« こんなのもワールドカップ | Main | 神戸の美味しい店その8 »

June 25, 2006

ぷれいぼーいとふうぞくについて

 元町のちんき堂さんに1964年~72年のぷれいぼーい誌が入荷されたそうで、売れるか心配だそうです。是非、興味があれば、ちんき堂さんへ。

 なんか、昔の風俗誌が読みたくて仕方がありません。ぷれいぼーいを見て興奮する楽しみはないかもしれませんが、どんなのか見てみたいです。私が高校の時から定期購読しているちょっと変わった雑誌にたまに女性では買えないだろうという雑誌の中身が転載されていたりして、少女の胸をばたつかせていました(笑)。やはり、今のは情緒がないので、60年代から80年代のバタ臭い時代でそんなことが隠微な楽しみだったようなのをこっそり読んでみたいです。しかし、購入して家に置くわけにもいかないし、そんな本をいっぱい書棚に収めて、好きなときにここで読んでいいよという人が現れないかなぁ(笑)。
 そうそう、まだ読み終わっていないレトロで買った大正昭和の珍事件の本の中身に女性の自立が書かれていて、自由に伸び伸びと振る舞っている女性達に警告をしている記事が面白かった。優秀な成績で女学校を出て舞台俳優になった彼女たちは時代の寵児と見られていたのだろう。で、彼女たちが、男性と同じように「女を買っている」という記事。やっぱり、おもろいなぁ~。

|

« こんなのもワールドカップ | Main | 神戸の美味しい店その8 »

「書籍」カテゴリの記事

Comments

震災までは、持っていたんだけどねー
当時のプレイボーイ
うちは、親子2代続く折がみつき、血統書!?付きのドスケベ家系
親父の意思!?をきちんと???受け継ぎこのオヤジが買ってたんだけど、
さすがに震災のどさくさに持ち出す事はできませんでした。
もっと惜しかったのは、雑誌創刊号蔵書
1973年から1994年まで、約600冊の雑誌創刊号を持っていたのだけど、今思うと
ほんと悔しい

ここから下ネタ
昔のプレイボーイは本当にバタ臭かった
というのも、当時は、日本の通関時に規制用に
xx部を隠していた訳
だから、みんな、それはバターを塗れば剥がれるという迷信を信じて、バターを塗りたくって、それはそれは涙ぐましい努力を。。。
だからバター臭いの。。。
恐縮!!

Posted by: ハーブの住人 | June 30, 2006 at 07:00 PM

★ハーブの住人さま
 600さつぅ~Σ(゚Д゚;o)

 凄いですね。リアル間宮だったのですね。綺麗に捨てきれる気持ちは分かりますが、勿体ないと思われている気持ちも分かります。(やはり、震災時に大事なものを捨てていったという共感(>_<))

 なぜバターを塗るととれるのですか!!!
そんなあほなと思える冷静な気持ちもあったのでしょうが、我を忘れるほどの欲求もあったのですね(爆)。
 今の風俗を見ていたら、隠している方が値打ちがあることが分かりますよね。高校生のような人達が惜しげもなく裸を晒すことで、女性の値打ちがどんどん下がっていると実感しています。男性が生身の女性よりも、2次元の写真や映像や漫画に走っても仕方がないような気がしてきました。

Posted by: 海音 | July 01, 2006 at 12:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/10666581

Listed below are links to weblogs that reference ぷれいぼーいとふうぞくについて:

« こんなのもワールドカップ | Main | 神戸の美味しい店その8 »