« ゲド戦記 | Main | 今日は失敗をやらかしてしまいました(T_T) »

August 16, 2006

ハチミツとクローバー

 最初にもっともらしい題名の説明のようなものを入れていましたが、作者曰く書いているときに聴いていたのが、スピッツのハチミツとスガシカオのクローバーだったからこの名が付いたそうで、”マンガとは違う”映画の正当化みたいなもの感じ取りました。
 原作のマンガは、純情な美大生の片思いの心の動きや青春の一頁を表現していて、過去や未来の恋愛の青い果実を噛んだようなはにかんだような気持ちにさせられる。そこが人気になって今回の映画化に結びついているから、原作のいいところを壊さず作られた映画になっているが!
 マンガのいいシーンやセリフを思いっきり使っていて、これじゃマンガを見ているのと変わりないじゃんってぐらいまで思わせてもらった。心の声がはぐと森田以外殆どのメンバーがマンガの中で表されているのだが、それを映画でやること無いやんと思うのだ。心の声は動きや表現で出来るやん。マンガは表現としての心の声を使っているねんから、同じような使い方を映画でしたらあかん。映画にする必要ないやん。折角生身の人達が動き回っているのに勿体ないことをするなぁと思った。

 確かに原作の思い入れが強いファンが多いので、今回のように森田さんと先生以外はマンガから抜け出したような人達で、背景も漫画の世界を彷彿とさせてくれて追体験としては、非常に感激してしまうし、また、全然似つかわしくない俳優達がうごめいていたら、もっと批判したと思う。
 だから、ここまであわせているから、ええやん。もっと、映画にしようや!と思ったのだ。

 竹本君もはぐちゃんもあゆちゃんも本当にマンガの中の人物のままだった。一番光っていたのは、はぐちゃんの蒼井優。一番難しい役どころなのに自然体でええわ。伊勢谷さんの森田さんは格好よすぎ、インパクトがあって面白い役だけれど、伊勢谷さんじゃない。森田さんが違っていたら、この映画も大分違うものになっていたかもしれない。伊勢谷さんが悪いわけではないよ。

 この記事関西弁が多いのは、今日「笑う大天使」を見たからだ。主人公の関西弁がうつった(笑)。
 私は関西人やっちゅうねん。自分でぼけとつっこみせなあかんのは、ブログやから残念やなぁ~。

|

« ゲド戦記 | Main | 今日は失敗をやらかしてしまいました(T_T) »

「コミック」カテゴリの記事

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/11470949

Listed below are links to weblogs that reference ハチミツとクローバー:

« ゲド戦記 | Main | 今日は失敗をやらかしてしまいました(T_T) »