« デスノート 前編 | Main | 脳卒中で絶対倒れない!? »

July 03, 2006

デスノート 前編

 さいあくっす。って映画のことではない。昨日眠いのを我慢して必死でこの映画の記事を書いて保存したのに、新しくインストールしたインターネットエクスプローラが「出来ません」と言ってきたので、書いた記事がパアになりました。くそ~今日も頑張るぞ!って、昨日盛り上がって書いたので、何を書いたらいいのかもう分からなくなってしまった。ぶぅ~


 近年、漫画原作のドラマ化、映画化が続いていますが、この作品も累計1500万部売り上げている週刊少年ジャンプ連載の作品です。この作品を知ったきっかけは、大好きな「ヒカルの碁」の作画担当をされていた小畑健さんがこの漫画でも作画を担当されていて、前作よりも麗しい絵柄で、ファンを釘付けにしているということと、大人が読んでも面白い作品という評判を聞きつけ、読み始めました。今現在は、忙しさも相まって、連載が終わっていることも知らない状態なのですが、映画化でどんな話に展開されるのか、主人公夜神月(やがみらいと)とFBIの頭脳となっているL(エル)との駆け引きをどう描いているのか、めちゃくちゃ楽しみでもありました。どうやら、海外でもオファが来ているらしく、新たな日本のイメージが世界に広がっていくのも楽しみになっています。
 主人公役に藤原竜也。原作は線が細い精悍な雰囲気の優等生でしたが、それに柔らかさと丸みを感じるような主人公になりました。主人公は無口な性格で強い正義感を奥に秘めているタイプな為に、デスノートを手に入れ、神から悪魔へと変化していく様を少しの表情の変化で表していかなければならず、演技力が絶対必要なキャラクターだったのでこれにオファを受け、演じきれるということは更なる彼の評価につながる作品になりました。主人公とは反対に、ライバルのLは「男たちの大和」とは全く別人と思ってしまう松山ケンイチが好演。こちらは漫画から飛び出したほど、そのまんまを演じており、漫画ファンを唸らせるLに出来上がっている。この二人なかなかの演技力で、エキセントリックなLの方がインパクトが強く、藤原竜也もやりたいと言っていた役なので、やりがいのある役作りで一般評価は高いだろうが、藤原竜也の少しずつの顔の変貌はなかなか見事だと思うので、こちら見逃さず楽しんで頂きたい。父親役の鹿賀丈史が漫画原作とイメージが異なるためにちょっと残念だ。FBIのカップルの二人はインパクトあったし、ワタリ役の藤村俊二が漫画のイメージぴったり以上だった。流石だ。ミサミサは原作がめちゃめちゃ可愛いだけに、どのように後編をするのか、漫画に負けないように頑張ってもらいたい。
 監督は、ガメライリス覚醒の金子修介。漫画の世界観を壊さず、自分のオリジナルを出している。前編なので、ここでは映画の作品の評価はまだ定まらないが、音楽だけはなんかなぁ~。もっと、マリリン・マンソンみたいなのを使って欲しかったなぁと思った次第。迫力が欠けていた。
 漫画と違って、説明が多く分かりやすいエピソードの推理劇を繰り広げているが、これは映画だから仕方がないだろう。
 どんな映画か、前編だけでも試しにいかれるといいと思う。
敬称略

|

« デスノート 前編 | Main | 脳卒中で絶対倒れない!? »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/10779256

Listed below are links to weblogs that reference デスノート 前編:

« デスノート 前編 | Main | 脳卒中で絶対倒れない!? »