、社長と業務の男性二名に挨拶をしたのだが・・・)と言われ、社長のお気に入りの営業社員が遅れてやってきたので、「場所を変わりましょうか」と社長の横の席から移ろうとしたのだが、「おまえはうごかんでいい」と言われ、「これ美味しいから飲め」と社長の焼酎のロックを渡されたりしました。そうか取りあえず気にはしてくれているのだなぁと思って、社長に対する見方が変わってきました。実は喋るのがめんどくさそうな人みたいなのに、場を盛り上げようと、わざとくさしている様なところがあるのだ。私は、人に嫌われようが好かれようがあんまり気にならないので、嫌われている人にもじゃれてしまったりと、相手の気持ちを逆なでしてしまうところがあるので、これ以上社長に嫌われるのもなんだと思い、めちゃくちゃ気を使って、視界に入らないように視界に入らないようにと気にしていた。別に気にしなくてもいいのかもしれなかったのだと確信が持てた。
 で、社長が「それ、美味しいやろ。」と勧めるごま焼酎のロックをビール2杯のあとなのに、4杯も飲んでしまった。で、いつもなら、それぐらいでも平気なのに、食べていなかったのが原因で、酩酊状態。地下街の店だったので、通路を通って、酩酊状態のふらふらで、トイレに吐きにいき、30分ほどそこで眠っていたらしい。勘定を終えた他の人達が、女子トイレに起こしに来てくれた。今までそんなにお酒に飲まれたことがないので、この状態は初めて。「大丈夫です」と、答えて、家路に向かいました。しかし、電車の中でも吐きそうになり、駅の洗面所の横でふらふらで立っていました。いつも、酔いが回ったら海に行って酔いを覚ましてから帰るのですが、これじゃきっと、海で眠って凍死状態。うつらうつらして、ここにいちゃいけないと、家にたどり着き、おばばさまが心配すると思ってそーっと入ったのですが、帰ってきたのがばれていたようで、酩酊状態を見られてしまいました。私にとっては、初めて顔も洗わず寝てしまいました。
 店を出て解散したのが9時頃だったらしいのですが、家には11時半にたどり着きました。30分で家に帰えられるので、2時間も駅のトイレの洗面台の横にいたのでしょうか???
 しかし、眠っても何度となく、吐き気で目を覚まし、朝起きて、気持ち悪いからお茶だけでもと飲んでも吐き、胃腸薬を飲んでも吐きして、よれよれの状態で、おばばさまに「仕事休んだら」と言われ、「それはしゃれにならんやろう」と、立ち上げられない状態で言っていました。しかし、8時には客先に向かうY課長と会社を出ないといけません。頑張って会社に向かい、昔のあることを思いだしていました。

 それは、高校の時に担任である体育の先生に、お腹の調子が悪いので体育の時間休みたいと言うと、「体の調子が悪ければ、動いていたら治る」と言われ、体育の授業に参加させられました。しかし、不思議なことに、苦しかったお腹いたが無くなり、終わる頃には元気になっていました。
 そんなことを思い出しながら、気持ちは張り切って会社に。前夜の参加者に謝り周り、「大丈夫です」を言いまわりました。
 で、午前中げろ袋を持って西宮や尼崎を課長と共に回り、具合悪い顔をしないように頑張っていたら、だんだん元気になってきました。
 課長曰く、「二日酔いはそんな長引けへんで」と言われるので、お昼をとることにし、無難に雑炊を選びました。課長に「そんなに食べられないと思うので半分如何ですか」と言って、ちょっと食べてもらったりしたのですが・・・。
「全部たべてもとうやないか」と言われるぐらい完食してしまいました。
 どうやら、昼から復活です。会社に帰って、私がモスラとあだ名を付けた業務課のMさんに、上記の話をすると、「恐ろしいほどの回復力やなぁ」と言われてしまいましたが・・・・。

 けつろん

 体の具合が悪く立ち上がれないぐらいの時も、頑張って体を動かした方が回復する

 回復力が凄かったことが、射手座の1位という意味?う~ん。

|

« サイエンスZERO ~日米宇宙開発 | Main | 最強運 »

「日記」カテゴリの記事

Comments

無事ご帰宅されたようで何よりでした。
初めまして

お酒の記事を書いてみましたので、TBさせていただきます。よろしくお願い致します。

なお私もお酒は好きです。

Posted by: 湖南 | February 04, 2006 at 12:04 PM

★湖南さま
 コメント有り難うございます。
 私もお酒が大好きです。楽しく飲めるように泊まりがけの宴会が一番楽しいです。最近は、そんな事もないので、家に帰らないといけないので理性的に飲んでいるのですが、一昨日は失態です。
 でも、あんまり記憶には残っていませんが、私はもともと思ったことをその場で言ってしまう性格なので、あまり溜まることがないために、酒の席も変化がありません。楽しい酒を飲める方だと思いますが、飲む機会が減りました。
 もっと、一杯飲んでみたいです。

Posted by: 海音 | February 04, 2006 at 07:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/8495229

Listed below are links to weblogs that reference べろんべろん:

» それでも酒を [アヴァンギャルド精神世界]
◎酒飲みの心性 近代西欧文明は、日本もヨーロッパもアメリカも酒浸りの文化である。 表層意識と潜在意識の葛藤を無意識のうちに調整せしめるもの。 それがアルコールである。 日本も含めて、近代西欧文明では、光の部分だけを強調し、闇の部分を抑圧してしまおうとする共通の心性が見られる。これをアポロン型の文明と呼ぶ。こうした心性の歪みを主として調整しているものが飲酒である。 アルコール依存症などの研究で指摘されて�... [Read More]

Tracked on February 04, 2006 at 12:04 PM

« サイエンスZERO ~日米宇宙開発 | Main | 最強運 »