« これはいいなぁ~ | Main | たかじんの委員会 »

June 12, 2006

うつせみ

 大好きなキム・ギドク監督の作品を見に行ってきました。今好きな男は?と聞かれると、キム・ギドクと宮崎哲弥とすぐに名前が挙がってしまうほど好き。この映画を見て更に惚れてしまい、一度会ってお話ししてみたいものだと思った。
 この映画もまたまた変わった話である。
 高学歴でありながら、一晩の宿を求めて、留守宅を狙う。そこで、TVを見、風呂に入り、食事を取る。壊れているものがあれば工具を取りだし、デッキまで直してしまう。そんなある日留守宅と思って入った家にいた妻と出会う。夫の暴力に嫌気がさしていたため、彼について彷徨うことに。そんな道連れの道中愛が生まれた。
 冷や冷やものの家宅侵入を見ているのは、嫌だったのだが、彼の視線や行動が何というか何も語らないのにいいのかと思わせてしまう。高学歴と言われるぐらいだから、何かを捨てた人物なのだろうけれど、逆に何にこだわっているのか。他人の生活の中で自分を実感させているのだろうか?訳が分からない行動パターンに、惹きつけられる。ラストまで見入ってしまった。ここには、未来や将来が存在しない。”今”も果たしてあるのだろうか?空中に舞っている花びらのように重力を感じないそんな感じのラストかもしれない。

 キム・ギドクを感じるのは、あの民族服を着た夫妻の話だろう。あの二人のところはなぜか癒される。

 神戸の初日に出向いたら、
Asuka 化粧品のサンプルを頂いた。

|

« これはいいなぁ~ | Main | たかじんの委員会 »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/10487787

Listed below are links to weblogs that reference うつせみ:

« これはいいなぁ~ | Main | たかじんの委員会 »