« 海猿 Limit of Love | Main | 待ち合わせ場所の呼び名 »

May 25, 2006

横山光輝記念館

 の構想があるようです。
 神戸市出身で名高い横山光輝さん。ちょうど、今の30代がぎりぎり知っている世代でしょうか?鉄人28号や伊賀の影丸、バビル二世、魔法使いサリー、三国志が有名ですね。バビル二世の再放送は何度かしていたので、それで見たくちです。
 横山さんは今はない長田区の千歳小学校の出身。中学校はどこになるのかな?市立須磨高在学中にマンガ家デビューをされて東京に行かれたそうです。
 作家やマンガ家さんの出身地に記念館を作るのは最近当たり前になってきているので、横山光輝さんは遅すぎるかもしれないですね。火災による死亡となっているので、横山さんの遺品はあまり無いのかもしれませんが、出来れば手塚さんの記念館ぐらいに立派なものを神戸市や長田区は作らないといけないのではないでしょうか!
 面白みが無く、一度行ったらもういいようなものを作りませんように!

|

« 海猿 Limit of Love | Main | 待ち合わせ場所の呼び名 »

「アニメ」カテゴリの記事

「コミック」カテゴリの記事

「神戸」カテゴリの記事

Comments

まいど、オヤジが初回です、
それがオヤジたる所以

記事に挙げられている作品群もいいですが
オヤジは海洋モノ
サブマリン707と青の6号でした。

そういえば、鉄人28号の映画はごらんになられましたか?
まあーそのー佳作かなと思いましたが。。。
結構好きなんです8マンの実写版とか

Posted by: ハーブの住人 | May 26, 2006 at 12:01 AM

★ハーブの住人さま
 コメント有り難うございます。
 8マンの実写はある意味面白いかもしれません。サブマリン等漫画好きなので名前は知っておりますが、読んだことがありません。漫画として読んだことがあるのは、友人のお兄さんが中学生の時にくれた「バビル二世」だけですね。時代的には知らない世代なので、周りに所有している人がおらず、残念なことです。記念館が出来たら読みに行きます(笑)。
 そー言えば、社会人になったときに、8マンの踊りを踊っているのを見たことがあります。

Posted by: 海音 | May 26, 2006 at 12:10 AM

失礼
サブマリン707と青の6号は小沢さとるさんでした。
ジャイアントロボが横山さんと小沢さんの共作だったので、勘違いしました。(歳だなーーー)

---------
8マンおどり
---------
踊り手:下半身はパンツ(ブリーフ)一丁
ボクサーパンツの時は、両サイドの上下を輪ゴムで留めてブリーフ形状にする。

要領:
①両手を腰にあて、後ろ向きに立つ
②チャチャチャ!チャーチャーン!!のBGMと共に振り返る
③踊り手の両脇に立っている2人が、エイトマーン!エイトマーンと合唱しながら、踊り手のYシャツを引き抜く(引きちぎると言った方が正しい)

④エイト!エイト!エイト!エイト!エイト!の歌声と共に、
踊り手は両手の親指と人指指で輪をつくり、
胸元で8の字をつくる、
エイト!の一声ごとに、その輪を上下入替ながら一歩ずつ前進する。
(後略)
オヤジの十八番です。
これで一気に嫌われるなーーー

Posted by: ハーブの住人 | May 26, 2006 at 03:23 PM

★ハーブの住人さま
 そんな楽しいことをしておられたんですね。私が見たときには、服は着たままでした。宴会芸って、同世代共通話題がある世代だけが出来ることかなと思います。だから、ピンクレディぎりぎり知っている人以降は、そんな楽しみ方を出来ない世代になっています。面白いものが色々あるのも悲しいことです。社会人になった頃は、会社でも大人数でよく宴会に行っていました。漫画で「飲みに行こうぜ」ってのがあるのですが、それを見ると懐かしくなります。今は、世代別で少人数で馬鹿騒ぎはしないので、知っている世代には寂しい時代です。あと、みんなお金がないし・・・(泣)

Posted by: 海音 | May 27, 2006 at 08:22 AM

ども厳密にいや
オヤジの十八番でした

こんな馬鹿ができるのは、同世代
同じ思いを共有している中でだけ
http://blog.qlep.com/blog.php/8260?categ=26&year=2006&month=5&mesid=23097


この愚考、老若男女の万民に対して
やって、受け入れられる連中のことを
カリスマ性があるっていうのでしょうね

Posted by: ハーブの住人  | May 27, 2006 at 08:42 AM

★ハーブの住人さま
 コメント有り難うございます。
 20世紀少年という漫画が売れているのですが、ちょうど登場人物達と同じ世代の人達が面白いとよく言われています。違う世代の私が読んでも面白いのですが、面白いのは、子どもの頃に共通した「万博」や「鉄人28号」などのキーワードとそれに伴った感情や想い出を共鳴出来ることが面白さの秘密にもなっています。そのキーワードを知らない世代は、その楽しみを感じることが出来ません。
 学生運動や安保の時代の人達も共通の歴史を持っています。「あの時、自分は何をしていた」「どこにいた」と言うのが、想い出として永遠と語られるでしょう。
 なんか、羨ましいです・・・。

 ピンクレディはぎりぎりなので、あんまり踊れないし、もちろん、ブルース・リーも出来ません。ひょうきん族の世代ですが、共通して出来ることが無いんですよね。ゲームが始まった頃なので、趣味が多種多様に別れてしまっていますから・・・。うぅ、やっぱり、寂しいなぁ~。

 ところで、あそこはおっぱい広場と呼んでいるのですか?会社の人はまた違ったいい方をしていましたので、色んな人にあれはなんて呼ぶのとよく聞いているのですが・・・。

Posted by: 海音 | May 28, 2006 at 08:48 AM

あの広場、いろいろな呼び方があるとは思います。
おっぱい広場
少なくとも、息子が通ってた小学校では、大方の子供達とお母ちゃん・お父ちゃん連中、校長先生、共闘先生には通じます。
それと、娘が通ってた王子動物園の北にある、某女子中・高でも、ある程度通じると思います。

Posted by: ハーブの住人  | May 29, 2006 at 12:44 AM

★ハーブの住人さま
 友人達に何というか聞いてから、おっぱい広場と言うと、それはいいと言われてしまいます。私の周辺でも広がっていきそうです。
 私は、おっぱい広場の所をオッパイ広場とカタかなで言うようにします。(笑)
 そっちの方が隠微で昭和の香りがします(笑)。

Posted by: 海音 | May 30, 2006 at 12:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/10240399

Listed below are links to weblogs that reference 横山光輝記念館:

« 海猿 Limit of Love | Main | 待ち合わせ場所の呼び名 »