« 日本以外全部沈没 -こんなB級以下の映画は初めて見たかもしれない・・・。 | Main | トップ或いは時代の寵児の 星座 »

February 13, 2007

どろろ -大分物足りないよぉ

 私としたことが上映時間に遅れてしまった。10分経過していたのですが、まぁいいやと入りました。
 どろろってこんな話だったのですね。題名は知っていても、殆ど再放送されないアニメだったので、ストーリーすら知りませんでした。手塚治虫が白土三平や水木しげるを意識して、時代劇で妖怪物を描いたそうだが、負けず嫌いの手塚治虫らしいエピソードだ。これを見たら、この人の多才ぶりに驚いてしまう。対抗意識だけで、これほどのストーリーを考えることはまずは無理だろう。本当に何でも出来る人だ。
 どろろが女の子なのも、原作通りらしい。表情豊かに駆け回る柴崎コウをいいなぁ妻夫木聡とここでつきあうようになったのかぁとやっぱファン心理で見てしまう。妻夫木聡をめちゃくちゃ好きって訳でもないのだが、今じゃドSと公言している玉木宏の方に魅力を感じているのだが、やっぱり、妻夫木聡は別物のようだ。
 私としては珍しくゴシップネタになってしまった。ここでも、男射手座×女獅子座なんだなぁ。男射手座×女射手座ってのは無理なんでしょうか。射手座の男をどうしても獅子座の女に持って行かれてしまうんだよなぁ~はぁ。

 映画を見ていたら、なんかスターウォーズのオマージュかと思った。オープニングが何となくそんなイメージで受け取ってしまったのだ。でも、普通の人は思わないだろう。そう、私が変なだけです・・・。監督は塩田明彦だったので、ちょっと期待していたが、うまく行かないものだ。なんか、ニュージーランドまで行ったのに神戸で撮った「あずみ」の方が映画的にはましだと思った。何でだろう、面白い題材だし、今の流行の魑魅魍魎もいい出来映えで出てきているのに、なんかもの足らない。漫画の実写化だから、なんかスコーンと抜けている?ってことも無いよなぁ。なんか、いっぱい、面白くなりそうなエキスが充満しているのに、うまく生かせていないのじゃないかなぁ。

 音楽は、いいなぁっておもったら、ミスチルだった。この曲はいいなぁ。

敬称略
公式サイト

|

« 日本以外全部沈没 -こんなB級以下の映画は初めて見たかもしれない・・・。 | Main | トップ或いは時代の寵児の 星座 »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/13899003

Listed below are links to weblogs that reference どろろ -大分物足りないよぉ:

« 日本以外全部沈没 -こんなB級以下の映画は初めて見たかもしれない・・・。 | Main | トップ或いは時代の寵児の 星座 »