« 待ち合わせ場所の呼び名 | Main | 夢の住人 »

May 29, 2006

神戸の美味しい店その7 

Kobeair01Kobeair0205_28_0105_28_02 今日も神戸空港に行ってきました。今日の目的は、空港内レストランの中華バイキング。行ったときには大分観光客も減ったかなと思いましたが、終わって出てみたら、なんのその、以前来たときと変わらない盛況ぶり、取りあえず飛行機は満席状態で、レストランも満席状態なので今のところは大丈夫そうですが、大した面白みがないので、こんだけ集めた家族連れが入れるところがない!ポートピアランドももうちょっと開業しときゃぁなぁとはなしていました。
 しかしこの観光客が本当に勿体ない。京都からも滋賀からも来ているが、なんでや!の世界である。
 で、このレストラン。1500円という格安バイキングで、味の方は全然期待しなかったのだけれど、いけますやん。ちょっと、美味しいじゃないですか!これはお得な1500円であります。他のレストランも満杯でなかなか舌を試す機会は得られないでしょうが、期待出来るかもと思っています。1500円の割に種類も多いし、90分の限定付きだけれど、料理も切れることがなかったので、思いっきり食べて、お腹が壊れてしまいました(笑)。
 今日のメンバーは幼なじみの二人。以前ここに書いたお昼の連続ドラマのような人生をおくっている友人Kの新情報を聞き、また「ええーっ」って驚きまくっていました。経緯は、一回り以上上で孫がいる女性に夫を奪われた友人K。私と向こうとどっちを選ぶのと聞くと、「向こう」と夫が言ってしまったために、子どもを連れて、夫の祖母、母のいる家から出て離婚することに、そんな馬鹿息子の責任で出ることがなった嫁に、お姑さんは「で、ご飯作るのに通ってくれるの?誰が私たちの世話をするの?」と言われたりする始末。結局介護していた夫の祖母が入院して、働いて子どもを養いながら、別れた夫の祖母の入院まで介護に行っており、そんな状態で夫の祖母が亡くなり、誰も介護に来なかったのに、お葬式の席で、親戚の人に「勝手に家を出た癖によく葬式に出られたもんだ」と言われ、それでも耐えて、で、夫が子どもに会うのにヤキモチを焼いた夫を奪った女性が、思いあまって、友人Kの脇腹を刺した。ってところまでは、友人Kからや人を通して、「ほんま昼メロやなぁ」と本人共々けたけた笑って聞いていたのですが、とうとうそのKがよりにもよって、夫と復縁すると嬉しそうに報告してきたというので、その情報でまたもやショックを受けてしまいました。なんで、そんな夫と復縁する!私たちには出来ない話だと言いながら、昼メロの続きを楽しみにするのであった。友人T1曰く、主婦はパワーがあるそうな。

 で、私たち三人はそんなドラマチックな人生を送ることは今後もなく、将来孤独死はいやだという最大の悩みをお互い分かり合えて、私たち一人じゃないんだと納得して終わりました。結婚して子どもが出来ても、孤独死の人はなんぼでもいる。でも、色々考えるよなぁ~。あと、女性ホルモンが足りない。仕方がないからもるほんの会結成ね!と笑いながら別れました。

 今日は、そんな事を色々喋っていましたが、メインは新長田寄席。今日はきん枝さんをトリに、桂文枝一門会が行われました。やはり落語は面白いです。今回が最後と言うことで、アスタの地下飲食街の火がまた一つ消えたことを知りました。わかまつさんに頑張ってもらうしかないです。今日のくじ引きもまた当たってしまいました。なんか当たるだろうなと思っていると絶対当たるようになってきました。宝くじは当たらないのにね。

|

« 待ち合わせ場所の呼び名 | Main | 夢の住人 »

「グルメ」カテゴリの記事

「日記」カテゴリの記事

「神戸」カテゴリの記事

「舞台」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/10284811

Listed below are links to weblogs that reference 神戸の美味しい店その7 :

« 待ち合わせ場所の呼び名 | Main | 夢の住人 »