« 神戸の美味しい店その11 | Main | ハチミツとクローバー »

August 16, 2006

ゲド戦記

 本日見て参りました。
 原作を読んでいないので原作通りに描いているなら何とも言えないんですが・・・。
 映像も設定も背景も本当に美しいのですが、キャラクターがないんですよ。生きていないというか。ここからネタばれしますが・・・。主人公の行動がなぜそうなのか、何を悩んでいるのか、また、ゲドも何であっちこっちに行っているのかを他人に語らせていますが、全然彼からは感じ取れない。何というか絵本の世界のようでした。
 それぞれが生きていないから、キャラクターに魅力が無く、その為に映画の魅力が湧いてきません。
 彼の苦悩や諦めや逃げなどは、彼の立ちポーズや苦悩の顔やセリフだけでは何のことか感じ取れないのです。もっと、演出があって大事に導いて欲しかった。

 声の出演は、ゲド役が本当にぴったり。あと敵役の田中裕子が田中裕子を忘れるほどうまい!めちゃくちゃうまい。テルーの役の子もよかったよ。歌はもっと良かった。

 いいところがいっぱいあるだけに、おしい映画だ。

|

« 神戸の美味しい店その11 | Main | ハチミツとクローバー »

「アニメ」カテゴリの記事

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/11470789

Listed below are links to weblogs that reference ゲド戦記:

« 神戸の美味しい店その11 | Main | ハチミツとクローバー »