« 無事に見られるようになりましたが・・・。 | Main | スカルマン 実写化 »

March 21, 2007

不老長寿への挑戦

 先日再放送していたものの録画を観ました。昨年12月に放映していた不老長寿の番組です。
 この中では、徐福が案内役で出てきます。名前は何度も観たことがあったのですが、これで初めて分かりました。彼は秦の始皇帝に不老長寿の薬を探すように言われ、仙人が住むという東の果てに行きました。そう、その国は日本です。多くのまちに徐福がやってきたという伝説が残っています。中国では、神武天皇=徐福という説まであるぐらいです。
 あとは、プラナリアという再生動物を紹介していました。私は初めて知りました。
 この番組では、日本の死亡の三大原因からの再生を先端医療を通してみていきました。私のつたない知識ではここに載せても仕方がないぐらいに、レベルダウンして翻訳されてしまいますが、とりあえず、いつものように今の技術って凄いなぁってことで、ここにも書いている幹細胞がどう使われているのかまとめてみます。

 まず、心臓病ですが、ここで挙げていた例は、心臓の血管が詰まることで、神経細胞に血液が行かずに細胞が死んでしまうのをカテーテルでその血管を開きます。これだけなら、通常の手術と同じなのですが、詰まった血管が弱っていること、またその先に行かなければいけなかった血管達が死んでいるので、肝心な神経まで栄養分が行き渡らないことになり、死んだままになってしまうので、骨髄液をその中に入れます。弱くなった血管から、放出された骨髄液の幹細胞がその周辺で新たな血管細胞を生み出し、弱っている場所に血液を送り込みます。また、幹細胞自体も心筋細胞に変わっていくのです。これは臨床試験も済み、アメリカの実際の患者がどれぐらい復活しているかサッカーをするシーンで表していました。
 次に、脳梗塞ですが、韓国での治療例を挙げていました。やはり、心臓と同じで、血液が行き渡らず、機能が低下した部分に同じように幹細胞を与えるというものでした。ただ、こちらはカテーテルで送り込むというわけにも行かないので、頭蓋骨の開口手術を行い、そこからという大がかりなものになってきます。日本では臨床の段階ではあるのですが、骨髄液から間葉系幹細胞を抽出し、それを1000倍に培養して、血管から脳に送り込もうというもので、脳の手術がいらない治療が後5年ほどしたら可能になるようです。
 漢方薬で十全大補湯というものがあり、中国ではお年寄りや女性に飲ませると元気になるというもののようです。これが効果があると言うことで、生まれて間もない頃から、血液を作る機能がうまく行かない子供に、この漢方薬を毎日3g飲ましたところ改善したという例が出ていました。造血幹細胞にこの漢方薬を入れると活発に増殖していくという結果があり、私も中国に行ったときに買って帰ろうかと思いました。もちろん日本でも売っていますが・・・。
 CMでよく聞く臍帯血ですが、やはり、骨髄液よりも臍帯血からの幹細胞の方が優秀なので、韓国では生まれた赤ちゃんの臍帯血を低温冷凍にして、何かの際に使えるようにしているしている会社があり、15年間の保管期間に16万円払えばいいというのは、子供を持つ親には安いものだと思いますね。
 最後に癌ですが、ここまで、幹細胞がいい、いいと書いて来ましたが、癌を綺麗に取り除いたとしても、再発するのは、この幹細胞がガン化している原因だそうなんです。組織が癌に冒されるか冒されないかは、50%50%の確率かもしれませんが、ガン化した幹細胞を取り除けないというのは、上記の二つの原因と違って、大きな違いになってくるんですよね。
 番組観てそのまま書いていますが、上記に書いているように、私の頭で翻訳し直しているので、間違っていても許して下さいね(笑)。

 以前ここに書いたときには、万能細胞のES細胞を書いていたと思うのですが、今や、間葉系幹細胞は第2の万能細胞として脚光を浴びているようで、間葉系幹細胞が骨の細胞に変わるまでの途中の骨芽細胞から神経細胞を作り出せることをマウス実験で成功していたり、抜糸された親知らずからも間葉系幹細胞が抽出出来たりと、どんどん医療の進化の速度が速くなっていきますね。 

|

« 無事に見られるようになりましたが・・・。 | Main | スカルマン 実写化 »

「サイエンス」カテゴリの記事

「テレビ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

「NHK」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/14338787

Listed below are links to weblogs that reference 不老長寿への挑戦:

» 資格の難易度が知りたい! −資格難易度比較 [資格の難易度が知りたい! −資格難易度比較]
各資格の難易度と共に、資格のメリットや資格試験情報などを 紹介するサイトです。 [Read More]

Tracked on March 21, 2007 at 04:50 PM

» 癒しのヒーリングミュージック [癒しのヒーリングミュージック]
癒しの音楽、クラシック、ジャズ、シネマ音楽の紹介 [Read More]

Tracked on March 21, 2007 at 05:21 PM

» がくぶんの資格情報サイト [がくぶんの資格情報サイト]
がくぶん総合教育センター、がくぶんの資格講座・通信教育の資格情報 [Read More]

Tracked on March 21, 2007 at 08:10 PM

« 無事に見られるようになりましたが・・・。 | Main | スカルマン 実写化 »