« シンガポールに行ってきました!その3 ~買い物編 | Main | 最近の状況 »

November 23, 2006

話を聞かない男、地図が読めない女

話を聞かない男、地図が読めない女
男脳・女脳が「謎」を解く

 昔のヒット作品をはじめて手に取りました。日頃ここで書いている男性の心理の秘密を垣間見ることがあり、「やっぱり、そうだったんだ」をたくさん得ることが出来ました。その中で私が興味を持ったのを覚え書きで書いておきます。

 男脳・女脳テストというのがあります。私は本の中で採点すると110点でした。男性は、0~180点、女性は150~300点らしく、脳が男っぽい人は、150点より低く、脳が女っぽい人は180点より超えるそうです。
 上記をクリックすると、ネットで同じテストが行えますが、点数制ではありません。点数で考えるなら、男性の場合は、答えが1つめの場合は10点、2は5点、3はマイナス5点。女性なら1は15点、2は5点、3はマイナス5点で計算してみて下さい。私のネットの結果は、

あなたの脳は
”男女同程度の中性的な脳” です

比率は
女脳50%男脳50%

あなたの脳は男性的と女性的の両方に片足ずつ踏み込んでいるようなものです。積極的に男っぽい、あるいは女っぽい考え方をせず、融通がきくので、問題の解決のときにとても役立つようです。こういう人は異性、同性を問わず友達ができます

ちなみに

男脳%が高い人:
論理的、分析に優れ、言葉に厳密、几帳面、感情に惑わされない

女脳%が高い人:
創造性、芸術性が豊か、音楽、直感や感覚の判断力に優れている


 本書の方では、点数が低いほど、胎児期にテストステロンを多く浴びたと思われると書いていて、女性の場合はレズビアン傾向になる可能性が高いと書いています。逆に男性で180点を超えるとゲイの可能性が高いとのことです。
 このテスト、シンガポールに行くときに友人Aにもさせると、95点でした。私の友人ではYK以外はみんな男っぽい脳だと思います。しかし私を含めて、同性に興味がある人はいません。みんな異性好きのようですが、友人が私と同じ誕生日の男性とつきあったときに、同じ誕生日なのに私とは違うと言うのを言っていたことがあり、男っぽい友人関係の中に、恋愛するでもない形でおさまっているのかもしれません。私は、高校生の時から、バレンタインデーでチョコを男女両方から貰っていたこともあり、男性的に扱われるのを嬉しかったりするところがあるので、そういうところが男の脳で現れているのかもしれません。

 現代が進化の過程の途中であるというのは、いつも思っていることです。男性だけが稼ぎを持って帰らなくてもいい時代がここ100年続いていますので、男性も女性も変わってきています。世界的に男性女性で分けずに、差別を無くそうとして動いていますから、日本だけではないのは承知の事実。その中で、この本ではそれにより、心と体が変わっていくことを検証していっています。結果的には体に及ぼすことなので、男脳・女脳にあった生き方を求めているので、進化の過程であることを認識している割には話が食い違ってきますが、時代の警鐘といった意味で面白く感じました。

 はじめて知ったのは、男性が一つのことしかできないということです。何人かから同時に話しかけられてその内容を全部把握出来ないと言うことです。質問にもありましたが、テレビをつけながら料理をし電話がかかってきたら話も当然出来ます。それは当たり前のことと思っていました。今後は反省して男脳の人にあんまり話をたくさんしない方がいいし、黙っていても嫌われているとは思わないようにするので、男性の方にもこの本を読んで貰って、女脳の人が話を聞いて貰いたいときには、アドバイスのつもりで悪いところをあげないで、話を聞くだけの時も必要と分かって欲しいです。って、自分も同じように聞くだけに徹し出来ず、ついついアドバイスをしてしまうので、女脳の友人には気をつけなければ・・・。
 また、男性は触ってもあんまり感じないんですよね。女性がエステで癒されるのは、触られていることが体にいいことなのですね。実験結果でもかまってもらうか、かまってもらわないかで、知能の差が出てくるそうです。あんまり感じない男性は、感じないからあまり触れることがないのかもしれないけれど、触れること触れられることが自分に役立つのでふれあいを大事にするように!
 遺伝的なことを言うと、やはり生理前の時に○的欲望が強くなると言うのが、子孫を残すために女性には残っていて、その間に男性の顔や体ではなく、性格をちゃんと見ているということらしいのです。月経終了後、21~28日の間、ホルモンの減少のために起こる月経前症候群のおかげで、いろんな症状が起こるのは、私も体験をよくするので昔から知っているのですが、女性による犯罪が殆どその時期に起きているというのは知りませんでした。ある調査で、女性に受刑者の半分がその時期に犯罪を起こしていたというのもあったそうです。だから、女性が犯罪を起こしたときにその時期だったなら、量刑を考慮する国もあるそうです。事故を起こす確率も、普通の時期に比べて4,5倍あるとのこと。40代50代になると閉経して更年期を迎える、ということは極端に女性ホルモンが減ることがずっと続くと言うことだから、上記のことを考えると悲しくなりますね。
 男女の○衝動の経年変化に思い当たることがありました。男性の○欲のピークは、18才19才。女性の場合はなんと30代後半なんですね。それで思いだしたのが、昔やんちゃをしていた会社の人が昔の話をしてくれてた中で、高校生の時に学校が終わったら、毎日30代後半の主婦が車で校門の前で待っていて、彼の友人でお金持ちの子が近くにマンションを借りて、その友人達は曜日担当で彼女と逢瀬をそこで楽しんだという話。聞いたときには衝撃的だったのですが、この人とお友達になって、もっと面白い過去を知りたいと思いました(笑)。この本の年齢に合致するように○衝動が同じレベルの異性が合っていると言うことですよね。30代後半の女性の相手である30代後半から40代の男性はピークからがた落ちの状態なので、主婦の浮気が多くなっても仕方がないかもしれません。(T_T)奥さん大事にして上げて下さいね。
 で、面白いのが20代女性と40代男性のレベルが同じぐらいな為に、そっちはそっちで浮気をしてるって事もあり得るんですね。で、最後はちゃんと年をとると同じようにおさまってくるので、30代後半から40代の夫妻は離婚して若い人に走らずに、そんな修羅場を切り抜け共に年をとっていけば良い関係になると言うことですから、火遊びで離婚はしないように!
 でね、やはり週3回○ックスすることが、体の免疫力を高めたり、テストステロンの分泌を高め、善玉コレステロールを増やし、骨や筋肉が丈夫になり、腫瘍の成長を抑えたり、心臓を守り、寿命を延ばしてくれるのですね。
 きっと○的な事が載った雑誌にはたくさん利点が載っているのかもしれないけれど、女性がそれを見ることがないので、はじめて聞くのだけれど、何かそれを読んで、結婚して、誰かとお供に寄り添って眠るってのは必要なんだなぁと、結婚しても通い婚でいいわと思っていたけれど、脳天直撃で、結婚か若しくは同棲した方がいいし、○ックスもしないといけないなぁと思ってしまいました。なんか、来年から私は仕事運も恋愛運もいい年なので、GETするぞぉと改めて思った次第です。 

|

« シンガポールに行ってきました!その3 ~買い物編 | Main | 最近の状況 »

「サイエンス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

「書籍」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/12790290

Listed below are links to weblogs that reference 話を聞かない男、地図が読めない女 :

» デザイナーズマンション [デザイナーズマンション]
また遊びに来ます★ [Read More]

Tracked on November 23, 2006 at 07:24 PM

» 『より良いものをより安く』全国に広がる消費者サークル [◇生活互助会◇会員登録無料]
生活互助会は、協力企業様や全国の経営者様のご協力により運営されております。只今無料登録キャンペーン実施中♪ [Read More]

Tracked on November 25, 2006 at 07:10 PM

« シンガポールに行ってきました!その3 ~買い物編 | Main | 最近の状況 »