« January 2007 | Main | March 2007 »

February 28, 2007

今年観た映画の中で順位を付けてみよう

 いつも、年末の総決算でどんな映画でどう感じたのかを思い出すのが大変だから、無職でひまな今の時期だけ順位を付けてみようではないか。この2ヶ月で映画館で観た映画の本数は、16本でした。
 邦画・洋画と分けずにいいものを順番に並べてみると、

善き人のためのソナタ
ディパーテッド
世界最強のインディアン
それでもボクはやってない
バブルへGO ~タイムマシンはドラム式
不都合な真実
墨攻
あなたを忘れない
どろろ
リトル・ミス・サンシャイン
マリー・アントワネット

になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2007

善き人のためのソナタ -ラスト、魂が泣いていました。

 第二次世界大戦中とは違うとしても、冷戦時の共産主義国家でどんなことが行われていたか、今のロシアが見せてくれるように、内部構造はがたがたになっている中で監視下で置くことが強制力となっていたのでしょう。この映画では、残酷な方法で自白に追い込まれるような箇所がない分、恐怖を観客に与えることがありませんでした。それほど、私が東ドイツのことを知らないのでしょう。
 国家保安省に勤めるヴィースラー大尉は、勤勉で党の方針を守る人物。その彼が、何も感じない心の端をじわじわと溶かしていったシーンである、この映画のために作られた善き人のためのソナタが流れる中、知らない内に溢れだした涙や、二人を感じ取るために部屋に入り込んだ姿を短い時間で映しだしているのがより効果的に、映画の中から私に入り出した。このカップルこそが善き存在であったために、大尉が守りたい気持ちが生まれてくる動機も感じ取りやすい。心中の変化をあまり描かずに、しかし彼の気持ちが分かる。
 ラストの報われる瞬間。自分の中にまっさらな大尉がそこにいた。そして、主人公の気持ちが流れ込んできたのだ。
 不思議だ。社会性のある内容で、憤りを感じる環境の話であるのに、全くそのことは感じず、彼の漠然とした心が入ってくるだけだったのだ。東ドイツでの監視体制は今でもトラウマに感じている人が多いだろうが、そのことに関しては何とも思いが行かなかった。

公式サイト
善き人のためのソナタ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

やっぱり不思議だ

アクセス解析を見たら、海外からやっぱり毎日検索で来ていたりする。中国だったりスペインだったり、今日はカリフォルニアだった。なんでこのブログに!それもその国の言葉での検索やん????わからん。ここってそんなにアクセス無いのに、もう200越えてないんだけどなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うぅどうしたらいいのか分からん!

 先日面接に行ったところから、2次面接の連絡があり、今日行ってきました。
 そこは、私が社会人になったときにしていた職種の会社で、今ではかなりのブランクがあるから、こちらの募集の未経験でも可ということで受けに行っていた。この職種は正社員で募集は少ないところだから、面接時もたくさんの方が来られていたし、男性が多い職業だから、私の前後も男性が来ていたので、年齢も高いし、経験があるといっても、記憶は残ってないと言っているし、機械も触ったことがないものになるので、かなりのリスクがあったのだけれど、ここでも書いたがなんとなく受かるかもしれないと漠然と感じてその時は帰った。
 今日の話は、とりあえず、男性1名は雇うことに決め、私もどんなものか山のものも海のものも分からないのだけれど、人柄が気に入ったので雇いたいと言われた。こんなえー年なのに、有り難い話である。これで私の希望通りなら、そこでOKの返事をして来週からでも初出勤となるのだが、今日提示されたのは、試用期間は18万、その後20万で、ボーナスは4ヶ月ということだった。来年4月になったら、5千円UPしますという話を言ってくれたのだが、私としては事務職でも21万以上を探しているために、返事は待って欲しいと言って帰りました。
 仕事は、お金だけじゃない。それは分かっているんだけれど・・・。この仕事は物理を使ってする仕事なので面白い仕事なんだし、機種が違っても機械はすぐに出来るだろうという自信はある。社長も感じいい方だし、2010年まで仕事を確保出来ているそうなので、その為の増員と言うことで、悪くない話だと思う。私の好きなマイペースに仕事が出来るんだから、一番いい仕事かもしれない。
 私は何をしたいんだろう。そりゃもちろん、今持っている技術は、ここ数年やってきたことの事務所を立ち上げたら、一番ベストの形なのだ。経理も試算表まで自分で出来るし、営業も広告もその為のチラシもHPも自分で出来る。材料も人材も今までの人脈で使っていける。ここまでは、夢物語じゃなく本当にやりたいと思って頑張れば、資金を工面して立ち上げることは出来るだろう。でも、この業界の現在の状態を知っている。お金を稼げない。ブラック企業のようなやり方か、有名なコンテストに出るとか、どっかの大きな会社のコネから下請けで取ってくるかしないとやっていけないだろう。誰か事務所を興したい人がいたら、その人のサポート役としてするのが一番いい形だろう。現に前にいた会社の人が会社を辞めて、一緒にやってみないかとか言っていた人がいた。
 脳内のを色々思いつくまま書いてみたが、やっぱり何がしたいのか結論が出ない。
 今日行ったところから、夕方に来年四月5千円ではなく、1万円を上げて、21万にしようと思うからと、電話がかかってきた。えらく気に入って頂いたんだなぁと感謝するのだが、なぜ!?というのも考える。
 なんかいつも考えるのが、今でもその時におられた社員全員に年賀状を送っている時の会社を辞めずにいたら、お給料はいくらぐらいになっていただろうかと。たった、6名しかいなかったのに、辞める際に会社や社長から餞別を頂きそのお金でタグホイヤーが買えたのだから、他の会社に就職するのに、給料上げるからと言ってくれたのに、自分がやりたい仕事のためにここを辞めたのに、そんなものが買えるぐらいのお金を貰った、本当に私にとってはいい会社だった。ここが給料の基準になっている。18で会社入ったときに貰った給料から、10年経ったら5万ぐらい上がっていても普通なのかな。私は、最初の会社をずっと続けていたら、20万は超えているよね。ヘタに500万近くまで貰ったりしているから、今のが割り切れないのかなぁ。
 でも、親が働かなくなったら、自分が全部見ないと行けないわけだし、ここを出て安いところで7万5千ぐらいの家賃の所に住んで、二人で食費6万円で雑費と水道光熱費払ったら、安くても18万はいるんだ。親の年金をあてにしたとしても、自分の携帯代やネット代、保険代とか結構かかるし、もし一人になったとしても、家賃は5万ぐらいが最低で、12万ぐらいは必要になる。こづかいや貯金なんか考えたら、とても20万の給料では税金等引かれたらきつすぎるよね。今は親と家計を半分にしているから、無職でもなんとか貯金の減りが少ないが、みんなどういう風に生活を考えているんだろうか?友人Mが苦しいといいながら、手取り14万ほどの給料で6万5千の家賃を払い、猫2匹を育てている。やはり、手取りが20万になるところに行けるまで頑張った方がいいのかなぁ。ヘタに今まで会社に受かってきたから、まだ先があると思ってこんなことを楽観的に考えているかもしれないが、本当に困ったものだなぁ。こんな流転の人生を送るような性格じゃないのになぁ。2回も会社倒産して辞めているし、なんかこの先も流転の人生なんだろうか。う~ん。
 定年後60才から5年間年金は貰うことが出来ない。私の時は70才になっているかもしれない。厚生年金も一体いくら貰えるのか。前にその頃の給料でぐらいでシミュレーションしたら、9万から12万だったので愕然とした。20万以下の給料だったら一体いくら貰えるのかと思うともっと恐ろしい。本当は自分で貯めた方がいいのかもしれない。厚生年金って15千円から20千円ぐらいでしょ。20才から働いて40年としたら、720万~960万は貯まっているはず。65才から貰えて、女性の平均の83才まで18年で割ると、月3万~4.4万になる。うーん、厚生年金を貰っている方がお得かぁ。とすると、65才から10万前後しかないとすると、年寄りだから医療費はかかるけれどごはんや遊びに行くことは少なくなると考えて、15万ぐらいあったらいいとしたら、18年間に足らないのは、1080万ということになる。まぁ最低だけれど。60才から65才までパートを捜して、10万ぐらいにしからないとかんがえたら、その五年分も5万不足と考えて、計1380万60才の時点で貯まっていたらいいことになる。病気や75才までの年1回の旅行や不意の出来事を考慮して、2000万円はやっぱりいるよね。私は残された就職出来る期間で○万を貯金しなければならない。う~ん。無職を続けているわけにはいかんなぁ。
 なんか、いつも先先考える性格なので、遣りすぎて勿体ないことをしていることが多いので、65才から18年も生きないで半分で死ぬかもしれないから、まぁ1千万貯めているぐらいでいいのかもしれない。私の念願の古書店をするには、その資金を残しておかないと行けないので、まだまだ貯めないと行けないけれど。
 こういう場合は、一人っ子の場合は親の遺産まで皮算用しているのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (4)

February 26, 2007

あなたを忘れない -一人一人の人生、とっても大事だと思わせる映画でした。

 友人T1に誘われ行って参りました。
 話を知っていても、本当に彼を知っているのか、彼がしたことを感じているのかと、思わされる映画でした。韓国人だったから、映画などここまで報道がされているとは思いますが、韓国人の人がどのような意識で日本に興味を持ち、日本で暮らしていたか、在日の方々とはまた違う視点で描かれていました。
 この作品がどの程度ノンフィクションなのかは分かりませんが、彼も同じように助けようとして死んだカメラマンの人も、ごく普通の人だったのだということと、ニュース映像で、字幕に出た死亡者3名だけではない、ものすごい大事な人生をそれぞれ生きていたことを思わせてくれた作品でした。
 もちろん、ラストが分かっていても涙が流れ、悲しい思いに呵まれました。
 この中で出てくる二つの国も、普通に生きていてもこんなに感じることがあることを思わせてくれました。日本嫌いの韓国の映像を描きながらも、韓国がアメリカと共にベトナムに入ったことでベトナム人に韓国人だけで嫌われたというシーン。戦争や侵略は今の時代でもどの国でも起こっていること、そのことを無しで話することは難しい。遠い未来の戦争を知らない世代しか生きていない時代から作り上げて貰わないといけないのかもしれませんが、なにか方向性は変えられるはず。
 この映画は、韓国との合作になっていますが、韓国ではどのような評価になっているのでしょう。きになります。
 イ・スヒョンさんを演じられた俳優さんが感じよかったですね。こんな男性なら、もてるだろうなぁとか思っていました。

26才の死は早すぎます。あの場所で私は、下におりられたでしょうか?とっさの判断で、駅員に電車を止めるように緊急ボタンを探せているでしょうか?彼の見せてくれた勇気に感謝したいです。

公式サイト
イ・スヒョンさんのサイト(ハングル)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

脳を育てよう

 今日、有名な東北大学教授川島隆太氏の講演会を聞いてきました。
流石に、講演会慣れしてらっしゃるから、話も分かりやすく、講演会にわざわざ来る人は元々関心があるからと、一歩レベルを上げた話をして下さったようです。
 面白かったのは、報道関係のうそについて。右脳左脳のテストなどがまかり通っているけれど、そんなものは嘘だとか、脳にいいとされるサプリも、あり得ない量を与えたラット実験結果が公開されていたり、実験結果など何ものっていなかったりするという話で、分かっているようで分かっていなかったんだなぁと思いました。
 面白かったのが、教授が京都の研究室での実験で、ゲームをしていると、脳をいっぱい使っていることが研究結果で出ました。研究室で任天堂に売り込もうとか言う話になったときに、それにあわせて、単純計算では脳は活発に動かないと行ったデータを出したらということで、データを取ったら、単純計算の方がもっと脳を活発に使い込んでいると言うことが分かったそうです。
 今彼が出している音読や単純計算を毎日していく方法が、脳を活発に使うと言うことで、アルツハイマーの人にも改善が見られるという話をしてくれました。

単純計算や音読を毎日する。
コミュニケーション力を高める。
手で行うことをする。料理でも楽器演奏でも何でも。

やはり、目で追っているよりも、声を出している方が頭を使い、メールよりも手書きの葉書を書いたりする方が脳を使っているようです。
 脳の前頭葉以外は人間以外の動物には備わっているけれど、前頭葉が大きいのは人間だけだそうで、創造力等の新しいものを生み出したり、短期記憶はここが司っているようです。聞き間違っていたらごめん。
 脳の成長は、3才ぐらいで前頭葉以外のものは大人と同じように成長してしまっているのを、前頭葉だけが徐々に成長する。だから、成長期に当たる小学校高学年から中学生の頃は大事かもしれません。
コンピュータは脳の前頭葉の働きと似ているので、この時期にコンピュータを使ってしまうと、前頭葉が育てられないと言っておられました。

 あと、面白かったのが、料理評論家の奥村氏と対談で、ジャイナ教と戒律が厳しいところが、食べるものの制限が一番厳しくて、そこを調査したところ、学力が低く、寿命が短いという報告があったそうです。何でも食べないと行けないんですね。
 神戸にジャイナ教の教会があるので名前は知っていたのですが、戒律がそんなに厳しいとは知りませんでした。興味があったら、私のHPのここを見て下さい。
 有意義な講演会で、新たな気持ちで脳を育てようと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 25, 2007

歴代ロボットのアニメソング 

オープニングの映像をスピードネーターさんが紹介しています。
 やばい、全部歌えるやん!


うぅ、嘘つきました。ブロッカー軍団マシーンブラスター、マグネロボガキーンって知らん・・・。
ギンガイザーもメカンダーロボも知らんから歌えん。新しくなると、やっぱりしらんやん・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 23, 2007

知るを楽しむ 人生の生き方 池田理代子

韓国女性の半数は、一度整形したことがあるというニュースを見た。
 確かに、女の顔やスタイルで評価を出す人口の半分弱の人達がいる限り、最善を尽くす人達には大きな問題である。古今東西、顔に興味がない男性に出会ったことがない。それに尚かつ、女性らしい可愛らしさまで求めるのだから、自分が意外と好きだったことを知った劇団ひとりさんがさんちゃんへのおみやげで中国のイラストレーターでめちゃくちゃ可愛い女の子を描く人の画集を持ってきたときには、なんか腹が立った。私は関係ないのに。
 何でこっから話を始めるかというと。
 知るを楽しむの今月は私の尊敬する池田理代子さんの人生だ。彼女は子供の頃から、母親に「おまえは不細工だから」と言われてきていたという。この番組の冊子で読んでそれを知ったのだ。えーそんなことないのにと私も思ったのだが、少しだけ録画していた映像を見ると、確かに彼女の顔は美人顔とは言えない。しかし、なんだろう。ベルサイユのばらの連載後の頃の冊子を見ても、ファンの人のメッセージは「美しい」という形容詞が付けられている。
 そっか、美しくしているんだ。
 親の教育もよかったのかもしれない。「不細工だから・・・」という教育を子供の頃からされていたために、もっと他に自分を輝かせるものを求めるようになったのだ。私みたいに、不細工なのに、おばばさまに「おまえは可愛い顔している」と、親の欲目でねじれた自分感を持ってしまうよりは、めちゃくちゃいいことなのかもしれない。だから、あれほど、意識せずにも美しい人として生きておられるのだろう。
 もともと、「ベルサイユのばら」も「オルフェウスの窓」のフアンでもあったのだが、彼女が生き方を変えられたときに、私は衝撃を受けた。同じ射手座の女性だから、容易に理解は出来るけれど、ある程度の地位を持っていて、尚かつ40代後半で10代の女性達と机を供にするというのは、考えられない世界だったからだ。私はどうやら、「年甲斐もなく」という言葉を気にするタイプのようだ。
孔子の「吾、15にして学に志し、30にして立ち、40にして惑わず、50にして天命を知る。60にして耳順(耳にしたがう)、70にして心の欲するところに従って矩(のり)をこえず」というのを子供の頃には孔子の言葉を知っているわけではないけれど、これと同じイメージを持っていて、自分の中で戒める心が強かった。子供の頃にこんなに大好きな漫画を大人になったら読めなくなるし、読んでいたら社会的には認められないだろうから、何とか読んでも構わない職業に就く→漫画家を目指すっていうのがあったぐらいなのだ。今のように、20代の女性が電車の中で単行本を読んでいたり、50代の男性が電車の中で雑誌を読んでいる光景がこの年に見られるとは思っていなかった。
 私のこの考えが、いいか悪いかと言うことを考えたことはないが、どでかい手の届かない夢を見がちな私にとっては大事な戒めであった。だから、人が50代で何か始めようとしても、80代で転職しようとしても、私に関しては関係ないので、ほうほう大したものだと思うぐらいで、年齢の偏見はどうしてもあるから、80代の医師や弁護士に仕事は頼みたくないかなとか思っていたりするぐらいだった。
 しかし、尊敬している池田理代子さんの行動だけは違っていた。逆に、本当に人生を大切に思っているのだろうか、自分のことを最初から諦めすぎているのではないだろうかと、考えさせられるのだ。
 この番組の冊子で書かれて対談で、40代に入った頃に更年期障害に襲われて、10年以上の長い間、薬を止めることが出来ない体になっておられたそうだ。その体を抱えながら、大学に行こうと考え、その為に受験勉強をし、アシスタントさんの生活も考えて、今の自分を作り上げて生きておられる。
 本当に凄いなぁと思ったし、自分の先を歩く道標の人なのを再確認した。
 平均寿命の折り返しにきた頃に、私の夢はなんだろうと、紙に書き出したそうな。本当になりたかったものは何?夢が叶ったり、年齢的に無理だろ思うものを除外していったら、音楽家の道が残っていたそうだ。
 私は何?
 荒唐無稽に子供の頃から、ただ口だけの夢は、考古学者であったり、警察官であったり、鑑識員であったり、漫画家であったり、小説家であったり、声優であったり、俳優であったり、弁護士であったり、検察官であったり、喫茶店の店主であったり、建築士事務所の所長であったり、古書店の店主であったりするのだが、どれ一つ本当になりたいと思っていないのだ。なんて夢のない。なったからと行って、なんになるという。悲しいほど、想像つかない世界になっているのだ。
 悲しい、あまりにも悲しすぎる。夢を置き去りにしたまま、別に大した吸引力を持たしていないのだ。
 今の生活、小さな幸せを実現させるだけしか、人生を使っていない。
 では、私に何があるんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

February 22, 2007

男の人の前で歌ってはいけない歌

 思いだしたのだが、大塚愛「黒毛和牛上塩タン焼680円」って、ベッ○インの歌だよね。歌いながら、そうかって思うこといっぱいあった。オフコースの「I Love you」も、結婚するって話なのかもしれないけれど、「9月になれば」なんやねん!って突っ込みたくなった。兎に角、大塚愛のこの歌は、男性とカラオケに行ったときには気をつけた方がいいかもしれない。
 結構歌いにくい歌はある。昔、2対2でカラオケに行ったときに、そこでも、9時間ぐらいからオケしていたのだが、一緒に行った女友達がはじけて、絶対よく知る人との時しか歌わないと言っていた筋肉少女帯「ボヨヨンロック」を歌ってくれたので、そのお礼の意味を込めて、普段男の前では歌ってはならない「ボディスペシャルⅡ」を歌ってしまいました。うぅぅ。その時は、妻帯者とは知らずに恋をしていたのが、妻帯者と知って大分諦めかけていた人と一緒だったのだから、私まではじけ飛んでしまって、その件の彼も「キンタの大冒険」を歌ってくれました。その時は、凄い時間歌っていたから、ハイになっていて、もう一人の男の子も、「青のり」を歌ってくれました。そんな時でも歌えなかったのが・・・。
 昔、社会に出たばかりの頃、先輩の男性がサザンのファンで、サザンの放送禁止になったレコードを貸してくれました。それが、「ごめんね、チャーリー」で、今では放送禁止が解除されています。親しい女友達の前で1度は歌ったことがあるとは思いますが、流石に人前では歌えない曲です。サザンの歌は、結構エロ系が多いから、男性がいるところで、ぶりっこするつもりはないけれど、歌えません!
 あと、歌えないのが、尾崎豊の「I LOVE YOU」かな。大したこと無いけれど、意味深に聞こえるよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日は二人でカラオケ8時間

 昨日から、面接失敗していると思う。馬鹿な私。でもって、両方とも受かるような気がするのだから、本当にあきれ果てた大馬鹿者である。明日の面接は馬鹿なことをしないようにしたいものだ。
 面接のあと、久しぶりに友人Mと会う。久しぶりにカラオケに行くことになった。で、フリータイムが7時まであったのでついついそれまで、まだ歌いたいものがあったので、1時間延長し、二人で8時間カラオケを歌いまくる。
 まぁ、歌う歌を見つけていくのが大変だと思ったので、最初に思いついたサザンの「PARADISE」を歌ってから、歌手名を前に見ていって、歌える分で一人1曲を歌っていったら、8時間でASKAの「はじまりはいつも雨」までたどり着いた。時代が違っても昔の歌って長く色んな所で聞けたりするので、歌えるのだが、最近の歌って聞いているようで、露出が大して無いから、サビの部分しか覚えていない。ケミストリーもケツメイシも小松未歩もガーネットクロウも歌うのを諦め、EVERY LITTLE THINGSとかZARDとか途中助けて貰うことに、X JAPANとかは見捨てられてしまいました。何を歌ったか思い出せるかな脳内サプリだ!ちゃんと歌えたのは(怪しいけれど)桜田淳子「サンタモニカの風」堺正章「さらば恋人」斉藤由貴「悲しみよさようなら」西城秀樹「情熱の嵐」小柳ルミ子「お久しぶりね」米米クラブ「君がいるだけで」小林麻美「雨音はショパンの香り」郷ひろみ「GOLD FIGGER'99」倖田來未「夢のうた」久保田利伸「一途な夜、無傷な朝」久保田早紀「異邦人」KinKi Kids「フラワー」来生たかお「夢の途中」河島英吾「酒と泪と男と女」嘉門達夫「替え歌メドレー2」オフコース「I LOVE YOU」小田和正「ラブストーリーは突然に」尾崎豊「I LOVE YOU」大江千里「格好悪いふられ方」ウルフルズ「バンザイ」宇多田ヒカル「FIRST LOVE」上田正樹「悲しい色やね」岩崎宏美「ロマンス」安藤優子「サリー」安全地帯「熱視線」アリス「夢去りし街角」アルフィー「星空のディスタンス」
 だめだ。今日歌った歌なのに、これだけしか思い出せない。あぁ~、お脳がだめだぁ。
 歌っているとき思ったことは、堺正章の歌好き!もう一つ「街の灯り」も好きだ。熱視線も夢去りし街角も低音で声が苦しかった。今の曲って、本当にサビしか歌えない(泣)

 ハケンの品格は、よくできた脚本ですね。この先、派遣との融合の話に持っていくのだろうけれど、加藤あいの森ちゃんも里中主任も部長もみんな会社にいるような人達だもんなぁ。主任の気持ちは分かるよ。でも、そー言うわけには行かない世の中になっている。まぁ、彼を助ける話に進んできて、理想の社員と派遣社員の世界になっていくんだろうなぁ。里中主任を他に追いやるようでは、このはなし前向きじゃないなくなるもんね。


*************** 2/22 23:13pm ***************

 風呂に入っていたら、歌を思いだした。
ゴダイゴ「銀河鉄道999」華原朋美「I'm proud.」大塚愛「黒毛和牛なんたらかんたら680円」だめだ。こんだけかぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

February 21, 2007

ブラック企業の見分け方 そうじゃない会社の見分け方

 友人Aが新聞に載っていた求人を教えてくれた。早速、HPを見るが、あまりに多くの職種の募集があるために、検索すると、どうやら、ブラック企業の一つである。

 ブラック企業のランキングと言うのを見つけたのだが、有名どころばかりなので、さもありなん。無職.comと言うのがあるのだね。そう言うところは情報が多いだろうなぁ。有り難いことに、ブラック企業の見分け方というのがあったので、興味があれば参考にして頂きたい。ダメ会社高速チェックなんてものもありました。

 この間まで行っていた会社で、嫌な思いをさせられた相手は、神戸でも有名なブラック企業で働いていたことがある。社長にボーナスで500万以上の車を貰ったことがあるが恐ろしいのでお返ししたとか言っていた。まぁ、私の仕事関係は、政治ともセットで悪いことをする人が多い職種であるから、あまり、そんなことで驚くようなことはなくなった。それよか、この業界にいるなら、それぐらいはあることを知っておかないと、自分が潰されてしまうときもあるだろう。昔、住専渦中の頃に、関係者の方に、お茶屋さんに連れて行って貰ったことがあるが、後にも先にもそう言う人達と芸者遊びをすることは、女の私では無いだろうなぁ~。ここには書かなかったが、先日の会社にいた期間中、彼がたくさんの嘘を当たり前のように言っていたのを聞いていた。彼は元々は悪い人ではないのかもしれない。しかし、環境が作り出し、生きていくために進化していった結果がこうなったのだろう。有り難いことに、私はここまで行っていない。社会に出たときに、営業の人の嘘つきぶりを見てから、ずっと、最初から営業の人を信用しないように出来ている。最初からよい会社で営業している人は、自分の信じる道で生きていけたと思うし、環境もそうだろうが、中小企業ではそうはいかない。件の彼も、前社での営業成績はトップだったと言わしめるぐらい、自分を作り替えてきているのは分かっている。彼を責めても仕方がない。こんな人はいるのだ実際。しかし、彼の今いる会社は、社長以下人間的にいい方ばかりだった。彼だけ浮いていたのは、入社日からよく分かっていた。彼がそこで悪い膿を出して、いつかは本当の自分に戻ることが出来るかもしれない。嘘の恩恵を頼りにしている内は無理だけれど・・・。
 私は、嘘をつくことを避けてきた。自分の仕事に関して、関係者がミスを犯しても、自分の失態なのは当たり前だ。それで謝ることが、マイナスではなく、今後の仕事の検討の余地に含むような上司が最良だと思ったりする。最近は、怒る上司も減ってしまったので、社会の幻想となりつつ、上司像を私は勝手に描いているのかもしれない。

理想の会社って、こんな会社無いよな。と思うけれど、もし自分が会社起こすならまで考えて見たときに。

定時で帰ることが出来る。残業時間も10時間以内で、残業代が出る。
仕事の分配や作業量が本人の能力と合致するかの人事が必要で、能力的に上がった場合には給料面で上がり、墜ちてきた場合にも下がるといった処置がある。
仕事内容によっては、拘束が多くなるので、その雑務等を取り除いて、定時で帰られるようにする。
社員が原価計算が出来る、その為の動きが出来る。
社内のルールがある程度決まっている。
会社の方向性や、未来を社員全員が考えることが出来る。
仕事の時間中に、仕事の勉強会がある。会議があり、会社の動向が分かるようにしている。
仕事の終了後に、自由参加の社会的な勉強会がある。
会社や上司が社員に嘘をつかせない。

って、きっと、大きな企業に行っている人は当たり前のことやんと思うだろうが、少額の利益が左右する中小企業では、そんな会社無いのだ。

出来たら避けたいのは、
家族経営。1代目がワンマンすぎるとかだと、他の能力ある人を採らず、自分のレベル以下の人を採用するので、会社自体のレベルが上がらない可能性がある。2代目以降、順調になっているところしか見ていないので、未来がない社長がいる。自分の家族を中心に考えるので、社員の未来がない。
コロコロ辞める人が出てくる会社。3年以内で辞めた人が、10人いたら、その会社は入社しても辞めないと行けない。長く勤めている人の後任という場合に、年齢的に退社されるとかを確認してから、入社した方がいいだろう。人を増やすというのは、どうして忙しくなっているのかを聞いた方がいいと思う。大した理由がなければ、コロコロ辞める会社の補充要員で雇われただけと思われる。職安などで長い間募集をしている会社は、本当にいい人を捜したいので、ずっとしているのか、すぐに辞めてしまったり、面接だけで断られたりするからだろう。新聞でひょこっと出てくる知らない会社の方が、まともな会社が多いと思う。無料雑誌やネット求人は論外だ。

 私は、土日休みで、定時は6時までで、今までの職種だと25万以上、それ以外だと21万以上貰えるところを探している。この間まで、6つも採用があったが、面接時の印象や、入社してからの印象で断っている。就職出来ても、なかなかいいところはないのだ。難しいなぁ。

 って、こんなことを書いているようじゃ。なかなか就職が出来ないってことだろうね。昔は、1発で就職が決まっていたので、そのまま疑いもなく、入社したが、年をとると余計なことを考えてしまうので、ダメだなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 20, 2007

神戸の美味しい店その12

 最近これを書く時間が無くって、大分写真が貯まっているのですが、とりあえず、最近食べに行った美味しいところから紹介しておきます。

 先日友人YHと行った洋食朝日。
Photo_6 雨の中でも遠方からの客が多いこの店は、本当でもよく紹介されている。私達は始めていくことに。場所は宇治川の商店街からモダン寺方向に抜けた通りにある。この写真のランチは、定番ランチ。あとで、この店に行ったと他の友人達に言ったら、皆口を揃えて、「オムライス美味しかったやろ」だった。しまった!オムライスが有名な店だったのか・・・。ご飯はいまいちだったが、お料理は美味しかったよ!


 その後、アニメくらぶで私のキャラを動かした映像を撮ったあとに、友人HKと
Img_0002Photo_7 はた珈琲店に行ってきました。私が飲んだのは、私の好きなマンデリンとキリマンをブレンドしたハイカラというもの。美味しかったよ。

 その後、年に4回食事をしているメンバーと待ち合わせ。ちゃんと、グループ名まであるのだ。ここでは、Rとしておこう。昔は8名ぐらいいたが、今は4名が主流に。もう、10年以上食べに出かけている。ここでは、私が一番年下だ。職業もバラバラなので、仕事の話を聞くのは楽しい。今回は、中学校で働くMNと児童館で働くEYと事務をしているOMと、元町駅からすぐの高架下にあるオステリアガウダンテに出かけた。
Gaudente001Gaudente002Gaudente003Gaudente004

 写真のコースで3675円。その値段では食べられないと思うぐらいに美味しかったよ。お店の雰囲気は、高架下なのに、電車の音が聞こえてこないので、以前中納言があった場所なので、その当時から防音がちゃんとされていたのかもしれません。ここは、チーズやいくらなど、ちょっと味が濃くなるものが多かったのだが、私好みで美味しい。ランチも千円を切ったものからあるので、手軽に行けるからおすすめだ。たまたま誕生日の方がおられて、イタリア人シェフ自らケーキを持ってお祝いに席までやってきていた。客を意識しているシェフに店の頑張りを感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 19, 2007

腐女子考察

 今日のメルマガニュースで、腐女子を扱ったものがあった。その中で知ったのだが、腐女子を彼女に持つ男性のブログが人気で書籍化され、売上を伸ばしているらしい。 最近では、腐女子の聖地をTVで取り上げられていたりする。腐女子の名前が一般に浸透し、ATOKの変換が出来る日も来るであろう。もしかすると、私のはatok17なので、もうされているかも・・・。
 もう大分昔、10年近い前にあるけれど、友人Oと男性の同性愛に興味を持つ女性達について語り合ったことがある。と言っても、Oはその女性達の心意をくみ取れないので質問してきたわけだが、その当時私は、彼女らがその漫画の中の主人公を自分の代替品だとしていると思っていた。
 どういうことかというと、こちらが偏見ありきで申し訳ないのだが・・・。当時、神戸のBLなど置いている書店で、髪が長く眼鏡をかけた太った女性をよく見かけた。私はその時も現在もBLに興味はないので、そこで買うことが無いのだが、来る客は見ることが出来る。同一人物かと思うぐらいに似た姿の女性達に出会うので、私は友人Oに語った話は、普通の少女マンガの主人公に重ねられなくなった人達が、自分を空想の世界に入れるために、性別を変えたら、安易にその主人公達になれるからということで、この漫画の世界が発展してきたのではないかと語った。どういうことかというと、自分が少女マンガの主人公のように可愛いかったりすると、主人公のように、素敵な男性に愛され、心も体も癒された夢が見られるのだが、現実ではそうはいかない。ある程度の人はそのようになろうと努力してそちらの方に目が向いていたり、少女マンガの夢の世界には気にかけず、自分の幸せを見つけていく、社会に出て行く女性になったりするのだけれど、少女マンガの世界も現実も逃避する人達がいるのではないかと思ってしまったのだ。自分の姿を少女マンガの主人公に見立てることは出来ないけれど、BLの世界になら、自分が男性に変わった場合には、可愛い男の子になって、素敵な男性に気持ちよく可愛がって貰うことが出来るのではないだろうか。もちろん、女性漫画に少ないエロスがその当時からBLに多く存在していたので、男性同様ポルノ的なものを求めることにも繋がっていたんだと思っている。これは、現在もそうだと思っているのだ。
 私は全く読まないと言うことはない。有名な「大奥」のよしながふみは好きだ。彼女の「それを言ったらおしまいよ」は可愛くて好きである。だから、自分が腐女子でないという観点からの書き方であまりいい風に捕らえないかもしれないけれど、作品的もエロスばかりだけではなく、面白い読み応えのあるものも多いと思う。
 で、今なのだが、昨年、「腐女子化する世界」を購入した。この新書を買うぐらいおたくよりも腐女子に興味がある。しかし、読むものがいっぱいで、未だに手を付けていないのでどのようなものが実体であるのかまだ分かっていない。10年前友人Oに語ったことも、まわりに腐女子がいたわけでもなく、実地研究してみたわけでもない単なる憶測でものを言っているだけなのであるから、本当に彼女たちはどうなのかはまだ何も知っていないのだ。
 で、最近の考察なのだが、これまた憶測でものを言い、嫌な思いをする人や反対意見があるのかもしれないのだけれど、腐女子って言うのは、性の開放が進んだこの世の中で抑圧された世界を歩いている人達の脳の開放の場ではないかと考える。繰り返し、自分が変化した姿で愛される姿を想像することで満たされてたことから一転し、それを覆い被さるような強いエネルギーですべての世界を自分の空想の世界に取り入れて発信していこうとしているのが現状なのではないかと思ってしまう。この意見も分かりにくいかもしれないので、もうちょっと具体的に書くと、今の世界は腐女子だけではなく、想像の世界ではないと満たされない世界になっているのではないかと言うことなのだ。そんなこと100も承知だと言われたら書いても仕方がないが、よく未来小説や映画で、脳だけの思考や空想の世界だけになった未来があるが、それに近いものを感じる。この世の中、いや日本限定かもしれないが、自分が幸福で癒される時というのが、実体験で味わえることが少なく、例えば藤原紀香と陣内の結婚式で幸せに感じたり、お笑いの番組を見て腹を抱えて笑ったり、ネットの中で酷いことを書いてすっきりしたり、それを見て炎上させて正義感を現実の自分とは違う人となって出してみたり、好きなアニメの世界に囲まれていることでその世界に入り込めたり、そんなことが現実の幸せよりも確かなことになってきていたりする時代なんだと思う。その一つの手段というか方向性が、腐女子の世界なのではないかと思ってしまうのだ。そんなことはなく、現実に幸せが多く存在していることを知っている人達でも、実は自分一人で他に邪魔されず、若しくは何か非難をされることもないそんなバーチャルな世界の幸福でも、何某らの渇望を癒しているのではないかと思うのだ。
 そんなことを思ったのだが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

池上遼一さんの漫画

 昨年、いとこのにーちゃんから、池上遼一・画の「傷追い人」「クライングフリーマン」「サンクチュアリ」を借りて帰った。池上遼一は絵柄は有名なので知っているが、一度も読んだことがない。
 昔好きだった漫画で、「VICE」(黒田かすみ)と言うのがあるのだが、その作者が、「傷追い人」にえらく影響を受けたというのを本の中で書いていたから、それを思いだしたので借りた。
 で、従兄弟の家に行く機会が出来たので、返却のために急いで読んだ。
 「傷追い人」・・・う~ん、結婚している従兄弟のにーちゃんから借りる作品ではなかったかもしれない。至る所にあ-いったシーンが描かれていた。うむむ。んでもって、なんじゃらほいと言うぐらいの荒唐無稽なストーリーに、男性諸氏のストレス解消にこういった世界は子供の心に戻れてよいのかもしれないなぁと納得していた。今現在も連載時でも、筋骨隆々の主人公が南米で金塊を得て、アメリカで大金持ちになっているという日本人が考えられない。身近にいないだけか。面白い。
 で、「サンクチュアリ」を次に読む。これは、前者の小池一夫作とは違う人の作品だ。
 げげ、似ている。池上遼一の描く男女は、無表情だが麗しい男女が多い。この作品の主人公が昨年働いていた会社のUさんに何となく似ている。そりゃ、Uさんを10%UPさせているのはいうまでもないが・・・。読んでいるとどんどん彼を思い出してしまう。会社辞めてから、ご飯食べに行こうと連絡をくれながら、結局は誘ってくれなかった酷いやつ。なんか、読んでいる内に、3人の子持ちのUさんはハンサムだったんだなぁと思った。私ってば、友人に綺麗な人が多いために、美女や美男がよく分からない。そのために、この漫画を読んで彼がハンサムだったと認識するのであった。別に好きだったわけでも何でもないのに、読んでいる間重なるから、無性に気になっていた。で、そういやぁ。「24」のジャック・バウアーにその時の会社の前の席に座っていたNさんが似ている。ジャック・バウアーを見ていると、別に好きでも何でもなかったのに、似ているから思いだしてしまう。彼も妻帯者だが、彼には大分気に入られていたので、上記のUさんよりは感情が入る。なんか、そう考えたら、前の会社の私と同じ階にいた人で、コンパするためにかっこいい人呼んでといわれたら、5人揃っていたやん。結婚している人が半分以上いるけど。そうか、昨年までの会社は、ハンサムな人が多かったのだなぁ。今頃思ってしまったのだ。営業の部署だからハンサムが多いのかもしれない。スーツもちゃんとしているし・・・。そーいやぁ、メーカーのおねーさんがたを全部喰っちゃったと自慢している人もいたなぁ。その人もハンサムだよなぁ。よく考えたら・・・。
 この漫画、映画化されていたんだね。
 「クライングフリーマン」も凄い。で、エレクチオンって・・・。画を見ていたらわかるのだが、何でそんないい方すると思ったら、小池一夫先生だけの単語なんですね。んでもって、エレクチオンしちゃ行けないんだ!
 どうしてエレクチオンしないの~ってサイトまで作られていた。
 小池一夫ってすごいなぁ~。で、この作品も映画化されている。これは、日本ではなく、香港映画とアメリカ映画で、3本もされているようだ。映画的な作品なのだね。
 wikiでの作品のネタ化についてってのが、面白い。なんで、いつも裸なんだ。家畜人ヤプーのように服着られないのか!なんて思うほど、よく脱いでいる。面白い。これは、小池さんのセンスなのね。
 池上遼一さんは現在漫画の大学教授をされているのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2007

子供は・・・

 今日も、アニメくらぶで小学6年生と話をする。卒業式で、それぞれが自分の夢を言うらしい。今のクラスは2クラスしかないそうなので、そんなことが出来るのだろう。
 で、夢は?って聞くと、建前としては、美容師と卒業アルバムには書いたと一人の女の子。でも、それでは、お給料が多くないのと、安定がないらしい。
 小学校に行っているのに、次に上がる中学校のレベルが低いことや、受験を希望している高校がすでにある。大人が言っていることを真に受けて話しているのだろうが、私が小学生の時とは大分違う。
 でも、一緒にいた友人HYは私も小学校の時に進路が決まっていたとのこと。彼女は中高ある私立に通っていたので、そうなのかもしれない・・・。それか、私が子供子供しすぎていたのか・・・。
 夜は、友人NとEとMと食事に行った。その時に友人Nが卒業する中学生の生徒に、卒業したら、いらなくなった運動服を生徒の忘れた時用に貰われへんやろかと、予備においていた運動服を貸す度に生徒から返却がないので言ってみたら、生徒は、
「いくらくれる?」
「私制服や運動服買ってくれる店知っているから、ただではあげへんよ。」
と言われたそうでショックを受けたらしい。私もショックだ。
会う度、彼女は幼稚化していく生徒達を嘆いた話をしてくれ、その度に私もショックを受ける。
99も、分数も解けない中学生がいっぱいいる現在。こんなんで、日本の将来はいいのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸のおすすめ店 No.2 意屋

Itumono_1KokoKoko1_24Kokoroya001Kokoro001_1Kokoroya002

 もう、写真見て貰ったら納得してくれるでしょう。これで、800円の日替わり定食。味もご飯も今のところ私の舌の保証付き(ちと、信じて貰えないかも)!
 やっぱり、あんまり教えたくない。今は一人で仕切っておられるので、人が増えると職人が増えて活気が増えるだろうが、味や値段が変わってしまうかもしれない。でも、私はもうお昼に通うことが出来ないので、兎に角、美味しかったお礼と、私の厳選されたおすすめ店の一つとして、記事にしておこうと思った。
 きっと、検索したら、珍しい名前なのですぐ出てくるはず。800円では味わえない美味しさです。近くを通りかかったら、昼時を避けて、ご賞味下さい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

墨攻 -この映画考えること多し。

 墨家とは、春秋時代から戦国時代により激しく闘いが行われていた時代に、その頃には珍しく、神の存在と、戦わずして守り抜くと墨子が説いた思想集団である。戦国時代に、守り抜くといったことは、より高度な戦術に長けると言うことで、現代語でも、墨守と言う言葉かがあり、意味は「〔墨子がよく城を守り通し、楚軍を退けたという故事から〕昔からのしきたりや自説を固く守ること。」とされている。
墨子が唱えた思想は、 wikiより
○兼愛 全ての人を公平に隔たり無く愛せよという教え。
○非攻 当時の戦争による社会の衰退や殺戮などの悲惨さを非難し、他国への侵攻を否定する教え。ただし防衛のための戦争は否定しない。
○尚賢 貴賎を問わず賢者を登用すること。
○尚同 賢者の考えに天子から庶民までの社会全体が従い、価値基準を一つにして社会の秩序を守り社会を繁栄させること。
○節用 無駄をなくし、物事に費やす金銭を節約せよという教え。
○節葬 葬礼を簡素にし、祭礼にかかる浪費を防ぐこと。
○非命 人々を無気力にする宿命論を否定する。人は努力して働けば自分や社会の運命を変えられる。
○非楽 人々を悦楽にふけらせ、労働から遠ざける舞楽は否定すべきであること。
○天志 上帝(天)を絶対者として設定し、天の意思は人々が正義をなすことだとし、天意にそむく憎み合いや争いを抑制する。
○明鬼 善悪に応じて人々に賞罰を与える鬼神の存在を主張し、争いなど悪い行いを抑制する。
 なんか、2400年ぐらい前に理想の国家思想が出来上がっているではないか。

 この映画の中で、敵を無差別に殺していることに主人公は、迷い、愛する女性に問うている。彼女は、
「人に意見を聞こうとすると言うことは、迷いが出てきたこと」と、真理をつく。この映画の中でも、助けを求めた梁国に対して、墨家は助けたところでこの国は・・・と言うことがあり、見捨てたので、主人公が一人この城にやってきたという話になっている。非攻を説きながらも、守ることで人を殺していかないといけない。上記の思想が根源であるなら、迷って当然であろう。また、平和論を語る主人公を疎ましく扱い、犯罪者に仕立て上げようとした梁国の国王も、「自分の」国を守るために当然の行為であろう。
 この戦国時代、秦に統一されるまで、韓・魏・趙以外にも多くの国主が存在しただろうが、この梁国は架空の国のようだ。漫画も小説も読んでいないので、断定は出来ないが、趙と燕の国境にあるという場所の設定なのだが、当時の地図を見ても、梁の文字はない。この映画は墨家以外はオリジナルなストーリーなのだろうか。
 当時の書物に残っていたとしても、大した情報は無いはず。ただ、墨守と言う言葉が残っているという奇跡だけが、歴史の大きな舞台に心を誘ってくれる。この映画自体、めちゃくちゃ大感動巨編とは思えないが、この映画の根幹に流れている平和主義と、真実かもしれないと思わせる舞台設定が、私のこの検索結果にさせるぐらいの魅力に繋がっているのだ。

 あまりにもリアルな戦闘シーンと政治的構図な為に、実際にここまで守ることが出来るのかといったことは抜け落ちている。桶狭間の闘いのように、何十倍もの戦力の差があるのに打ち勝つというのを知っていても、何もない荒野に立つ梁城の攻防戦は難しいものだろう。陣地防御がこの場合の闘いに該当するのだろうが、硫黄島の闘いのように、延々と敵がやってくる状態では、攻防は難しかったのではないだろうかと思ってみていた。

 この映画、日本の原作本を使っている。その為か、プロデューサーにも日本人がいたので、撮影監督や音楽に日本人が使われている。平和を感じる映画が日中の精鋭で作られたのはとても嬉しく感じる。主人公のアンディ・ラウは墨子思想の語り部のように、現在の私達に問い、非常に役柄にそくした演技を行っていた。槍部隊のウー・チーロンはなんか真田広之を思わせた。とても、美形で香港映画っぽい俳優だ。今後の作品が楽しみである。

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱ、ケロロ軍曹は可愛いなぁ

 1巻しか持ってないし、アニメも見てないけど、電車男の気持ちになるよ(分かってないけど)
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/game/graph/event/20070216/215.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界最速のインディアン -めちゃくちゃかっこいい~

夢を持たない人間は野菜と一緒だ

 実話の映画化。21歳の時に出会ったモーターサイクル”インディアン”。それから、40年改良に改良を重ねて、スピードの神様がついてきてくれたのか、63歳でニュージーランドから、狭心症を抱えて、1962年にアメリカのボンヌヴィルの塩平原(ソルトフラッツ)で開催される“スピード・ウィーク”に初挑戦。その年に1000cc以下の最高速度を樹立。毎年、自ら更新記録が世界記録となり、1967年に作った彼の記録は未だに破かれていない。そんな男、バート・マンローの映画だ。
 バート・マンローは、映画のような人物だったのだろう。その当時、よくできたドキュメンタリーが作られていたようだが、監督はもっと彼を掘り下げた形で作りたかったらしい。30年を経て今映画化された。監督は待っていてよかった。最高の演技者にこの役を演じて貰うことが出来たからだ。主人公を演じたアンソニー・ホプキンスは、もう~!素晴らしい!ハンニバル・レクターとは違う役者さんが演じたのか、バート本人が映画に出ていたのかと思うほど、よかった。
 バートの哲学が、スピードをかける5分が一生でも構わないというものっだったのだが、20代や30代の青年が語るのではなく、60代の病気を抱えた、年金暮らしでお金のない男が言うのだから、もっとめちゃくちゃかっこいいのだ。人間的にも素晴らしく描かれていて、映画の中はロードムービーのような場面があり、色んな人達が喜んで彼に協力を惜しみたくなるような朴訥で人間性が豊かで魅力的な男なのだ。

 こんな男性にこれから出会えるなら、出会いたいよ。この映画平日の昼間なのに、割と多くの人が見に来ていた。年配の紳士諸君が多かったのだ。彼らは、この映画を見て、まだまだやることがいっぱいあると思ったであろう。私も、えー年になってきたら、自分を前に出していくのは控えていかないといけないのではと、昨日悟ったところだが、それは撤回して、彼のように夢中に生きなきゃいけないと、思い直したのだ。

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

’07 2/16の探偵ナイトスクープ

久しぶりに、98ノートを出して、テレビを見ながら、書いています。

海底のお地蔵さまを供養!
 手紙を読んだ時点で、局長は泣いていました。
 奄美大島の倉崎海岸に眠るお地蔵さんを小学生ダイバーが見つけて・・・、
 わざわざ、大阪の池田からお坊さんにきてもらって、お坊さんに水中で供養をしてもらった。お経が何いっているのかわかんないですよ。なんか、ギャグになるというのが・・・
 終わったら、局長は泣かずに終わりました。

捨てるに捨てられないもの
 ピアノの発表会のドレスやフラダンスの衣装、小学校の時に食べたチョコレートの包み紙、プロポーズ大作戦の参加賞、ハートのサングラスが最初の人。
 2番目の人は、妹が元彼にもらったアクセサリー、3番目はやせたら着れるかなという洋服。これは、私も。あと、結婚前に好きな人からもらったスノボー。そのあとは、娘が3つの時の歯医者さんにもらった歯形、旦那にもらったラブレター。旦那が浮気するたびに破ってはセロテープで修繕しているラブレター、捨てるに捨てられない。

みかどの焼きめしが食べたい
 25年前に食べた焼きめしが食べたい。みかどって言うから、昔神戸駅にあったみかどかもと思ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

February 16, 2007

熱中時間 たこかいな!?

今日の熱中時間忙中趣味ありは、たこ関連を取り扱っていました。最後のほう寝ちゃったんで、全部見られていませんが、面白かったので紹介しておきます。
番組では、熊谷さんという方が卒論の時からたこ焼きに関することをテーマにされており、現在3冊の著書があるたこやきストの彼女に密着していました。
彼女が通って得た情報や感想をHPに提供していて、趣味というよりは研究といった感じです。
私も関西ソウルフードは大好き。彼女のように、明石焼きと大阪のたこ焼きを食することが出来る環境にいたら、幸せかもしれませんね。私はやはり神戸なので、明石焼きというか玉子焼きが主流です。やっぱり、柔らかくトロって口の中に入るのが幸せですなぁ~。
でも、屋台で食べるたこ焼きも大好き!一度は大阪でラーメンとたこ焼きの食べ歩きがしたいものです。
そのあとは、たこつぼを扱っていました。やはり、たこといえば明石ってことで、明石在住の方がでていました。
今回近場の内容で楽しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 15, 2007

やっぱり、違う世界の人とおもわれてしまうのかなぁ

 昨日友人T2から電話が来た。神戸に住んでいたのだが、2年ほど前に兵庫県にある実家に戻ってしまった。彼女は、私より3つほど上で、会計事務所に勤めていた経験と、英語・フランス語・スペイン語が出来る。
 しかし、実家の近くで働けるところがそんなに無く、運良く事務職で勤めることが出来る所にパートで入ることになったのだが、聞くと時給は800円なのだそうだ。
 なんて勿体ない!しかし、彼女の所から街に出るのは相当時間がかかるようで、母親を置いてまた神戸に来ることは出来ないだろう。
 で、昨日は思いっきり愚痴を吐いていたのだ。そこしか働く場所がないから、我慢しなくちゃ行けないから、我慢しているようなのだが、どう考えても、いじめに遭っているようだ。
 私と同じで、結婚もしていなけりゃ、子どももいないし、いい年である。その場所では、同じぐらいの年齢の女性は皆結婚し子どもがいるらしく、話が違うらしいのだ。でも、コミュニケーション力がある彼女が頑張らないはずはなく、溶け込もうと何とかやってみたようだが、今のところダメなようだ。
「頭が臭いって言われるの」と言うのだ。よく泣かずに私に話したものだ。
香水付けているとか、ムースとか、洗髪のこととか、色々彼女は気にしてやっていることを言っていたが、言っている人達はただの口実でそんなことを言っているのだろう。
 彼女が臭いわけは決してない。そんな中頑張っているのを聞くと、凄いなぁって思う。
 どんな理由で、そんないじめになったのかは分からないが、中学生でもなく、30代40代のええ大人の男女が何をしているのでしょう。
 でも、彼女ならきっと、彼らが舐めて考えているのから、脱出出来るはず。
 なんか、田舎はこういう面があるとつらいなぁ。私はよわっちいから田舎で住めないよん。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 -やっぱり、バブルの時代は面白い時代だわ

 ホイチョイ・プロダクションズの作品も、バブルの時代もあんまり分からない。
 私は、小学校入学してすぐに人と同じものを持っている恥ずかしさに耐えきれず、1年生でランドセルを止めた女だ。バブル絶頂期、もし六本木で生きていたとしても、今と変わらない服装と生活をしているのは間違いないと思う。同じ濃い化粧や同じ前髪同じ服装で街を圧巻していた時代を私はあまり知らないのだ。
 全く知らないとはいわない。DCブランドのバーゲンに建物の周囲にとぐろを巻く行列やお立ち台のお姉さん達はテレビで見ていた。不思議なテレビの中の時代なのだ。

 この映画、800兆円の赤字をなんとかすべく、偶然日立で開発された洗濯機型タイムマシンに乗って、バブル崩壊を食い止めるために、その開発した母と、その子供がバブルの時代に行くことに、洗濯機なのでちゃんと洗剤まで入れて。
 たどり着いた世界は、あぁ忘れていためちゃくちゃ浮かれていた時代だ。そういやぁ、20代前半の友人が不動産に手を出して転がして儲けていた。ブランド品を持つようになってきていた。そんな時代だった。ボランティアで使った携帯電話も映画の中と同じででっかいの。今再放送している「ハッピーマニア」の携帯も古いなぁと思うけれど、バブルの時代の携帯は骨董品だよ。懐かしいなぁ。
 この映画、その当時の六本木を再現しているので、スクエアビルっていうのが今ではキャバクラばっかりなのが、当時ディスコばっかりだった時代の外観をバックにしていたり、船上パーティーでのダンスには、当時のファッションを身につけたカップルが踊りまくっていて、なんか凄い時代なんだよなぁ。これだけ浮かれていたら、崩壊するだろうって気にもなる。
 面白いのが、カメオ出演で出ているお立ち台の飯島愛に、「まだ小説書いてないの?」とか、ラモス瑠偉に「ドーハでのコーナーキックに気をつけて」とか、飯島直子に「缶コーヒーのCMで来るから」って、話していくところが面白い。また、彼らも似た人を使ったのかって思うぐらい15年前そのままで若いのだ。飯島直子が一番凄い。
 こんな話が複線になって、ラストが楽しめたのだが、この面白さは何って考えると、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」じゃん。ストーリーだって、両親が出てくるし、悪を成敗していたり、当時の製品などの小物類まで出していて、面白さも倍増だった。現在の便利器具携帯電話をフル活用しているのも見逃せない。
 当然、未来に戻っていたら、変わっていました。そーいうのが、楽しいよね。

 主人公の阿部寛や薬師丸ひろ子、劇団ひとりの変貌ぶりはちょっと変だったが、広末涼子が一児の母とは思えないほど、透明感があって若い。10代でも通りそうだ。

バブルの時代は、やっぱ楽しい。

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (3)

トップ或いは時代の寵児の 星座

 先日、歴史は動いたで、武田信玄をやっていた。今大河ドラマで風林火山をしているからだろう。
 昔の座右の銘が、武田信玄の「人は城人は石垣人は堀情けは味方仇は敵なり」だった。座右の銘が武田信玄の言葉であったとしても、全然彼のことには関心がなかったので、殆ど知らなかった。
 しかし、彼の略歴を垣間見たら、もしかしてこの人、射手座じゃない?きっとそうだ、射手座だ!と思い、wikiで検索すると・・・
武田信玄 大永元年11月3日〔1521年12月1日〕 - 元亀4年4月12日〔1573年5月13日〕となっている。
あってるじゃん。
昔は、歴史小説を読む度にこの人は、この人は何座なのかと推理した。
当たっていないと思うけれど、wikiで検索をかける前に、私の推理は・・・
織田信長は、牡牛座か蟹座、豊臣秀吉は、よく分かんない、うちのおばばさまと同じ水瓶座、徳川家康は山羊座。
近藤勇は魚座、土方歳三は乙女座B型だ!、沖田総司は射手座か水の星座かな。

 さて、答え合わせ
織田信長 天文3年5月12日(1534年6月23日) - 天正10年6月2日(1582年6月21日) 蟹座。当たり
豊臣秀吉 天文6年2月6日(1537年3月26日) - 慶長3年8月18日(1598年9月18日) 牡羊座。外れ
徳川家康 天文11年12月26日(ユリウス暦1543年1月31日) - 元和2年4月17日(1616年6月1日) ユリウス歴だけれど、水瓶座でいいんかなぁ。外れ
近藤勇  天保5年10月9日(1834年11月9日) - 慶応4年4月25日(1868年5月17日) 蠍座。外れ
土方歳三 天保6年5月5日(1835年5月31日) - 明治2年5月11日(1869年6月20日) 双子座。外れ
沖田総司 天保13年(15年という説もあり)6月1日(1842年7月8日) - 慶応4年5月30日(1868年7月19日)) 蟹座。まぁ当たりと言ったら、確率が・・・。
 ぐぁ~。全然当たらなかった。信長が運よくってだけだった。なんか、蟹座って男男しているでしょ。だから、思いついたんだが・・・。射手座と獅子座は何となく当たるので、武田信玄も当たったってことだろう。

 他の関係を見て見ると、明智光秀も石田三成も誕生日がわからんなぁ。
竹中半兵衛 天文13年9月11日(1544年9月27日) - 天正7年6月13日(1579年7月6日) 天秤座
伊達政宗 永禄10年8月3日(1567年9月5日) - 寛永13年5月24日(1636年6月27日) 乙女座
上杉謙信 享禄3年1月21日(1530年2月18日)-天正6年3月13日(1578年4月19日) 水瓶座
朝倉義景 天文2年9月24日(1533年10月12日) - 天正元年8月20日(1573年9月16日) 天秤座
加藤清正 永禄5年6月24日(1562年7月25日) - 慶長16年6月24日(1611年8月2日) 獅子座
黒田官兵衛 天文15年11月29日(1546年12月22日) - 慶長9年3月20日(1604年4月19日)山羊座
前田利家 天文7年12月25日(1539年1月15日) - 慶長4年閏3月3日(1599年4月27日) 山羊座
私の興味ある戦国武将誕生日が分かるものを書き出してみました。

 なんか、この星座を見ると、もっと深く関係性を感じることが出来ますね。親がお館様だったから上り詰められた人、何にもない所から上がってきた人面白いなぁ。牡羊座なんて、青年誌なんかで池上遼一が描くような下から上に這い上がるような性格だもんだから、なんか秀吉の星座がそうだとすると、なるほどって感じてしまう。牡羊座と獅子座は偉人に多い星座だ。兎に角大きなことをやっている。武田×上杉も、射手座×水瓶座で時代が時代なら仲良くやってそうな気がするし、塩を贈ったのも何となく分かるエピソードだ。若い身空で隠居をしていた竹中重治も色んな方面に振り回されてうろうろしていた朝倉も天秤座ってのがなんか納得出来るし・・・。まぁ、いってみたらってことなので、星座の性格が正しいと思っているわけでもないが、自分の星座の性格の情報は深くなるなぁ。

 戦国時代なんかは、本当に這い上がって来た人と、環境がよかった人達の這い上がった時代だと思う。それと同じに、幕末のように新選組がのし上がってきたのと、藩に所属して這い上がっていった人がいたので、同じような気がする。ただし、戦国時代は、生きるために、自分の領土を守るために、全国統一を目指すために生きていたのに反して、幕末は、日本を守るため、藩を守るため、という。社会的な文化的な大義名分で意志を貫いているので、またちょっとばかり違うのだ。
維新三傑は、
木戸 孝允(桂小五郎 天保4年6月26日(1833年8月11日) - 明治10年(1877年)5月26日 獅子座
西郷 隆盛 文政10年12月7日(1828年1月23日) ‐ 明治10年(1877年)9月24日 水瓶座
大久保 利通 文政13年8月10日(1830年9月26日) - 明治11年(1878年)5月14日 天秤座

変えようと頑張っていた人とその関係者が、
坂本龍馬 天保6年11月15日(1836年1月3日) - 慶応3年11月15日(1867年12月10日) 山羊座
他の文献に12月8日誕生日と載っていたのに・・・、変換出来るサイトで確認したから間違いなく、射手座じゃなくて山羊座だ。射手座のような性格だと思っていたのになぁ。残念~。
坂本乙女 天保3年1月1日(1832年2月2日) - 1879年8月31日 水瓶座
おりょう 1841年7月23日(天保12年6月6日)-1906年11月15日 双子座
陸奥宗光 弘化元年7月7日(1844年8月20日) - 明治30年(1897年)8月24日 獅子座
勝海舟 文政6年1月30日(1823年3月12日) - 明治32年(1899年)1月21日 魚座 
山岡鉄舟 天保7年6月10日(1836年7月23日) - 明治21年(1888年)7月19日 獅子座
武市瑞山 文政12年9月27日(1829年10月24日) - 慶応元年閏5月11日(1865年7月3日) 蠍座
中岡慎太郎 天保9年4月13日(1838年5月6日) - 慶応3年11月17日(1867年12月12日) 牡牛座
佐久間象山 文化8年2月28日(1811年3月22日) - 元治元年7月11日(1864年8月12日) 牡羊座
吉田松陰 天保元年8月4日(1830年9月20日) - 安政6年10月27日(1859年11月21日) 乙女座
高杉晋作 天保10年8月20日(1839年9月27日) - 慶応3年4月14日(1867年5月17日) 天秤座
吉田稔麿 天保12年閏1月24日(1841年3月16日) - 元治元年6月5日(1864年7月8日) 魚座
井上馨 天保6年11月28日(1836年1月16日) - 大正4年(1915年)9月1日 山羊座
板垣退助 天保8年4月17日(1837年5月21日) - 大正8年(1919年)7月16日 牡牛座
後藤象二郎 天保9年3月19日(1838年4月13日)- 明治30年(1897年8月4日 牡羊座
岩倉具視 文政8年9月15日(1825年10月26日)- 1883年7月20日 蠍座
三条実美 天保8年2月7日(1837年3月13日)- 明治24年(1891年)2月18日 魚座
永倉新八 天保10年4月11日(1839年5月23日) - 大正4年(1915年)1月5日 双子座
斎藤一 天保15年1月1日(1844年2月18日)-大正4年(1915年)9月28日 水瓶座
井上源三郎 文政12年3月1日(1829年4月4日) - 慶応4年1月5日(1868年1月29日) 牡羊座
清河八郎 天保元年10月10日(1830年11月24日) - 文久3年4月13日(1863年5月30日) 射手座
松平容保 天保6年12月29日(1836年2月15日) - 1893年12月5日 水瓶座
松平春嶽 文政11年9月2日(1828年10月10日) - 明治23年(1890年)6月2日 天秤座
伊達宗城 文政元年8月1日(1818年9月1日) - 明治25年(1892年)12月20日 乙女座
山内容堂 文政10年10月29日(1827年11月27日) - 明治5年6月21日(1872年7月26日) 射手座
島津斉彬 文化6年3月14日(1809年4月28日) - 安政5年7月16日(1858年8月24日) 牡牛座
徳川慶喜 天保8年9月29日(1837年10月28日) - 大正2年(1913年)11月22日 蠍座
榎本武揚 天保7年8月25日(1836年10月5日) - 明治41年(1908年)10月26日 天秤座

 ほんと、私も好きだなぁ。自分が好きな幕末本に出てくる有名人で誕生日が分かる人をあげてみた。割と嫌なやつとされているのに、射手座がいる。この時代は生きにくかったのかな。同じ火の獅子座は、うまく最後まで生き延びている桂小五郎がいる。単に頭がいいだけなのかもしれない。吉田松陰が乙Bなら、カリスマ性と無鉄砲さが共存するから、分かるような気がする。やはり、政治の世界に天秤座が多い。うまくやれるからだ。夢見る魚座が多いのもなんか納得。桂×西郷が、獅子座×水瓶なのは、何となく分かるのだが、仲介役の坂本が射手座じゃなく山羊座なのが、やっぱり納得出来ない(笑)。自分の墓のそばに近藤の墓を持ってこさせた容保公の水瓶座は意外だなぁ。近藤に命かけた土方が双子座なのも何となくピンと来ないし。でも、そう言うところもあるのだろう。

 総理は、日本のトップだけれど、最初の頃は、維新で戦ってきた人達、戦争を経て日本を守ってきた人達、で、今は親や環境が政治家でないと這い上がっていけないような現在。

伊藤博文 初代・第5代・第7代・第10代 天保12年9月2日(1841年)10月16日) - 明治42年(1909年10月26日) 天秤座
黒田清隆 第2代 天保11年10月16日(1840年11月9日) - 明治33年(1900年)8月23日) 蠍座
山縣有朋 第3代、第9代 天保9年閏4月22日(1838年6月14日) - 大正11年(1922年)2月1日 双子座
大隈重信 第8代、第17代 天保9年2月16日(1838年3月11日) - 1922年(大正11年)1月10日 魚座
西園寺公望 第12・14代 嘉永2年10月23日(1849年12月7日) - 昭和15年(1940年)11月24日) 射手座
原敬 第19代 安政3年2月9日(1856年3月15日) - 1921年11月4日) 魚座
高橋是清 第20代 1854年9月19日(安政元年閏7月27日) - 1936年(昭和11年)2月26日) 乙女座
犬養毅 第29代 安政2年4月20日(1855年)6月4日 - 昭和7年(1932年)5月15日 双子座
広田 弘毅 第32代 1878年(明治11年)2月14日 - 1948年(昭和23年)12月23日) 水瓶座
近衛文麿 第34、38、39代 1891年(明治24年)10月12日~1945年(昭和20年)12月16日) 天秤座
平沼騏一郎 第35代 慶応3年9月28日(1867年10月25日) - 昭和27年(1952年)8月22日 蠍座
米内光政 第37代 明治13年(1880年)3月2日 - 昭和23年(1948年)4月20日) 魚座
東條英機 第40代 1884年7月30日(戸籍上は12月30日) — 1948年12月23日) 獅子座
鈴木貫太郎 第42代 1868年1月18日(慶応3年12月24日) - 1948年(昭和23年)4月17日) 水瓶座
吉田茂 第45・48 ‐ 51代 1878年(明治11年)9月22日 ‐ 1967年(昭和42年)10月20日) 乙女座
鳩山一郎 第52・53・54代 明治16年(1883年)1月1日 - 昭和34年(1959年)3月7日 山羊座
岸信介 第56、57代 1896年(明治29年)11月13日~1987年(昭和62年)8月7日) 蠍座
佐藤栄作 第61、62、63代 明治34年(1901年)3月27日 - 昭和50(1975年)6月3日 牡羊座
田中角榮 第64,65代 1918年5月4日 - 1993年12月16日) 牡牛座

東条英機の獅子座がなんとなく凄いなぁとか思ってしまう。

第二次世界大戦前後の時代は、
アドルフ・ヒトラー 1889年4月20日 - 1945年4月30日 牡牛座
ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル 1874年11月30日 - 1965年1月24日 射手座
ベニート・アミルカレ・アンドレア・ムッソリーニ 1883年7月29日 - 1945年4月28日 獅子座
ウラジーミル・イリイチ・レーニン 1870年4月22日(ユリウス暦では4月10日) - 1924年1月21日 牡牛座
モハンダス・カラムチャンド・ガンジー  1869年10月2日-1948年1月30日 やっぱり、天秤座
シャルル・アンドレ・ジョゼフ・マリー・ド・ゴール 1890年11月22日 - 1970年11月9日 蠍座
ヨシフ・スターリン 1879年12月9日(グレゴリオ暦12月21日) - 1953年3月5日) 射手座
エルヴィン・ヨハネス・オイゲン・ロンメル 1891年11月15日 - 1944年10月14日 蠍座
パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス 1897年10月29日 - 1945年5月1日 蠍座
ハリー・S・トルーマン 1884年5月8日 - 1972年12月26日 牡牛座
ポル・ポト 1925年5月19日 ‐ 1998年4月15日 牡牛座

 やっぱり、牡牛座って強いなぁ。私がついつい織田信長に牡牛座かもってのを感じてしまったのは分かってもらえるかも。しかし、ここでは悪いイメージになってしまいそうなので書いておくが、牡牛座はめちゃくちゃ多彩な能力を持った、母親の愛情を分け与えるような大きな人物の人が多い。

最近の総理だと、

中曽根康弘 第71-72-73代。大正7年 (1918年) 5月27日生まれ。 双子座
海部俊樹 第76-77代。昭和6年 (1931年) 1月27日生まれ。 水瓶座
宮澤喜一 第78代。大正8年 (1919年) 10月8日生まれ。 天秤座
細川護煕 第79代。昭和13年 (1938年) 1月14日生まれ。 山羊座
羽田孜 第80代。昭和10年 (1935年) 8月24日生まれ。 乙女座
村山富市 第81代。大正13年 (1924年) 3月3日生まれ。 魚座
森喜朗 第85-86代。昭和12年 (1937年) 7月14日生まれ。 蟹座
小○純一郎 第87-88-89代。昭和17年 (1942年) 1月8日生まれ。 山羊座
安○晋三 第90代。昭和29年 (1954年) 9月21日生まれ。 乙女座

 何でか知らないが、水と風の星座の人が多いよね。うまくやっていく能力が高いのかなぁ。うまくやってこなけりゃ。まわりが政治家で政治家になりやすいといっても、首相になれるものではない。あんまりにも、変なことを書いてしまったので、怒る人がいるかもなぁ。
 勝手な言い分なので、許してたもれ。

 やっぱ、星座見るの楽しい。次は他の職業でもやってみようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 13, 2007

どろろ -大分物足りないよぉ

 私としたことが上映時間に遅れてしまった。10分経過していたのですが、まぁいいやと入りました。
 どろろってこんな話だったのですね。題名は知っていても、殆ど再放送されないアニメだったので、ストーリーすら知りませんでした。手塚治虫が白土三平や水木しげるを意識して、時代劇で妖怪物を描いたそうだが、負けず嫌いの手塚治虫らしいエピソードだ。これを見たら、この人の多才ぶりに驚いてしまう。対抗意識だけで、これほどのストーリーを考えることはまずは無理だろう。本当に何でも出来る人だ。
 どろろが女の子なのも、原作通りらしい。表情豊かに駆け回る柴崎コウをいいなぁ妻夫木聡とここでつきあうようになったのかぁとやっぱファン心理で見てしまう。妻夫木聡をめちゃくちゃ好きって訳でもないのだが、今じゃドSと公言している玉木宏の方に魅力を感じているのだが、やっぱり、妻夫木聡は別物のようだ。
 私としては珍しくゴシップネタになってしまった。ここでも、男射手座×女獅子座なんだなぁ。男射手座×女射手座ってのは無理なんでしょうか。射手座の男をどうしても獅子座の女に持って行かれてしまうんだよなぁ~はぁ。

 映画を見ていたら、なんかスターウォーズのオマージュかと思った。オープニングが何となくそんなイメージで受け取ってしまったのだ。でも、普通の人は思わないだろう。そう、私が変なだけです・・・。監督は塩田明彦だったので、ちょっと期待していたが、うまく行かないものだ。なんか、ニュージーランドまで行ったのに神戸で撮った「あずみ」の方が映画的にはましだと思った。何でだろう、面白い題材だし、今の流行の魑魅魍魎もいい出来映えで出てきているのに、なんかもの足らない。漫画の実写化だから、なんかスコーンと抜けている?ってことも無いよなぁ。なんか、いっぱい、面白くなりそうなエキスが充満しているのに、うまく生かせていないのじゃないかなぁ。

 音楽は、いいなぁっておもったら、ミスチルだった。この曲はいいなぁ。

敬称略
公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2007

日本以外全部沈没 -こんなB級以下の映画は初めて見たかもしれない・・・。

 今日は映画運のない日なのかもしれない。パルしんの2本立てで、この作品とグエムルを見てきたのだが、全然ダメだった。誘った友人Aには申し訳ないと謝った。その割には映画館は人がいっぱいだった。

 最初は馬鹿さ加減で笑ってもいたのだが、だんだんアホらしくなって、眠たくなってきた。あちらこちらに、寝息の音が聞こえ始めた。一人で端に座っていたら、腹を立てて途中で帰ったかもしれない。
 原典は、小松左京、原作は筒井康隆、発売当初とは時代が変わっているので、日本沈没同様、映画の描き方は小説とは変わっているだろう。しかし、筒井康隆氏まで画面に現れているのに、このあほらしさは何?出ている俳優陣もあとから何を言われているだろうかと気の毒になるし、なんでこんな作品に出たんだねと悲しくなってしまう。

 まぁ、ここまで、徹した方がいいのかもしれませんが・・・。
 HPに小松左京さんのコメントが載っていて、SF小説界は、ユーモアがあって、面白おかしくやっているらしく、その中でも、星新一さんはすごいらしい。なんでも、「日本沈没」完成させたばっかりの時に、星新一さんが、「そうか、逆に日本以外沈没したら、他の国の人が日本に殺到するんだなぁ」と言って1週間後、筒井氏がそれを受けて、この作品を書いてきたらしい。
 まぁ、そう考えると、この作品があることで、日本のSF小説界も盛り上がるってことで、とりあえずよいのだろう。

 河原実監督は、「ヅラ刑事」とか作っている人なんですね。沸かしの理解力が無くって、申し訳ないのかもしれません。

公式サイト

追記 一本木蛮さんの名前を見た。懐かしい~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グエムル 漢江の怪物 -にゃー、なぜか私はダメだった・・・。

 朝日ベストテン映画祭では、外国映画部門の第1位に、韓国映画だけでなく、ハリウッドでも公開されて、世界の06年度収入が高い1本になっている。
 でも、だめだった。
 「殺人の追憶」のホン・ジュノ×ソン・ガンホコンビで、この監督の作品は、「吠える犬は噛まない」から、注目してみている。のに、ダメだった。
 なぜだろう。主人公がHEROになりきっていなかったから?話の始まりやストーリー展開がB級映画ぽいのに、映像はハリウッド並みを作っているから?
 なんかぎくしゃくしてだめなのだ。
 何が見せたかったのか、家族愛?ソン・ガンホが手術を受けてちょっと賢くなったからなにかの展開があるとか、ウィルスがないのに大騒ぎとか・・・。
 なんか、しっくり来ないのだ。
 でも、賞を取っているし、私が一般的ではないんだろうなぁ。

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京都 河井寛次郎記念館に行ってきました

Hakubutukan

 京都御所障壁画展に行ってきました。
 感じたことは、建物の構図がおかしいということ。
 昔の人が描いた絵なんだから、そんなことを突っ込んではいけないと思ったけれど、遠近法が古くから使われているヨーロッパ絵画の写実性と日本絵画の見たこと無いものをそこに描きという所は、根本から違っているんだろうなぁと思う。
 あと、天皇の教育のためでもあったのだろう。中国の故事にちなんだ物語性のある襖絵が多く、当時の日本人が儒学を学び、中国の古代の先人達を敬っている姿が見え、この時代でも中国に大して畏敬の念を持っていたのにもかかわらず、ヨーロッパに取り込まれていく180度変わった中国を見たときの無念は計り知れなかっただろうと、数多くの絵を見ながら思ってしまった。

Sette01Sette02Sette03 博物館の近くに昨年出来たハイアットリージェンシーがあり、その中にあるカジュアルレストランに出かけました。この3連休京都には花も色もないのに大量に観光客がやってきていて、食事をするのにも大分時間がかかってしまいました。この辺り、あまり食事するところがないんですよね。このお店セッテは割と美味しかったですよ。写真に最後ドリンクが付いて、パスタセットは1650円+サービス料でした。予約された方がいいと思います。

 そのあと、この界隈にある河井寛次郎記念館に行って参りました。彼をご存じの方は多くおられるでしょう。新日曜美術館で取り上げられたり、なんでも鑑定団でもよくでてきます。
 私は、河井寛次郎の生活に少し興味を持っていました。この記念館は、彼の足跡と彼の設計した家を見ることが出来るのです。
KinennkannKawai002Kawai001Kawai0042階に上がる階段は、引き出しを備えた階段箪笥になっています。きしむ床を歩きながら味わってきました。 Kawai003

Kawai005 Kawai006 Kawai007 Kawai009 Kawai010 Kawai008Kawai012 Kawai011 Kawai013 Kawai014 Kawai015Kawai016 Kawai017Kawai018Kawai019 自宅は自らの設計ですが、登り窯は最初からそこにあったのを譲り受け、この地域の人達も使えるようになったいたので、外から、登り窯に入れるようになっています。
 文献を読んで確かめたわけではありませんが、家屋の真ん中に写真のような2階にものをあげる為の滑車がついていたり、床の冷気を呼び込むためか、格子になった床材を見つけました。この場所は、冬でもそんなに寒くありません。開口部が多い住宅なのに、建具にもいい物を使っているからか、すきま風が無く、2階からの採光も多く、とても快適で住みやすい家のような気がしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2007

それでもボクはやってない -痴漢に間違われたくなければ満員電車の中では、めちゃくちゃ厳しいだろうけれど、女性に背中を向けることはマナーで、手は本でも読んで上にあげていることを最良とする。

来て頂いて有り難うございます!
映画を見る予定の方は絶対に見たあと読んで下さい!
この映画のラストをありがとう浜村淳さんから聞いてしまい、しまったΣ(゚Д゚;o)と思いましたが、映画の中でやはり聞くんじゃなかったと思いました。だから、映画を見に行くのを検討中の方は、映画の順位としては高いとは思いませんが、見ることをお勧めしますので、映画館やDVDでご覧になってみて下さい。

あっ、シネリ神戸で2月20日に周防監督が舞台挨拶に来られますよ!


映画を見た人はここから!って、大した記事を書くわけではありませんが・・・。

 この映画、ラストは有罪か無罪かの二つに絞られる。今回、高速上がるところで、スイッチを切ることが出来ずに、浜村さんが言っちゃいましょうかと間をおいて下さったのですが、聞いてしまいました。今からでも遅くありません。浜村さん、今回の作品は言われないでも最初から分かってしまって、小日向文世が出たところでも確定してしまうので、その面白さが聞いたことによって失ってしまいました。きかしちゃダメですよ。(>_<)
殆どのストーリーを聞かなかったら、映画に行かなかったってこともあるので、浜村さんの映画解説には色々面白さを感じていますので、今回は残念でしたが・・・・。

 周防監督の視線が面白いものでした。加瀬亮演じる主人公が、思いっきり今の青年を映しだしていて、この映画は社会性を多方面から感じさせられました。
 最近のネットのエロ侵攻で、受け手側の頭も、痴漢が普通になりかけている。自分もされた経験があり、満員電車の際は体も手も動かせず、その行為を止めることも逃げることも出来ないと言うことを知っていて、その為、恥ずかしいから女性同士で痴漢にあったことをおおっぴらに言うことが出来ません。みんなも受けているだろうということで、具体的にどれぐらいの被害があるかも分からず、また、身動き出来なく、怖くて声も出せないでいるのを見て、笑っている笑顔がまだ脳裏に残っているぐらい、怖いので、被害者が届けを出すのが本当に大変で、被害を出すのは英雄的行為ですが、それを出せずにいるのも仕方がないと思ってしまいます。そう言うことを平気でする男性は怖いです。車両を変えても追いかけられたことがありました。犯罪行為という意識がないのです。
 今現在、満員電車に乗ることがないので、そのような被害を全然受けていません。やっぱり、地方でも満員電車はあって、痴漢もあって、女性車両は必要なんですよ。よく女性車両を非難する人は多いですが・・・。
 現在、被害に遭わないから、他人事のように痴漢被害を感じてみています。これは、被害者対それ以外の構図になった社会の縮図になっていると思います。
 そんなそれ以外の私がこの映画を見ると・・・。
 やはり、満員電車では疑われないように、女性に背を向けるのは、タバコの喫煙に必ず灰皿持参がマナーになっているのと同じぐらいマナーにすべきです。鞄を持つ手以外は小説でも新聞でも漫画でもいいですから、手を上に上げた状態で楽しめるものを持った状態で満員電車の中に入り込んで、駅員さんに抑えて貰って下さい!男性の冤罪を作りたくはありません。
 痴漢加害者と疑われたら、部屋の中にエロ雑誌があるだけで、「やっているだろう」という実証の証拠にもなりかねない。それぐらい、事実認定は自分が思っている通りにはならないものなのです。女の私でも、痴漢に間違えられて、自宅から押収されたこのパソコンの中に、迷惑メールがいっぱいきているのを見られたら、裁判時に検事から何か言われるかもしれません。そんな恐ろしいことが、映画の中ではなく、実際にあると言うことの恐怖を再認識させて貰いました。主人公は運良く留置場にいた人に当番弁護士制度のアドバイスを受けましたが、警察官からは被疑者には何も得になることは教えて貰えない状態なのですから、とんでもなく不公平な事が起こったって、当たり前なんでしょう。そういやぁ、卒論に代用監獄のことを書いたなぁ~(笑)お脳からそんなの綺麗さっぱりおさらばしています。
 この映画では、真摯に対応してくれる友人や弁護士に恵まれていましたが、そんなにうまく行く確率は無いのではないでしょうか。彼の場合は、実証のビデオや隣にいた人がいい方だったので、裁判に証人として出てくれましたが、色んな人の口を借りて映画で語られるように、一旦被疑者になったら、無実を証明されることは難しいのではないでしょうか。疑わしきは罰せずと言う言葉なんて、正名僕蔵演じる裁判官が、HEROに見えましたよ。
 被害者の彼女が自分を有利に物事をとらえていてもしかたがないという言葉も入れていて、被害者の立場も大事に描かれていて、女性弁護士の普通の反応も、これだけ、痴漢の冤罪になると、厳しい世界なのだと分かりやすかった。
 きっと、男性視点から見ると、めちゃくちゃ恐ろしい作品だったのではないかと思う。誰でも、ありうる事例だからだ。彼があわてていたから、いつもの通りではなく、こんなとことになってしまった。
 観客は、私がタイトルに書いた言葉を胸に描いたかもしれないし、警察に行ったときの知識をもっと持っていたら、こんな冤罪に巻き込まれないかもしれないと思っただろう。私もだ。
 最後に主人公が語るセリフは、この映画をまとめる言葉で、観客は同じような感想を持ったので、映画の中で自分の心をそのまま声に出して言われた感がある。面白い終わり方だ。
そして、一緒に
「控訴します」を叫んでいました。

 この映画、配役がめちゃくちゃいい。正名僕蔵が裁判おたくから裁判長に役柄を変えたのはよかった。彼の存在はとても良かったのだ。唯一のこの映画の救い主に見えた。役所広司の真摯な弁護士、痴漢被害者の視点をあらゆることで変化していく、女性の視点を瀬戸朝香は分かりやすく演じていたし、もたいまさこの普通の母親や友人を守るためにだんだん知識がつき、人柄や人生まで変更中の山本耕史も意外な役で面白かった。

この映画、伊丹監督作品を思い出させた。

公式サイト

| | Comments (4) | TrackBack (1)

February 09, 2007

終わりよければすべてよし!

って、シェークスピアの言葉はいつも真実だと思います。
今日で退職してきました。円満退職です。
私が不安になった嫌な関係も、そこまで酷い気持ちを持たれていなかったということが最後で終わりました。
私自身も、気持ちの中で、嫌な気持ちにならずに終わりました。
早く溶け込もうと頑張ってきたことも、最後の今日に評価が頂けて、頑張ってよかったんだなぁと自分がやってきたことも、自分で評価も上がって、嫌な事をいっていた人の評価も全然変えることが出来て、本当によかった。

色んな関係が複雑に入り組んで嫌な思いも色々ありましたが、本当に性善説を信じます。色んな人に会えてその時間を大事に出来たことも本当によかったと思います。

人間一期一会ですよね。


次の就職にもこの貴重な経験を生かして、自分の生きていく道も信じて、楽しい人生にしていきたいなぁ~。

会社に就職した日や退職する日に、気にかけてくれてメールをくれる友人達にもめちゃくちゃLoveです。私は、誰かのおかげで生きて来られているなぁと思います。

なんか、私としては、いいことばかり書いて、余計にうすっぺらく感じられるかもしれません。

残念なのは、結構やることがあって、もっと計算式を便利に使えるように、そのまま見積書に反映出来るようにして作って渡そうと思っていたのが出来なかったのが残念です。もうちょっと、役に立って辞めたかったです。

私はこれからどうしたらいいかなぁ。もっと、勉強しないと、何か具体的にしたいことを見つけないと・・・。
毎回考えては、やることが見つからない。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

昨日は最後のお花の日

 明日で辞めるのですが、そんなことは顔にも出さないで、親切に先生に教えて頂きました。明日までと思うと本当に残念ですが、やはり、辞めて違うところに行った方がいいのです。

 こんなん書くと、いっちゃってる人と思われてしまうかもしれないのですが、今回は、なんでか、ここより次があるか、ここは止めておけということか、よく分からないのですが、感情的になりやすいJさんに私を虐めさせて、これでも辞めへんかぁってされていたのではないかと、思う、なんかの力を感じました。
 それもこれも、霊能師さんが私に力があり、守護霊がいっぱいついとるといったせいで、勝手にいい解釈をし始めているのかもしれませんが・・・、今回は何となく我慢していると、これでもかぁって虐められていました。なんか辞めさすためのだめ押しのような感じを受けたのです。まぁ、単なる思いこみです。
 誰でも、自分は特別な人かもしれないと思うものです。勘弁してやって下さい。

Hana01Hana02

 1枚目が私が習ったやり方でやってみた写真。2枚目は先生が訂正してくれました。
 やっぱり、お花って難しいですよね。結局、剣山も花器もお花袋も買うことなく、私のお花を習うの巻は終わってしまいました。一番似合っていない習い事かもしれませんが、出来たら続けてみたいなぁとも思います。

 やりたいことはいっぱいなのですが、相変わらず、動けていません。仕事はぱきぱき動いてるんですがね。

 本当、明日辞めるなんて残念ぐらいいい会社だった。困ったなぁ~。これから、行くところ比べちゃうよ。でも、もう少し、肩や腰の不安が無いところにも行きたいし、今辞めないと辞められなくなっちゃう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2007

江原さんはインチキかどうか?

 今日会社で、Jさんが江原さんにもあるあるのような疑惑が判明したらしいと言っていたのでとりあえず検索してみた。
 その情報は、江原さんが出演する番組で、見てもらうカウンセリング内容をスタッフが詳しく聞いてきたという女性が今日かなテレビ番組に出て語ったらしい。見えていないんじゃないかと・・・。
 有名になっていく人には、信じてついてきてくれるファンと、インチキだと全否定をするアンチの人が出てくる。それは、致し方ないこと。実名でブログを書いている勇気ある人だが、江原さんがインチキなことを色々書いているのだが、書き方がその人もインチキな人に感じさせられたりする。余計に分からなくなってしまう。

 江原さんがインチキだというなら、美輪明宏さんもインチキになってしまう。お正月特番に出ていた人達もインチキってことになってしまう。

 霊感というものがあるかないかと言えば、あると思う。私は自分の母ことおばばさまが一人神経衰弱出来るのを子供の頃によく見てきた。歩いていると、母は「霊感が強いので占い師になられてはどうか」となんの脈絡もなく、声をかけられたことがあった。以前行ったことがある霊能師の人にも、おばばさまが霊感が強く、強いものに守られていると言われたことがある。その人は私も霊感が強いと言われたので、ちょっと怪しいかもしれないが(笑)。
 おばばさまは霊を見ることは出来ない。父の時だけ気配を感じたらしいのだが、私は分からなかった。
 霊を見る人はいると思っている。オーラを見たりする人も今まで見てきた。

 江原さんは兎も角、そのような存在がいることは確かである。あとは、彼を囲む人達の信頼性だろう。テレビ的には美味しいから嘘偽りは横行しても仕方がないだろう。あれほど話題になってしまった江原さんの能力が、たまに衰えてもご愛嬌だと思ったりもする。

 もし、インチキなら心配しなくても、あの番組に出てきた芸能人達が暴露大会を始めるか、オーラの泉も放映中止になるだろう。

 私は、テレビの人達ではあるけれど、番組上で流した涙は本物だと思いたいなぁ。

 江原さんに全く能力がなかったと言うことは無いと思いたい。

 これが、江原さんや美輪さん好きの結論ですね。

 でも、占いって当たるも八卦だよね。受けた方が喜んで自分の活力に変えられたら、江原さんの霊能力がさほどなかったとしても、別に構わないのではないだろうか。

 私はそれよか、教えてgooで紹介された人のHPみたいよ。きっと、これに載ってしまったからあらされたのかもしれないですが、検索しても見つからない。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 05, 2007

困った~

 と、友人Aに携帯メールを送った。今はAの意見やおばばさまの意見、昨日までのみんなの意見。そして、自分の気持ちをお風呂の中で考えた。
 何が困ったって、今日は毎日1個以上あった嫌みを言われなかったのです。また、なぜか私がしたことを褒めて部長に今後もああした方がいいですよねなんて言っているのだ。部長は、辞めさせないでおこうと思ってか、ずっと優しいし、他の社員の人も知っているのか分からないけれど、親切で優しい。こんなにいいところを辞めて、勿体なくないのか!?帰り道、うんうん悩んで、Aにメールしたのだ。

 でも、やっぱり、私は悪い方に考えたくないだけなのだ。おばばさまやその他友人達が言う通り、辞めておいた方がいいだろう。今はどういう了見か計りかねるが、私のために褒めてくれているわけでもないだろう。今週いっぱいで辞めて・・・、また就職活動だなぁ~。

 で、また保険を失うので、行けるものは行っておこうと、今日は会社帰りに病院に行ってきた。
 昨年から左手の付け根の辺りがぽっこりふくれて、別に痛みはないのだけれど、何なのか分からないので、行ってくると、

ガングリオンと言われた。
一般的によくある病気らしく、痛みがなければそのまま放置していてもよいらしい。リンク先のような絵を描いた物を貰った。注射器で吸い出すとのことだが、この記事を書くのに検索したら、手術しても再発するという人の質問が出ていた。私は神経に当たっている箇所でもないし、見た目はかっこ悪いかもしれないけれど、面白いのでおいとくことにした。

 今日はある時間に急激にアクセスが増えた。何だろうと思ったら、HEYHEYHEYで安室奈美恵が、最強運勢の話をしたから、その検索でやってきたようだ。フジテレビのHPで、最強運勢のページを探すの難しいものなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2007

番組観覧

 今日は、幼なじみとバカ騒ぎの1日でした。T1は毎日こもってする仕事が忙しいからか、テンションたかすぎ状態でした。
 早速、飴と鞭で騙され始めている心に渇を入れて貰おうと、前後の話無しで不二家の話を聞いて貰い、前後の話をした。前後の話がなかったら、渡された人に寄るけれど、だいたいは悪質な意地悪とは感じず、間違って買った可能性もあると言うことだったが、前後の話をすると、やっぱり、「それは意図的だろう」と言われた。昨日も友人HYに「DVみたいに・・・」って私が言っているところからもうおかしいし・・・と、目を覚ませー、それはおかしいーと言われながらも、金曜日の爆弾は、辞めささないために飴を出したのか、本気で評価したのか迷っている自分がいたのだ。しかし、今日3人からの「間違いない!」発言で、速く逃げ出した方がいいと新たな気持ちになれた。友人達に感謝である。逃げなきゃ逃げなきゃ。

 で、今日友人T1は怪傑えみちゃんねるの番組観覧に行きたいと言った。どちらかというとそんなことを言うタイプではない硬派なT1。それに呼応して、友人IAも行きたいと言う。そういえば、友人S姉妹も面白いと言っていたなぁ~。関西の女性はどうも毒舌なのだが上沼恵美子が好きだ。やしきたかじんもすきなのはそう言うことだろう。私も二人は嫌いではない。この二人好き嫌いが激しいとは思うが、なんか関西人なら誰でもやっていけそうなのである。
 で、番組観覧を探すと、東京の番組は、おみやげ付きやエキストラなどの募集がたくさんあるようなのだが、関西ではあまりない。

で、関西テレビの怪傑えみちゃんねるやたかじん胸いっぱい、おじょママとかは、
http://www.ktv.co.jp/b/bosyu/index.html
怪傑えみちゃんねるは
ハガキに住所・氏名・年齢・電話番号・希望人数を書いてお申し込み下さい。締切日はございません。
また観覧日指定のお申し込みも受け付けておりません。
観覧車プレゼントは、特選米 1.5kg 味つきパン粉「揚之助(あげのすけ)」 緑茶のど飴・はちみつ100%キャンディ・ジュース ネピアティッシュ・鼻セレブポケットティッシュ2コパック

このブログでよく取り上げている探偵ナイトスクープは
http://asahi.co.jp/knight-scoop/inspection.html
収録日 隔週金曜日 夕方より2本撮り(イレギュラーあり)
収録場所 朝日放送 ABCホール
特典 番組オリジナルステッカープレゼント
夏(7月・8月)には恥ずかしうちわプレゼント
競争率 約10倍
 恥ずかしうちわ欲しいなぁ~

よみうりテレビのたかじんのそこまで言って委員会は
http://www.ytv.co.jp/takajin/
収録場所:読売テレビ本社、収録日:毎週金曜日午後
ハガキに住所・氏名・年齢・電話番号(携帯可)・希望人数を明記し、下記宛先までご応募ください!
だそうです。
週間えみぃSHOW
http://www.ytv.co.jp/emi/index_set.html

東京近郊に住んでいるなら、笑っていいともとか、さんま御殿とか、さんまのからくりTVとか見に行ってみたいなぁ。

くそー、しかし日曜日じゃないとみんなで行けないなぁ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2007

神戸のおすすめ店 No.01 LUCY

 神戸の美味しい店として描いていた物と別に私がおすすめする店をこのようなタイトルで書いていこうと思います。
LucyLucy001Lucy003Lucy004Lucy005Lucy006Lucy007

 面白いところがあるねんと言って、友人HYに連れて行って貰ったのがこのLUCY。西元町の駅から出て、元町商店街を南に下り、花屋を過ぎた道を曲がると、写真のようなお店が出てくる。
 店内を写した写真は2階部分だ。たまに絵画展も行われているようだ。独特の雰囲気なのにまだ、かぶり物や温泉で見かけるような遊びものまで用意されていて、食事が出てくるまで楽しむことが出来る。注文する内線電話もいい(笑)。食事もデザートも美味しかったですよ。一度、神戸の探検に新しい物が見つからなかったら、こちらもご賞味下さい。

 そうそう、写真の人物は友人YKである。

追加
Lucy06_02_01Lucy06_02_02Lucy06_02_03Lucy06_02_04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ディパーテッド -今のところ今年一押し(笑)

 面白かった。香港映画のリメイクで、シリーズ化されているぐらい作品もキャラクターも魅力的な映画のようである。その作品をハリウッドは、タクシー・ドライバーで有名な66才のマーティン・スコセッシ監督を起用。原作がある分、思い通りに出来たのかどうか、私は原作映画を見たことがないために、判断が出来ないのだが、タイトルにも書いているように、割と面白かった。
 有名なので、ストーリーは大まかには知っている。しかし映画のラストは、監督の表現として変えたのか、ハリウッドやアメリカの基準で変えたのか・・・。
 あんまり書くと、勝手にイメージが膨らんで読む人の感動を損ねてしまうかもしれないが、正義の方をレオ様で悪者をマット・ディロンが演じている。どちらの俳優にも今までの印象から違ったものを受けたので、プラスになった作品なのではないだろうか。演技はレオ様も作品のストーリー性を重視したような演じ方だったので、彼の灰汁があまり出ていなかった。
 よかったのが、警察内部で内偵に入った主人公を支える役柄のマーク・ウォールバーグとチャーリー・シーンである。いい役を貰っているなぁと言うか、原作がそうなのかもしれないけれど、主人公の二人以外のわき役達もなかなか見せ場があって人間性が少しでも垣間見られ、それらを演じる人達がいい味を出してくれているので、作品的なレベルが本当に高いと思ったのだ。原作も見てみないとなと思った。でも、この作品が原作を越えていなかったら、何のためにリメイクしたんだ?ってことでがっかりするかな。

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マリー・アントワネット -女の子必見の映画だよ!

 最近、映画って何?感動って何?って考えるようになってしまいました。
 ヒューマンドラマにはそれなりのくるものがあったり、壮大な映画には吸い込まれるような迫力を感じたり、しかし、映画を見過ぎたからかもしれませんが、映画を見たからって、感動が必要だろうかと思うようになってしまいました。
 マリー・アントワネットについては、他国と違って、本国の次によく知っている国民が多いと自負しています。「ベルサイユのばら」影響は、今後も日本人の子々孫々にまで受け継がれていくことでしょう。
 ベルサイユのばらを池田理代子さんが描くきっかけになったツヴァイクのマリー・アントワネットは、子供っぽい楽しいことの好きなマリーが描かれていたようで、このような印象を漫画から受けた私達には、この映画のマリーはちょっと印象が変わって面白いものでした。
 実際、宮廷の逸話は書籍からでもよく知ることが出来ているために、映画で描かれているようなことは当たり前のように知っていました。何が知らなかったのかというと、彼女から見た姿を考えたことがなかったのです。
 幼いときに家族や愛する母から離され、突然最高位の女性になり、まわりからはオーストリア女とさげすまれ、また結婚後長い期間子供を得ることがなく・・・。そんな鬱憤を好きなことを見つけて解消していくなんて、誰でもすること。30代の女性監督が自分と同じ年代の女性の等身大の姿を描いた。それは新たなマリーに息吹を与えてくれたのです。マリーは女性らしい可愛らしい感性の持ち主で、映画の中の衣装や小物類、お菓子類はきっと時代を超えた物が多いと思いますが、表現に花を添えるには充分の小道具達です。彼女の悲しみの本質を飴細工で可愛くコーティングしています。
 最初は、キルスティン・ダンストの起用に否を唱えましたが、今考えると固定概念から外した本当の王族に嫁いだ女性を演じていたように感じます。マリーが愛した農家を模した村があるプチトリアノンで過ごす姿は本当のマリーであり、キルスティンでもあったからだ。
 この映画を見て一番感じたのは、皇族に嫁いだ雅子さまでしたの彼女の姿を思いやると、マリーのように開放された力を持っていないが為に辛い気持ちを余計に感じてしまった。この映画でそれを思う人は結構いるのではないだろうか。
 この映画は、ベルサイユ宮殿入りから彼女が民衆から逃げるために宮殿をあとにする姿までを描いています。どこで終わるのかも、重大な要素だったので、なかなかやりよるなぁ~です。
 この映画には感動はありません。一人の人生を大まかにカメラが追っただけのことです。だけれど、見る価値有りの映画って、ものは存在する物です。

 余談ですが、今年放映されたトリビアでベルサイユ宮殿の庭の形がミッキーマウスに似ていると言うのを取り上げていた。そんなことを聞きに来たのは、おたくらが初めてだと言われたらしい。

 今までに2度しか行ったことがない。それもプチトリアノンまで行っていない。ベルサイユ宮殿に行ってみたいなぁ~。あの映画の1番の成功は、あの場所で撮影出来たことだろう。

公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2007

彼に誉められた

仕事めちゃくちゃ理解していると言われた。でも、嫌味ぽい言い方は変わらないんだけれど。なんか、頑張って仕事で彼の評価が少しでも変わったなら、嬉しい。早速、友人に報告したよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人知らずしていからず

 まぁ、偉そうに、論語で納得するようにしています。
 意味は、世間に私の能力を見る目がないとしても、耐えて怒らないというものです。孔子の不遇の時代の体験からの言葉なので、私が使うのは、2500年早いですね。(笑)

 社長も部長も認めてくれて入社したし、部長も評価をしてくれたから、いて欲しいと言って頂いているのだけれど、肝心なJさんがそんな風に少しでも感じてくれないと、この嫌みが止まらない。自分を責めていましたが、だんだん、あまり彼が分かっていないことが分かってきているので、自分を攻めることはやめましたが、1日に1度以上は嫌な思いをさせられるのが止まらない。周りの人達も慣れてきていて、酷いことを言っている感が消えてきているような気がする。
 それよりももっと恐ろしいのは、DVのように、彼の親切や優しさが大きく感じるようになってきているのです。恐ろしい恐ろしい。大した親切でも優しさでもないのに、そうなっていく。DVってのはこんなんなんだろうなぁ~。

 兎に角、今日も辞めるぞの決意を新たにして家に帰ってきました。私を救うのは、正月からよく放映してくれているハイビジョン特集の再放送。何度見てもいいと感じるターシャ・チューダーの庭や地球大進化。ありがたやありがたや。

 兎に角、もう金になる仕事をさせて貰えているので、何とか役に立って、私の持っているスキルでもっと使いやすく組んでこの会社に貢献してから、ここから開放だ!来週で終わるよん。

 ちょうど、大殺界から抜ける2月初旬に会社を辞めるのだから、次は開放されてからの就職だ。いい所なんてないだろうなぁ。今のところは、彼がもっと大人になってくれたら、最高に居心地のいい会社だったのに・・・。頭がいいと自慢する人は人の資格等を妬まないと思うんだが・・・。ある意味気の毒な人だなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« January 2007 | Main | March 2007 »