« March 2006 | Main | May 2006 »

April 30, 2006

ハンズ三昧

 昨日は友人Mと東急ハンズを楽しんできました。GWだから、体験コーナーがあって、1日いても飽きません。お金はいくらあっても足りません(笑)。
Keitai01_1Keitai02_1 ハンズに行った目的はこれ。
 持ち物には凝り性な所がある私。自分携帯は黒の渋いやつに決めたのに、会社携帯は何持ってるねんというようなプリティ携帯なために、なんとかするべくハンズにやってきた。友人Mが以前から蒔絵のシールを携帯に貼っていてめちゃかっこよかったからすぐさま好きな龍の柄で考えてしまった。運良く東京から実演の人が来られて、綺麗に貼ってもらうことに。もう渋すぎ!って、私だけの世界だろうなぁ~。友人Mの携帯は真ん中ので、今回は周囲にバラを散らして貼ってもらっている。しかし、会社の人には何これと言われそうなので、内緒だな。
 終わってから、6階にDSの体験があるというので、脳年齢を調べることにする。人が私の答えを大画面で見ているとあって、パニック状態になり、記憶力が全然ダメで、44才だった。悔しい・・・。
 足の体験では、重心が右の踵に若干かかっていることが分かり、腰が悪くなる原因と言われて、前屈みになれる中敷きを教えてもらう。取りあえず、前屈みに歩こう。
Benza お母さんと一緒のキャラクターらしいが、凄い便座カバーだ。
 そうそう、腰に当ててコリをとる機械にも体験する。気持ちよくって、昨日遅かったから、うとうと寝てしまった。これいいなぁ~。4万弱だ。

SenpohkiLunch こんな扇風機おしゃれだよね。ハンズにいたら欲しいものばかりだわ。ハンズメッセの時って品が違っているような気がするし・・・。遅いお昼をハンズでとりました。ランチは終わっていましたので、これにしました。割と美味しかったですよ。

Bag01Bag02 最初の写真は今流行っているやつ。このサイズで630円は高い!2枚目のんはめちゃくちゃ欲しくなった鞄。あの色合いに弱いんだよぉ~。昨日2万円弱使ってしまったので、そんな怖いことが出来ません。ストレートパーマをカードで支払ったところだし、くくくく・・・二度と高額の宴会をおごってもらうのは止めようと心に決めました。お返しが困るようなのはいかんいかん。貧乏人なのに・・・。
Karaoke シダックスでフリードリンクウィークエンドパックで1200ぐらい出して4時間歌ってきました。今は、カップルで歌う曲の女声男声が選べるのですね。この写真のは小川知子のんを友人が歌っていて、谷村新司が男側を歌っていて、いい声やなぁと感動してしまいました。最後はヒットパレードのんを友人と交代で歌ったのですが、歌謡曲が全盛期の歌って、歌えるものですね。バブリー時代まで歌いまくれました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 29, 2006

とうとうGW

 始まってしまいましたね。昨日二号線を西に走っていたら、えらい渋滞でした。待ち合わせしたY課長に何時間かかってるねんと虐められてしまいました。

 昨日は、会社のよくおごって下さるT課長が、「焼き肉おごってくれやぁ」と言われるので、おごることになったのですが、連休前で人がいっぱいで、居酒屋に行くことになり、Fさんと三人で飲んで食べて、17000円ほどになり、いつも課長にご相伴頂いているFさんと二人で、半分こして支払いました。そのあと、スナックに行くというので、課長のいつも連れて行って下さるところに行ったのですが、課長は泥酔状態で寝てしまい、Fさんが2時3時にならないと起きてこないですと言うので、タクシーの覚悟を決め、2時頃までカラオケ三昧しました。水割りはたいしたことなくて、カラオケは二人で10曲以上歌ったかな。あまり、スナックには似合わない世代のFさんが、一生懸命お店のおねえさんと喋っている姿がなんか面白かったです。
 どんどん、予想以上に自分のことを暴露しだした課長の知らない話を聞いてしまい、面白いなぁと彼の人生にちょっと興味を持ったのですが、それ以上に初めて飲みに行くFさんと話せたことが大きな収穫でした。会社で寡黙な人なので、営業にしては珍しいタイプなのですが、お客様にも社内の人にも変わっているとか、何を考えているか分からないとか言われているので、「私と同じようなことを言われているなぁ」と思って、と言っても、私の社会の顔はそれを隠し通した「本当に営業向きやねぇ~」と本当か嘘か分からないことを言われている程度に猫をいまだに乗せているのですが・・・、なんか私に対してどう思っているか(嫌われていないかと言うこと)とか、課長に対してどう思っているかとか聞けたので、とても良かったのです。

 しかし、・・・・
 2時になっても起きてこないので、私も今日の予定があったから、機嫌を損ねるの必死で、なんとか頑張って起こして上げました。で、支払いは、22000円。おごるから付いてこいと言っていた課長もおまえら5000円ずつ払えと言われ、ひえ~これでタクシー代もかよぉと、一晩で19000円の出費で、二度と夜遅くまで遊ばない!と誓ったことと、こんな生活を毎日のように繰り返している課長はいったいどんな金回りやねんと、ますます酔っぱらったときの自分語りを楽しみにしてしまうのであります。

 前に、同僚の客先のHPに社長の一代記を載せているのがあって、結構なやっちゃぶりなので、すごいなぁと面白がっていたら、T課長はそれを聞いていたのか、同行の際に中学生の時からキャバクラ通いをしていた話とか、高校生の時に毎日校門に車で迎えに来る35才主婦とつきあっていたとか教えてくれました。
 前の前の会社によく遊びに来ていた関西では誰でも知っている会社のえらいさんが、小学生の時から親が行っている風俗的な料亭とかを友達と行っていたと聞いたことがあります。それ以来聞いた女好きの話でした。でも、子どもの頃から遊び人なら、大人になると落ち着く人が多いのにね。T課長はこのまま社内で女好きのまま独身になってしまったIさんのようになって行かれるのかもしれません。面白いなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2006

ファスティングホテル

 パリの雑誌記者が休日にインドにファスティングをしに行ったという記事を読んだ。
 ヨガやアーユルヴェーダをして、観光なしで、ファスティング食のフルーツなどをとり、軽い断食。

 なんて、かっこいいんだ!毒出しは友人でもそれの効果で思いっきりすっきりした人がいるので、効果があるのは十分承知。以前具合が悪いおばばさまに、本屋で立ち読みをして、毒出しジュースを作って上げたのに、飲んでくれなかった事があった。せっせと一人で飲んだが、1Lぐらいでは何にも出ていないだろう。

 この記事の関連で、ファスティングホテルが神戸にあることを知った。インドには行けないけれど、近場にあるじゃないか!しかし、5泊6日はつらいなぁ~。2泊3日もプランがあるので、これを一度行ってみようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2006

今日は尼崎脱線事故の日だね

 朝、よみうりテレビを見ているのですが、この事故で一番最後に出てきた大学生のお父さんのその後を取り上げていました。毎朝、JRに乗って会社に向かうのが怖い。また、息子がいた車掌の後ろの場所で、定刻通り動いているのか毎日携帯の時刻表でチェックをしている。大きな事故があったからではないけれど、人が亡くなった悲しみは、いつになったら解放させて上げられるんだろう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人間はこんなに単純に環境によって変化する

X51.ORGさんのところで、
2年前かな話題をさらったesという映画のモデルになった話が出ている。映画上映時に、このはなしやアイヒマンの実験など知っていたのだが、改めて読むと、人間の心理の変化の凄さに、色々感じずにはいられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2006

本人映像があるじゃないか!

つぶやき小屋さんで、
ABBAの映像を紹介してくれていた。

で、子どもの頃好きだったマイアミサウンドマシーンの映像もあるではないですか!

でもって、私のリングソング(笑)であるDURAN DURANのWILD BOYまであるではないですか!

本人映像以外もあって、スリラーなんて色んな人達が踊っている映像がいっぱいあったんですが、これなんか学生の時のおばかな自分を見ているようで、面白かったです。なんというか、今でも集団で踊ってみたいと思うのは、スリラーぐらいだなぁ~。って、踊れないけれど・・・。

カーペンターズの映像は有り難い
Close to you
Goofus
Yesterday once more
Top of the world
superstar
Reason To Believe

これはちょっと泣いちゃいます。放映時も泣いていた記憶があります。
Magical Carpenters Christmas

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あなたが「本当の恋」に出会うのは……

あなたが「本当の恋」に出会うのは……

という占いを500円も出してやってしまいました。私は、仕事に集中しているだけではなく、こんな散漫なことにもうつつを抜かしています。しかし、これが、人生の甘味料でありまする。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   あなたが「本当の恋」に出会うのは……

      2006年 9月~2006年10月
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 たとえば「好きな人」がそばを通っただけで、心臓が早鐘のように高鳴ったり、愛しい声が聞こえてこようものなら、切なくて胸がつぶれそうになったり……。
 決して大げさではありません。この先あなたが出会う「本当の恋」。それは、こんな不安定な気持ちとともにやってきます。初めて恋をしたときを思わせる自分の情緒不安定ぶりに、誰よりもあなた自身が面食らい、すっかりとまどってしまうでしょう。

 でも、実はこれこそが、あなたがついに「本当の恋」へとたどりつける最大の要因。
 つまり、これまでのあなたがどうしても捨てることのできなかった「強い(心揺るがぬ)自分への憧れ」だとか、「できるだけ傷つかない場所に自らをおいておきたい」だとかといった「素直に恋するのを阻害する感情」が消え去り、あやうく儚(はかな)げな己(おのれ)と正面から向き会えるようになる――そんなこの時期のあなただからこそ、「愛の真実」が何であるか眼にすることができる。……あなたの「本当の恋」の訪れを象徴する星「月」は確かにそう告げています。
 それだけではありません。おそらく現在のあなたの中に巣くっているであろう、「とにかく『華やかな恋愛』をしたい」という根拠のない願望がなくなるのも、この時期のあなたの特徴。昼間の空を煌々(こうこう)と照らす「太陽」のごとく人目を引く恋よりも、暗い夜空を淡い光で優しく包む「月」のような結びつきを好むあなたには、「本当の恋」の四文字がぴったり。大好きな人とたったふたりで語らう時間は、あなたに極上の安らぎをもたらし、その身をかつてない幸福で包むでしょう。

 さて、先ほど、あなたの「本当の恋」の訪れは「月」によって象徴されているとお伝えしました。言うまでもなく、インド占星術における「月」は「家庭」を司る惑星。
 ということは……そうです。この恋、あなたに「永遠」をもたらしてくれる可能性が大。それもそのはず、過剰に第三者を気にしたり、互いに張り合ったりしないでいい関係は、あなたにもお相手にも心地よいもの。できるならそれがずうっと続いてほしいと願うのは、きわめて自然な流れです。現在のあなたにはなかなか信じがたい話でしょうが……今示されているその時期、あなたはついに「帰る場所」を手にするのですよ。
 さあ、もう一度顔を上げ、「本当の恋」にめぐり会うそのときをしっかりと目に焼きつけてください。最後の恋は、その場所であなたの訪れを今か今かと待っています。楽しみですね。

 「本当に大切なものは、目には見えない」。使い古されたその言葉が真実であることを、星は今、あなたの前に示しました。いっさいの余分な感情をそぎ取った後に残る、純粋なる愛情。あなたの人生は、こうしている現在も、そこに向かって歩み続けています。
 そうです。だからこそ今日これから少しずつ、自分の中にある短絡的で表面ばかりを見てしまう部分を直すように心がけてみてください。そうすればきっと、星が導き出したのより早い段階で、あなたは「真の愛」にたどりつくことができるはず。一分一秒でも長く、至上の優しさを独り占めするために……シナリオを変える力は、世界中でたった一人、あなたにだけ宿っているのですよ。

だって、近い将来に希望を持って!
今月終わりに男6対女3のコンパがあるのです。向こうも期待はしていないでしょうが、何となく外に興味をひきだした自分に応援しています。なんか変ですが・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 22, 2006

なんかホットしました

 多くの芸能人を見て、日本人って可愛くなったよなぁと思っていました。自分との差は歴然としているので、このまま行くと、可愛い子だらけって・・・。

コロコロザーガさんで紹介していたのですが、芸能人前と後
 謎は解けた!と一人感心していますが、きっと、みんなは知っているのね。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

おっはようー!(実は疲れている)

 あれほど歩いたり、食事を減らしたりしても体重が減らなかったのに、朝早くから夜遅くまで仕事して、時間も不規則な食事で、夜も遅くなっているのに、体重が少し減ってきた。
 ストレス?筋肉量が減った?今日は出勤日で今から仕事に行きます。
 減ってきたことをいーことに、昨日はお腹いっぱいだった上にアイスキャンディを食べてしまいました。さて、いつまで歩き食べしても、石投げられないかなぁ(笑)。高校生ぐらいまでは、手羽先とか焼き鳥を歩き食べしていた。今では、唐揚げかコロッケぐらいまでかなぁ(笑)。

 そうそう、思いだした。先日電車の中で聞こえてきた会話。
 一人暮らしで、入社半年の20代前半の女性とそれ人よりちょっと年上の違う課らしき女性が、
 一人暮らしのために、よく寝坊して、遅刻して、怒られるから、最近はちょくちょく調子が悪いと言って休んでいるという。で、課長がえー大人だから、遅刻しないように起きろと怒っていたけれど、休まれると困るので、遅刻してもいいから来いとか、何にも電話がなかったら、一人暮らしだからなんかあったのかと思うから、電話してこいとかいうねん。うるさいやろ。と言っていた。おいおい。
 課長も大変だなぁ。

 なんか余計に複雑な気持ちになってきて、毎日悩みがいっぱいです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2006

マンダレイ

 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー監督作品。前作「ドックヴィル」の続きをニコール・キッドマンから、「ヴィレッジ」に出ていたブライス・ダラス・ハワードが好演。実は、アメリカ三部作らしく、次回作は「ワシントン」らしいが、キャストは決まっていない。さて、次のグレースは誰だ!
 この映画、見に行くのが嫌で嫌で仕方がなかった。前作「ドッグヴィル」は、問題作と評判になり、見に行かなくっちゃと出かけて衝撃波を食らった。兎に角、人の心の表層を剥がしたようなストーリー展開で、苦しいことだらけだった。トリアー監督は人間はこんなにお粗末なもんと表したかったのかと思うほど、情けない気持ちにさせる作品だった。もちろん、映画的には素晴らしいし、映画通の人には是非にと奨めたい。と言うような作品なのだから、その後の主人公グレースを見守ろうと言う気に・・・・なれない・・・。また、なんか嫌な気持ちに襲われそうで、でも、映画通(笑)としては、見に行かないと行けないような、何というかそういう義務感を課せられているような気持ちになる。だから、もっといやいやにならないように、この映画の情報を得ないようにして、自分を騙して見に行ってきた。
 見事だ!これ以上にないほど、予想を超える心理合戦。単純な話の中で多くのことが封じ込められている。観客を歯がゆくさせるのは、主人公がマンダレイを訪れたところの最初の部分だけで、内容が読めてしまい、想像通り歯がゆい行いを主人公が行っていって、
 「そーじゃないだろう」苦しい気持ちになり、多くの語らない黒人達の大人なところが余計に強調された。私も悪いのだ。いつも主人公になってしまうから、この主人公の行動が苦しくなる。おいおいおい、と何度つっこんでも、グレースは、監督の思い通りに、画面の中を動いてゆく。あー勘弁してくれ!
 なんて、思うのは私だけなのか。監督の意図がそのまま観客の心を揺さぶっただけなのか。
 兎に角してやられたので、次回もいやいや映画館に足を運ぶことになるのである、きっと。
 この映画の集約をエンドロールの映像が物語っている。あぁ、まだまだ病気の世界がアメリカを襲っているのだと再認識させてくれる。

公式 HP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2006

疲れた

疲れた

重い荷物を持って2キロ移動。 新しいものと古いもの。 さて、ここはどこだ?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ナイスの森

 えらいもん作ったなぁ~。石井監督にファンタのCMの人まで監督をしているから、ナンセンス映画になっても仕方がないけれど、なんちゅうー映画やと思いました。
 監督や俳優人が遊ぶ中、なんかこっちの方も自由にのんびり見させてもらって良いのかもと言う気になり、タカフミくんの夢の途中でちょっと眠ってしまった。ストーリーらしいストーリーはなく、映画の中で出てくるピコリコ星人や彼らが宇宙との接触している数々の粘膜状のものになんとなく愛情を注いできて、途中休憩なんかをはさみながら、まぁこんなもんでもいいかと、ほへほへの映画だったのだ。ちょっとだけ恋の話やエロが混ざっているのも、この映画から観客を離さず掴んでいるようで、まぁなんと言うか、変わった映画だった。
 そんなことを言って、また石井克人監督の新作が出たら見に行くのだろう。

公式 HP

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 16, 2006

京都 定番ツアー 

 先週なので記憶が危ういですが、取りあえず、いってみよー!
06_04_09_001 ここは、NHKで昔やっていた「京都上がる下がる」で紹介されていたおばあちゃんのうどん屋さんだ(と思う)。「京都上がる下がる」とは、かとうかずこさん、衣笠さんなど色んな有名人が、京都の通りを歩き面白いものを紹介していく30分番組で、大分以前に放映されたのだが、人気があるのか、最近でも日曜日の朝に再放送されたりしている。ここは、おばあちゃんがやっている安いうどん屋さんで、夜中遅くまでやっていて、たまにはおばあちゃんの歌声が聞けたりするそうだが、もしかしたら、もう営業していないかな?
06_04_09_003 この日は、おばばさまと京都に行く。毎年何回か行っているおばばさまでも、ここ三十三間堂は修学旅行以来という。私は、友人と来たときに、ここのあと、この近くにある6000円もする烏雑炊でお腹いっぱいになったことを思いだした。
 カメラ禁止なので、素晴らしいお姿を目で必死に焼き付ける。海外からの観光客が多いのも特長だろう。しかし、それならトイレをもう少し広くしてあげた方がいいのではないだろうか、狭すぎる。内部は三十三間で出来ているから、そう言われている。と言っても、今の1間なら、2m弱なので、今よりも広い1間で作られているので、ばかでかい。ここは、清盛が後白河法皇のために作った所、火災で一旦焼けてしまったから、清盛の建てたときのものではないけれど、その時の清盛が法皇をどれだけ立てていたかが分かる代物だ。内部の観音像は鎌倉時代に作られているので、内部はその当時はここまでではなかっただろう。しかし、「義経」の影響で、清盛と法皇と書くだけで、あの二人の格好が目に浮かんだのだから、あの二人の印象は強いんだなぁ。
 内部の観音像の手前にある像は、インドから伝来の説明が書いていて、読み応えがあり面白い。当時の背格好のまま作っているのかもしれないが、筋肉もかなりリアルである。わざわざ、鉄兜の素材も替えて作っているそうだ。サンスクリット語が回り回って、どうしてそう読めるといった、つっこみがいのある日本の名前で、こういう関係も勉強すると面白いだろうなぁと思う。
 裏手に回ると、有名な弓の競技の紹介や、吉川英治の創作と言われている宮本武蔵の三十三間堂の闘いの場面を紹介している。で、この三十三間堂の造りが面白いのである。下の長押の部分をきっちり止めていないのだ。地震の揺れに力を逃がせる作りを昔からされていたのだと感心する。地震の国の人達だもん色々考えるよなぁ~。
06_04_09_004 ここは京都駅から近い国立だっけの博物館。そういやぁ、東京と奈良の国立の美術館に、三十三間堂の明慶作(だっけ)の観音様が貸し出し中になっている。あれだけあるんだから、もっと貸したら・・・という訳にはいかないのね。この博物館、どこかのサイトで好きな建築物に上がっていたなぁ~。何度か入ったが、雰囲気が展示物をもっとよいものにしていると思う。
06_04_09_00506_04_09_006 今回、おばばさまと京都を歩いた。おばばさまとは、わたしのおかあはんだ。最近、ねねの本を読んで、高台寺に行きたいと言うので行くことになったが、いつもJRを使っていくので、電車も京阪は離れているし、バスなんて、この時期に八坂の南北の通りに関係する所なんて通りたくないから、豊国神社に行こうと、歩かせることにする。この日の最終は、おばばさまの万歩計付携帯に15000歩と出ていた。私は前の日にそれ以上歩いているので、おばばさまも私も元気なやっちゃ。豊国神社の桜もいい出来でしたよん。
06_04_09_00706_04_09_00806_04_09_00906_04_09_01006_04_09_01106_04_09_012 豊国を出て北に東大寺通を上がると、メリメロというお店を見つけた。内部はちょっと古い感じがしたが、愛想のいい外国人のお兄さんに出迎えられ、写真のコースを頼んだら、2000円台では申し訳ないと言うぐらいよかった。京都には観光の本に書いていない店がいっぱいあるので、そーいうので美味しいところを見つけると、嬉しくなってしまいますね。ここはお得な店だと思います。

 で、今から映画に行ってきますので、この続きは、後日・・・。

*************** つづき  ***************

 大分遅くなりました。お待たせしていないと思いますが、奇特な方、お待たせ致しました。あなたのために頑張って書かせて頂きます。
06_04_09_01306_04_09_01506_04_09_01606_04_09_017 東大寺通を北上すると、高くなってきているのか、写真の階段の様な光景に出会える。京都も面白い街だなぁ。おばばさま希望の高台寺に向かっていますが、先に霊山歴史館に出かける。今回は、吉田松陰の特別展を行っていた。吉田松陰。なんというか、彼を見るとこっぱずかしくなる。彼の行動が手に取るように分かるのだ。だから、彼の行動の軌跡を読むと、ちょっと顔がにちゃって笑ってしまう。でもでもでも、多くの先達を輩出し、30才ぐらいで亡くなった彼は、本当に素晴らしい人物であることは分かっている。でも、子どもっぽい素直な行動ににやって笑ってしまうのだ。館内は、写真撮影が禁止であるが、最後に幕末の有名人と写真を撮るものが置いていた。ここの初代館長は、松下幸之助さんであった。何となく、分かるよね。
06_04_09_01806_04_09_01906_04_09_02106_04_09_02206_04_09_02306_04_09_024 ここが、高台寺。ここに桜見物が多いのも分かる。散策には楽しい場所である。霊屋に続く階段は、調子が悪いのか通行止めになっている。霊屋には秀吉とねねが仲良く鎮座している。人が後ろから後ろからやってくるので、ゆっくり拝顔することは出来なかった。その上にある傘亭は重文だったのですね。内部を見るのを忘れていました。
06_04_09_026 桜の季節でよかったですね。
06_04_09_02906_04_09_030 有名な石塀小路から東大寺通に出ました。本当にここは趣があって、一度はこの中で飲食をしてみたいものです。高いだろうなぁ。
06_04_09_032
06_04_09_03306_04_09_036 この日の円山公園はアホほどいましたね。で、楽しそうに輪になって踊っていますね。やはり、桜と言ったら、宴会でしょう!最後の写真は視覚障碍者用の地図を見つけました。
 このまま疲れた私たちは、タクシーを求めて、東大寺通を離れ、西へと向かいました。運良くタクシーが見つかりそのまま京都駅から帰りました。

 いやぁ、めっちゃねむたい。頑張って書き込んだけれど、誤字脱字を見つけるほどの元気はないので、許してたもれ~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 14, 2006

今日もさいしょう

考えられないけどキスされたよぅ。今日も最終だ。

***************

 酔っぱらって書いたのに、うを小さくしていた。何書いたか覚えていなかったけれど、う~ん、なるほど。

 行動に出られて初めて自分がそれほど興味がなかったのが分かった。やはり、相手の恋心と比例する形なので、相手がそんなに気持ちが上がっていないのだろうと、感じ取ったのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2006

確かに面白い

ワラタ2ッキAAさんの
外人コスプレは凄い!は面白い。
やはり、ドロンジョさま他2名が最高。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2006

まだまだ魅力があるようで(笑)

 えー年こいてるにもかかわらず、就職のスカウトを待つ状態でほったらかしにしているのだが、こんなんでも月に18回も履歴書の検索が来ているらしい。
 んでもって、
 一桁ではないので、自慢も出来ないが・・・

● 全体でのあなたの注目度  170281位 / 430443人
● 職種別でのあなたの注目度  9965位 / 18094人  だそうな
 でも、昨年はたまに面接の依頼が来ていたが、今年に入ってからはきていない。派遣は空いてますかと聞いてくるけれど・・・。職歴や学歴に興味を持たれるのもそう悪くはないもんだなぁと思う。
 しかし、スカウトをOFFにするので、これで終わりだ。

 やはり、人気があるのは

アプリケーション設計(Web・オープン系)/28歳/年収450万円/ソフトウェア・情報処理
プログラマ(Web・オープン系)/28歳/年収450万円/ソフトウェア・情報処理
アプリケーション設計(Web・オープン系)/27歳/年収500万円/ソフトウェア・情報処理
アプリケーション設計(Web・オープン系)/31歳/年収500万円/ソフトウェア・情報処理
ソフトウェア設計開発(制御系)/28歳/年収400万円/家電・AV機器・ゲーム機器(メーカー)

 の人達が上位である。年収は400万~500万30歳前後が企業にはねらい目なようだ。

経験スキルでの検索ランキングでは、

■募集職種「営業、事務、企画系」
経験職務
1位 営業・代理店営業・渉外 > 経験業務 > 経験ポジション > 営業リーダー(スタッフ育成・メンバー管理等)
2位 営業・代理店営業・渉外 > 経験業務 > 営業スタイル > 企画提案型の営業
3位 営業・代理店営業・渉外 > 経験業務 > 営業スタイル > 新規開拓営業
4位 営業・代理店営業・渉外 > 経験業務 > 営業スタイル > 直販、ダイレクトセールス
5位 営業・代理店営業・渉外 > 経験業務 > 経験ポジション > 営業メンバー

資格
1位 普通自動車免許(第一種)
2位 宅地建物取引主任者
3位 1級建築士

海外赴任経験
1位 【イギリス】 赴任経験あり
1位 【カナダ】 赴任経験あり
1位 【ニュージーランド】 赴任経験あり

 のようです。

 不況な時期でも建築・不動産関係は多いですね。技術職と営業職が一緒になった業界だからかな?大阪は建築業界がバブルのいきよいになってきたと聞きます。神戸は全然ダメですが、大阪はどうなるんでしょう。ちょっと怖いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2006

なんか色々考えるのだ

 最近、担当を全部割り振られてから、慣れない仕事が多いために、てんやわんやの状態。はやく慣れて外に営業活動にいかなきゃと思うのだけれど、そんな状態まで至っていない。
 まだまだ、毎日12時間労働をしているのですが、上司は待ってくれない。早く仕事を覚えて要領をこなしていかないと行けない。

 そんなことを考えながら、毎日風呂場に1時間半はいることになっている。仕事をスムーズにするためにどうしたらいいか、日々tryあるのみで頑張っている。
 そんな毎日に余計な事を言われたので、そっちにも気がいってします。
 そう、複雑な気持ちなことだ。

 要約すると、相手の人が、彼女とは倦怠期で、結婚を考えているが思い切りがつかないから、色んな事をしているのだろう。消えかけた火の粉に広告の切れ端を入れて、火を付けようとふうふうされている状態だな。

 そんなこんなで触発されて、友人からのコンパの誘いに乗ってしまったのであった。う~ん、うっちゃ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2006

2006春の京都 穴場ツアー

 友人Aとまたまた京都に行って参りました。船岡山の健勲(たけいさお)神社が雑誌に載っていたそうで、そこに行こうという話になり、例の如くバスは乗らないということで地下鉄の鞍馬口駅から西を散策することとなりました。いやぁ、凄い人、ひとひと。ちょうど見頃の観光名所が多くなったのと休みが重なり、いつも以上に観光客が来ています。駅や地下街の人々を見ていたら、「あきらかに京都は地盤沈下してるだろう」と友人Aに言ってしまうほどでした。さてさて、またまた、京都の珍道中におつきあい下さい。

06_04_08_00206_04_08_00306_04_08_004 歩いていたら見つけた看板。公園の看板がめちゃくちゃキュートじゃないか。思わず写真に撮る。水道局のマスコットは、水の綺麗なところにしか住まない蛍なんですね。昔、山の中の京都のユースで泊まって、蛍を見たのを思い出します。そうそう、あの時は尺取り虫がロッジの木の手すりの上を移動していて、長いこと移動するところを見ていたなぁ~。
06_04_08_00606_04_08_00506_04_08_00706_04_08_008 旅行の本には全然紹介されていない。上御霊前通りにある水火天満宮。今日は花見宴会だったのか、テーブルを出して用意をしておられた。満開の桜の下よろしおまんなぁ~。

06_04_08_009 ここは、堀川筋を渡ったところにあった興聖寺。今日はお釈迦様のお誕生日の花祭りだったようです。
06_04_08_010 昭和の時代の家具をおしゃれに配置していたインテリアショップ。何か思わずシャッターを押す。

06_04_08_01206_04_08_01106_04_08_01306_04_08_01406_04_08_015 神戸も黄砂で煙って白かったそうですが、ここ京都も向こうが白かったです。空の黄砂が光を遮り、折角の綺麗なさくらが半減してしまう写真になりました。「もっとひかりをぉ~」とつい叫んでいました。まぁ、腕は変わらないので、写真には大差がないのかもしれませんが・・・(笑)。この写真は本法寺。本阿弥家の菩提寺だそうで、本阿弥光悦作の三巴の庭がありました。あまりにも小さくて、「これっ?」って感じでしたが、苔は何かよかったです。なんか、素晴らしく大きな桜で人があまりいないのでのんびり鑑賞させて頂きました。
 塀の漆喰が剥がれ落ちていました。内部は藁やすさで作った左官仕上げで、見たのは初めて。長い間の風雨に日本家屋の技術は耐えられるんだなぁとしっかりした下地を見て思ってしまった。
06_04_08_016 上記の寺の北側に建設現場の塀が建っているのですが、その前に庭がしつらえていて、やっぱり京都どすなぁ~と思ってしまいました。
06_04_08_01706_04_08_018 もう一度堀川通を西に渡って、船岡山方向に向かうと、赤穂四十七士の遺髪のあった場所の碑が立っていた。浅野内匠頭の墓(かな?)に亡くなったあとに届けられ、墓の周りに置かれていたそうですが、その寺の移転に伴い、それらもまた持って行かれたので、碑だけが残っているということです。なんか、死んでも殿のそばへって、凄いなぁ~。
06_04_08_01906_04_08_020 有名なわらび餅のお店。デパートでも売っているようです。今のわらび餅はわらびから作られていないのですってね。この間、所さんの目がテンでやっていましたが、わらびのでんぷんは少量しか取れないらしく、スーパーで出回っているわらび餅はイモなどのでんぷんでつけられているそうな。この店はわらびを使ったわらび餅ってことで、本格的な味わいでした。写真のんで750円です。
06_04_08_02106_04_08_022 この店が、今日の一番の収穫でした。外観からも分かるように、昔のお風呂を改装して喫茶店にしています。大きさ的には小さな風呂屋だったんだなと思いますが、昔にわざわざ焼かせたタイルでしょうか。あまりの素晴らしさに、こちらでのんびりしてしまいました。
06_04_08_02306_04_08_024_1 ケーキもホットチャイも美味しかったです。ケーキセットで850円でした。ランチも800円台からあって、タコライスとかロコモコとか若い人をターゲットにしてなんかメニューだけで美味しそうでした。夜もやっているようです。今日は新快速の電車の中まだ10時なのに「腹減った」と友人に訴えて、ロッテリアのバーガーを食べていたので、ここではお食事が出来ませんでした。非常に残念。


06_04_08_02506_04_08_02606_04_08_027_106_04_08_02806_04_08_029 上記の店の西隣にある工房が集まったところ。中では教室があったり、クラフト品を売っていたりしていますが、残念ながら殆どの店がcloseしていました。土日休みなのかしら?

06_04_08_030 通りで見かけたクリニック。凄いおしゃれじゃないですか!センスがいいなぁ~。

06_04_08_03106_04_08_03206_04_08_033 ここが船岡山にある建勲神社。穴場じゃないですか!見事な桜が地元の人と数カップルだけで楽しんでいました。ここをちょっと上がるだけで大分上がったような気がします。下天の夢の敦盛の謡の碑が立っている。そう、ここは明治天皇が、日本を統一して戦乱の世を治めようと尽力した織田信長公を祀っている。
06_04_08_034 昔からあったような船岡温泉。どこの石を運んで来たのでしょう?

 ねむい・・・明日も京都に行かねばならないので、この続きは後日。許してたもれ~。


*************** つづき ***************

06_04_08_03606_04_08_03706_04_08_03806_04_08_039 南下して釘抜き地蔵に入る。お釈迦様に水か香油か分からないけれどかける。お釈迦様のお誕生日祝いだからか、檀家の方々が何かやっていた。綿飴をもらっている人がいて、いいなと羨ましそうに見る。そこから更に南下して、写真の昆布やに入る。こぶの形をアレンジして可愛くしているが・・・。南下した目的地聚楽第跡はこの程度だった。

 いかん。また、眠気が・・・。

*************** つづきのつづき ***************

 はてさて、ここまで読んでくれる奇特な方がおられるのでしょうか(笑)

06_04_08_04006_04_08_04206_04_08_04406_04_08_04506_04_08_04106_04_08_043 なにやら、怪しい雰囲気・・・。そう、名高い陰陽師安倍晴明の晴明神社であります。神社に入る前には、悩める子羊たちの人気を集める開運グッズなどが販売されているお店がある。そーいったたぐいには一段落している私は通り過ぎて晴明神社へ。普通の神社ではなかなか見ないようなものを見ることが出来ます。始めていったときには、陰陽師を知る人が殆ど無い時代でしたから、こんな綺麗な境内を見ると、「もうかってまんなー」なんてことを叫びたくなってしまう。罰が当たるので、話はこの辺で止めますが、映画の為に夢枕獏さんや伊藤英明さんなどの絵馬が奉納されていて、最近では坂井真紀さんが奉納されていました。有名人が来たらお願いして書いて頂くんでしょうかね?「書いて頂けますか?」と聴いて貰えない有名人もつらいだろうななどと考えて絵馬を拝見させて頂きました。桃の形のは、厄をなすりつけるものです。嫌な気持ちや複雑な気持ちにピリオドじゃあとこすりまくってきました。
06_04_08_04706_04_08_046 上記の写真に、有名な晴明が式神を置いたと言われる一条戻り橋がありますが、現在地は晴明神社からもう少し東南の方角にあります。

06_04_08_04806_04_08_049 有名なお寺や神社に行かなくても、歩いているだけで見つけることが出来る京都の桜。京都はいいねぇ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2006

神戸近郊の桜・さくら・サクラ

Royuu 今日は仕事で色々まわりました。初めて芦有の道路を北に上がりました。山を越えてこんな所に家々がいっぱいあるのですね。びっくりしました。奥池町は知られざるって感じですかね。あの離宮公園までの高速のある南北線の北側も細い道を行くとこんな所に住宅街がって所があるんですよね。そんなのの探検も楽しいだろうなぁ。で、写真は芦有のトイレはカンパ制だったので珍しいと思い写しました。しかし、ひとんちに行くのに、400円いるのは悲しいなぁ~。

Ashiyagawa03_1Ashiyagawa01_1
 芦屋川のサクラは満開です。早くからブルーシートを広げていました。

Syukugawa02_1
 こちらは、午後にまわった夙川のサクラです。折角だからと遠回りしている車の渋滞でこの川沿いの道は車が混んでいました。こちらは、もう宴会が始まっていましたよ。

Nagaku_susanoojinnzya これは灘区のサクラ。灘区なら坂の上のサクラの素晴らしい町がありますね。名前なんだっけ。

 明日明後日はサクラのいい天気。でも、雨マークがでているんだよね。晴れ女の威力で、傘なしでいってやる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2006

ふくざつなきもち その2

 今日くだんの人物(前の記事の前者の人物)と一緒に出かけることになった。課が違うこともあって、行く先々で色んな理由を付けて「連れてきました」と言われていましたが、私は「ストレス発散用に連れまわっているのね」とぐらい思って出かけていきました。
 車の中でずっと仕事の話を教えてもらっていたのですが、挨拶回りが総て終わった帰社途中に、

 「で、どんなタイプが好きなの?」と、唐突に聞かれてしまいました。
 「好きなタイプはそんななくて、今までは、興味を持たれたりそれらしいことを言われると、びっくりして拒否し、気持ち悪くなる。大体はそこでみな終わるのだけれど、根気よく頑張ってくる人に興味を持ってきて、つきあうことがある」と答えた。これは本当に事実である。今までつきあってきた人が総て獅子座なのも、「絶対俺のものにしてやる」という熱い信念があったようだからだ。普通は1回で諦めるかもしれない。

 「そうしたら、僕が好きだと言い続けたら、好きになってくれるのかな」と言ってくるので。
 「残念ながら、彼女のいる人と妻帯者はパスです。」というと、
 「もう、つきあっているという感じではないんだけれど・・・。」
 「でも、相手はつきあっていると思っているでしょう。」
 「そうやな・・・」

 と言ってきました。また、

 「10年先ならもう結婚しているし、○○さん(私)と結婚しているかもしれない」

 と言ったりするのです。

 まぁ、色んな所で同じような内容を言われているかもしれないし、なんか仮発注されているようで、不思議な感覚である。で、別に「好きだ」と言われたわけでもないので、何とも変な話である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春だ!京都に行こう

 早速、JR京都駅までの土日用チケットを購入。おばばさまとは日曜日に出かけるのだが、今ねねの本を読んでいるとかで、その関連の豊国神社とか高台寺(?)に行きたいという。友人Aは、今朝船岡山とメールを入れてきた。バッティングしなくてよかった。
 他どこに行こうかなとか食事とか考えて、休みが来るのを指折り楽しみに待っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2006

きょうもTB と戦う

ココログも大変みたいですね。朝削除しまくりました。しかし、いまだにこの携帯のメール入力になれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2006

バーチャル音楽教室

 ってのを新聞で見つけました。オンラインで音楽の勉強をする。時間が関係ない。めちゃいいじゃないですか!
 わたしは今の会社に入って慣れてきたら、ヴァイオリンをまた習うつもりでいて、6階の会議室でお昼に練習させてもらおうかなんて思っていたのですが、当分無理そうなので、こんなのも手かなと思います。
 ただ、家にいても、忙しいのに、やっぱり、1日48時間は欲しいよなぁと思うのでした。

ヤマハ音楽教室
 オンラインで習えるのリンク先が今は飛びませんでした。
かがわりょうこのバーチャルピアノ教室

| | Comments (2) | TrackBack (0)

うまいもん市

AmezaikuIdousyasinkan01
Penkiya 休日、近くでうまいもの市がきていた。福生ハムというのをおばばさまが買ってきていたのだが、美味しかった。沖縄のサーダアンダギーも油ぽくなくて美味しかったしので、お客詣でが多いのなら、また次回もあったら嬉しいなぁと思う。だって、カレーパンも買えなかったし、ますの寿司も買えなかった。で、おばばさまが買ってくれた喜○方ラーメンが賞味期限が過ぎていたので、ちょっとがっかりした。あと、しゃこだけはダメ!日生の美味しい魚の店に連れて行って貰ったときも、怖くて視界にも入れたくなかった。で、友人が殻を剥いて食べさせてくれた。そんな話をおばばさまにすると、おばばさまも剥いてほら食べろとくれたが、視界にはいるだけで食欲が無くなってしまうしゃこを食すのは至難の業である。
 写真は、日曜日にクラフト市も併設していたのでまわってみたら、なっつかしい飴作りを見かけました。私の子どもの頃にはまだ自転車に乗せて実演販売していました。よく友人達が「ええー」と驚いたりしましたが、なんせどこにも見られないような情景であった風呂屋の前の床机で将棋する人とその外野の姿を小学生の時に見たことがあります。そんなことを会社のだいぶんの年上の人に言っても、そんなん無かったと言われたりしましたから、私の周りでは昭和30年代が昭和50年代ぐらいまで続いていたのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 02, 2006

昨日も通報する

 事故後を見かけました。バイクにかけより、すぐに救急車を呼びました。遠巻きの見物客のなか、携帯で連絡しているのが私を含めて3人。私が連絡して住所を言っている頃に先に連絡された方がいて、出動されていました。頭は打っていないようでしたが、やはりその後は怖いですよね。

 さて、毎月緊急コールをしているのですが、かけた場合に、どうしたら早く来てもらえるのでしょうか。様子を見て、とっさに携帯をかけたのですが、聞いてくることが多いので、先に救急車を出してくれと、毎回思います。あれって、行ったらいたずらかもと言うことでしょうか、兎に角住所と容態を行った時点で手配してから、怪我をしている人の名前や年齢、連絡している人の名前を聞いたらいいのではないかと思うのですが、なぜかいつもイライラしてしまいます。
 住所もただの通行人ならここは何町とか分かりませんし、周辺にあるものしか言えなかったりしますから、せめて区内の救急や警察なら、お店名を何個か言われたら、該当地点がすぐに分かるように出来ないものでしょうか?今まで事故をたくさん見てきました。で、ついついかけよるタイプなので、その人が救急車に入るまで付き添ってしまいます。携帯を持ってからは、何回救急車を呼んだでしょう。東京への旅行中でも事故に付き添ったことがあります。私の行動を見ていた会社の人に、「すぐに飛び出したなぁ。でけへんは」と言われたのですが、駆け寄ることが一般的ではないのかな。私って変わっているのだろうか?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ふくざつなきもち

11nennme_1 震災11年目の春の写真です。

 ふくざつなきもち
 これを読んでいる人でお気づきの人がいるかもしれませんが、わたしはある人にふくざつなきもちを抱いています。自分の感情が面白いので、ここに綴ってみようと思います。

 会社に入ったときから気になっていた人がいました。
 私の好みは、細くてジーンズが似合い、眼鏡をかけていて、髪が長めの人。というと、友人達に宅八郎か!と言われて虐められましたが、近いイメージは松尾貴史が髪がもっと長めとか、そんな感じが近いです。先日も神戸空港にいくポートライナーの中で思いっきり好みの男性が前を歩いていました。図面の筒をかけていたので、建築か工作物か都市計画か何かのお仕事なのでしょう。
 で、そんなタイプとは全然違っていて、私みたいなタイプなのですが、もっと超えた感じの人なのです。というのも、「超えた」というのが、変わっていたり、わすれっぽっかたり、人に興味がなかったり、適当だったり、いい加減だったり、人をよく見ていたり、人を指導出来たり、だったりする人なのです。
 不思議なことにそんなことを知るまでの最初のうちに興味を持ってしまうのですね人間ってやつは。
 最初は、結婚しているかなと言う年齢だし、結婚していてもおかしくないようなタイプだったので、そうかなというかんじで思っていました。全然喋る機会もなく、逆にその人がお客さんと喋っている時にお客さん越しにこっちを睨んでいたりするし、同じ階の女性の方が、「彼はうるさい人は嫌いみたい、怖いよ」(注:うるさくはないけれど、笑い上戸です)と言っていたので、嫌われて睨まれているのかぁと思っていました。
 で、会社全体で宴会があったときに、向こうから話しかけてきました。「会社でもててるで」って、酔っぱらって、で帰りに彼が他の女性達にこのあと飲みに行こうと誘っているのが見えて、断られて握手をしまくっていたのを見て、それから、私の所にやってきて手を握り出しました。その延長線上でしか見ていない私に、他の人が彼が私に興味を持っているとみんなに聞こえるように叫んでいましたが、それも単なる酒の席の冗談なのでしょう。
 何か書いていると、長々となってきて、このまま夜が明けそうなので、簡潔に書くと
 それから、だんだんこちらに気があるそぶりを始めたのですが、それと平行して本人から他の女性の話も聞かせてもらっていたので、「からかわれている」と思っていました。それよか、私に話しかけているのではなく、単なる会社の女性なだけで話しかけたと思うようになりました。で、こちらがそんなそぶりをしていると、「ちょっとは興味持ちだしてくれたかと思っていたのに」といい、「今狙っている人がいて、その人がGET出来たら、今の彼女とはおさらばするねん。」といいながら、その人の友人達は彼女はいないといい、訳が分からないので、二人だけで飲みに行くのを誘われたときに、断ってしまいました。
 でも、気になるのです。飲みに連れて行ってくれるのを期待しているのです。実は私に興味があるのかもしれないと確信したいのです。

 まぁ、これぐらいまでは、普通の恋愛の感情なのでしょうが、私が複雑なのは、その気になる人とそーいう関係になりたいということを全然思っていなくて・・・、
 以前ここに書いた会社に入ってすぐに飲みに誘われて、えらく興味を持たれているのでこれはいけないと、その後こちらが出来るだけ近づかないようにしていたらお誘いは無くなったのだけれど、何となく私がからかわれていると入ってくるので、まだまだ興味をもっていらっしゃるようなのですが・・・、
 その人とはそーいう関係が簡単に想像出来、別になってもいいなという気持ちになっているという。
 これはまた、変わったというか、複雑な気持ちなのである。後者は、妻帯者なので、本気でそんな関係になろうとは思っていないし、恋愛感情は全然湧いてこない、また私が遠ざかっているので、殆ど喋ることはないのだ。

 なのに、なのだ。不思議だなぁ~。
 
 文章に書いて、冷静に判断するに、愛されたい欲求が強いのかもしれない。私のことを好きかどうかの人物より、今はどうか分からないけれど、はっきり興味を示した人物の方を意識してしまうのだ。
 愛に飢え飢えなんだなぁ~。こんな私に愛の手を(笑)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

April 01, 2006

これであなたもブログ通 をみた

 今日の放映分を見ました。HPはこちら。お茶の間ゲストのしょこたんさんの日に70回更新には驚きました。
 ブログを知らない人にも、知っている人にも楽しい番組でしたよ。
 その中で、いろんなブログが紹介されていたのです。このブログでも紹介した所も出ていました。初めて知ったもので面白いと思ったブログさんは、

世にも微妙なグルメガイド
 名前の通りに東京にある奇妙な飲食店のルポを綴っておられます。

ばーさんがじーさんに作る食卓
 70前のご夫婦のブログ。じーさんが人間ドックに引っかかったために、じーさんのための療養食をばーさんが作り、じーさんがその料理の写真を撮って、ブログにアップしている。なんちゅーか、かっこいいご夫婦と思う。70前でこんなかっこいい人達がじーさんばーさんと名乗るのが、これまたかっこいいのだ。こんな夫婦生活が憧れだわさ。

夫の不倫観察日記~阿修羅のごとく~
 読み応え十分のブログです。淡々と語る夫の浮気の実況中継。浮気された方はどんなにつらいかというのがよく分かる。また、どんな女の人も馬鹿な夫としか結婚したり、恋人にしたりしか出来ないのか・・・、なんて考えてしまいます。ここで前にも書きましたが、働くお父さん達はまだまだ狩人で生きています。また、狩人でないのならつまらない男なんでしょう。でも、大事な人が出来たら、その人だけになって欲しいよなぁ~。気が多い私が書くのもなんだが・・・。

僕の<ヘンな>彼女を紹介します。
 つっこみがいのある先生を職業に持つ彼女の変わった言動を紹介しています。

ソーイングパパの魔法ソーイング!
 お裁縫が出来ないパパが息子のために、ヒーローコスチュームを作っています。お父さん偉い!

ニコ・ニコルソン
 イラスト日記。れべるたかぁ~。

東京ティッシュ
 これは写真で綴る日記。写真がうまい!

 ブログ流行(ばやり)。日記は今の自分を肯定したり、慰めたり、罵倒したりして、もっと自分を素敵なものに変えられる手段と思う。思ったことを全部書いているかというと、そんなこと無いのかもしれない。でも、他人に見られることを意識した自分もより完成に近づいているのではないかと思うのだ。
 誰かと繋がっている。これがブログに対する正しい表現だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »