« ダイ・ハード4ぉぉぉぉぉ | Main | 折角書いたのに・・・ »

August 21, 2006

インサイド・マン

 先日友人YKとシネマしんげきの二本立て見てきました。

 なんかね。題名からして、最初の出だしも・・・、そこまで、観客に分からせて、更に面白いものを作れるのかいといったら、作れなかったのでは、ダメじゃないか!
 話の筋も私が小学生の時に書いたような脚本で、どー言う意味かというと、何の脈絡も感じられず、話が進んでいくといった感じで、そんな話にするならなんで、もっと複線を入れておかない!とか、面白くするために、何でもっとひねりを入れないと、もう、制作者サイドでも話が出てきてもいいぐらい、脈絡がないじゃん。

 実際、世の中はなんの脈絡もなく物事が起きている。でも、映画は観客が楽しむためにあるので、類を見ない銀行強盗の手口だけでは何にも楽しませて貰えないのだ。
 映画見ながら、もっとひねって、もっとひねって・・・、と桂小枝のように言ってしまいそうだった。

 そう、私も悪いのかもしれない。穴を掘っていたのが何のためなのか、理解出来ていない。ダイアモンドが隠されていたの?うーん。

|

« ダイ・ハード4ぉぉぉぉぉ | Main | 折角書いたのに・・・ »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/11548830

Listed below are links to weblogs that reference インサイド・マン:

« ダイ・ハード4ぉぉぉぉぉ | Main | 折角書いたのに・・・ »