« ぱーちぃに行って参りました・・・ 恋愛体質になる薬ってないのでしょうか? | Main | お花を習っています・・・ »

January 14, 2007

人体の不思議展

 明日まで神戸・サンボーホールで行われている人体の不思議展に友人T1と行ってきました。地下鉄に設置しているチラシのラックに割引券付きのチラシが大量に置かれていたので、もしかすると人が少ないのかと思い、友人を誘って見に行ってきたのですが、めちゃくちゃ人が多かったです。明日までなので仕方がないですが・・・。

 この展示会はTVのCMでもしているので、多くの人が知っている。また、えげつない物のように思われがちなので、「見に行ってきた」って誰かに言うと、あんなものが見られるのか!と人の印象が変わるような、そんな気がする。

 行った感想は、気持ち悪くなかった。若い子は本物と思っていないような発言があったりするので、姿を見たら、本物がこんな風に展示されるのはおかしいという印象を持つのかもしれない。
 神戸会場だけなのかもしれないが、この展示に関する説明が殆ど無いと感じた。
 献体してくれた人のことや、この展示の意義や、展示物の内容に関して詳しいことは書いておらず、エポキシで処理された新しい保存方法程度だけなのが、美術館とは違う医療関係の展示だと思わせた。
 知識のない物にはちょっと分かりにくい。医学や薬学などを専攻している学生さんにはとてもいい材料のような気がするが、一般人や私のようなぼんくらにはあまり分からない展示だ。じゃなく、知らなすぎるのかもしれないが、病気との比較なんてとても面白い一般人でも為になるのに、なんか分かりにくかった。
 いいなと思ったのは、このような展示に小学校低学年の子供を連れてくるのはショックが大きいのではと最初思ったが、病気の展示の所などで、親が子供達に、脳溢血など血管が詰まって死んでしまうのは、野菜を食べていないからとか、脳萎縮なども覚醒剤やシンナーを吸っているからこんなに脳が小さくなってと説明しているのは、教育にいいところなのかもしれないと思い直した。
 やはり、ヘビースモーカーの人を連れていて、肺の黒さを見せて、この黒いのがあなたのそばにいつもいる人にまでさせているんだよと言うのは効果あるかもしれないと考えた。でも、子供の頃にこういうようなことを言っていないと、大人になってからではダメだよね。
 兎に角、肝臓の血管の量とか見ても、体の機能を低下させたら怖いよなとか、背骨の神経も当たり前のように下の方まで行っていて、首や背骨とか大事だよなぁとか、色々感じました。

 下に貼っている公式サイトに行くともっと詳しいことが書いています。
公式サイト
 プラストミック標本はプラスティネーションと一般に言われているようです。検索した物を読んでみると、献体というのは、後世の医学技術向上のために医療関係者がしている物だと思っていたのですが、中国政府からの犯罪者の死体を提供して貰っているとの記事で、人身売買かよぉとびっくりしました。調べていくと、詳しい事情をまとめているを見つけました。なんか、養老先生まで出てくるややこしいことになっているんですね。
 ドイツの博士がプラスティネーションというのを開発して、人体の不思議展を開催しており、その工房が中国で作られていたのを技術が流出し、日本の展示になっているのか、なんってことを色々書いていますが、ややこしいので本当かどうかの真偽は別にして、本当に書かれているように死体が盗まれたり、中国政府が犯罪者の死体を売っているようなら、倫理的な問題があります。養老先生は関わっておられた時は、開発したドイツ人博士から借りて開催されていたようなので、現在の展示とは異なるようです。
 展示を見ていて違和感があったのが、医学的な説明が少ないのと、標本のポーズです。見せ物興行としてだったら、思いっきり理解出来ると思います。

 なんというか、死蝋化する物だとばっかり思っていました。浅野出演の映画見たのにね。やっぱり解剖学ってどんなんなのか分かっていない。死蝋化して有名なパレルモのロザリア・ロンバルドの美しい死体のように、死蝋化するってのは美しくこんなことが出来るもんなんだと勝手に思っていました。
 この展示を見て知らないことが多すぎるのだなぁと感じ入った次第です。

|

« ぱーちぃに行って参りました・・・ 恋愛体質になる薬ってないのでしょうか? | Main | お花を習っています・・・ »

「サイエンス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
ご存知だと思いますが、15年くらい前に初めてプラスティネーションの展示会があったと記憶しているのですが、当時は布施某の死体写真集とかが話題になっており、基本的に科学的なものながら文系なニュアンスもつけられてて、そういった釈明付きの見せ物興行な印象でした。そういえば輪切りの馬もあったような。いつもながら海音さんは1、2歩踏み込んだ感想を述べていて参考になります。

Posted by: 角連 | January 17, 2007 at 10:07 PM

★角連様
 またまたそんなお世辞を言っちゃって下さって、バカなので本気で受け取り御礼申し上げます。

 人体の輪切りが今回ありましたが、どのように詰まっているのか理解出来てとても参考になったのです。見せ物興行になっても仕方がないでしょうが、宇宙と体はいつまでも神秘的で、あまりけがしたくないですね。

Posted by: 海音 | January 17, 2007 at 11:19 PM

「人体の不思議展」の情報です
中国人死刑囚を闇で売買して加工し皮をはいで見世物にして金儲けしています。
★献体同意書は盗用偽装だった
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-186.html
★カリフォルニア州で人体展禁止法案が可決されました★
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-181.html
★★日本語字幕のPart1,Part2がRedFoxサイトにあります★★
 http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-174.html
・「死体」の写真があります。ABCnewsのPart2の7分52秒のシーンで使われている「死刑囚」の写真のサイト 
 http://www.observechina.net/info/artshow.asp?ID=47822
   検索:唸声中国/死刑囚の遺体を人体標本に、  のなかの2番目URL
★「沖縄展」では「法律違反」の可能性があり全ての団体が「後援を辞退」しました。
http://www.com-net.city.naha.okinawa.jp/cgi-bin/welbbs_i/community.cgi?cmd=one;no=324;id=

Posted by: 人体 | February 11, 2009 at 04:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/13481988

Listed below are links to weblogs that reference 人体の不思議展:

» 子供ちゃれんじ−つむりんせんせいのこうひつパーク [子供ちゃれんじ]
幼児向けの教材を紹介しています。 [Read More]

Tracked on January 14, 2007 at 09:40 AM

« ぱーちぃに行って参りました・・・ 恋愛体質になる薬ってないのでしょうか? | Main | お花を習っています・・・ »