« July 2006 | Main | September 2006 »

August 31, 2006

たのしい入院生活

 入院している人が見たら、ぶっ飛ばされそうなタイトルですが、まぁご容赦下さい。

 先日、折角前日に買っていた舟和の芋ようかんの残りとその日買ってきた鉄人ロールを食べようと、ご飯まで減らしていたのに、具合が悪くなってしまいました。
 タクシーで救急医療病院に行くほども元気が出ないために、救急車でストレッチャーに乗って病院に行きました。
 定期的に起こる胃痛を和らげたり、血液検査したり、点滴を入れたりするために、私の血管が必要になってくるのに、脱水症状を起こしていたらしく、血管が狭まり、元々子供の頃に毎週のように注射されていたから、ぼろぼろで細い血管が腕の奥の方に隠れてしまっていて、何度もトライされても出てこないので、手の甲でしてもらうことになる。その間どれぐらいの時間がかかったか、大きな病気なら間違いなくお陀仏しているだろう。帰ると言ったすが、血液検査の結果、白血球が19000もあるというのでこのまま泊まってもらいますと、車椅子に乗って病室に。点滴をしているので、着ていった服のまま寝ることに・・・・。
 眠りにはいると、どこからともなく年いった男性のささやくような「オーイ、オーイ」の声。どきりとして起きたが、そんな声は聞こえない、しかし眠ろうとすると、またその声が聞こえる。目を開けていても聞こえてくる。・・・・
 恐ろしい、ドアの向こうにわたしを冥界に呼ぶ誰かが立っているのか・・・。あまりにも怖すぎて、ナースコールを押す。看護婦さんは、色んな病室から色んな声が聞こえてくるから、その声ですよと言ってくれるのだが、オーイ、オーイと呼ぶ声が看護婦さんがおられるときには聞こえない。取りあえず、隣室の声と判断出来るまで怖いので、ソファに座っていた。大分経ったときに、オーイ、オーイの声が聞こえてきて、本当に隣室からの声を確認出来て、やっとベットに入る。
 次の日は、何も食べないようにと言うことだったので点滴だけの一日。そんなに具合も悪くないので、行く予定だった旅行のチケットを払い戻しして貰いに神戸駅まで行った。特急券の払い戻しが当日、前日なら30%もとられるのですね。
 こんな状態だったから、医者の回診の時に、退院を強く求めたのに却下されてしまった。次の日、テレビカードも購入したのだが、談話室にあった西村京太郎を読むことにする。冊子にでお勧めしていた西村京太郎は初めて読む。2時間ドラマではおなじみの作品なのだが・・・。
AsaHiruYoruTuginohi
 西村京太郎を次の日の朝までで4冊も読んでしまった。
 2時間ドラマとは違う手応えだ。簡単に読めるので、読みやすい作品だ。だからといって軽いわけではなく、限りなく続く事件の謎を読者が味わうようにした趣向がよく効いていて、なかなか面白い作品ばかりだった。最近は、本は読んでも、小説は読まなくなってきているので新鮮だ。十津川さんの役を渡瀬恒彦さん+伊東四朗さん、若しくは高橋英樹さん+愛川欽也さんで行われているが、どうもどちらもイメージがピンと来なかった。私が読んだ作品は、十津川さんの設定が総て40才だった。なら、亀さんは50前後ぐらいか。今の俳優さんではピンと来ないなぁ~。
 入院3日後にでた朝食は、それでも空いていたので美味しく頂いた。と言うよりも、病院食を美味しくする努力をして頂いているのだろう。流石に二日目の朝は残してしまった。やっぱり、食べられない。

 3日目に友人Aが見舞いに来てくれた。Ihana Aが興味があるブリザーブドフラワーという代物だ。私は初めて見る。疲れないようにと軽い読み物のつもりで、心理テストと血液型の本を持ってきてくれた。
 血液型の本なんてめちゃくちゃ久しぶりだったから、その日は西村京太郎も入れた5冊は読んでいる。
 面白いなと思ったのは、絶対に自分の思い通りのことを推し進めるのはO型の血液型で、調和を計るA型が一番B型と合っていると書いているのが面白かった。そう言えばそうかもと思えるのが、何でもありな血液型の話なのである。
 今までつきあったことがあるのは、A型とO型だけ。その時に思ったのは、あまりにめんどくさいけれど、気持ちを汲んでくれるのはA型だったなぁと思うことが多かった。それと、私の人生の中で優しかった人ベストというのがあり、まぁこんな事ブログだから書けるのねと思われるだろうが、口に出しても思わず言える事なのだが、私は優しい方だと思う。まぁ、心が弱い人間に多いタイプの優しさだとは思うけれど・・・。そんな私が選ぶので、限定されている。初めて入った会社の先輩(B型)、派遣で入った先の今でも仲良くご飯食べに言っているT3氏(B型)、同じく派遣で入った他の部署にいたおじさん(A型)、そして今前に座っているNさん(B型)が根が本当に優しい人物殿堂入りの方々なのだが、総て男でB型が多く、O型がいない。私の狭い世間の中からなので大きな誤差が生じているのは否めないが、私自身としては納得してしまえるところがある血液本だった。

 昔友人が入院していたときに、子供に還って自分より年下の看護婦さんに甘えていたことがあるのですが、入院して分かりました。ここはそんな世界。どの看護師さんも白衣の天使だ。嫌なことはいっぱいあるだろうけれど、有り難い話だ。点滴をしていたので、風呂にはいることが出来ず、体は拭いていたのであるが、頭を看護師さんが洗ってくれた。本当に有り難くて嬉しかったよ。当たり前と言ったらそうなのかもしれないけれど・・・。駅に向かうときにタクシーの運転手さんに病院の噂を聞いたら、「看護師さんが親切だとよく聞きますよ。」と教えてくれた通りだった。

 退院してすぐに会社に行った。昼から出勤で、大あわてで荷物を引き取りに明石まで行って、倉庫に戻していたら、腰をいわしてしまった。お腹に力が入らなかったからだろう。会社の帰りに、いつもの整体にいって、曲がっていますねぇ~とごきごきされ、「痛いけど、こそばいー」と叫んでいました。

 体重は3キロぐらい減りました。胃が小さくなったので、あんまり食事が出来なくなっています。このまま痩せてやれと思っています。運動しないで痩せるのはよくないとは思いますが、あと10キロは落とさないと・・・。
 そうすると、胸もなくなるだろうなぁ~。太ったから大きくなっていたので、よく「期間限定です」とか冗談を言っていますが、確実に期間限定になってきました。今は自分ではこんなんでもと思うのですが、Fあるのです。会社のKさんが「Fあるやろう」と言ってきたので、そうは見えるのだなぁと思います。でも、谷間も見えない服着てるんだけれどなぁ~。何で分かるんだろう???

| | Comments (2) | TrackBack (1)

August 26, 2006

ただいま入院中

昨夜、急激に起こった下痢、嘔吐、胃痛で救急車で病院に運ばれ、白血球が成人の約2倍あり、緊急入院となりました。
今日は腹痛もなく元気で、食事も制限されているのですが、お腹もすかないので、全然問題がないです。月曜日に退院になると上司に電話したら、誰が・・と言われてしまいました( ̄□ ̄;)!!昨夜が初めての入院で、眠ろうとすると、オーイとうなり声私を呼ぶ死者の声(T_T)とナースコールするぐらい恐かった。隣室の声と確認できるまで、ソファで起きていたよ。
先日読んだ冊子でお薦めミステリーってあった西村京太郎の十津川警部の裏切りが談話室にあったので、読破する予定理想の入院ライフだなぁ。
本当は今日から旅行だったのに、それが友人に申し訳ない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 25, 2006

信長の棺

 ドラマがあるようで、姫路城でロケをしていたそうです。信長の死骸はどこに行ったか?歴史ミステリーのようです。いつするのかなぁ???

ニュース

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2006

うろ覚えコンテストとダウンタウン

 コロコロザイーガさんのところで、紹介されていました。
 うろ覚えでイラストを描いてみる。そんなことでかけるのか・・・、ごらんあれ。しかし、こんなイラストでも浜ちゃんには勝てないんだよなぁ~。

ついでに松本人志語録なんかもみつけたので・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

折角書いたのに・・・

消えてしまいました。しくしく・・・。雨の日のけろりのことを書いていたのですが・・・。

 別のことを書こう。

 来期に向けて、予算が計上されました。私の持っている得意先に売上をUPさせる何かがあるのかというと、やはり伸びようがない。でも来期には、課に4千万上乗せがあるし、その増えた分を得意先の少ない私が、何とかしなければならないんだけれど、半年やってみて、そう簡単に何とかなるものではないことが分かってきたので、夢見たようなことも、アイデアで浮かばなくなってしまいました。

 なんか、私も人数に入っているようで、もううじうじせず、来期頑張るしかないのですが・・・。

 何かうじうじしていくと、頭が子供のようになって、自分のことだけが膨大になって、他のことが考えられなくなってしまう。情けないので、こんな性格が直れば一番いいのですが・・・。

 会社の特定の人に、愚痴を最近こぼすようになってきました。というか、計画的に関係する人に気をかけて貰おうと思っています。しかし、そのことよりも、その時にくれる意見が、私のない頭から浮かばないことが多く、また自分のことばっかり考えている自分を情けなく見てることがあります。

 本当はもっと会社の人やお客さんと話をしないといけないんだろうなぁと思います。他人の意見を聞く事って、自分が見えてくるもんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2006

インサイド・マン

 先日友人YKとシネマしんげきの二本立て見てきました。

 なんかね。題名からして、最初の出だしも・・・、そこまで、観客に分からせて、更に面白いものを作れるのかいといったら、作れなかったのでは、ダメじゃないか!
 話の筋も私が小学生の時に書いたような脚本で、どー言う意味かというと、何の脈絡も感じられず、話が進んでいくといった感じで、そんな話にするならなんで、もっと複線を入れておかない!とか、面白くするために、何でもっとひねりを入れないと、もう、制作者サイドでも話が出てきてもいいぐらい、脈絡がないじゃん。

 実際、世の中はなんの脈絡もなく物事が起きている。でも、映画は観客が楽しむためにあるので、類を見ない銀行強盗の手口だけでは何にも楽しませて貰えないのだ。
 映画見ながら、もっとひねって、もっとひねって・・・、と桂小枝のように言ってしまいそうだった。

 そう、私も悪いのかもしれない。穴を掘っていたのが何のためなのか、理解出来ていない。ダイアモンドが隠されていたの?うーん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダイ・ハード4ぉぉぉぉぉ

 大好きなダイ・ハードの新作が・・・・。嬉しい!めちゃ嬉しい!

 たのしみだぁ~。来年夏以降上映されるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2006

笑う大天使(ミカエル)

 この漫画が映画化されるとは夢にも思わなかった。映画化されるなら、あのエピソードというのを映画化していた。
 良家の淑女を良妻賢母にするために作られた聖ミカエル学園。皆様のご挨拶は「ごきげんよう」。まるで、神戸女学院の世界。しかし、実際のお嬢様学校よりも原作者がほんわり感が入って、男子が喜ぶ女学園と言うよりは女子が喜ぶ癒し系の女学園だ。そんな日本ではちょっと見なくなった人種の中に、大阪生まれの成績優秀でスポーツ万能、庶民派の史緒さまが現れた。で、別世界についていけんわと思っていると、餌のいらない動物を飼っている人が二人現れて、楽しい学園生活が始まった。それから、事件が始まっていくのですが・・・。
 本当にマンガのまま進んでいき、逆にマンガの表現の面白さを映画でやってみたというある意味、面白さ溢れる作品だ。先日見たマンガ原作のハチクロとは180度違った描き方。これで、映画的に面白かったら、評価になったんだろうけれど、原作そのままの作品が原作のように面白く仕上がるとは思えない。

 ハチクロにも出ていた関めぐみがここでは、オスカルさまといわれる麗人に。もうちょっと、男っぽい方がセリフにあっていると思うけれど・・・。あと、主人公のおにーさまに、これまたハチクロの森田さんという切れた役どころをしていた伊勢谷友介が演じている。二人とも、映画の中で全然違う顔を見せる。うまいわき役だ。

 ハウステンボスが使われていたので、おとぎ話の世界だし、お屋敷も思いっきりイラストで、そんなところが表現としては面白かった。

敬称略

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 18, 2006

今日は失敗をやらかしてしまいました(T_T)

 情けない。単純なミスで3万ぐらい損をしてしまいました。その時に前に座っているNさんにいっぱいご厄介になり・・・、前から優しいのは知っていましたが、どうしたの?と言うほど優しくして貰い、本当に失敗こいてるのですが、NさんもY課長も優しくて、私は感激してしまいました。
 なんか、失敗こいてフォローしてくれたり、非難せず励ましてもらったり、なんか自分が言っているセリフと同じ事を言われたときには、みんな失敗こいた人の対処方法って同じなんだなぁとも思いました。
 友人Aに泣き泣きメールを送ったら、Aは優しくてageageしてくれる人なので、なんか失敗こいた一日なのに、言い一日だった。
 しかし、そんな真綿のように優しくされた向こう側には、失敗をする人の烙印がしっかり押されているだろうし、上司の私への評価も落ちてしまう。
 でも、失敗をくじけず、同じ失敗をしないように考えた方がいいもんね。と書きながらも、いつものように風呂場でうじうじタイムを繰り広げてしまいました。
 単純なミスだけれど、大事になってしまう。そんなミスを昨年入ってから、今回で4回目。チェックしている割には間違える。以前の仕事には無かったようなミスの仕方だ。風呂場で考えるに、同じような行動を伴わない文書だけの仕事だったからだ。単純で同じようなことが続いたときにしている。あと、今回は手を止め他の仕事が入って、途中からまたやり始めたというのも大きな要素だ。なかなかうまく行かないだろうけれど、やり遂げて次に出来るようにしないと、仕事の効率も落ちてしまう。
 あと、間に入っている人の失敗があると、その人を通さずした方がいいところとで動いてしまっていたので、チェック機関にもなるのに間に入れろとと、Y課長にも言われたので、渡した後に間違いがされていないかをうまくチェックする方法を考えなければ・・・。
 その日の仕事をノートにかくようにしようか。なんか、忙しいのに手間がかかりそうだ。
 なんか、同じようなものの繰り返しはすぐにいい加減になってしまう悪い癖がある。これは性格だろう。
 昔の失敗ってどんなのがあったのかなぁ~。思い出せないや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2006

ハチミツとクローバー

 最初にもっともらしい題名の説明のようなものを入れていましたが、作者曰く書いているときに聴いていたのが、スピッツのハチミツとスガシカオのクローバーだったからこの名が付いたそうで、”マンガとは違う”映画の正当化みたいなもの感じ取りました。
 原作のマンガは、純情な美大生の片思いの心の動きや青春の一頁を表現していて、過去や未来の恋愛の青い果実を噛んだようなはにかんだような気持ちにさせられる。そこが人気になって今回の映画化に結びついているから、原作のいいところを壊さず作られた映画になっているが!
 マンガのいいシーンやセリフを思いっきり使っていて、これじゃマンガを見ているのと変わりないじゃんってぐらいまで思わせてもらった。心の声がはぐと森田以外殆どのメンバーがマンガの中で表されているのだが、それを映画でやること無いやんと思うのだ。心の声は動きや表現で出来るやん。マンガは表現としての心の声を使っているねんから、同じような使い方を映画でしたらあかん。映画にする必要ないやん。折角生身の人達が動き回っているのに勿体ないことをするなぁと思った。

 確かに原作の思い入れが強いファンが多いので、今回のように森田さんと先生以外はマンガから抜け出したような人達で、背景も漫画の世界を彷彿とさせてくれて追体験としては、非常に感激してしまうし、また、全然似つかわしくない俳優達がうごめいていたら、もっと批判したと思う。
 だから、ここまであわせているから、ええやん。もっと、映画にしようや!と思ったのだ。

 竹本君もはぐちゃんもあゆちゃんも本当にマンガの中の人物のままだった。一番光っていたのは、はぐちゃんの蒼井優。一番難しい役どころなのに自然体でええわ。伊勢谷さんの森田さんは格好よすぎ、インパクトがあって面白い役だけれど、伊勢谷さんじゃない。森田さんが違っていたら、この映画も大分違うものになっていたかもしれない。伊勢谷さんが悪いわけではないよ。

 この記事関西弁が多いのは、今日「笑う大天使」を見たからだ。主人公の関西弁がうつった(笑)。
 私は関西人やっちゅうねん。自分でぼけとつっこみせなあかんのは、ブログやから残念やなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゲド戦記

 本日見て参りました。
 原作を読んでいないので原作通りに描いているなら何とも言えないんですが・・・。
 映像も設定も背景も本当に美しいのですが、キャラクターがないんですよ。生きていないというか。ここからネタばれしますが・・・。主人公の行動がなぜそうなのか、何を悩んでいるのか、また、ゲドも何であっちこっちに行っているのかを他人に語らせていますが、全然彼からは感じ取れない。何というか絵本の世界のようでした。
 それぞれが生きていないから、キャラクターに魅力が無く、その為に映画の魅力が湧いてきません。
 彼の苦悩や諦めや逃げなどは、彼の立ちポーズや苦悩の顔やセリフだけでは何のことか感じ取れないのです。もっと、演出があって大事に導いて欲しかった。

 声の出演は、ゲド役が本当にぴったり。あと敵役の田中裕子が田中裕子を忘れるほどうまい!めちゃくちゃうまい。テルーの役の子もよかったよ。歌はもっと良かった。

 いいところがいっぱいあるだけに、おしい映画だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2006

神戸の美味しい店その11

La_pacchia01La_pacchia02La_pacchia03 大丸神戸店レストラン街にあるイタリア料理店ラパッキア。アホみたいにカルボナーラ頼んでいますね。これも、HPのためなんですよ(笑)。トマトとモッツァレラのが美味しかったので、早速おばばさまが家で作りましたが、簡単そうで同じ味は難しいのでした。ここ何年、美味しい店を食べ歩きすぎて、まずい店ってどんなのか分からなくなった分、普通以上の店だと思っていたところが、自分の中でダウンしていく傾向にあります。私はそんなに舌が肥えていないはずなのに、どうなるのでしょう。

Cocos 上記のようなことを書きながらも、このファミリーレストランのカルボナーラはまずかった。見た目が美味しそうなので、裏切られた落差が大きい。下の道を通って神戸から高槻まで行ったときに入ったcocos。迷子になっていたので、食事に癒しを求めていたのに・・・。ざんねん~。

Grazia01Grazia02 国際会館の地下2階にあるグラツィアに平日ランチに行きました。映画の時によく入っていたのですが、いつの間にか名前も店内も変わっていました。で、食べてみたのですが、パスタは美味しいのですが、味はいまいちでした。あーん、やっぱり、味が厳しくなってきているのでしょうか?美味しい店を紹介するのに、美味しい店をご紹介出来ていません。きっと、ならば食べに行って、本当にいまいちか確かめてみようぞと頑張ってもらうしかありませんが、至福の時間に美味しくないかもというところをわざわざ行かないですものね。うむむむむ。

Kamakura01 先日開店した鎌倉パスタに行ってきました。連日行列が続いているので、一度は一度は・・・とやっと入ることが出来ました。見た目はめちゃ美味しそうだったのです。友人のもそうでした。パンも美味しかったので、期待してしまったのですが・・・、私のお口にはあいませんでした。友人もそうでした。開店したレストランじゃなくても、客商売は大変なんだなぁと思わせることが、食事中2回もありました。新しい店だから、他の客に見せるのも仕方がないことなのでしょうね。

 というか、私の舌がおかしくなっていたらどうしよう(笑)。

Rockeys 二ノ宮商店街よりも北にある喫茶ロッキーズのランチ。これで、珈琲付いていくらだっけ。800円かな。車で移動しているときに食べるところを見つけるのは本当に大変になりましたね。

Harbardeli01Harvardeli03Harbardeli02 ハーバーランドにあるモザイク2階のハーバーデリ。海が見える景色で、お食事が出来ます。もしかすると、大丸のラ・パッキアと姉妹店?お味の方は、こんな観光客が多い店の割には美味しかったのです。って書くと失礼だけれど、あまり期待していなかったのでちょっと驚き。友人が頼んだカレーも味見させてもらったのですが、美味しかった。

Mont_plus この日は、栄町通を歩いたことがないという友人Mを連れて散策。猫王様のところでお茶をしようと思っていたのですが、そこに行くまでに昨年出来たこの店を見つけてしまい、入ってしまいました。美味しかったよ。私にはちょっと甘かったけれど。
 で、お月見猫王様の銘茶館なのですが、この後神戸にあるフィギアの店に行ったときに、この店のメイドのフィギアを見つけてしまいました。むむむ。

Hitibe02Hitibe01 その友人Mに教えてもらったカツ丼のお店。三ノ宮高架下にあるこの店はカウンターのみで狭い店内。しかし、凄い回転率で客がやってくる。それもそのはず、2002年神戸ウォーカーのカツ丼部門で優勝したそうな。確かにカツも卵も美味しい。友人が食べたソースカツも味見させてもらったが美味しかった。冬場はコートも掛けるスペースがないので、荷物が少ないときがお勧め。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

こんなんじゃ、色々かんがえるわな

 たった一基のクレーンで、都市圏が停電に。何という無防備な国だ。

 ということは、日本を狙うには、あそこを狙ったら都市機能が麻痺するって教えてもらっていることじゃん。もう、ばっかぁ~。靖国もそうだけれど、こんなのの方がもっと大変じゃん!って思うのだが!

 クレーンが当たったぐらいで、大規模停電になる。地下は金がかかるから仕方がないって、でもね。やっぱぁ、おかしいよ。

 あと、先日たかじんの委員会でも言っていたけれど、子供の知能の低下が先進国なのに、資源のない国なのに低すぎる。

 これって何。最近話題の下流社会。これを作って二元化して、上流社会の小間使いのように安い賃金で働く若い人達を国内で補って、資本の海外流出を防ごうとしてるって事?

 兎に角、「ゆとり」でばっかばかにされた生徒達はもうどうしようもないから、いま学生している奴。周り見て一人はい上がれ、子供の性も守れない国だから、性におぼれてエイズや性病で低脳になっていく周りの人間を見て、緩い方に進むな。自分だけ勝ち組にいけ!自分に言い訳したり、理由付けしたりして何にも動かないやつらと同じになるな。日本は大人は、自分たちの奴隷を作っているようなもんなんだから、這い上がってくれ・・・。


 なんて、昨日は色々考えたのさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月舘の殺人

 月舘の殺人は、以前熱中時間でミステリーの館の図面をおこされている方記事を書いたことがあるのですが、その時の十角館の殺人という変わった屋敷が綾辻行人の作品だったのですが、そんな変わった建物での殺人を繰り広げる小説家と佐々木倫子というこちらも変わった視点から笑いを導くマンガ家との共作であります。小説を読まない人でも、安楽椅子探偵と聞いたら知っている人もいるかもしれませんね。有栖川有栖とTVで視聴者が犯人を当てるというドラマをされています。

 先日下巻が発売され、昨日読み終わったのですが・・・、面白い・・・。

 私的にということかもしれませんが、この作品の中に描かれているのは、俗にてっちゃんと呼ばれる鉄道マニアの世界が繰り広げられているのです。上巻からすでにてっちゃんでは無いと、テツの二文字を拒否する方々が現れて、にじみ出すテツ魂を佐々木調で見せて貰い、これはこれはと面白かったのです。
 推理小説なのに、なぜかテツのこだわりに着目したあまり、2時間ドラマであれほど鍛え上げた(笑)推理力を発揮するもすっかりそのことを忘れて楽しんで読んでしまいました。

 熱中時間でも、鉄道マニアの幅の広さに驚くことがあるのですが、この作品でも、模型好き、時刻表好き、鉄道部品好きに鉄道写真好き、鉄道を乗る好きと多種多様なてっちゃんが出てきます。その彼らが、鉄道ファンがここ間違っていると指摘出来ないほどにリアルに描かれていて、そっちの方に目がいってしまいます。
 この月舘も、鉄道マニアには夢の御殿かもしれませんが、主人公にも私にもなんのこったかわからない。だから余計に、主人公のようにこの作品が読めて、解説してもらって面白かったのかもしれません。鉄道マニアよりも、全然知らない人の方が意外と面白いのではないでしょうか。また、ミステリーの王道達がオリエント急行内に置かれていて、ミステリーファンも所々出てくる名前に反応して面白かったです。

 この作品でその案内人となる主人公のとぼけた姿は、佐々木作品に必須のキャラクター。大量殺人の話なのに、怖くて読めないという感じもなかったのは、彼女の面白さのおかげかもしれません。
 しかし、天涯孤独になったときに、莫大な遺産って、よっくありますよね。それから、雪に閉ざされた陸の孤島はやはり、北海道しかないですよね。

敬称略

| | Comments (4) | TrackBack (1)

庭先でにゃんこ

 昨晩、えらく長い間ミウミウ鳴いていたので気になっていたのですが、朝見ると草むらに仔猫が隠れています。親猫とはぐれてしまったのでしょうか。お皿にミルクを入れて草むら近くに置きました。墓参りから帰ってくると、白い姿が草むらからはい出してきていて、ミルクは舐め終わったようだったので、取りあえずミルクを再び与えておきました。
 歩く姿は力の限りの一歩という感じで、生まれてすぐに離れたのか、片目は目やにで開かない状態です。私の家では飼って上げることも出来ないので、ミルクあげるのが精一杯。可哀想だけれど、自分で生きていって貰わないといけません。親猫は死んでしまったのでしょうか?一匹だけ忘れられているのでしょうか?

 以前勤めていた会社の通勤途中で仔猫を見かけたことがあります。思いっきり迷子のようでした。私には危ないからと道路からはなし、誰か拾ってくれる人がいるように分かるところに置きました。帰りには見かけませんでしたので、拾われていたらと願ったものです。
 その後会社の駐車場に野良の仔猫が瀕死の状態でいるのを見つけました。社内で、治療費にお金を出してまで誰か飼える人がいるのか!という話し合いで、結局飼える人はおらず、保健所に相談して、連れていきました。殺しに行ったと見る人もいるかもしれませんが、どうしようもないでしょう。

 野良猫とはいえ、一つの命なので、生死が気になります。何もしない自分と対峙してしまうし・・・。
 
 色んな時間で偶然に起こったことでこんなにも色んな思いが出てくるのです。


*************** 8/15 17:04 ***************

 親猫らしき猫がやってきました。よかったよかった。このまま連れていくよな。置いていくなよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2006

恋愛遺伝子!?

 フリーペーパーの特集に恋愛の科学がありました。その中に、恋愛遺伝子ことHLA遺伝子のことが書かれていました。それによると、HLA遺伝子は、免疫に関係していて、この型が違うほど多様性が高くなり、強い子孫が残せるということで、HLA遺伝子が違えば違うほど男女は惹かれ合うそうな。
 その判別法がフェロモン。1970年代にベルリン大学で行われた実験で、男子大学生が2日間着たTシャツを嗅がせると、HLA遺伝子が異なる男性の体臭が惹かれるという結果が出ました。
 これは血液の中の免疫遺伝子の違いなのだが、日本だけ特有とされるABO式の血液型占い。気の迷いと思う人も多いし、今のところ根拠がないが、こちらは研究結果が出ている。
 でも、血液型占いが日本独特なのは、日本のようにまんべんなく色んな血液型の人がいるという国が少ないので、比較しようがないと言うことでもある。前にもここでの記事で書いたかもしれないけれど、例えばA型が多い日本やイギリス、B型が多い中国や中近東・印度、O型が多いアメリカやフランス。国のイメージすら異なって、何となく差異を感じないか?しかし、A型である私はどこに行っても、B型と間違われるし、違うと言ったら、A型以外の血液型を言われてしまう。また、B型社長の会社に雇い入れてもらうことが比率的にも多い。今の会社も社長以下幹部はB型が多い。間違えられるのに、でも、血液型って何かあるのではと思ってしまう・・・。

 検索すると、MHC遺伝子というものが出てくる。どうやら、MHC遺伝子というものが生物の遺伝子で、人間に該当するのが上に書いたHLA遺伝子のようだ。だから、研究内容は同じであるのに、両方の名称が使われていて一般人の私にはややこしい。
 フェロモンを受容するものはどこにあるのかというと、人間以外の生物にははっきりした感覚器官である鋤鼻器官(VNO器官)があるようだが、人間は該当されると思われる器官が退化しているために、未だはっきり分かっていない器官である。

 でフリーペーパーの情報によると、結婚遺伝子と恋愛遺伝子は異なるそうで、恋をするには容貌遺伝子に精神遺伝子の一致度が高いらしいのだが、上記のように結婚には異質のもの同士が適しているから別になると言う。
 じゃあ、見た目や性格は好みだけれど、遺伝子を残す作業は異なる方がいいって訳かぁ。そーいえば、先頃まで盛り上がりかけた気持ちの相手には全然そう言った行為をしたい相手ではなかった。性格的に楽しいものになりそうではないと思っていたけれど、このような事かもしれない。また、興味を持たれて拒否ってもそう言う行為は嫌じゃないかもしれないと思った人もいたので、一度総ての人のHLA遺伝子タイプを血液型のように把握したいものだ(笑)

 そうそう、この冊子が印象に残ったのは、「全生物、愛は3年」といった内容。要するに、子供を産んだら、また違う異性との子供を持つというのが種の存続の方策。男性が飽くなき恋の冒険に旅立つのも、遺伝子レベルで仕方がないといったら、仕方がないし。夫婦とも結婚後の浮気がいっぱいなのも、致し方ない。のだ。
 面白いのが、恋の狩人である男性は、いつでも「性交したい」ということなので、女性が選んでいると言うことになるから、実際は男性の方が受け身だという話。しかし、ここで、すぐに飽きてしまうのに、「永遠の愛を求め彷徨う」私をよく書いているので、納得したり悲しかったりします(/_;)

 今も昔も男性は女性にもてたいために、香水をかけたり、派手な衣装を着たり。目立ったり、不良っぽかったりするのが、女性には魅力的にうつったりするのだけれど、目立つと狙われやすいのにもかかわらず、そのままやってこられた生命力の高さに女性が興味を持つそうなのです。なるほど。では、目立っていない人は、ダメなんですかね(笑)

 あと、利他遺伝子と利己遺伝子までここには出てきていて、なかなか為になる特集でした。女性が選んでいる形が本来なら、レイプなどは利己主義の筆頭で、他人のことは考えない利己遺伝子が多くなると、種の存続が危うくなってくるらしい。

 最近とみに、男性が自分の性体験の凄さを語ったり、聞こえるように言われたりするのも、上記のような女性の誰からにももてて、目立ちたいという行為の現れなのかなぁ。今までの会社と違って、Y談(これって、死語?)が多いような気がするのも、目立って元気に種の存続をしているのだろうなぁ~。 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 07, 2006

日本沈没

命よりも大切な愛があるのよ

やっと、やらなければ行けないことが分かりました

 こんな時期に自虐的な国民性やなぁとテレビで誰かが言っていたけれど、ほんまやなぁ~。藤岡弘の日本沈没を子どもの頃にテレビで見た記憶があるがストーリーがこんなんだったかは覚えていない。30年以上前の作品なので、現在の最新地学や地震学にのっとったストーリーを作らなければ、一般人でもついて行けない。しかし、リアルにするために出てきた学者の説明を一般知識だけで理解出来ただろうか・・・いやぁ地震大国だから普通にテレビを見ている人には理解出来る説明で入り込みやすかった。フォッサマグマ中央構造線も何度もTVで聞いていた語句。今回初めて知ったのは、メガリスの沈降ぐらいで・・・、実際映画とは真逆にプレート同士が当たって隆起している日本列島にはメガリスの沈降が話題になることはないから知らなくて当然とは言えますが・・・。映画の中で豊川悦司演じる教授が黒板に色々な数式を記入していますが、どうやら大学院レベルの人なら誰でも分かるものだそうですが、教授が色んなシーンで計算しているものが全部話にのっとったものであり、実際使われているものだと言うことを知ると、映画の世界って凄いなぁと思います。教授が何の気無しで書いている数式がプランクトンの量だったりするのを映画で見ていて理解出来る人がいるのだから、世界ってものすごく大きいんだなぁ~。
 この映画マニアックな感想から始めてしまいましたが、主人公カップルは単なるおまけで、日本が未曾有の被害に会うならどうなるといったものがテーマになっているから、その姿を見せるのに草なぎ君演じる小野寺をうろうろさせて、こんなところでうろうろなぜしてると、観客からのつっこみがもうすぐあってもいい頃だと思うほど、ストーリーにカップルはいらんのんちゃうんと思わせた。ただ、あの久保田が作った音楽は盛り上がる。その為の映像にはカップルの別れが一番だろう。
 マニアック、本当にマニアックな映画だった。割と感動しながらエンドロールを片目から涙を落としつつ見ていたら突然、ガンダムの監督やエヴァンゲリオンの監督やその妻のマンガ家などの名前が出てきて、なんか座席からずっこけそうだった。そこから、笑いが止まらなかった。まだ見ておられない人のために、どこにいたかは伏せておきましょう。
 淡々と演じる草なぎ君は、小野寺=草なぎになっていて、これも彼の演技法なのだろうと納得する。この映画で一番素敵に見えたのは相手役の柴崎コウ。バイクに跨る姿が格好いい。アクションシーンのオファが来てもおかしくないぐらい、似合っていた。チャーリーズエンジェルもいけそうだよ(笑)豊川悦司の教授は、この作品の前に「やわらかい生活」での彼を見ていたので、こんなに変わるんだなぁと感心する。エキセントリックさも持ち合わせているので、あまり暴れなくてもくせ者教授になれる人だ。ただ問題は元夫婦の役の大地真央と年齢差を感じて、年下夫なのかと思わせる。大地真央の文部科学大臣はう~む~。大臣になるのだから、ちょっと世間とか違う人が多いだろうと贔屓目で見たとしても、あのしゃべり口調は残念だ。個人的には好きな人なので、もっと自然な演技を見せてもらいたい。

 小松左京の日本沈没第二部が現在本屋の平積みになっている。第3部の噂もある。日本人がぬくぬくと住んでいる日本列島から出ていかなければならないとしたら、またユダヤのように流浪の旅に出て行った人達はどんな人生を送るのか。今かわぐちかいじの「太陽の黙示録」と言う作品が土地を持たなくなった日本人達のその後を描いている。色んな事を発想する、面白いなぁ~。神戸の垂水に住む筒井康隆のパロディ「日本以外全部沈没」はちょっと読んでみたい気がする。日本沈没共々、SF小説の賞である星雲賞を受賞しています。

 神戸市民としては、柴崎コウが演じる役柄が震災体験した人の役なので、重ねてみてしまうが、あまり感じ取れなかった。北海道でも新潟でもよかったのだろうけれど、取りあえずいれとかにゃってことだろうな。震災体験の個人差は大きい、小野寺が最初の方に歩き回った被害地は私が見た震災と同じだった。爆撃の後かと思われる姿にちょっと入りかけたが、入れなかったのは、彼が淡々と歩いていたからだろうなぁ~。

 なんか、映画の時間枠にいっぱい入れなきゃいけなかったせいで、いっぱい描き切れていないけれど、何か仕方がないよなぁとは思ってしまう。何かいっぱい足りないような気がするけど、しゃーないよなぁ。
 映画は、面白いとか映画の評価とかはおいといて、取りあえず見ておくべきだと思う。日本の映像技術もここまで来たんだとか、ハリウッドのまねにならないような被害地の撮り方をよーがんばったとか・・、見て上げて下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

August 06, 2006

生田大海祭 お水の饗宴

 友人Mに誘われて、生田さんの夏祭りに行ってきた。前日もカラオケ大会だったそうだが、私が行った日は、ラウンジやスナックのおねーちゃん方のカラオケ大会で、5,6年前から行われているらしい。
Ikuta_08_04_001Ikuta_08_04_002Ikuta_08_04_003Ikuta_08_04_004Ikuta_08_04_007 さすがの加島も暑い日だから、行列が出来ていない・・・。
 色んなお店が趣向を凝らした演目で、ただ歌がうまいだけの審査ではなく、見せ方もあったらしい。賞金は割と豪華だったので、参加者は割とうまかった。優勝したのは昨年2位だったお店。DJozumaのあげあげ♪を踊り付き脱ぎ付きで頑張った。観客は大いに愉しんだだろう。やはり、海で見るのと町中で見るのとでは、水着は印象が替わる。ショーパブみたいなお店が多かったのか、どこも楽しませてくれた。しかし、みんな同じメイクに髪型、応援に来ている人もそう。服装まで似ている。お水の世界って個性がないのかな?応援集団がいっぱい観客席にいたので、香水の匂いがぷんぷん。職業を見て思うわけでもないが、客商売なのに、後ろの人が見えなくても平気な人ばかりで、若いって、客商売でも周り見ずにやっていけるんだなぁとか思った。
 桑名正博さんが、ゲストに呼ばれていた。
Ikuta_08_04_005Ikuta_08_04_006 河島英五さんの酒と泪と男と女とか、月の明かりとか、セクシャルバイオレットNO.1とかを熱唱してくれた。やっぱり、プロはうまいなぁ~。2枚目の真ん中で歌を歌っているのが、桑名さんの18才の次男。歌はそこそこだったけれど、今後も色んなところに出演させて貰えるそうで、今後頑張っていくようだ。アン・ルイスさんの話が何度か司会者に振られていたが、彼女の出身は堺かななんて言っていたけれど、こ・う・べ・じゃ・ん・か~と、唸った。ところで、アン・ルイスさんとの子美勇士さんはどうなったのだろう。ミュージシャン、俳優として活躍しているのだね。

 その後、カラオケに行ったのはいうまでもない!!舞台の上で唄われていた「DESIRE」とか「酒と泪と男と女」とか唄いまくっていた。新曲は全然分からないので、「恋のつぼみ」ぐらいしか唄っていないのだが、是非とも間違えずに唄ってみたいのが何曲もある。兎に角、」本人のを1回聞いたことがあるとか、誰かが唄っているのを聞いたことがあるとかで唄っているので、その適当さで、自分の適当な歌を覚えてしまってたちが悪い。友人Mが私がこれ唄いたいねんと言って、間違って唄っているスラムダンクのテーマを唄って、「ここはこうやで」と教えてくれた。あと、オリジナルラブの「接吻」とかB'zの「Bad communication」とかちゃんと唄ってみたいものだ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 04, 2006

知らない間にココログのアクセス解析が変わっていましたΣ(゚Д゚;o)

より分析されています。

私のブログにお越しの人は、4ヶ月集計で

地域では、
1 東京 25.1%  2 兵庫 12.7%  3 大阪   9.2%  4 神奈川 6.9%  5 滋賀 6.3%  6 愛知 2.9%  6 京都   2.9%  8 福岡 2.8%  9 千葉 2.7%  10 埼玉 2.4%  

言語では、
1 [ja] Japanese 95.3%  2 [en] English 2.9%  3 [es] Spanish 0.5%  4 [zh] Chinese 0.3%  5 [fr] French 0.3%  6 [pt] Portuguese 0.2%  7 [ko] Korean 0.2%  8 [de] German 0.2%  9 [it] Italian 0.1%  9 [pl] Polish 0.1%  9 [sk] Slovak 0.1%       でも、なぜ???

OSでは、
1 Windows XP 73.2%  2 Windows 2000 7.1%  3 MacPowerPC 7.0%  4 Robot/Tool 4.2%  5 Windows 98 3.4%  6 Windows Me 3.2%  7 DoCoMo 0.2%  8 MacOS-X 0.2%  9 au 0.1%  9 Windows Server 2003 0.1%

プラウザでは、
1 InternetExplorer 6.0 77.0%  2 Robot/Tool 4.2%  3 Firefox 1.5.0.4 2.4%  4 Firefox 1.0.4 1.9%  5 InternetExplorer 7.0 1.3%  6 Safari 312.6 1.3%  7 Netscape 7.1 1.1%  8 InternetExplorer 5.5 0.9%  9 Opera 8.54 0.7%  10 Safari 417.9.3 0.7%

こんなことまで、解像度カラー、
1 1024x 768 60.5%  2 1280x1024 18.4%  3 1280x 800 3.6%  4 1280x 768 3.2%  5 800x 600 2.9%  6 1400x1050 2.6%  7 1152x 864 1.9%  8 1280x 960 1.8%  9 1680x1050 1.1%  10 1600x1200 1.0%

ページ別アクセス数は、
1 海を見ていた: トップページ 13.2%  2 海を見ていた: 神戸 3.7%  3 海を見ていた: 2005年05月 3.4%  4 海を見ていた: 映画 3.0%  5 海を見ていた: テレビ 2.0%  6 海を見ていた: ナイトスクープ 立原啓介氏勇退 1.9%  7 海を見ていた: ウェブログ・ココログ関連 1.7%  8 海を見ていた: 05年度版 世界でもっとも美しい50人 1.6%  9 海を見ていた: 音楽 1.6%  10 海を見ていた: アメリカ映画音楽ベスト100~AFI選出 1.5%

 生ログ解析もあって、今私がPCの前に座っている間に、ブックマークからお越し、韓国や中国からお越しの方がおられるようです。凄いなぁ~。こんな事が分かるなんて、やっぱり、プラウザはRobotに変えた方がいいのかな(笑)。私もやばいところでたくさん痕跡を残し、ログ解析されてるんだろうなぁと色々考えるのであった(何もなければ考えないのに、何かあるから考えているんだなぁ・笑)

リンク先は、
1 サイト内 45.4%  2 ブックマーク/URL直接入力 37.6%  3 http://www.cocolog-nifty.com/ 1.7%

検索サイトは、
1 Google 50.7%  2 Yahoo 26.9%  3 goo 7.2%  4 MSN 5.1%  5 BIGLOBE 3.7%  6 @nifty 3.0%  7 Excite 1.7%  8 Infoseek 1.1%  9 Ask.jp 0.3%
Googleってやっぱすごいなぁ~。

検索ワードは、
1 神戸  2 世界でもっとも美しい50人  3 立原啓介  4 探偵ナイトスクープ  5 ナイトスクープ  6 世界でもっとも美しい50人  7 京都  7 アメリカ映画音楽ベスト100  9 映画  10 歌詞  10 いまだ美しき桜

滞在時間ランキング(訪問者がどのページを長く見ているかがわかります)
1 海を見ていた: アメリカ映画のヒーローと悪役ベスト100 1時間51分39秒 12.0%
2 海を見ていた: これからのNHK情報 1時間06分35秒 7.1%
3 海を見ていた: それぞれの人生 58分10秒 6.2%
4 海を見ていた: ナイトスクープ新探偵の候補生 43分37秒 4.7%
5 海を見ていた: 音楽 40分26秒 4.3%
6 海を見ていた: 神戸の美味しい店その4 27分13秒 2.9%
7 海を見ていた: 射手座の女 19分33秒 2.1%
8 海を見ていた: これであなたもブログ通 をみた 19分25秒 2.1%
9 海を見ていた: 探偵ナイトスクープ アカデミー賞 19分14秒 2.1%
10 海を見ていた: ナイトスクープ 立原啓介氏勇退 16分48秒 1.8%

自分が書いたものとはいえ、やっぱり誰かに見てもらっていると思うのは、有り難くって嬉しいものだなぁ~。これからもよろしくヽ(|||≧▽≦|||)/ キャー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2006

寺山修司のyoutube

著作権的には問題あるだろうけれど、やっぱりファンは嬉しいっちゃ!


青少年のための映画入門
 この映画スクリーンで見たときは、男性がカメラにかけるシーンは凄いインパクトを感じました。まさしく映画入門だと。

田園に死す
 血がしみ出すのが凄いよね。小さい画面だから迫力ないかな。シュールレアリズムを映画にしたらという感じの画面構成がバタ臭くて面白い。少年は、三上寛だ。

 今日会社の人と同行していたのだが、いつも二人でいると私に風俗の話をしてくる50代のMさんが、「お風呂屋さんやストリップの話じゃなく、今日は違う話をして下さいよぉ~」と言ったら、3人でとか4人でやったことがある話を教えてくれたΣ(゚Д゚;o)。
 「見直したやろ」と言われたが・・・、そんな風に見えないMさん。親の若いときがあったことをすぐに忘れるように、色んな人の若い時って色々あったんだなぁと思った・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 02, 2006

腐ったミカンの方程式

 こんなんまで映像があるのね。中島みゆきの世情がはいったアルバム買ったもんなぁ~。
後ろから追いかけているのが見えるシーンでまたまた泣いちゃったよ。

 金八先生はそんなに見ていないけど、この作品が最高ですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝まで生テレビを北斗の拳に例えると・・・

 おもろい記事を見つけた。80年代後半から90年代後半を回顧するブログさんで書かれていました。北斗の拳をあまり知らないので、楽しみは半減ですが、北斗の拳も知っている人は倍楽しめそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »