« 春だ!京都に行こう | Main | 神戸近郊の桜・さくら・サクラ »

April 06, 2006

ふくざつなきもち その2

 今日くだんの人物(前の記事の前者の人物)と一緒に出かけることになった。課が違うこともあって、行く先々で色んな理由を付けて「連れてきました」と言われていましたが、私は「ストレス発散用に連れまわっているのね」とぐらい思って出かけていきました。
 車の中でずっと仕事の話を教えてもらっていたのですが、挨拶回りが総て終わった帰社途中に、

 「で、どんなタイプが好きなの?」と、唐突に聞かれてしまいました。
 「好きなタイプはそんななくて、今までは、興味を持たれたりそれらしいことを言われると、びっくりして拒否し、気持ち悪くなる。大体はそこでみな終わるのだけれど、根気よく頑張ってくる人に興味を持ってきて、つきあうことがある」と答えた。これは本当に事実である。今までつきあってきた人が総て獅子座なのも、「絶対俺のものにしてやる」という熱い信念があったようだからだ。普通は1回で諦めるかもしれない。

 「そうしたら、僕が好きだと言い続けたら、好きになってくれるのかな」と言ってくるので。
 「残念ながら、彼女のいる人と妻帯者はパスです。」というと、
 「もう、つきあっているという感じではないんだけれど・・・。」
 「でも、相手はつきあっていると思っているでしょう。」
 「そうやな・・・」

 と言ってきました。また、

 「10年先ならもう結婚しているし、○○さん(私)と結婚しているかもしれない」

 と言ったりするのです。

 まぁ、色んな所で同じような内容を言われているかもしれないし、なんか仮発注されているようで、不思議な感覚である。で、別に「好きだ」と言われたわけでもないので、何とも変な話である。

|

« 春だ!京都に行こう | Main | 神戸近郊の桜・さくら・サクラ »

「わたしの頭ん中」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/9464883

Listed below are links to weblogs that reference ふくざつなきもち その2:

« 春だ!京都に行こう | Main | 神戸近郊の桜・さくら・サクラ »