« かもめ食堂 | Main | クラッシュ »

May 07, 2006

ブロークバック・マウンテン

ジャック、ずっと一緒だよ

 このセリフにはちょっと自信がないが、この映画のラストシーンは永遠に私の頭の中に残るだろう。今年観た映画では、今のところ1番の作品だ。神戸では終わりかけの上映だったのだが、行ってきてよかった。年齢指定になっている映画だから、WOWOWぐらいでしか見られなかっただろうし、広大な山の風景は、映画館にのみ存在する。
 こんなに愛情が描かれている映画には最近出会えていない。たしかに、きゅんとするほどの恋心は無いが、友情と愛情と愛おしさとがこの映画に存在している。よく私は人間として好きになったらいいじゃないかと思っている。どうして、人は人を愛すのかは科学的にも説明出来ないけれど、その気持ちを持続出来るほどに何かの作用が化学変化されているのだろう。それが、別に対象年齢や対象性別とかけ離れていても仕方がないことかもしれない。しかし、この映画の相手が異性同士であれば、困難さも違っていたり、お互いを求めている感情も、お互いでの楽しみも癒しも変わっていただろうから、この恋愛は同性であるがゆえの足かせが余計に人の心を結びつけているのだ。悲恋であるほど、気持ちはもっと高まる。手に入れたら壊れてしまう愛もあるかもしれない。
 本当に愛した人、ラストのジャックの部屋で見つけたものの感動は、私の感情まで揺さぶった。
 
 実は、人に対して愛情をかけるのは、私だけではなく、皆臆病なのだ。愛情をかけた相手に、本当に愛されているのだろうかという気持ちと、あまり感情を出し切ることで相手がひいてしまうのではないかという気持ちが、この隠されたものに表れている。この間、「俺のことを好きだと言って」と酔っぱらった人から言われたが、みんな自分だけが愛しているのではなく、自分のことを愛して欲しいのだ。
 あー、いいなぁ~。こんな気持ちになれるひとがほしいぃぃぃぃ。

 ということで、いい映画だったのさ。

公式HP

|

« かもめ食堂 | Main | クラッシュ »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/9938899

Listed below are links to weblogs that reference ブロークバック・マウンテン:

« かもめ食堂 | Main | クラッシュ »